人気ブログランキング |

アニメ『そらのおとしもの』~「岬めぐり」

アニメ『そらのおとしもの』の第2話が、とんでもない話だった。
 
内容は「おバカ」なだけのアニメな感じです。(今のところ。)
 
ただ、第1話の「エンディング」曲が、なんかセンスがいいので「あれ?」とは思っていたけど、スルーしていました。
和製ポップスの名曲でアニメ・オリジナル・サントラで、このあと、これ1曲をフィーチャーし続けるのだろうかな、程度に流していたのです。
(エンディング・アニメやED主題歌が次回で変わるなんて思いもしていません。)
 
ところが、第2話のエンディングで、画面に釘付けになりました。
(リアルタイムに見ているのですが、じつは、本編の方は流して見ていました(笑)。)
だから、「ふいうち」を喰らった感じです。

エンディングが、なんと、まぁ、シュール!!。
 
すぐにリンク切れになりそうだろうけど、動画を貼っておきます。

そらのおとしもの 第2話EDこれ、みんな女の子の「パンツ」が鳥のように群れ飛んでいるのです。 
 
エンディング後にエピローグ・エピソードも挿入されていましたが、これが輪をかけて「エンディング」のフォローをしていて、この話数は、このイベントだけで、アニメファン、往年の和製ポップス・ファンに記憶されるべき作品になりました(大笑)。
 
エンディング動画だけでは意味不明でしょうから、『なぜ、パンティーの群れが渡り鳥のように飛んでいるのか?』、このおバカでファンタジーなシチュエーションにについては、以下のキャプチャー画面にコメントも加えます。
 


『そらのおとしもの』~第2話
 
ストーリーの事ここに至るまでの経緯は省略します(笑)。
 
右端の翼があるのが「エンジェロイドのイカロス」という女の子で、マスター(主人公の男の子)の言葉を不用意に「命令」と理解して、ドラえもん式の便利グッズとは違う「プログラム発動」で、なんでもかんでも叶えてしまいます。
 
今回は、主人公のガールフレンドのパンツが騒動のキッカケでした。
c0137122_2236699.jpg
主人公が、彼女の着用中パンツ(可愛い犬さんプリント)をアクシデントで目撃してから、それが彼の「好みに合わなかった無意識下の願望」から、着用中のパンツを強制排除するプログラムがイカロスによって発動しました。

ガールフレンドはノーパン状態となり、その後どんなパンツも衣類も下着として身に付けることが許されなくなります。

ともあれ、強制排除の理由が「(「ノーパン希望」ではなく)好みではない」という単純さから、どんなパンツなら彼女が履くものとして「主人公目線でOK」なのか?という模索が始まります。
c0137122_22361520.jpg
しかし、拒否プログラムが発動すると、パンツは暴れ回って(生き物のように)勝手に遁走します。~宙を舞いながら。
c0137122_22362319.jpg
さらには主人公の「願望」を誤解?し続けるイカロスのパンツ集めは、学校を中心とした半径100メートル以内の女生徒たちの着用中パンツまで全て強制収拾して呼び寄せてしまう事態に及びます。
・・・つまり、いわゆる「生(なま)パンツ」大集合。
ノーパン女子大量発生。
でも、これはイカロスのミス。主人公はパンツ集めを望んでいない。ムダな収集。
c0137122_22363196.jpg
ここからが、ファンタジー。
c0137122_22363994.jpg
(用無しになった)パンツはなぜか(自由の身になったということで?)、 ふわりふわりと宙に舞い、にわかに生きている「鳥」のような動作をはじめる。
c0137122_22364746.jpg
そして、自由な空に羽ばたいていきます。
c0137122_22365521.jpg
「・・・わたしたちのパンツが、空に・・・。」
c0137122_223736.jpg
止める術(すべ)もありません。生パンツたちはみな自由になったのですから。
c0137122_22371180.jpg
で、ここからエンディング・テーマが入ります。
なんと、往年の名曲フォークソング、山本コウタローさんの『岬めぐり』!!!
c0137122_22371828.jpg
煌々と輝く、夜空の月を背景に、雁の群れのように生パンツたちは羽ばたき続けます。
c0137122_22372597.jpg
旅立った生パンツたちを見送るイカロス(単なる無責任、だけど、妙にしんみりする。)
c0137122_22373912.jpg
パンツたちは朝になっても飛び続ける。
c0137122_22373214.jpg
青空を渡り鳥の編隊飛行のように、力強く、気持ちよさげに。
c0137122_22374619.jpg
綺麗な茜色の空とパンツ。
c0137122_22375430.jpg
日暮れになると森の梢をパンツたちはとまり木として羽根?を休める。
c0137122_2238190.jpg
翌朝、またパンツたちの群れはいっせいに森から空に羽ばたく。
c0137122_2238879.jpg
パンツの大編隊。見事なパンツCG。色もデザインもカラフル。
c0137122_22381699.jpg
群れ飛ぶ様子も、まんま渡り鳥や集団の鳥の群れをトレースしたリアルな動き。
c0137122_22382555.jpg
何かしら「感動的」でさえある光景。
c0137122_22383435.jpg
異国の空も飛び続ける。大空高く小さな無数の点々。地上の人々が天を仰ぐ。
c0137122_2238411.jpg
また別の異国の空。人々の目にも、なにか「鳥ではないカラフルなものが群れ飛んでいる」らしい感覚は伝わっているようだ。シュールでファンタジー。

