人気ブログランキング |

タグ:Bad Apple!! ( 1 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

「MikuMikuDance」(みくみくだんす)の話、その3

MMD~「MikuMikuDance」(みくみくだんす)の話、その3です。   

MMDのフリーソフトをとりあえずダウンロードをしてみたのが1年以上前。
(操作画面を見て、意味不明でしばし挫折(笑)。)      
 
にわかに「いや、やる気さえあれば私にも出来るんじゃないか?」と思ってやりはじめたのが今年の3月下旬。
そんな、「ど新米」なんだけど、

とりあえず、今回の『作ってみた』はこれを貼っておこう。

門を開く者アリス、ちび魔理沙、ちび霊夢の『Bad Apple!!』【いつかはHD】

『Bad Apple!!』(小悪魔りんご)、このタイトル曲による、あの『影絵』のPV(プロモーションビデオ)は衝撃的だったよね。
        
構成的にはカメラモーションとかガチャつくし、バックススクリーンに動画をどう関連づけさせたらいいのか分かんなくて、左右反転したままの動画が背景スクリーンで動いているなどスキル的につまずくところばかりの、弱点さらけ出している内容なんだけど、

『Bad Apple!!』を自宅のPCでセットアップし直せて、これ自宅では「素晴らしい画質で見られている」ことだけでも楽しい。   

上のPVの作業中の画面。
c0137122_15452030.jpg
他のPVでも、このキャラは至極気に入っていてMMDを作っている。
c0137122_1547143.jpg
  
にしても、「影絵」の『Bad Apple!!』、                     
 
ああいうものを作れる"プロ"(私見だけど、プロの犯行と言い切ってしまいます。)と、見る側で享受する私たちとの間には、次元の違いのような隔たりがあるんだろうなとは思ってました。
                            
見て楽しめたらそれで十分でもありました。

たとえば、音楽で言えば「絶対音感」。
そんなものは私にはない。

楽譜が読めるかどうかなんて、小学生~中学生の音楽の時間で「さよなら~」をした。
だからと言って、なんも絶望もしないし失望感もない。
それでも「音楽」は大好きだ。
クラシックもポップスも。
楽譜が分からなくても「好みのジャンル」や「文化としの遺産」であったり、「商業ベースで提供される」音楽に関しても、いっぱしのことは言ってみる不遜さが、私にも皆さんにもあると思う。
           
「絵」や「物語」に関しても同様で、作り手でないから言える感想やら、
好き嫌いがある。
(私はアニメに関してはにわか評論家になるが(笑)、コミックは同業者に対して不遜すぎて、褒める事以外の感想は何も言えない。なら、もっと凄い物をお前が作れ!で自らにも放った言葉にトドメをさされる立場だからだ。)

音楽だって「1曲、スコアを作って見せろ」と言われたら笑うしかないが、
それでも、
それでも、アマチュアの人たちも、
「絵」や「物語」は案外なんとかなりそうな気がするジャンルだ。
 
MMDに至っては、配布されているモデルルータが使えるので「絵の描けない人こそが、キャラモデルを借りて作品を作ってみました。」なんてことの出来るツールだ。

なのに、取りかかり始めたら、なんとかなりそうで、やはり「ある一定以上のレベルのことは」にわかには分かんない事の方が多い。
       
ポリゴンで動くMMDの3Dアニメも、これは技術的には分かんない所のある世界だからこそ見ていておもしろい。
「凄い、凄い」で楽しめる。
なにごとか積み木を積むように「制作過程のいろは」が分かってくると、
これは「とんでもないことをクリエイターたちはやっているな」というのがかえって理解できて、楽しくもあり空恐ろしくもなる。 

今、私は3Dのモデルルータの作成に手を染め始めているので余計にそう思う。

既存のモデルの「改造」なら飛び込みでもある程度いじれそうだけれど、0から1からの創造は、これは大変です。

ちなみに、こんな動画を見つけて唖然とした。
 
(私の作品ではありません。こんな凄いもの、「これからお遊戯をマスターすることから始めよう」としている私には、とても作れません。この先だってムリっぽいです。)
       
