タグ:windows10 ( 6 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

「Windows 10」なんでも最初は手こずる・・・(汗)。

 
もしかしたら私は、どんなに世間の波から外れても「Windows 7」のまま頑張るつもりではいたのですが・・・。

そんな私が、とうとう「Windows 10」に手を出して手こずっているところです。
 
目下モニター中のいろいろなアニメ作品の感想レポートでも、と思っていたのですが、「Win 10」と、その環境構成に振り回されつつ、「癒し」として合間にアニメを眺めているものだから、アニメ・レポートの方は少し後回し(汗)。

私は「Win 7」ユーザーで、Win 7以前までのインターフェイスに馴染んでしまっているから、「Win 10」のこのインターフェースは苦手。(「Win 8.1」のユーザーとかには問題ないのだろうが。)
c0137122_14253022.gif
検索すると「Classic shell」(旧タイプの表示に近い感じにwin10のスタートメニューやエクスプローラーのカスタマイズをしてくれるソフト)があると言うので、さっそくそちらを使った。
c0137122_14262409.gif
微妙に「Win 7」との違いはあるが、断然使いやすくなった。人間、「馴染んだもの」は(ゴミでない限りは)捨てがたいものなのだ。

あと、
今まで愛用していたのに(新OSに対応していなくて)使えなくなるソフトも出てきちゃうしねぇ。 

「Adobe Photoshop」とかは(まぁ、ほかのメーカーもそうだけれど)、新しいアプリを買え、という露骨な"過去タイトルの足切り"やってるから。
当時、10万円以上も出して買ったソフトさえ「新OS」を機会にあらためての認証登録をしても「7年以上も前の旧作は対象外」とか、使えなくしてくるものなぁ。("アプリの相談や保証サービスの終了"だけということではなく、アプリそのものを使用不可にしやがる・・・。鬼畜である。事故るわけでも出火するわけでもないのに。)

こういうのは、廉価版に力を入れている競合メーカーの方が育ってきているから、そっちを応援したくなるね。
ユーザーフレンドリーなメーカーの方がいいです。

フリーソフトだってなかなかのものだし。
基本、みんな出費は抑えたいからね。
 
「新OS」「フリーソフト」と言えば、とても気になっていたのが「MMD(MikuMikuDance)が使えなくなるんじゃ?」という危惧だった。
案の定、最初、インストールしても、そのままではMMDアブリが起動しなかった(汗)。

コーディックが足りないとか、
なんとか.dllがない、とか。
 
こちらは、検索して(似たような「ソフト起動しない相談」はネットに多い)、回答に辿り着き、「Direct X エンドユーザーランタイム」ってのを書き換え入力すると無事に"起動"してくれた。
c0137122_14263251.gif
良かった良かった。愛着のあるMMDモデルが、また元気に踊ってくれている。
c0137122_14263674.gif
MMDモデルを動かす手間暇も、モデルのちょっとした改造努力も、ユーザーの費やした時間は「重い」のだよ。
c0137122_14264081.gif
引き続きMMDライフも新OSで楽しめるのは有難い♪
 
その他のMMD関連アプリもちゃんと使えるようだ。
また、服の着せ替えや、小改造も出来る♪。
 
「Win 10」導入しても、「Win 7」マシンもバックアップで置いている。
全部「Win 10」にする気はない。
「Win 7」で完成していると思うんだけどなぁ。
私みたいに「モバイルをあまり使わない」人間にはね。
 
世の中、道を歩いている人、電車やバスに乗っている人、危ないのに自動車を運転しながらの人もスマホだらけだもんなぁ。
 
スマホ中心の人は、逆にデスクトップ離れしているらしいし。(「持っているデスクトップを使わない」という意味ではなく、「デスクトップを持っていない」ということだそうだ。)
 
でも、デスクトップは良いよ。
私は「デスクトップ愛」派なんだよね。
(ノートパソコンさえ持たなかったからな。)
5.1ch~7chという感じで、部屋の左右前後に置いているスピーカーとサブウーハーの音響とかも(無茶な音量は出さなくて、控えめで)楽しんでいる。
ガンガン鳴らしたい時は、ヘッドホンを使ったりする。
 
