タグ:怪獣 ( 10 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

日本の「怪獣」文化が、私はとても好きだ。

日本の「怪獣」文化が、私はとても好きだ。ゴジラやウルトラマンに代表される、あの感じ。

中島春雄(なかじま はるお)さん。
c0137122_18243576.jpg
ゴジラの第一作目からスーツアクターとして演じておられた。
 
そして、平成ゴジラシリーズからは、薩摩剣八郎(さつま けんぱちろう)さんが二代目を引き継いだ。
c0137122_18244958.jpg
スーツアクターの大変さ加減は、私などは"経験してみたいな"などとはチラリとも思わない。
とんでもなく大変なことを聞き及び過ぎているからだ。 

ちなみに、昔は「着ぐるみ怪獣」と言っていたような気がする。 


でも「着ぐるみ怪獣」という言い方は、今はしないらしい。

(私は幼少の頃、少年誌の特集記事とかで、そんな風に呼称しているのを記憶しているのだが・・・。あまり自信はない。)

 

今時、ネットで検索すると、「着ぐるみ怪獣」では、こんなのばかりが引っかかる(笑)。

c0137122_18245715.jpg
子供用のパジャマですね(笑)
 

まぁ、「怪獣スーツ」(モンスタースーツ、特撮用スーツ)というか、そうしたものを装着して演技する人を(すでに先ほどから呼称しているが)「スーツアクター」と言う。

これも規定があるわけではないので、他の呼び方があるのかもしれないけれど。


薩摩剣八郎さんのサイン入り写真。
c0137122_18245360.jpg
渋いお顔である。(時代劇とかお出になっていたようだ。)
この方、スーツアクター歴は以外なほど古くて、『ゴジラ対ヘドラ』にヘドラ役で出演している。(まぁ、そこから平成ゴジラまでは期間が空くけれど。)
 
怪獣スーツの制作工房の様子も、ネットで見つけた。
 
なるほど、こんなふうに作っていたのかという感じ。
アントラーの頭部の薄さ、繊細な造りに驚く。造形作家は、高山良策(たかやま りょうさく)さん。 
c0137122_18274976.jpg
当時のウルトラシリーズの製作クレジットで、成田 亨(なりた とおる)さんと共によくお名前を拝見した気がする。
 
成田 亨さんと、高山良策さんとはお知り合いのようで、「成田 亨さんが高山良策さんを(この業界に)紹介した」という流れらしい。
つまりは、まぁ、「特撮怪獣」と言うのは、芸術の造形方面からの流れの上に存在しているようなのである。
c0137122_18275339.jpg
こんなニッチで特殊な世界の特集記事を載せるだなんて・・・。
c0137122_18275890.jpg
当時のどんな雑誌だったのだろうかと思ってしまう。
c0137122_18280130.jpg
こんな造形の実物に触れられるなんて、しあわせな子供たちだなぁ。
c0137122_18280535.jpg
で、その特集記事を載せていたのが、↓ の「アサヒグラフ」さんであった。
c0137122_18280939.jpg
とっても意外な気がする。(表紙がファッション雑誌しているのに・・・。)
 
でも、当時、特撮界の記事というのは、その時点での最先端な世界だったということなのだろう。
世界情勢の記事とか、政治や芸能界の記事なんかとも並べて語られていた時代でもあった。(のかな?)。

さて、

スーツアクターの代表者のひとりとしたら、お名前が出てくるのが、初代ウルトラマン役だった、古谷 敏(ふるや びん)さん。(お名前は「さとし」さんともお読みするらしい。)
c0137122_18284507.jpg
下の画像は「ウルトラセブン」のもの。「ウルトラ警備隊6人」と、スーツ姿の円谷英二(つぶらや えいじ)さん。そして、セブンとゴドラ星人が並んでいる。その隊員の中でセブンのすぐ後ろに立っているのが、アマギ隊員こと古谷 敏さんである。
c0137122_18284959.jpg
「ウルトラセブン」の前作「ウルトラマン」のスーツアクターから、晴れて顔出し俳優出演であった。
c0137122_18285348.jpg
古谷 敏さんは現在74歳。「ウルトラマン」をやっていた男として、あらためてご活躍中である。
c0137122_18285678.jpg
怪獣シリーズの変遷や浮き沈みもそうだが、人にもスタッフにも色々なドラマはあるのだろう。
 
