人気ブログランキング |

アニメ「R.O.D -THE TV-」レビュー

アニメ「R.O.D -THE TV-」のレビューです。
 
アニメ「R.O.D」OVA版の、読子・リードマンの初登場シーンで、あの小汚い(とても妙齢の美女の住まいとは思えない)部屋の中のあちこちにあった付箋(スティックノート)の謎がテレビシリーズ本編で分かる。
c0137122_6385016.jpg
c0137122_6391410.jpg
c0137122_640675.jpg
付箋にあった名前、「菫川ねねね」(すみれがわ ねねね)という女性が、テレビシリーズ本編の主役各として登場するからだ。

アニメ「R.O.D」OVA版、全3巻の約2年後。
2003年にテレビ・シリーズとして全26話が公開された。

いや、・・・されていたハズだった。
放送当時のトラブルは最後に記述する。
 
私はDVDで全話を見たのである。
つまり、テレビ放送時のゴタゴタとは関係なく、ストレスなくスムーズに見られた♪。

オープニング・アニメ、相変わらず格好良い!。
c0137122_6411884.jpg
OVA版同様に、このシリーズはBGMの良さも特筆に値する。
オーケストレーションもいいが、全般にジャズ、フュージョンのノリなのだ。渋い。
c0137122_6414135.jpg
脚本:倉田英之さん
監督:舛成孝二さん
アニメーション・キャラクターデザイン:石浜真史さん
このスタッフは、OVA版とまったく同じ。
 
菫川ねねね先生が登場。(高校生でデビューした経歴を持つ若き女流作家さん。)
c0137122_6415671.jpg
このアニメ、シナリオ展開の面白さが、もう、やはりテレビ・シリーズも「見始めたら止められません」というくらいに巧みです。

なにせ、あの読子・リードマン以外に、『紙使い』三姉妹が登場。
アニタ・キング(三女)
c0137122_6492619.jpg
マギー・ムイ(次女)
c0137122_6494180.jpg
ミシェール・チャン(長女)
c0137122_649575.jpg
アクション・シーンは第1話からフル・スロットル!
c0137122_6532418.jpg
ジャンボ・ジェットを覆っているこれ、ヒロインたちの「紙技(かみわざ)」です。
アニタちゃんの活劇はこれまたスカッとします!。
c0137122_654424.jpg
菫川ねねね先生の気性は男前!。(この中指をハイジャック犯の銃口に突っ込む)
c0137122_6542711.jpg
さて、紙使い三姉妹だが、名前を見ても分かるように日本人ではなく、香港の「日本人旅行者のための」ガイド役として(香港で)ねねね先生と出会った。
ひょんな縁で、そのまま日本に着いてきて、ねねね先生のマンションに転がり込む。
この三姉妹の居候ぶり、というか、私生活的な「ダメ人間ぶり」が本編最大の素敵な見所と言っても過言ではない。
ある意味パラサイト姉妹だ(笑)。姉二人は重度のビブリオ・マニアである。
c0137122_6545055.jpg
でも、三姉妹の本業は、紙使いの能力を駆使した『ウラ稼業』である。
それは、小さなアニタちゃんが関わるにはハードボイルドすぎる世界だ。
香港でも「三姉妹探偵社」をガイドと同時営業していたが、命を張った黒社会的な仕事を、じつは生業としている姉妹の、非情な日常が所々に描かれる。
c0137122_655759.jpg
c0137122_6553593.jpg
c0137122_6561240.jpg
ミシェールさんのお尻にこだわったのは私の趣味です。
お尻フェチなんだろうな、私。

本作の柱のひとつはOVA版と同じように、ハードボイルドだから、第9話にゲスト出演するこの女性、ナイスバディのアリスさん(アリス・アリス・アークウェッド/声・荒木香衣)は、温泉を楽しんだアトに(有り得ないような無惨な)殺され方をする。ちょっとショックです。
c0137122_7201451.jpg
前半は、ゆるゆる、まったりな展開が主軸なくらいに、笑いながら見ていられたシナリオだけど、これが、後半になって、ようやくOVA版ヒロインの読子・リードマンが再登場。
c0137122_7203565.jpg
そうして、人格の変わったナンシー・幕張さんまで。
c0137122_7205352.jpg
この辺りから、どんだけ辛くなるんだよ、このストーリー!、というような展開になって、これまたモニターが中断出来なくなるのです。
この青い長髪の美少年は誰か?。刮目して、本編で確かめていただきたい。
実はストーリーの割と初期の頃から登場して、三姉妹と関わる。
c0137122_721148.jpg
なによりも吃驚なのは、この対立構図。
OVA版では、よきチームワークだった組織の仲間だったのに、・・・ジョーカーとウェンディの変貌ぶりが凄い。
ウェンディが、とにかくとてつもなく(悲しい)イヤな女にキャラクターを変えた。
c0137122_7213347.jpg
・・・と、なると私のお気に入りのナンシー・幕張さんは、またこのスタイルで活躍していただかなければ!。
c0137122_7215154.jpg
先述したように、後半は、かなり深刻な展開になっていくシナリオなのですが、全話を見終わると、大変に後味の良い快作です。
 
三姉妹、好印象さ貫き通したし、菫川ねねね先生の男前さが素敵すぎる。
 
 
ちなみに冒頭に書いた初回放送時のトラブルについて・・・。 
 
・・・どうも、初回のテレビ放送当時には第20話時点で放送打ち切りになるなど、別な意味で話題になったシリーズだったらしい。当時のことを私は直接には知らない。
関西では放送されなかったからだ。
(スカパーとかでも放送されたらしい。・・・これも、私は当時に見ていない。)
 
なんだか、つい最近の2008年3月末からTOKYO MXとかで、地上波としては全話が再放送されている真っ最中だそうだが、東京圏の話なので、これも関西の私には無縁な話題だ。
 
その再放送も見逃している人、あるいは「OVA版」と比べて、テレビシリーズのスケジュール的な宿命、というか、製作を外注に頼る日本アニメ業界において、それは不可避的な一面もあるが、シリーズの中盤など、キャラクターの絵のクォリティが失速したりもしているのは私も感じた。
 
それでも、動画的には、動きの手抜きや崩壊などとは無縁で、ストーリー自体も見事なエンターテイメントとして描ききられた。
人と人との繋がり、それこそが、真の家族や友情であること。いちばん大切なもの。
 
今からでも、ぜひ、見ておいて損はない名作であることを私は強調出来る。
 
こういうアイデアや、モチーフの面白いアニメを、これからも見たいと思う私でした。
 
「R.O.D -THE TV-」のOP
 

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-08-26 07:22 | アニメ

<< 『かみちゅ!』 prelude 再び、ジャズバー『Whetst... >>