アニメ『さよなら絶望先生』

アニメ『さよなら絶望先生』という作品。
 
独特である。
 
タイトルもそうだが、劇中の主人公の所謂「決め台詞」~『絶望した!』と、魂の叫びを繰り返すフレーズは一時期に流行ったらしい。(私は当時には全く知らなかった。)

久米田康治先生の原作漫画は、(第31回)講談社漫画賞少年部門を受賞している。
 
えらい作品を私は見落としていたものだ。
遅ればせながら見てハマった。
 
面白い!!。
 
原作もアニメ版もとんでもない内容の作品である。テレビ放送当時のオープニングが何度か変化したが、メインタイトルになったオープニングが、なんともキッチュ(kitsch)。
 
こんな感じ。
c0137122_124329.jpg
子供が見て分かる洒落や内容ではない(笑)。
c0137122_131533.jpg
敗戦後の日本の大衆文化にあったカストリ雑誌調の画風が並ぶ。
c0137122_135050.jpg
カストリ雑誌というのは、
c0137122_141986.jpg
カストリ酒(粗悪な酒)にちなむ。~3合飲むと、そのキョーレツさに潰れてしまう酒。(3号くらいの刊行で潰れてしまう風俗雑誌が当時乱立した。)そういうものに揶揄されてカストリ誌と名付けられた説があるようだ。そういうエロスが、今どきのキャラ絵と合体させることで妙に新鮮味がある。そこまで古いとかえって新しい!という好例である。

昭和中期のエロチシズムが、アニメ版では異様にお洒落に見える。
c0137122_1105226.jpg
このオープニングのノリは、アニメ版「新房昭之監督」の、手法(スタイル)らしい。
c0137122_1111473.jpg
冷静に見ればかなりアブナイ。
c0137122_112982.jpg
作品の中身は、クールな突き放しでシリアスになることを回避しているが、実は題材がアブナすぎ。(全部、ギャグにしてかわしているのが凄い。)

が、ハマると中毒になる妙なエモーションがある。
作品の中身は、エモーションというよりカオス(混沌)なのだが、

アニメ版では、BGMに美しい旋律がフィーチャーされていて、これがまたもの凄く印象的。
 
本編の内容に関しては、機会があれば後日に触れますが。
    
こういう世界観を許容出来る人には、お薦めの快作である。
(これだけ、個性の強烈な作品、原作漫画なら編集者、アニメ化においては、メディア側の企画者に卓越した目線、選ぶ目があればこそ、の結実でもあるような気がする。)
                                                      
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-01-28 02:06

<< アニメ『さよなら絶望先生』レビ... アニメ『一騎当千 Great ... >>