この日本の特撮分野の「スーツアクター」というお仕事も、やや変質してきている。
 
技術の進歩、ものづくりの変化で、今やハリウッドに代表されるように「CG」の活躍がすさまじい。
ハリウッドでも、プレデターはかつてはスーツアクターが演じていた。(ま、プレデターは今やるとしても、それが似合っているが。)
でも、エイリアンはCGの方がらしくなるし、ハリウッド制作のゴジラとかは、巨大生物なればこそ、町のミニチュアを作って人間を立たせるより、リアルサイズの町とCG合成した巨獣の方が、空気感や迫力が凄い。
 
日本の「怪獣スーツ」の出番が、もうなくなってきてしまっているのだ。
 
どちらかと言うと、そういうのは等身大の「戦隊もの」、「変身ヒーロー」みたいなものが引き継いだ形になってきている。
 
それでも、
 
日本に「ゴジラ」が誕生して、たくさんのシリーズ作品があり、テレビでも怪獣ブーム、ウルトラシリーズがあったのは、この先もなんらかの形で光の当たる世界だとは思う。
 
一時代を築いた文化と言うのは、人の成した仕事と共に、生き続けていくのだ。

 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-09-27 22:18 | ブログ

おぉ!!、『空想特撮少女図鑑』

『空想特撮少女図鑑』というアイテム。

こんなのを買った。(いわゆる、食玩ものだ。)
 
c0137122_9231373.jpg

よろづ屋TOMさんの「ブツクサ徒然ぐさ」の過去記事を見たせいだ(笑)。
               
『空想特撮少女図鑑』フィギュアは平成の大衆芸術ですな
※ ↑ こちらに詳しい。(勝手にリンクしてゴメンちゃい♪。)
 
知らなかったんですよ。
 
昨年初冬くらいにリリースされたアイテム?。
第2弾もあったそうです。
c0137122_9241438.jpg
(本来、この小さい箱が)各700円で、これをBOX買い♪。(食玩カテゴリーで、何が出てくるのか分からない状態の1個¥700は・・・、高いような気がする。)
 
とりあえず、第1弾のシリーズを一気に全種集める。ヤ○オクで。(便利な時代だ。乗り遅れたあとからでも手に入る♪。)
c0137122_9245523.jpg

ちなみに、『空想特撮少女図鑑』絡みで、こんなユニークなページもあった。
(管理人様が「~リンクに関して~いずれの場合も、私の許可は一切必要ありません。」と謳っていらっしゃるので、ご厚意に甘える♪。)
 
『ウルトラヒロイン 空想特撮少女図鑑』
 
・・・↑ 『合成写真』とか、これは、アートです(笑)。
いや、プロのクリエイター様だから納得のセンスと腕前。
(こちらの管理人~木村世忍様の、他のページもマニアなら”閲覧必須な価値あり!”画像が満載です。)

「ウルトラマン」が大好きな私。
c0137122_9253729.jpg
このウルトラマンもプライズ品で、ゲーセンでないと手に入らない。
※頭頂部まで全高46cm。差し上げた右腕まで入れると50cmを軽く超えるでかさのフィギュアです。(京本コレクションと同じか、でかいくらいのサイズ。)
身体は大味な作りなんだけど、Cタイプのマスクは特徴を捉えていて良い感じ。
とりあえず、大きさで嬉しい。(こういうのは実物を手にしないと分からない。)                    
ヤ○オクであとからでも手に入る。(しかも、¥2000強くらいの値段で。安い!。・・・いい時代。)

