焦った、焦った。・・・嗚呼、タブレット・ペン。

私はタブレット・ペンで、もっぱらパソコンを操作している。
 
馴れというのはえらいもので、もはや「マウス」ではパソコンが扱えないのだ。
 
ところが、愚かな私は数本あるタブレット・ペンをすぐに行方不明にする。
「すぐに」と言っても、まー、一年に4~5度くらい。
 
大抵、予備があるから困らないのだが。
(行方不明になったものも、ひょんな所から見つかったりする。)
 
なんで、なくすのかというと、よく部屋から「何か用事を」思い立ったり、人に呼ばれたり、玄関に訪問者があったりした時に、作業中のタブレット・ペンを持ったまま出てしまう。
 
このあとが悪い癖、その室内の出先で、ペンを置いてしまうのだ。
 
そうして、置いたペンを持ち直さずに部屋に戻って、今、玄関で受け取った荷物はてもとにあるのに「あれ、ペンは?。」ということになるのである。
 
『だったら、その玄関に置いてきたんでしょーが。』と思ったら甘い。
玄関に行っても無いのである。
もっと、途中のどこかに置いてしまうのだ。
 
・・・それっきり数日間見つからないなんてことがざらにある。
     
この度、続けざまにストックのタブレット・ペンまで全てなくして、青くなった。
 
もう予備がない。(部屋のどこかにはあるハズ。・・・でも、捜している時ほど見つからない。)
仕方がないので、マウスを持って操作を試みる。
c0137122_9191665.jpg
・・・これが、まったく操作がおぼつかない。(劇汗)
タブレット・ペンを扱う10倍の時間がかかってしまう。
焦った。
左クリック、右クリックも間違う。
(マウスに馴れ、タブレット・ペンを使わない人は、逆に、まるでペン・ツールが扱いづらいらしいが。)
 
私は、「お絵描き」とかだけにタブレット・ペンを使っているわけではない。
ウエブ・サーフィンやホムペ管理やインターネット・ショッピング等、全てにおいて、タブレット・ペン愛用者なのである。
 
マウスだと10倍遅い・・・。
  
これでは、作業にならないので、仕方なく、ネット通販で新しい「タブレット・ペン」を発注する。
(ものにもよるが、1本¥6,000~¥10,000もするのである。)
       
「新しいのが届くまで、数日間はガマンしよう・・・。」
と思った直後に、HDDビデオデッキのリモコンの影から、なくしたハズのタブレット・ペンが見つかった。
 
やれやれ・・・(笑)。
       
ま、発注した分はそれでいい。
何本あってもいいからだ(笑)。
         
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-06-10 19:16

<< ジャズバー『Whetstone... CLANNAD ~After ... >>