『火垂るの墓』

『火垂るの墓』、またテレビでやっていましたね。

・・・繰り返しこの時期にテレビ放送されますが、長らくず~っとスルーしていました。
 
というのも、『となりのトトロ』と一緒に公開された当時に『火垂るの墓』を私は見ています。
そして、
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」でした。
 
そのあと、当時は(DVDのないその頃は、LD~レーザーディスクの普及版や愛蔵版まで買って~)2~3度繰り返して見たのですが、以降、20年近くまともに見直していません。
 
それが、つい一昨日の放送時には、見てしまいました。
久しぶりに。

既に内容を熟知しているので、冒頭の(あの転がったドロップの缶の辺り)蛍火の中で節子が登場するシーンで、・・・もう、ダメです。
 
・・・サントラの戦慄の美しさと儚さが、このシーンにおいて、尚いっそう胸を打ちます。
c0137122_853138.jpg
c0137122_853932.jpg
c0137122_8531750.jpg
c0137122_8532522.jpg
c0137122_8543626.jpg
c0137122_8544372.jpg
なぜ、最初の鑑賞時から20年近くも見ていなかったって?。
 
理由は、やっぱり、あまりにも辛いからです。(それに、忘れようもなかった映像だったから。)
c0137122_855031.jpg
c0137122_855779.jpg
c0137122_8551420.jpg
c0137122_8552161.jpg
c0137122_8553148.jpg
アニメの「チカラ」というか。
子役の声優の演技。
キャラクターデザイン・作画監督:近藤喜文 さんの仕事の凄み。

(当時、高畑勲さんと宮崎駿さんが、自分の映画の班に是非とも欲しがる最強戦力"才人"であったアニメーターです。後年、『耳をすませば』の監督をされましたが、『火垂るの墓』から約10年後、『耳をすませば』の公開からは3年後、『もののけ姫』の作画監督の僅か1年後に、47歳の若さで故人となられています。)
   
で、今回は20年近くぶりに、とうとう最後まで見てしまいました。
 
当時もラストシーンでドキリとしたのですが・・・・、
c0137122_857276.jpg
c0137122_857993.jpg
c0137122_857151.jpg
最後、丘の上から清太(せいた)と節子(せつこ)の魂が寄り添って見つめている町並みは戦争があった当時の情景ではなく、ビル群の建ち並ぶ「現代」になっていましたね。
 
・・・清太と節子の魂が安らぎを得るための答えを、今も、まだ私たちに問いかけています。
  
人の心に楔(くさび)を打ち込む映画というのは、こういう映画のことです。
 
人それぞれの見方や意見は違うでしょうが、ちょっと、比較出来る映像作品が私には思い浮かびません。
  
私は『火垂るの墓』の舞台になった神戸に、お爺様の代から住んでいます。
芦屋、夙川あたりの景色、海岸、あんな「壕」があったであろう風景も思い当たります。(さすがに今は、もう、そうした面影も薄まりましたが。)

・・・私の身内には、あの「神戸大空襲」を経験している年寄りもいます。焼夷弾の描写や、町に転がる焼死体の話はリアルに聞いた記憶があります。
 
・・・そして、『火垂るの墓』を、また私は当分は見ません。
(妙なことを言うようですが・・・。)
 
だって、もう、心に刻まれているからです。 
     
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-08-16 08:58

<< 星になったアニメーターさん アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』~第... >>