人気ブログランキング |

「著作権非親告罪化」って、何?

『著作権非親告罪化』という言葉が、ネットでたまたま目に入った。
 
何のこと?。
 
ちょっとピンと来なかった。
 
ピンと来ないことを、今、どこかで審議されているらしい。
 
それは日本政府の中の機関のことだ。(法律のことだから)
  
だいたい、法律用語やそれに類した言葉は意味不明瞭な所がある。
  
「著作権」は普通に分かる。
 
「親告罪」というのが、もう専門用語。
  
それに「非」がついたり、「化」が付いたりして、いよいよ難解。
      
でも、知識欲のある人も、特にない人もご自分で、まずは検索してみてください。
   
『著作権』というのは、大変に大事なんですが。
 
それはもう、とても、とても大事。
       
同時に、洒落やパロディなんてのも、これ文化なんです。 
    
「著作権」の侵害に関しては「親告罪」がこれまでの基軸。
         
権利者が訴えたら、裁かれる場所に出ます。
       
訴えるエネルギーが要る。
        
ただ、バカな盗用や洒落ににらないバクりは、天知る、地知る、みんな知るで、
    
バカやった人は、別に告訴されなくても、社会的な制裁を受けます。
     
でも、「親告罪」というのが、「非親告罪化」というのは実は大問題。
   
風通しがよくなりそうでいて真反対。
    
権力者側に、取り締まりをフリーハンドにさせるような法律は考え物です。
               
つまりね。
      
著作権々利者の告訴がなくても「ケーサツ」や「司法」や、

まぁ、なんかしらんけれどそういう機関に指示を出せる「権力者側」が、

自主判断自主査定で取り締まれるんですよ。

 
逮捕も出来る。
 
量刑も与えられる。 
   
杞憂かもしれませんが。

文学、音楽、演劇、出版、放送、インターネットにおいても

あれやこれや、全部「狩る」対象に出来ます。
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    
野放図なのも困るけれど、    
           
なんかきな臭い「法律」は、皆が注目しないといけません。 
               
まぁ、漫画家の立場から凄く分かり易い身近な所で言うと、

けっこうパロディのさじ加減や洒落って、図太そうでいてデリケートなのね。
    
その、あやうさがスリリングで面白いのですよ。

そして、そこには「愛」や「敬意」があるものです。
 
コミケや同人誌の世界とかって(私は詳しくないのだけれども)

些末な問題もあるけれど、楽しいでしょ。
   
楽しそうじゃない。

あの自由さ。

 
「著作権の非親告罪化」って、

そういうのまでやばくするんでないかい?。
                  
ことにインターネットは「問題が多い」けれど、

取り締まりを、当事者抜きに(権利者抜きに)「してもいい法律」とはいかがなものか。 
           
           

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-12-17 08:56

<< アニメ「ウィッチブレイド」 なんた~るチーア♪ >>