人気ブログランキング |

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、第13話

アニメ『とある科学の超電磁砲(レールガン)』、第13話のレビューです。

13話のサブタイトルが、冗談かというほど、長くて凄い。
♯13『ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方にしか似合わないんですよ』

・・・なんぞ、これ。(劇中の長いセリフが、そのまんまんタイトルになっています。)
 
13話のレビューなんて、ちょっと今頃という感じだけれど。
(関西でも、既に14話、15話まで放送されています。)
 
その14~15話が、予想(期待)していた『御坂妹(みさかいもうと)』の話にはなっていきそうにならない展開なので、思い返せば、昨年末に放送された第13話が「面白かったな♪」という、振り返りレビューです。
 
いや、もう、視聴者サービス満載な『お遊び』の回でしたので。
 
キャプチャー画面の紹介。



♯13『ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方にしか似合わないんですよ』

電撃ヒロイン、御坂美琴(みさかみこと)。
c0137122_492344.jpg
オープニング、いつも快調だね。(主題歌のノリが良いもの♪。)
c0137122_493462.jpg
今回は女の子達が水着モデルをやるエピソードでした。(学校の水泳部がお世話になっているメーカーの、ウエブ・カタログ用の水着モデルという事でした。)
で、何げない「水着選びシーン」なんですが、作画が大変そうだなぁ、と絵描き視線では思ってしまうショットです。(吊している衣服、水着を、彼女たちの選択の手が伸びると動画で動かしますから。地味に大変。)
c0137122_49438.jpg
美琴ちゃんが目を輝かせて、頬を染めて上気している。
c0137122_495326.jpg
お気に入りデザインの水着を見つけた模様。(なんて、ファンシーでフリフリな・・・。)
c0137122_410280.jpg
お子様センスに引け目を感じている御坂ちゃんですが、佐天と初春はよく理解しているので、褒めて「お薦め」する♪。
c0137122_4101285.jpg
でも、結果的に美琴が着たのはスポーツ水着みたいなワンピースでした。(何故かは、本編見たら分かる。)
c0137122_4102145.jpg
さて、驚愕している皆さんの訳は・・・。
c0137122_410317.jpg
白井さんの「有り得ない超ビキニ姿」のせいです・・・。
c0137122_4104162.jpg
ヒロイン達の中で、おそらくもっとも何にも凸凹のない体型のくせして・・・。
c0137122_4105138.jpg
何故か過度の露出癖がある白井黒子ちゃん。前はつるぺったんの扁平。
c0137122_411038.jpg
おねーさま(美琴)に対するアピールらしいが、ホント、後ろも扁平なのね。
c0137122_4111157.jpg
が、もっと有り得ないアクセサリー(生きている蛇)を纏っている変態もいる。(婚后光子)
c0137122_4112197.jpg
しか~し!、真打ちは最後に来た!!。ダ・ダ~~~~ンッ!!。 ぐいッ。
c0137122_5254048.jpg
(重力で)たっぷ~~ンッッ!!!!!。 ぽよん、ぽよん。
c0137122_5255199.jpg
腰のくびれ。
c0137122_526076.jpg
豊穣なヒップライン♪♪。(個人的には、この身体にフリルはどーよ?!とか思ったけど・・・。)
それに自称『尻フェチ』な私としては、このヒップラインは豊満さを強調しすぎて、脚の太ももラインとのムーブメントで破綻を起こしていて、ちょっとヘン。魅力的じゃないです。作画さん。女体ラインをもっと勉強しよう。漫画チックすぎる。
c0137122_5261074.jpg
「う~ん、この水着、きついのよね~~~。」
c0137122_5262017.jpg
ジャッジメントの先輩、固法美偉(このり みい)の御姿でした。
c0137122_5263050.jpg
年齢差は1~2学年の差。・・・、ふっ。一同、言葉もない。(にしても、この娘たちが「中学生」なんだよね。これでも。) 「いいな・・・♪」と誰かひと言あったっけ(笑)。
c0137122_526407.jpg
ともあれ、一同リゾート地を背景に・・・、というのはウソ。ここは仮想空間によるバーチャル・ビーチ。~なのに、海や砂浜の質感、太陽の輝きまで本物と変わらない体感が出来る模様です。
c0137122_411313.jpg
いつものように中合いにサブタイトルが入る。すっげー、長いタイトル。
c0137122_4114051.jpg
色々と撮影アピール。
c0137122_411502.jpg
己のプロポーションに自信のある女子は幸せだね。
c0137122_4115935.jpg
なんやかんやの今回の設定の細かいことは私、説明から省いていますが・・・・・。
とーとつですが、バーチャル空間を演出する装置が故障したようです!。
一同は、熱砂の灼熱地獄に放り出されたり、極寒の地を背景にしたり、大荒れの大海に投げ出されたり・・・。
ついには、「綺麗な星空・・・。」と思ったら、月面に立っていたりする。
c0137122_412834.jpg
そこで彼女たちが目撃したのはモノリスだ!。
c0137122_4121812.jpg
あぁ、「2001年宇宙の旅」。(いや、しかし・・・(笑)。)
c0137122_4122928.jpg
彼女たちがここまで驚いている理由が分からん。「モノリス」の原典など分かっていない方が自然でしょう。・・・試しに現在の女子中学生たちに「モノリスって何?」て聞いてごらん。(高校や大学どころか、30代くらいまで枠を拡げて聴いてもいいよ。映画通な人以外は全滅だろうね。たぶん。)「2001年宇宙の旅」という映画自体を見たこともなければ、タイトルさえ知らないかもしれないよ。
ここで驚いている女の子は(ポカンとしている子もいる)、100%、SFマニアだ(笑)。
c0137122_4124084.jpg
が、まぁ、おじさんやSFファンとしては、スルーされるより、驚いてくれている方がシュールで面白い。
c0137122_4125072.jpg
とどめに『骨』(笑)。人類が最初に手に入れたであろう「道具(文明)」のひとつ。・・・いつの間にか、黒子が手にして呆然としている(笑)。
c0137122_413090.jpg
まんまの「2001年宇宙の旅」の有名なハイライトシーン。
ホントに『ツァラトゥストラはかく語りき』がBGMに流れてたし・・・。
c0137122_413984.jpg
ともあれ、バーチャル装置が山間のキャンプ・シチュエーションに固定して小休止。
皆さん、そのまま林間学校モード。
飯ごう炊さんが上手くできないというので、電気娘・美琴を使ってIH(アイエッチ)だとか・・・。出来るの?。(いや、出来てるし・・・。)
c0137122_413199.jpg
キャンプ自炊で作るものとくれば、「カレーライス」♪。美味しく出来ました。
c0137122_4132914.jpg
撮影会の本来目的が無事に終了したあと、美琴は一人で残って『本当は着たかった、あの水着をつけて』仮想ビーチに・・・。(なんでだか、操作を誤って、衆目に晒されるオーロラ・ヴィジョンみたいな所に映像が流れている。)
c0137122_4133967.jpg
そうとも知らずに、美琴はキャピキャピとはしゃぐのでした。
c0137122_4135087.jpg
可愛いよ美琴。
c0137122_414013.jpg
それを偶然に上条当麻(かみじょう とうま)くんが見かけて・・・。
c0137122_4141012.jpg
「そぉ~~れッ♪♪♪」 by 美琴
c0137122_4142196.jpg
「ビリビリ・・・、なにやってんだ?。あいつ・・・。」
c0137122_4143177.jpg
美琴、可愛いよ。美琴♪。
c0137122_4144150.jpg
 