~『空想特撮少女図鑑』も箱買いで、たまたま競争率もなく ¥2000 くらいで入手した。リアルタイムに「中身のアイテムが分からない状態で重複買いする」よりも、すんごくリーズナブル。

・・・特撮少女たちは全高10cmちょいというコンパクトさ。でも、ディテールがいい。
ネットの中古通販を調べたら、案外と安値だ。
BOX2も売っているが、なんか人気なさそうだな。
「けいおん!」の『ねんどろいど』フィギュアのような取り合いにならないのは、まぁニッチ産業なんだろうね。
・・・ていうか、『特撮少女図鑑』を"ねんどろいど"にして下さい!。
すげ替えの「ヘルメット」は当然作り込んで!(ねんどろいどは頭がでかいから、作り込んでくれたら、ヘルメットがスッゲー恰好いいと思う)。
~そうしたら、他のねんどろいどより初期価格が高くなりそうだが、5割増し以上の価格でも私は「欲しい」と思う。転売で2倍になっても欲しいと思う。
 
ま、グッスマさんの企画にあがらんだろうな。
                       
「ウルトラ・シリーズ」が好き。
というアイデンティティ(可笑しい引用か?)からは、たぶん半永久的に抜けられない私のようです。      
(「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」、「ウルトラマンティガ」が断然に良いのです。)     
                                                      
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-03-07 09:30

【第4回MMD杯本選】ミクトラ

☆!▲・゜・(PД`q。)・゜・■◎!!!×(◎-◎;) ▽☆★!!!!!!!!

もう、すげぇ!。
 
えらいもん見た(笑)。
 
↓ その動画を貼っておきます。(いつまでリンクが有効か分かんないけど。)
 
【第4回MMD杯本選】ミクトラ

これは、よく、私のブログにコメントを書いてくださる"ざんぶろんぞ"さんが教えてくれた動画です。
 
【第4回MMD杯本選】というものが何なのか、今、まだよく分かっていない私ですが・・・。

とりあえず、「怪獣」大好き『ウルトラ・シリーズ(初期の)』が大好きな人で、『らき☆すた』が分かる人なら「めっちゃうける至芸の動画」であります。
 
(どっちかの素養が薄いか、知らないと、真に楽しめません。)
 
~となれば、製作者の年齢が謎です(笑)。
 
私なんかは「ウルトラ怪獣」に惚れ込んでいて、「らき☆すた」もぞんぶんに楽しめる思考回路を自然に持っている人種なんですが・・・。
パソコンの動画操作や3Dの制作は、全く知識がなくて弱い。(2次元のCGなら高度なテクニックでも学ぼうという気がありますが、3D動画は今のところ~自分で作ろうという意味においては~分かんない。)

でも、いらっしゃるんですね~。
 
こういうことが出来てしまう人が。

そうして、こういうマインドを持っている人が。
・・・なんか感動です(笑)。
      
※当然のところながら、「萌え系アニメ」ファンと「怪獣」マニアは必ずしも一致しない。
ことに、海外の「にわか萌え信者」には、ウルトラ怪獣なんて「?」なハズなんだよね。(劣化したへニャへニャの着ぐるみ怪獣が活躍した「ウルトラ・ファイト!」までパロディ化されている「凄さ」が伝わっていますか?)
日本でも、このコラボの凄さが「どストライク!」な人は、相当に柔軟な回路を持っている人だと思われます。
・・・自分で言っちゃなんですが、私は「大笑いして、感動さえしました。」




もうひとつ面白い【第4回MMD杯本選】関連動画を見つけたので貼っておきます♪。

【第4回MMD杯本選】律っちゃん目立ちすぎww
ドラムの「律っちゃん」、確かに面白い!。 (*ノ∀`) 「律っちゃん」、序盤から気持ちが入り過ぎていて、それがエスカレートしていく様子は清々しい(笑)。

