ひとつの文明開化

すっかり、御無沙汰気味で申し訳ありません(笑
 
御無沙汰していた間の"ネトゲ廃人"化だとかの言われようの(笑)、実際のところの経緯所感とかは、また後述することとして、~なんだかんだと、もう冬の気配です。
 
(もっとも、なんとなく例年よりも寒くなっていくテンポは遅いようですが、いざ寒くなりだしたら、今夏の酷暑の真反対に、今度はとんでもなく厳冬になったりするのかも・・・。)
 
んでもって、こういう寒い季節に威力を発揮しだすのが、
 
私のPC愛機~ペンティアム4 XPマシン~だったりしたのですが、
・・・実際、私がそう感じているだけではなく、【ペン4XP】は、冷却ファンの騒音と発熱量の凄さで、
『PCヒーター』というあだ名が使用者の間ではついているようです。
 
・・・確かに、XPマシンを作動させているだけで、ある程度部屋の中が暖まっていたような気がします。
(夏場は、エアコンがないと、それこそPCサウナです。)
 
そんなわが愛機XPマシンで、今後もこちらのブログ&ホームページは管理していきたいと思っています。
 
(いえ、ようやく「win7 マシン」も机上には並んでいるのですが・・・、なんか馴染みすぎたOSとシステムが違っていて、メールもホームページの管理もやりにくいったらありゃしない。・・・馴れなのでしょうが・・・。)
 
さて、プリンタも新調しました。
 
プリンタこそ、私は「XPマシン」よりももっと年季のはいった初代機を使い続けていましたが、こちらは寿命です。印刷結果がどうにもこうにも"まともではなくなってきた"からです。
 
リーズナブルなものでも今時のプリンタは、なんかやたらでかいよね。
スキャン機能まで搭載させているからだ。
 
単体スキャナ愛用者としては、オールインワンってのは無用な機能つきすぎなんだけど、ま、いいやと思って買ったのがこれ。
c0137122_811561.jpg
 
なんか前面のコントロールパネルのイルミネーションがやたら派手だ。
 
そして、前面給紙タイプで、ふる~いプリンタを愛用していた身としては初体験な「DVDレーベルの印刷トレイ」が標準装備されている。
 
簡単なデザインをしてDVD-Rにラベル印刷してみた。
c0137122_8124555.jpg
内径の設定を間違えたのが左で、やり直したのが右。名作アニメを自分のbackup用に試作してみたのだが、凝る気があれば、いわゆる市販のピクチャーレーベルクォリティのものだって作れそうだ。
   
これはちょいとした感動でした。
 
よく知人が「オリジナルラベル印刷のDVD」をくれたりしていたのだけれど、私は「ラベル王」ってので自作DVDやCDのラベルはシール作成で貼っていたので、インクジェットプリンタで直接絵柄やタイトルを印刷してある円盤はずいぶんとスマートなものに見えたし「不思議」だったのだ。
「円盤用の専用トレイとか設置したり、さぞかし面倒なんだろうなぁ」と感心もしていた。
 
今のプリンタは、これがとっても簡単。
 
そもそも、7年以上前(ヘタすると10年ひと昔前)のプリンタをつい最近まで使っていた身としては、印刷スピードの速さに驚いている。
 
隔世の感がありますねぇ。

ひと昔前のが、作動音と時間的に
『ジジジ、キュ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ・・・・・・・』
てな感じで30秒から数分かけて印刷していたのが、今のプリンタのスピードは、
『( ゚д゚)、ペッ』
で終わってしまう感じだから驚いた。
 
とはいえ、いまでもまだ「XPヒーター」は現役で頑張っている。
「win7 マシン」と仲良く併用したい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2011-11-18 06:51

<< いま、とっても大変 【第7回MMD杯本選】まだまだ... >>