そのファンタジーを支えているのが、女性ヴォーカル版の『岬めぐり』の感動的なメロディラインと歌詞であります。なんだか圧倒的なんです。(個人的な好みを言えば、ヴォーカロイド・初音ミクっぽい、加工された歌声ではなく、女声ポップスの朗々たる歌声で聞かせて欲しかった気持ちもある。・・・まぁ、こういうシチュだからヴォーカロイドっぽいのが正解かもしれない。~実は、声優さんの生声を加工しただけのものだったのだが。)
c0137122_22385025.jpg
あ!、パンツの編隊飛行を獲物と間違えた猛禽類が襲う!。あぁ!白パンツが餌食に!。
c0137122_22385868.jpg
それは食べられないぞっ、鷲くんッ。
c0137122_2239694.jpg
世界のどこかの戦地の上空を飛び続けるパンツたち。
c0137122_22391521.jpg
世界遺産の空も。(ちゃんと原曲の山本コウタローさんのクレジットが入る。)
c0137122_22392385.jpg
アフリカ大地の上空も。
c0137122_22393156.jpg
なんか雰囲気としてドーバー海峡あたりを渡っている感じ♪。画面が終始美しい。
考証的に考えると、日本からアジア大陸→アラビア半島→アフリカ→(だから、このシーンは「アフリカ西海岸」かな。もしくはイングランド南西部。)→大西洋へと渡っていった感じ。
c0137122_22393819.jpg
手前は音速の戦闘機か。・・・その向こうのひこうき雲も戦闘機か、と思ったら・・・。
c0137122_22394636.jpg
すげッ!。パンツだ!。パンツが音速の勢いで戦闘機と対抗している!。
c0137122_22395378.jpg
かっこいいぞッ!パンツ!。
c0137122_2240019.jpg
飛行の航跡を空に残しながら、パンツたちは飛び続ける。
c0137122_2240916.jpg
おおいなる感動?の余韻を残しつつエンディング終了。
c0137122_2240188.jpg
さて、CMが入ったあとの次回予告前にエピローグがあった。
『世界中でパンツ流星群出現!!』という国際ニュースになっている。ホワイトハウスも騒然らしい。
c0137122_22402512.jpg
そんなニュースを茶の間で、まったり無表情で眺めているイカロス。(事件の張本人なのに)
c0137122_22403270.jpg
で、なんでか手元で「こけし人形」の首を抜いたり入れたり、入れたり抜いたり・・・。
c0137122_22403943.jpg
なんか凄いアニメでした。
 
エンディングだけでこの回は「繰り返し見る値打ち」があります。

ニューヨーク州では渡り鳥ではなく、流星群扱いのスピードでしたから、最後はどうなってしまったのでしょう?、パンツたち。今でも自由なままなのかな。
 
なにより、原曲の『岬めぐり』をよく知っている世代なら妙な感慨さえある(笑)。
知らなかった世代にも、このインパクトだけはなんとんなく伝わったろう。
製作スタッフの幹部に私たちの世代と相通じるものがある年代の人がいるか、和製ポップスの「わびさび」をよく理解した才人がいるんだろうなぁ。
 
とにかく、エンディング・アニメは稀なる名作でした。

次回以降も、毎回、違う歌曲やエンディング用アニメをフィーチャーして、こんなパロディ・エンディングを作ってくれるのかな?。
その点において、今後とも気になるアニメです。
      
※名曲『岬めぐり』は、私の過去記事でも触れています。
岬めぐり / 山本コータロー
                 

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-10-14 23:57

<< アニメ『そらのおとしもの』~第3話 HDD増設した話とか >>