タイガース、ボロボロ

阪神vs巨人(甲子園球場)3試合目
 
巨人の気迫というより、今日の阪神タイガースはヘナヘナでありました。
 
ローテーションかなんか知らんけど、外国人ピッチャーを二人続けて投げさせてもねぇ。
阪神の投手陣容に気合いがない。
出るピッチャーみんなボコボコ。
 
あとは点の取られ放題。
打線も湿っていたなぁ。
 
1.5ゲーム差がまた0.5ゲーム差に。
やっぱ、わからん。
中日まで勝ってしまったから3チームが団子状態。
消化試合数の多さ少なさがどうのこうのと言ってる段階ではないぞ。
 
それにしても、関西ローカル以外では本当に全国的には野球中継が各テレビ局にシカトされとるようで・・・。
  
淋しい限りだ。


 
ちなみに今日からお彼岸の入りだっけ。
お墓参りに行ってきました。
かんかん照りで山の上は暑いの何の・・・。(山の中にあるんだよ。マンモスな墓園で。しかも我がご先祖様のお墓は、そのマンモス墓園の中の頂近くにある。墓園に入ってからでも自動車でないと行けないような距離。昔からそこにあるのではなく、この墓園は比較的に新しい。もともとは故郷、鹿児島の方々に散っていたご先祖様を儂ら父子の代でこの神戸に持ってきてお墓を建てたのだ。鹿児島の役所が区画整理とかなんとかで、墓地が整備されて、ご先祖様が無縁仏にされそうな事態があって、「それなら神戸に持ってこよう。」と、もう10数年前の話だが、手続きやら何やら、京都、神戸、鹿児島の間を行ったり来たりで苦労した。)
今日は姪っ子夫婦を運転手にして行ってきました。
あ、鹿児島が故郷と言っても俺と親父は、鹿児島をほとんど知らない。爺様の代に神戸在住となったからである。
 
恒例行事が無事に済みました。
 
c0137122_21202594.jpg

昨日、紹介したゴジラの全身像。
ミレニアム・ゴジラのモチーフになったもので、背びれが馴染みのゴジラと違って尖っている。
イラスト的というかコミック的。
それでも体格のフォルムは生物感に溢れている。
そして怪獣としての威風堂々たる佇まいもある。(とかなんとか言っても「モスラ対ゴジラ」の通称モスゴジが俺はいちばん好きなのだが。)
 
「U.Sゴジラ」の時に、出来れば伝統的な日本の着ぐるみスタイルのゴジラを、これくらいの生物感でアレンジしたものを超絶技巧のCGで動かして欲しかった。
でかいイグアナのデザイン見たときはアメリカ人の「怪獣美」への敬意のなさに吃驚したし落胆しましたよ。
 
もうゴジラ映画はないのかな。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-19 22:56

<< あ~~~~ぁ、もう。いつまでも暑い うむ、勝ってなにより。 >>