【MMD】GUMI イカサマライフゲイム アニメ風に作ってみた【初投稿】

・・・これで「初投稿」で、うp主が女性であるとか。
どう見ても、プロかフリーの「テレビ放送の人気作品アニメとかの原画を切れるレベル」のスキルはあるアニメーターさんとしか思えませんが・・・。(カット割りひとつでもプロのレベルでしょ。下手な漫画家のコマ割に悩む領域を突き放しているセンスだよ。)
 
こんな凄いのが、ホント、ごろごろしているニコ動MMDなんですよ・・・orz
(目標というよりか、こんなの見たら力がぬけますってw まぁ、こっちは不器用なりにやっていくしかありませんが・・・w )

ちょっと、今朝、考えさせられるニコニコ動画コミュニティにおける討議会が、さらにマイナーなコミュニティ内コミュニティにおいて
意見の交歓があったようだ。
テーマは「なぜMMDは流行しないのか?」だとか。
「?」、・・・十分に凄い流行だと思うけどなぁ、私は・・・。
「身内だけでワイワイやってるイメージ?」。そうでもないとは思うけどなぁ。
       
同人誌界の大きなイベントになる前の、活気くらいはあるように思う。
流儀的にも同人誌が「既成人気作品の二次創作をやって」そろそろ本丸の出版社界から(痛し痒しのリアクション)をいただきかけている状況に似ているような気がする。
 
おんなじようなことがMMDでも起こっているからだ(笑)。
もともとパロディが大きな根幹のひとつにもなっているので、不可避的な問題ですよね。

私も「このキャラいいの?」なんて思いながらも使っている(笑)。
   
MMDも「初音ミク」の版権元であるクリプトン社からクレームが入ったら「配布中止します」という旨の明記を、黎明期のバージョンの「Readme」に添えてある。
そんな所からスタートして、今は何かちゃんと商用目的や(MMDツール本体自体の)再配布をする時は、MMD自体にはなんの掛けがねもないが、ボーカロイドが標準装備モデルになっている点に関してその曲やキャラの商用利用には「クリプトン社の許諾を得てください」という旨の「Readme」に内容が変わっている。
 
MMDの「功」の方を了解したんだ、クリプトン社。これは素晴らしい。

以後、初音ミクやそのボーカロイドファミリー達はクリプトン社の英断をもってして、より多くのユーザーに寵愛されていくこととなっている。(と思う。)
       
なんか次世代のMMDも今β版とかで開発中のようですね。
 
私も次世代MMD(仮MMM)を見たけど、インターフェイスが格段に分かり安くなっているし、(今までのMMDは)あとからプラグインを入れなきゃ機能しなかったエフェクトの操作回りも最初から標準装備されている親切さ!。

ユーザーフレンドリーであるための「かみ砕き」が進化している。

どうなっていくんだろう?。MMD。

「大流行」という響きも、あればあったで心地よい響きだけれど、あまり私たちの手元から離れて変質しないようには密かに願っている私です。

MMDがたとえば「作るツールとしても」、ファミコンゲーム並の簡単な愉しめ方が出来るとか、ピグの会員数1000万人を超えているであろう利用者数字があることが、必ずしも「MMDもそうなったらMMDのため」ではないような気はするので。
   
あと、海外のファンは、MMD開発者の高邁な理想とサービス精神をどこまでちゃんと理解しているかが気にはなります。 
                                                   
よくある登録商標問題とかで万が一ごたつくくらいなら、MMDの真の「親(樋口様)」はそこだけはしっかり権利を絶対保持確定していて欲しいなと思います。

ちっとは「振り込めない詐欺」から、樋口様に還元されるものはあってもいいような気はしますが。
        
素晴らしいソフトの親元の権利を明確にして、それがMMD界隈をも「守るため」にもなるのなら。
 
 

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-04-15 13:06