Wizards of the Coast スターウォーズ Miniatures 『AT-AT WALKER』

"ブルーなこと"があったとか、凹みまくっているとかそういう事とはうらはらに、

こういった記事は(うpのタイミングを見計らうために)未公開で編集待機させているものもあったりするのです。

よって、いつまでも未公開待機させているわけにもいかないので、リアルな「うp主の気分の方」とはスタンスを別にして、せっかく書いたのだから『公開』記事に切り替えます。

はい。

さて、

Wizards of the Coast スターウォーズ Miniatures 『AT-AT WALKER』

 
外箱サイズ:(約)横幅46cm×高さ36cm×奥行18cm
c0137122_334736.jpg
コレクティブル・ミニチュア・ゲーム「STAR WARS MINIATURES」というのがアメリカにはあるらしい。
c0137122_335541.jpg
その流れで、米国Wizards of the Coast社が発売した「AT-AT Imperial Walker Colossal Pack」という事だ。
c0137122_34220.jpg
このAT-AT、映画のプロップモデルのレプリカ(マスターレプリカ社)を別格とすると、おそらく、限りなくリアルプロポーションに近い「AT-AT」の造形物の中では最大クラスです。
c0137122_34966.jpg
こういうアングルなんか最高に格好良いです!。↑
c0137122_341644.jpg
なんかゲームのハンドブックみたいなのが同梱されていましたが、そちらはなんのことかよく分かっていない私です。(要は、この大きなリアルプロボーションのAT-ATが目当てでした。)
c0137122_342274.jpg
ウェザリング塗装もいい感じ♪
c0137122_342818.jpg
例によって1/144スケールサイズの「エフトイズ製AT-AT」との大きさ比較。
c0137122_343536.jpg
食玩「スターウォーズ・ビークル・コレクション」の「1/144 AT-AT」って、食玩シリーズの中では結構最大級の造型なんですよ。それと比べてこれだけ大きければ、まぁ、満足です。
c0137122_344171.jpg
ちなみに、くだんのレベルキットAT-ATとも比較してみました。
c0137122_34474.jpg
意外だったのは、胴体パーツが、ほとんど同一サイズくらいなのに、頭部パーツが「レベル社」キットの方がほんの僅か小振りなのです。(ほんの僅かですけど。)
で、脚部パーツはレベル社キットの方がWizards of the Coast社AT-ATより大きい感じとなっていたのです。
c0137122_345319.jpg
これはつまり、レベルキットの方がボディバランスに比べて頭部頭身が小さめということになります。
それは、完成させたら、レベルキットの方が「より頭が小さいスマートなAT-AT」になるというわけで・・・。
映画でのプロップを見ている限りでは、どちらが「正解」に近いのでしょうか?。

でも、「Wizards of the Coast社AT-AT」、こいつはリアル体型のAT-ATとして存在感バッチリです。

ハズブロ(Hasbro)のToyチック・バランスのAT-ATも(なにせ巨大さで)魅力抜群だし、リアル体型のAT-ATは当然映画のイメージ通りで嬉しい。

「Millennium Falcon」と共に、スターウォーズに登場するビークルの中で、私のお気に入り造型の最右翼のひとつ、それがAT-ATなのでした。



 

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2013-04-23 03:37 | ブログ

<< ファインモールド 1/72 ミ... 最大級にブルー。 >>