figma (フィグマ)の甘い罠(笑)

figma (フィグマ)には今までノータッチな私でした。

評判の良さは了解していたのですが、手元にはひとつもなかったのです。

ひょんな切っ掛けで「figma」が8個ほど、一気にコレクション入りしました。
(画像に写っていないものも含む。)
c0137122_5484110.jpg
 
figmaはマックスファクトリー社の商標だと思うのですが、似たコンセプトの関節可動フィギュアは、「リボルテック(海洋堂)」や「フィぎゅっと(グリフォン)」とかもあったと思います。
(※上の画像にも「リボルテック」が混じってるよね。)

「フィぎゅっと」は少し大きいのかな?。
figmaとかは1/12スケールサイズくらいの大きさに統一されていますよね。

『流し込み専門』だろうと"MMDユーザー"な私としては、やはり「初音ミク」さんの造型は持っていないと・・・。

てことで、これは自分で購入した「アペンド・ミク」さん。
c0137122_5494597.jpg
『自分で購入した』という微妙な言い方をするというのは、じつはにわかに増えた他の「figma」は貰い物だったりしちゃうのです!(なんと~!)
c0137122_5495213.jpg
パーツの差し替えで、ポーズ替えだけでなく、モデルの顔のパターン違いまであったりして。こういうのは、同じモデルを2個買い、3個買いしたくなるのが「罠」なんだよなぁ。

figmaじゃないけど、フィギュアではMMDモデルの「lat式ミク」さんとかも出ているのだから、「Tda式Appendミク」の造型も欲しいのだけど、figmaで「Append」がこの造型で出されたのなら、もう「Tda式」はAppend被りになるからfigmaからは出ないよねぇ(涙)。

とにかく、なんかこのコンパクトさが「強味」なんですよねぇ。

ただ、もうひとつの「罠」が、ラインナップの数が既に大量になってるから、生産ラインに乗っていないとか(事実上生産終了してるとか)のモデルは、個人オーナーの放出する中古品市場でも高騰しちゃうんですよー。

所詮、コレクター道は楽しくも茨の道ではあるのですよねぇ~。



インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2013-04-26 06:26 | ブログ

<< アルティメット ミレニアムファ... ファインモールド 1/72 ミ... >>