あ、こっちも面白かった。(・・・?(笑)。)
初音ミク・ファミリー・ネタね。

【第4回MMD杯本選】ニコニコ天国と地獄
 
ひたすら、とりとめもなく「シュール」ですけれど。
 
いずれも、ようつべ版ではなく、ニコ2動画の方の「コメントあり」で見た方が、楽しいと思う。
(ユーザー・コメントは「KY」や「荒し」も多いけれど、俄然、協調し合ったお祭り状態が楽しいコメントもある♪。)             
                            
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-02-16 23:01

「三丁目のゴジラ」

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズは好きだ。
   
昭和30年代というのはいい。
 
で、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」も先日にテレビで放送されていたが、オープニングが『東宝映画』ということで、悪ノリ(?)していて良かった(笑)。
 
Godzilla - ALWAYS 続・三丁目の夕日 version
 
ハリウッドの「CGイグアナ・ゴジラ」に任せないで、日本で、こういう感じのゴジラ映画を、そのまま作ったらどうなんだ(笑)。
c0137122_6162523.jpg
色々と試行錯誤した、平成ゴジラの中では、雰囲気、貫禄で「三丁目の夕日Ver.ゴジラ」こそが、極めて(今さら着ぐるみゴジラよりも)正解に近いような気がするのだが・・・。

「着ぐるみゴジラ」では、私の中では昭和の『モスゴジ(モスラ対ゴジラ)』を超えるゴジラは、もう有り得ないので(・・・いや、「初代」がいちばんかな、やっぱり)、「三丁目のゴジラ」は、アプローチとしてはなかなかに良い♪。
                                                                                                 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-11-25 05:36

なんだか、色々と。

しばらくブログの書き込み怠けてしまった。
 
書きたいことは色々とある。
なんだか雑事雑用(仕事も含む)で忙しい。
 
面白い映画も見た。(例によって世間様からずれた時期に感動している。後日に感想文は記す予定。)
 
「CLANNAD」が意外な(というか、きっと最初から予定されていたのだろうが)終わり方で最終回になってしまった。
番外編はまだ見ていない。(きっと「AIR」の時みたいに、既に放映された本編中の描き切れなかったエピソード補てんなんだろうと予想する。あの最終回の後日談は1話で描くはずがない。)
 
「CLANNAD」に関しても色々と書きたい事はある。
・・・でも、現時点でDVD~を買う気はなくなった。
 
劇場版CLANNAD(東映アニメ)が、予告編を見ただけでも(劇場版本編を見る気には、今のところなれない。スタッフの陣容が違いすぎる)ヒロインの「死」を全面に押し出した演出をしているので、まぁ、テレビシリーズの続きは「劇場版」で見ろという、東映アニメとの戦略的な住み分けが出来ていたんだろうか。
 
パイの山分けをしようとするその商法は視聴者にはいい迷惑である。
 
京都アニメに最後まで責任はとってもらいたかった。
(未完作品が何作かある俺が言えた立場ではないが・・・、あぁ、読者にこういう思いをさせたんだと反省する。)
 
最近の買い物。
東宝怪獣、ラドン (Rodan) のスタチュー
c0137122_2313485.jpg
大きくて重い。
倒したら壊れてしまいそう。
造形的には映画のラドンの雰囲気をよく出している。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-03-29 22:52

西部劇映画はいい

マカロニ・ウエスタンとか好きだった。(サントラ盤とか集めた。音楽が格好良い。)
オールド・ハリウッドの伝統的な西部劇もスケールのでかいのが好き。
 
昨夜は、久しぶりにクリント・イーストウッドの「アウトロー」をDVDで見た。
見終わったとき、ぽろりと一筋の涙。(そういう映画ではないのだけど、なんで泣いたんだろ?。)
新しいものも、伝統的なものの良さも理解している俳優であり、優れた監督だ。
なんと言っても、ルックスがいい。イーストウッド。
面白かった。


 
さて、書くのもイヤになってくる、阪神vsヤクルト(2戦目、神宮球場)

