人気ブログランキング |

2009年 12月 13日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、ちょいレビュー

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』
 
途中レビュー、その1です。
 
今期に放送中のテレビアニメシリーズでは、トップグループに入る(というか個人的にはトップクラス)のアニメではないでしょうか。
 
私、本作に関しては、アニメに惹かれて、原作コミックスまで購読しています。
(~こんな事は、珍しいことなのである。)
 
元の原作はライトノベルです。
(※ラノベ『とある魔術の禁書目録』(とあるまじゅつのインデックス)シリーズということになる。)

『とある科学の超電磁砲(とあるかがくのレールガン)』は、そのスピンオフ作品として、位置づけられています。

御坂美琴(みさか みこと)がメイン・ヒロインのストーリーであるが、青春群像劇(こう書くと、いささかオーバーに聞こえるが?)の要素もある。
c0137122_43065.jpg
c0137122_43639.jpg
今回は、ユニークな描写の方をご紹介。
c0137122_431513.jpg
いいですねー、スナックパック・タイプのかき氷も♪。私は皿盛り派ですが(笑)。
c0137122_433083.jpg
この馴染み深い「かき氷屋のれん」と風鈴は、無敵の涼やかさです。
c0137122_433868.jpg
イチゴ味というより、まんまイチゴが入っている豪華版ですね。
c0137122_434595.jpg
本作の見所のひとつ、「女子の(百合的な)可愛らしさ(笑)」にポイントをあててレビュー。
(ちなみに本作は、キャラクターのデザインや動きが良ければ、美術もバッチリです。)
c0137122_435194.jpg
「はい、あ~ん」の食べ比べ。こういう、女の子同士か、熱々カップルにしか出来にゃい。
c0137122_435851.jpg
c0137122_44638.jpg
その様子にショックを受けている白井黒子(しらい くろこ)ちゃん。
c0137122_441236.jpg
この二人は、御坂 美琴(みさか みこと【右】)と佐天 涙子(さてん るいこ【左】)ね。
c0137122_441964.jpg
白井黒子は歪んだ情欲を同性に抱く女子です(笑)。
(※声/新井里美さんが、「コードギアス」のメイド咲世子さんと同じだとは思えない・・・。)
c0137122_442753.jpg
「では、わたくしも・・・♪♪。」美琴を百合的に慕う黒子は『間接キス』を試みるが・・・。
「いや、あんた私と同じの頼んだじゃん」で一蹴。
美琴と佐天はイチゴ味とレモン味だったから食べ比べしていたのだ。
おねーさま追従の黒子は「おねーさまと同じものを(イチゴ)♪」と頼んでしまっていた。
c0137122_4436100.jpg
黒子、悶絶して自分の頭を大地ガイアにたたき付ける。何度も何度も(笑)。
c0137122_44431.jpg
自らの不明を悔やむ愚かな女、それが黒子。
 
・・・最初、黒子の声優さんの声質なら、ああいう言い回しやトーンにしなくても(凄く粘着すぎる・・・)と感じていたが、今では馴れて、しっくりきています(笑)。

閑話休題(笑)。

ちょうど今、テレビのシリーズがクライマックスに突入していて、原作を知っている者にとっては(知っているのはコミックス版だけですが)、アニメ版のまとめ方に興味津々だ。
 
アニメの、♯11 「木山せんせい」は、かなり巧みなシナリオになっていた。
 
木山春生(きやま はるみ)というキャラクターが、相当にいい役所を演っている。      

もちろん、『とある魔術の~』の上条当麻(かみじょう とうま)もチョイ役で出てくる。
 
シナリオの深いところ、「きつい設定」は扇情的になるきらいはあるが(そうした、神経逆撫でにされる感じは『とある魔術の~』の方が、もっと顕著)、整合性はあって、ちゃんと感動出来るところにお話しが着地してくるのが見事だ。
 
巧い。
 
『とある科学の~』レビューは、その2につづく予定です♪。
                  

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-12-13 05:01 | アニメ