人気ブログランキング |

メタセコイア(Metasequoia)で3Dポリゴンモデラーにチャレンジ♪

メタセコイア(Metasequoia)という、「3Dポリゴンモデル」を作成するソフトがありまして。

こちらはシェアウエア版で有料です。
(「MMD」がフリーソフトという方が普通じゃないのです。)

つまり、その有料ソフトも導入して、こんなこと始めてしまいました。

MMD用の、『歌って踊れる』、
自作モデルを作ろうという"無謀なチャレンジ"だ。

これが「メタセコイア」の操作画面
c0137122_10533310.jpg
作ろうとしているキャラクターの下絵は自分で準備する。

つまり、「キャラ」を作る場合、パクっていいキャラの元絵がない限り、ある程度自分で「キャラ絵」が描けるなり、人物をデッサンするイメージが自分の中にある人でないと無理っぽい。
これは仕上げに「テクスチャ」もお絵描きツールで描かなくてはいけないので、キャラものモデルを作るには「絵が描けないと・・・」という気はする。
 
c0137122_1145229.jpg
 
「直方体」を置く所からはじめて、その直方体を分割、形の調整をしながら、下絵の形に近づけていく作業を進める。
c0137122_1163744.jpg
横からも見る。このあと、分割を増やしながら形を整えていく地道な作業がひたすら続く。


「MMD」の操作は、理解し始めてから不慣れなりに"動かせる"ようになったのですが、本来は手順としては「モーショントレース」や「カメラモーション」等の演出を掘り下げて行くべき時に、こっちもやりたくなっちゃったんだよねえ。

「MMD」と「3Dポリゴンモデル」というのは同時にあるものなんですが、
だからこそ「MMD」に手を付けていなかったら、
「3Dポリゴンモデル」をなんとかしようなどという気は起きなかった。

「3Dポリゴン」のソフト自体は、エンターテイメント系やキャラものでないのなら、本来は工業系や建築モデルのデザイン用のツールとして職場で使われているような気がする。
自動車や町の建築物を「平面図」だけでなく、立体的に作ってみせることが出来るからね。
(PCの演算力とモニターの中でね。)

まぁ、しかし。
この3D作成ツールソフトをキャラもので使おうというのは、・・・つまり、人形劇的なマペットではなく、キンダートイのクマさんやゾウさんを作ろうというのでもなく、日本のアニメに登場する女の子キャラとかを作ろうというのは、「MMD」ソフトが登場しなかったら、まず起きなかった現象ではないでしょうか。

さて、メタセコイア。
専用のプラグインとか、参考書を片手に厚意でお持ち帰り提供してくれているサイトからダウンロードして、ソフト使用の環境を整えつつやっているのですが、ツールの操作系が悪魔的に難解(笑)。

いや、100%こちらの不慣れさが原因なんですが(笑)。

立方体から始めて「希望する形を整えていく」という作業が、もう、不慣れなだけに何時間も何十時間もかかる。


分割線は増えて、「頂点」や「辺」を移動させて、ゴールライタンみたいな立方体から、ちゃんと「丸み」をおびた人体に近づける作業が続く。
c0137122_1584089.jpg
これ、私の手にした「メタセコで3Dポリゴン・キャラを作ろう」的な参考書は、下絵は「正面図1枚だけ」で進行していたが、絶対にサイド・ビューやリア・ビューのイメージ図も下絵として用意していた方がいい。 
c0137122_1584915.jpg
女性の背中のラインから腰のくびれやヒップにかけてのラインは成り行き任せに作ってはいられないからだ。

何時間もかかったあげくに、ファイル内容が大混乱して、いちからやり直しを繰り返している、というところです。

(こまめに作業ファイルをセーブ保存しておかないと、「元にもどす」だけではさかのぼれない工程も出てくるので泣くハメになります。)

完成はいつになるやら、わかんない作業ですね。

ここまで面、辺、頂点の増えるようなモデリングは無謀すぎ。
c0137122_11124367.jpg
でも、叶うことならそこを目指そうとする蛮勇(笑)。

すでに存在しているプロ様やアマ様の作った「MMDモデル」を解析しながら(基本、私は最初だから、ほぼ模倣です。)、それでも「あれ、私がやるとなんでここでワイヤーが絡まるんだ?。わ、切断したつもりがないのになんで頂点も辺も繋がっていない?いつ離れた?」という悲鳴の繰り返し。

プロの3Dポリゴンモデラーさんのキャラ作品を、ワイヤーの使い方や、分割の参考に眺めていると、「圧倒的なワザ」の冴えや芸の細かさを思い知らされる。

人体を「輪郭線だけで描く漫画」と違って、構造物としてムーブメントを理解するのはなんと大変なことか。

私は参考書の手順通りにやっているつもりで、何か迷路に迷い込むのですよね。

「美少女系フィギュアの完成品」と「完成させる前のガレージキットのパーツ状態」のものが手元にあると役に立つよね、これは(笑)。
そっちの方は、これまでさんざん持っていたから、頭の中に入っていたと思ってたけど、ガレージキットをまた持ち出してきて顔の形や体のラインを眺めまわしながらの作業もしたりなんかしている。

ホビーというより、なんか、美術科のデッサン教室に同等な学習姿勢が要る(笑)。

ああ、彫刻や彫塑の作業と同じなんだ。

「美術」だよ、これは。

それでも、他のユーザーモデルの改造程度やアレンジにしかならなくても、「自分のキャラ」を作って、そのキャラが「踊ったり、歌ったり、ドラマでも演じてみせてくれたら・・・、いいなぁ。」という希望のみで勉強中です。


ごく近いうちに試作品は、なんとかするつもりなんだけど・・・。


 

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-04-21 12:00

<< 「美術」のお時間なう 【MMD】"Lat式... >>