阪神タイガース・・・、・・・。
なんというか、コメントがない。
先発投手に中継ぎ、・・・ダメぽ。先発投手が非道すぎる。

3連敗だ。
連敗だけはしないでくれと祈っていたのに。
下手すると明日、同一カード、ヤクルトに3連敗もありうる。・・・すると、4連敗だ。
巨人に3連勝したあの熱気が全部溶けた。
 
こら。


 
更新が久しくなかった、俺のホムペに掲示板からのリクエストのあった、コンテンツを、近いうちに追加予定。
画像を撮り込んで、ウエブ用に調整中。
 
見に来て下さい。
 
c0137122_23552777.jpg
  
デジカメ一眼レフ、上位機種も手にしてみた。
価格差分、やはり操作性の良さ、画質の良さが明らか。
・・・でも、こういうの一年後には旧機種になってしまう。
銀塩カメラのような「固定機種のロングセラー」というのが、デジタルの世界にはない。
(20Dを買った2年後の今、既に40Dになっている。そんな次々買い換えられるかめんどくさい。て、言うか、不経済な。・・・これ、パソコンとOSにも同じ事が言えるからなぁ。スペックがステージ違いになると無視も出来んし。)
 
ちょっとあわただしい。
レンズだけが財産か。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-22 23:38

あ~~~~ぁ、もう。いつまでも暑い

この残暑は、やはりひどい。
いつまで暑いのだ。
 
冬もイヤだけど。
・・・この猛暑の反対で、きっと厳冬になりそうだな。
 
今日は野球がなかった。
 
2日前に寝違えたか、首が痛い。
まだ痛い。
うっとおしい。
 
あ、ところで、「お彼岸の入り」は今日からだって。
昨日のお墓参りは暦のお彼岸ではなかったけれど、別に構わない。
その気分で出かけたのだから。(というか、運転手になって貰った姪っ子夫婦の都合で、お出かけが昨日になっただけのこと。墓園てのはへんぴな場所にあるものだから、付き合ってくれる誰かを巻き込まないと、一人で出かけるドラマみたいなシチュエーションは、まず、無い。)
 
c0137122_2247220.jpg
 
コンパクト(?)タイプ・デジカメに無用の長物的なコンバージョン・レンズ。
こういう意味不明なドレスアップが好きです。
コンパクトタイプ・デジカメなのに何故、薄型を愛用しないのかというと、あれこれマニュアルでもいじれる所があるのが好きなんです。
銀塩カメラから馴染んでいる名残をデジカメにも求めてしまいます。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-20 22:56

タイガース、ボロボロ

阪神vs巨人(甲子園球場)3試合目
 
巨人の気迫というより、今日の阪神タイガースはヘナヘナでありました。
 
ローテーションかなんか知らんけど、外国人ピッチャーを二人続けて投げさせてもねぇ。
阪神の投手陣容に気合いがない。
出るピッチャーみんなボコボコ。
 
あとは点の取られ放題。
打線も湿っていたなぁ。
 
1.5ゲーム差がまた0.5ゲーム差に。
やっぱ、わからん。
中日まで勝ってしまったから3チームが団子状態。
消化試合数の多さ少なさがどうのこうのと言ってる段階ではないぞ。
 
それにしても、関西ローカル以外では本当に全国的には野球中継が各テレビ局にシカトされとるようで・・・。
  
淋しい限りだ。


 
ちなみに今日からお彼岸の入りだっけ。
お墓参りに行ってきました。
かんかん照りで山の上は暑いの何の・・・。(山の中にあるんだよ。マンモスな墓園で。しかも我がご先祖様のお墓は、そのマンモス墓園の中の頂近くにある。墓園に入ってからでも自動車でないと行けないような距離。昔からそこにあるのではなく、この墓園は比較的に新しい。もともとは故郷、鹿児島の方々に散っていたご先祖様を儂ら父子の代でこの神戸に持ってきてお墓を建てたのだ。鹿児島の役所が区画整理とかなんとかで、墓地が整備されて、ご先祖様が無縁仏にされそうな事態があって、「それなら神戸に持ってこよう。」と、もう10数年前の話だが、手続きやら何やら、京都、神戸、鹿児島の間を行ったり来たりで苦労した。)
今日は姪っ子夫婦を運転手にして行ってきました。
あ、鹿児島が故郷と言っても俺と親父は、鹿児島をほとんど知らない。爺様の代に神戸在住となったからである。
 
