いつの間にかメガネ3年生♪

いや、「♪」(おんぷ)は別に要らないのですが、なんか3年経ってしまいましたね。

今ではすっかり、「読書」とかではメガネ使用が必須になってしまいました。

最初にメガネを買った半年以内くらいに『なんかこれだけでは足りない・・・』と、デスクワーク用、PCとキーボード用、ただの乱視矯正のみ用(乱視矯正だけで、まだ1.0~1.5くらいの視力はある私です。)等々、3~4個、どんどんメガネを買い足してしまったので・・・、しかも同じフレームの物ばかり。

んで、色も同じブラウンばかり。

これはドジった。
ケースで使い分け出来ると思ったし、かければ「分かるハズじゃん」とか思ったけど、パソコン用と、読書、原稿作業用とは焦点の合い方がよく似たような度数なんだよね。

ともあれ、例えばこの二者が同じブラウンフレームだったのを、片方、ダークグレーにしました。
c0137122_4144556.jpg
(画像でその色の見分けがつくかな?)

なんにしてもメガネが要らなかった過去の自分の人生を思うと、友だちとか、そうだねぇ、それこそ、小学生や中学生の頃からメガネが必要だった人たちはちょっっぴりl難儀だったんだなぁ、と思いますですよ。
なんか、日常の普段の生活でも乱視で世の中がぼやけているのと、そうじゃなかった日々を比較すると、こう、集中度や疲れ方が違うものね。体感時間まで違うかな・・・。(クリアーだった日々の方がそりゃ良かったってこと。)

それとも、メガネを使うようになって良くなった事って何かひとつでもありますかねぇ?。

いや、メガネで衰えた視力をカバー出来ること自体は有り難いのだけど、こう、使い分けなきゃいけない現実の前では、『オールクリアー、オールフリー、オールマイティ』だった視力の健康だった年月は素晴らしい事だったんだなぁ、って思います。

はい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-04-30 03:11

<< なにごとにつけ、「ホビー」は良... 「美術」のお時間なう >>