とはいえ、モバイルから私のサイトを訪問してくれてる人もとても多いみたいだから、それはそれで、モバイルってのも有り難い。
(デスクトップからのアクセスより、モバイルからのが多いくらい・・・。)
 
ま、自動車を自ら運転したり、日本全国を動き回っている人にはモバイル大切だろうね。
普通に生活していても、移動中や出先の寸暇を惜しんでモバイル使っている人も多いわけだし。
 
こればっかりは、人それぞれだ。
 
そもそも、パソコン、モバイル共に縁のない人だっているわけだから。
そっちは、どうにも仕様がない(笑)。 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-03-01 15:16 | パソコン | Comments(6)

ようやく終わった、「windows10」の無償アップグレード

 
「windows10」の無償アップグレード、が1年間のサービス(?)期間が一昨日、7/29をもって終了した。 
 
このポップアップがしつこかったねぇ。
c0137122_00101017.jpg
終了間際なんか、30分おきくらいに、このポップアップが出てきたりしていた。
 
ま、
無事にアップグレード完了して、快適に、問題なく"新しいOS"を使えているユーザーもいらっしゃるだろう。
(割とそちらが多数派かな?、それとも思ったほどでもない?)
 
もっとも、アップグレードしたけど、すぐに「もとのOSに戻した」という人も少なからずいるみたい。
 
そういう人は、それはそれで結果論として賢明かもしれない。
「win10アップグレード履歴」をハードに残しておけば、「元OS」に戻しても、いつでもまた「win10」や「周辺機器環境」が今後さらに整って充実したものになったときに、依然「無償アップグレードが有効」だということなので。
(※余計な勧誘ポップアップも出なくなってるハズだものね。)
 
自分の使っているPCと新しいOSとの相性。
こればっかりは、ユーザーごとにパソコンの使用状況や環境は違うから、トラブルがどう出るかは、やってみないとわからない。というところであった。
(なんにもトラブルはないのが基本だとしても、ユーザー環境しだいでは、惨憺たる結果も有り得るわけだ。)
 
私自身は「無償期間」の最後まで、ブロックしながら軽く迷い続けたクチだった。
「win10、すげー、なんかアプデで圧倒的になった」とか、そんなポジティブな感想が巷にあふれたら、アップグレードしてもいいかな、と、このポップアップを飼い殺しにしていた。(ラストまで積極的削除をしなかった。)
 
でも、とうとう、なんかアップグレードに踏み切らせる超ポジティブな話もなかったし、どちらかと言うと、ネガティブな情報ばかりが入ってきて、で、サービス期間の終了日を迎えた。
 
とにかくmicrosoft社の宣言どおりに、キャンペーンは終了した。↓
c0137122_00104026.jpg
この時点で、この「win10勧誘プログラム」も自動消去されればいいのに・・・。
なぜか残っている。
c0137122_00103342.jpg
うっとおしいので、これを消す。
 
私のPCでは一度もアップグレードをやらなかったので、こんなものが、まだ生きている。
 
放っておいたら、今後もいらん広報に導かれそうだ。
特に、今後は「win10関連」は有料になるのだし。これ、いらない。
 
ほしい時は、ほしいタイミングで「win10」は手に入れる。
そうなりゃ、OSのみ、なんてことを言わずに、「win10インストールPCごと」新しいモデルを手に入れます。
 
でも別に今すぐじゃない。(そのユトリもないし) (´∀`;)
 
私のところでは「XPマシン」も現役だしね。
(XPでないと~win7やwin8、8.1では~動かないソフトがあるので仕方がなかった。そのソフトをまだ愛用していく必要があったからだ。)
 
