湯たんぽ

また、やっちゃった。

湯たんぽの低温火傷。
 
前回は右足。その火傷痕が瘡蓋(かさぶた)になって痛むこともなくなった頃に・・・今回は、左足の踵です。
・・・もろ、踵。
だから、体重のかかる所なのでつま先でしか歩けない。
難儀です。
 
湯たんぽ君。
c0137122_3393715.jpg
もう、君は使わない。
  
色々な事があって疲れて寝るから、湯たんぽに足をのっけたまま避(よ)ける反射行為もないままに眠ってしまっているのよね。
 
ひと冬に両足を続けざまに火傷したのは初めてですよ。 
 
でも、冷え性の私は足元が寒い。(昨日、今日なんか、ずいぶんと暖かいけれどもね。)
 
電気あんかにタイマー取りつけて使うことにしました。
 
寒かった季節も、もう過ぎようとしています。
春は近いし、言ってる間に暑くなるのでしょうね。
 
季節が温暖になっていくように、私も、(間もなく、もう、間もなく)筆やイメージを自由に、奔放に解き放っていきたいと思います。
(いわゆる所の、ひとまずの「法要明け」は4/21ということになっております。)
    
本当に、春は目の前。  
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-03-21 03:58

<< 向日葵畑のピアニスト 過ぎてしまったことは・・・、美しい。 >>