恒例行事が無事に済みました。
 
c0137122_21202594.jpg

昨日、紹介したゴジラの全身像。
ミレニアム・ゴジラのモチーフになったもので、背びれが馴染みのゴジラと違って尖っている。
イラスト的というかコミック的。
それでも体格のフォルムは生物感に溢れている。
そして怪獣としての威風堂々たる佇まいもある。(とかなんとか言っても「モスラ対ゴジラ」の通称モスゴジが俺はいちばん好きなのだが。)
 
「U.Sゴジラ」の時に、出来れば伝統的な日本の着ぐるみスタイルのゴジラを、これくらいの生物感でアレンジしたものを超絶技巧のCGで動かして欲しかった。
でかいイグアナのデザイン見たときはアメリカ人の「怪獣美」への敬意のなさに吃驚したし落胆しましたよ。
 
もうゴジラ映画はないのかな。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-19 22:56

うむ、勝ってなにより。

阪神vs巨人(甲子園球場)
 
全国放送はどうか知らんが、地元ではサンテレビという神戸ローカルのUHF放送局が、甲子園球場の阪神戦は、基本的に試合開始から終了まで、他の番組予定すべてを潰してでも放送してくれる。 
(阪神が最下位常連で弱かった頃なんて、全試合の甲子園球場戦は観戦出来たが、阪神人気が全国区になって星野監督就任~リーグ優勝あたりから、キー局に放送権を奪われて、必ずしも全試合のテレビ観戦が出来なくなってしまった。キー局は、どんなに凄い試合でも途中でぶった切るから、やる気のない放送姿勢なら高い金出して放送権を買わなきゃいいのに、と思うが。)
現実は、・・・関西圏以外では、どうやら野球中継の放送自体がないらしい。この大事な時期の地上波放送がないなんて・・・。
 
野球人気も、もうダメぽ。
 
まぁ、今日は巨人も食い下がってきた。
4対4の同点に追いつかれたときは、「巨人も意地を見せるのぉ。」とひやひやものだったが、巨人のピッチャーによる暴投で阪神に追加点。
 
阪神勝利。
 
よしよし、中日も負けたか。ヤクルト偉い!。
 
阪神、明日も勝てば、夢が夢でなくなる濃厚牛乳である。
 
c0137122_23453224.jpg

怪獣ガレージキット界の天才クリエイター。
酒井ゆうじさんのオリジナル・ゴジラ。
 
こういう造型も素敵♪。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-18 23:32

よし、勝った!

阪神vs巨人
今夜のナイトゲームは、甲子園球場で阪神タイガースの勝利。
 
巨人との差0.5ゲーム差。
なんでだか、昨日負けた時点で3位になったと思っていた阪神は、勝率で2位にいたのね。
中日もヤクルトに猛追された割には負けなかったし・・・。
 
やっぱ、最後までわからんわ。優勝の行方は。
 
c0137122_2335314.jpg

モスゴジ(イノウエアーツ)
 
怪獣が好きなのよ。
俺。
ゴジラはアイドル。
 
だから阪神ファンとしては、松井が巨人に入団してからも、愛称「ゴジラ松井」と言われ続けていたのは、なんとなく認めていない。
いや、いいんだけど。
選手としては大リーグで頑張ってるの応援してるから。
 
でも、大リーグだと怪物級の選手は(体格も成績も)ゴロゴロいるわけだし、向こうでGODZILLAと名乗って貰うはなんだかね・・・。 

 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-17 23:08