同じことが、win10と、その前OSとの関係でも言える。
 
さて、
  
Ctrl+Shift+Escキーを同時に押すと、「タスクマネージャー」画面が一発で立ち上がる。

で、この画面の中に「GWX.exe」ってのを発見する。
(※「Get Windows 10(X)」の略語ということだ。こいつが、ず~っとポップアップ勧誘をしていたプログラムである。)
c0137122_00105521.jpg
「GWX.exe」の存在を確認したら(あとで"なくなっていること"を再確認するために、チェックしたのだ)、この「GWX.exe」を削除する作業に入る。
 
powerShell → コマンドプロンプト画面を立ち上げる。
c0137122_00111070.jpg
真っ黒な「コマンドプロンプト画面」。
まだPCのことに関しては、私はこの「黒画面」にはアレルギーがある(笑)。
なんか不安になるのよ、この画面。
キーボードの直接入力でしか受け付けないし、その命令文字列は、もはや素人には「呪文的」だし。
c0137122_00130895.jpg
モザイク入れているのはユーザー名ね。別にモザイク入れる必要なく、私の名前なんだけど。
ここに上図のように Stop-Process -Name GWX という文字列をキーボードで直接入力。
(ハイフンの前にある半角スペースや大文字、小文字も打ち間違ってはいけない。指示コマンドとして認識されない。)
 
Enterキーで、実行。
下の画面のように、上のキャプチャで私のPCの場合、Google Toolbar のすぐ下に表記されていた「GWX.exe」は消えてなくなっている。
c0137122_00131577.jpg
で、まだこれだけでは不十分。
更新プログラムの KB3035583 というのを削除しないと、この自動更新の中に紛れ込ませていたプログラムが「GWX.exe」を送り込んだ張本人だからだ。
 
自動消去の指示がmicrosoft社から上書きされて勝手に消えればいいが、また、余計な広報ツールに書き換えられて再利用されても、それはそれでうっとおしいので。
 
こいつは普通に、コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から見つけて削除する。
c0137122_00135290.jpg
「いらない」と指示。アンインストールは一瞬かと思ったら、なんか10秒くらいかかった。
けっこう「ガッチリ重いプログラム」だったのね。
c0137122_00140350.jpg
そして、まだ終わらない。(再起動してはいけない。)
 
windows update で確認すると、まだ「KB3035583」が「重要な更新プログラム」としてチェック入りで再待機なさっている。
もう、「無償アップグレード」終わったのに、なにを待機してるんだ、お前は!、とは思うが、待機しているものは仕方がない。

これを放っておくと、せっかく削除したのに、また再インストールされる。(なんでまだ待機してるんだ?、ホント。勧誘期間は終わったんだろうに・・・。)

c0137122_00133064.jpg
これをチェックをはずして今後「非表示」扱いにする。

これで、「KB3035583」がインストールされることはない。
(もっとも、プログラム名を変えて、似たようなものがまた更新時に送り込まれたらイタチごっこなんだが。今後は「有料」なりの「お得コース」とか、そういう別の広報に書き換えられるのかも。)
 
なんにせよ、ここまでやって、ようやく『再起動』する。
 
すると、
 
デスクトップの下に表示され続けていた「まどマーク」がようやく消えた。
c0137122_00141878.jpg
     
2025年までメインサポートのある「windoes10」は、どうせそれを使うことにはなるだろうけど、今回の勧誘は「無償」が気持ち悪くて、そして、勧誘が妙に強引すぎて、ユーザーを引かせてしまった。
 
損な商法だったな、と思う。
 
OSと周辺機器やソフトの関係。
サポートが切れていても、それなりに古いものにも需要はある。
 
「2~3年ごとに新OSに乗り換えなさい。」
「ウィルス対策です。」
「日々、進歩しているのです。」
も分かるけれど、もう、なんか、マッチポンプにさえ見えてくる。
 
なんだかんだで、7月31日。
 
7/29には、映画劇場で「シン・ゴジラ」が封切りされたし、テレビの地上波では「ギャレス・エドワード・ゴジラ」が放送されていた。
タイプの違うコジラが同時に存在している今は、なにか、「いいじゃないか」と思わせる時代だ。

こういう共存ならば大歓迎だな。

 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-07-31 02:51 | ブログ | Comments(2)

