アニメ『俗・さよなら絶望先生』

アニメ『俗・さよなら絶望先生』のレビュー。
 
「俗」というのは、言うまでもなく「続」の洒落。
 
アニメの第二期は、冒頭から「???」な出だしで、万が一、アニメ版を『俗・さよなら絶望先生』から入った人は、おいてけぼり請け合いなテンションだ。
 
第一期から見直されるのがよろしい。
c0137122_5485443.jpg
私がレビューするのは『俗・さよなら絶望先生』の話数の途中から登場する、エンディング・アニメである。(第一期のエンディングは固定されていたが、第二期のエンディングは、コロコロと変わった。)
 
このエンディングが素敵だった。(歌もアニメも。)
c0137122_5491056.jpg
c0137122_5492680.jpg
c0137122_553655.jpg
c0137122_5532345.jpg
c0137122_5502487.jpg
c0137122_550437.jpg
c0137122_551015.jpg
c0137122_5511935.jpg
c0137122_551391.jpg
c0137122_556527.jpg
c0137122_5562668.jpg
c0137122_5564465.jpg
c0137122_5572510.jpg
c0137122_5574059.jpg
c0137122_5575550.jpg
糸色 望先生の出で立ちが素敵なこと。
 
縁(ゆかり)の女生徒(女性)たちが、次々に目線で彼を追う展開が浪漫チックでありました。
 
で、『俗・さよなら絶望先生』の本編の内容については、「第一期」を褒めちぎっていた私にも、若干ついていけないテンションになっていた(笑)。
 
それでも、そのテンションに馴れてきて、興がのってくると、やはり面白いものは面白い。
「デ・チューン」や「非通知でお願いします」の時事ネタは唸る♪。
 
とーとつだか、笑ったのがこれ。
お馴染みのキャラが「デフォルメ萌え化」していたヘンな回。
c0137122_645028.jpg
c0137122_653930.jpg
c0137122_6629.jpg
c0137122_662513.jpg
c0137122_664771.jpg
これ、どの子が、誰だったのか当てられるものなら当ててください。(参照は、ひとつ前の私のレビュー記事です。)
 
この絵柄のキャラになると、動画的には「とても、よく動いていました」(笑)。
       


さて、アニメ『CLANNAD ~After Story~』が、何回も書いているように関西圏は1週間以上遅れて放送されている。
     
もう、「第16話~白い闇~」の噂が入りかけていて、・・・私は、関西でのオンエアを正視出来るかどうか、という気分である・・・。(木曜日の深夜に放送なので、まだ見ていない。) 
       


あ、それはそれとして、アクセス・カウントがいつの間にか6万を超えている。
昨年の11月半ばに5万アクセスを言祝いでいた所だったから、全く見事に更新していないホムペと、月7~10回更新程度のブログの割には、まぁまぁの回転数♪。
    
閲覧者の皆さまに、厚く御礼申し上げます。m(__ __)m
 
                              
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-02-02 06:18

<< アニメ『CLANNAD ~Af... アニメ『さよなら絶望先生』レビ... >>