まぁ、もとより「コミカルな話」も似合うキャラクター陣容だし、そのキャラクターの絡み方や、これまでのエピソードをちゃんと拾っていて、シリーズそのものを楽しんだ人にこそ「理解出来るツボ」がおさえてある。

色々な意味で、良い遊びの回でございました。

・・・私のブログ訪問者の中に「2001年宇宙の旅」を知らないという方は、よもや、いらっしゃらないと思うが、マジで分からない人がいたら、こちらをご覧になって下さいませ♪。

2001: a space odyssey
・・・余計、分からんようになったかな・・・?。


 
あと、他には、スタートした新春アニメの中で興味を惹かれるものもいくつかある。
ぽつりぽつりと、という感じで。
 
『ソラノヲト』(「けいおん!」のキャラ作画と同じテイスト。スタッフ同じなのかな?。京アニじゃないのに・・・。) 
『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』(Dance In The Vampire Bund)(さて、どう展開するの?)
『はなまる幼稚園』(第2話のあのEDはなんなんでしょうね(笑)?。)
『ひだまりスケッチ×☆☆☆ほしみっつ」』(高いクォリティで安定してますね。)
等々。~この辺は、要注目かも。(あくまでも私のレビューは個人の嗜好による偏りはございます。)
 
『デュラララ!』、『おおかみかくし』あたりは、ビミョーだなぁ。(作画や動画レベルは、どちらもなかなかのもの。・・・ただ、こればっかりは先述したように、生理的な嗜好が絡むからなぁ・・・。)
『バカとテスト』、『聖痕のクェイサー』あたりは、もっとビミョーです。
      
『のだめカンタービレ 完結編』は、これまでも見てきたので見ますけれど。~先行している実写版をアニメならではのチカラでちゃんとフォローしてくれるんだな、という安堵感はございます。
  
他にも見逃しているタイトルありましたっけ?。
         

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-01-21 03:58

<< アニメ『とある科学の超電磁砲(... 阪神淡路大震災、15年 >>