「windows10」 5/18の件


5/18 付けで「windows10」に望みもしないのにアップグレードしたPCが多いみたいですね。
 
これ、別に 5/18 に限ったことではなく、5月の18日以前や4月にもすでにあったようだ。
(もっと以前からも「強制的なアップグレード」とかあったのかも。)
 
PCの「Windows Update」を"自動更新(推奨)"に設定している所では、PCの電源を切ろうとした時や、もしくは起動した時に、勝手にダウンロード&インストールをやっちゃうようなんだけどね。(たいていの人は、なんとなくそう設定しているハズ。)
 
日々の細かなアップデート程度なら勝手にやってくれて便利だけれど、「OSのアップグレード」という重要なことを"自動更新枠"に潜り込ませるとか、なんなんだろうか、と思いますよ。

いま、

「windows10 アップグレード」これまでの所業を擬人化した漫画、わかりやす過ぎると話題にw

↑ でググると面白いツゥイッター投稿の漫画が話題になってる。
 
ほんと、これ。という感じ。

順番のあとさきは忘れちゃったけど、例のひつこい「勧誘ポップアップ」は当初下のいずれかの感じで推移していた。    
c0137122_08502785.jpg
c0137122_08503210.jpg
c0137122_08503744.jpg
c0137122_08504410.jpg
↓ ん?。はて、この勧誘コピーは逆に「え、(世界で)1億ってまだ少なくない?」と思う。
c0137122_07341579.jpg
これがいつしか「Windows Update」サイトの方で、二択画面になり(「今夜アップグレード」の前には「後でアップグレード」という二択画面もあったそうだが、私はよくは知らない。)
c0137122_08505545.jpg

↓ 「日時」の選択画面もあるようだが、これはまだ「今すぐ」か「今夜」と決め付けているよりもマシなのかなんなのか?。
c0137122_08510581.jpg
↓ 同様に、下のような画面も選択権があるようで・・・、
c0137122_08511350.jpg
↓ いつ、こいつに化けるか分かったものじゃない。(申し込んだ覚えがないのに予約日時が間近に設定されちゃってるとか。)
c0137122_08512042.jpg


そこまで「お薦め」が必死、執拗なプログラムなら、インストール自体もスムーズなのかと思いきや、受け手側のPC環境や構成によっては、「エラー」が起きたりもする。
「今、やらなきゃならない作業がある時に」こいつをくらってパソコンが動かない日にゃ、誰に責任があるのだろうか?。

c0137122_08512963.jpg
 
でもって、そのエラーが「あんたのPC構成のせい」とか指摘されてもねぇ。
「いくつかのアプリ」が、ユーザーにとって必要なアプリで、そのアプリの対応版がすぐに手に入らないとか、経費が洒落にならない負担だったりしたら、どうするんだろ。(新OS対応版が無く、そのままオサラバ~、なソフトならどうすればいいのだ?。)
 
c0137122_08515715.jpg
 
「問題があれば元のOSに戻せます」とか、その復元度に疑問符があったり、そもそも手間をかけさせられるのは誰の責任になるのだろうか?。
 
ショップで「コーヒーが熱くて、ヤケドした」というレベルで老婦人側から億単位の被害提訴をして、これが通ってしまうような判決を出すお国柄の企業が、よくここまでゴリ押し出来るなぁ、と驚く。(もっとも、この「マクドナルド・コーヒー事件」の内容は色々と考えさせられる問題もあるにはあった。)
 

ちなみに「Windows Update」のサイトで、いつでもプログラム関連の履歴や、用意されているものは確認が出来る。
c0137122_08523961.jpg
 
KB3035583 という番号のプログラムが「win10」の勧誘アイコンを表示させるプログラムなのだそうだが、自分のパソコンにアイコンが表示されている時点で、知らないうちに、この KB3035583 プログラムを日常のアプデ時にインストールさせられてしまっているわけだ。
(※上記のナンバーのプログラムだけでなく、複数個「win10 アップグレード推奨プログラム」は存在している。上記のナンバーはもっとも代表的な「うるさいプログラム」のひとつにしか過ぎない。)

c0137122_08520514.jpg

 
レジストリをいじって、このプログラムを排除すれば、勧誘アイコンは表示されなくなるだろうが、これは積極的にはあまりお薦めしない。
やるなら自己責任で。
(初体験とかでなく、レジストリの変更に慣れている人は別にいいんですけどね。)

 
※一応、参考リンクはこちら↓
「KB3035583」及び「KB2952664」!「Windows 10を入手する」というプログラムが「推奨される更新プログラム」に昇格することに対する対策について
 
レジストリの変更は「知識に自信のある人」、重ねて書くが、"自己責任のとれる人"でなければ、PC素人にはハードルの高い領域だ。
うっかり、関係の無いレジストリをおかしくしちゃったりしたら、もっと大きなトラブルのもとになる可能性があるのです。だから、ポップアップアイコンくらいほっておけばいい。

そもそも、また手を変えて同様な推奨プログラムをインストールされるかもしれないのでイタチごっこである。
 
過去の「win10 ブロック対策」もいくつか提案されていたが、けっこう、そうしたブロックが「無効化」されちゃったりしているとか。
~現時点でまだ、けっこう有効なブロック方法もある。私の「win10関連」の過去記事で紹介している方法とかだ。
 
↓Myブログ・過去記事リンク
「windows10」アップグレード開始の気になるその後♪


・・・しかし、まぁ、なぜ、(相手は)そんなに必死なのか(笑)。
 
新しいPC買うときには、自動的に最新OS搭載機を買うだろうから、それでいいじゃない?。と思うのだが。
 
(※基本、OSの新旧は個人でも複数のPCを持ち、併用したりしている人は多い。「win7」や「win8.1」どころか、「xp」じゃないと動いてくれないツールを現役愛用している人だっているのだ。会社単位ならなおさらである。医療の現場も電子カルテ化の時代、そんなところでトラブルやエラーがあっては困る。)

そもそも、個人の立場で言わせてもらっても、旧(現行)OS環境で取引をしている「企業」や「金融機関」レベルで「うちは、まだwin10未対応なので、お客様はアップグレードしないでください。したらオンラインの操作を補償できません。」とか通告されてたら、便利か便利でないかの問題ではなく、一般ユーザーの采配の範疇にないレベルでの「不都合」があるのだから困る。
 
それでも、
 
ネットの世界も、いわばインフラと同義であるから、その「工事権利」を握っているものが結局は強いのだ。

こちらは最後は「俎上の鯉」なのだからねぇ・・・。
  
 
 
ちなみに、夕べから唐突に風邪をひいた。
クシャミ連発、鼻水ダラダラである。
 
暖かいのに、である。
 
最近、蒸し暑くなってきたな、とは思っていたが、寒い冬をそこそこ小規模な不調程度で乗り越えて、なんでいまごろ、この季節に?と合点がいかない。

寝冷えしたつもりもないのだが、どこか外出時にもらったウィルスが潜伏期間を経て、原因のはっきりしないタイミングで発症するのかもしれない。
 
ネットのウィルスも、自然界のウィルスも困ったものだ。
(いや、失礼。大変お世話になっているマイクロソフトさんのごく一部のプログラムをパブリック・ウィルス扱いにしたら叱られますが・・・w )

病院に行っても治してくれない、結局「自然治癒」が基本の「風邪っぴき」という病は。
安静に寝るしかないなぁ。  
 
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-05-20 10:53 | ブログ | Comments(6)

「windows 10」アップグレードに関する最初期のまとめ♪

「windows10」アップグレードに関する最初期のまとめ♪、・・・ってことで。
 
色々なサイトを参考にしてきましたが。 
私自身は"様子見派"で、アップグレードの実体験報告者ではないので。

参考サイトのひとつが「米Gizomdo」さんのレポートを翻訳レビューしていた、以下のリンク先なんですが(「ギズモード・ジャパン」て事になるのかな)。

■どこよりも詳しい自信あり。ギズモードのWindows 10レビューまとめ
■結局どうなの? Windows 10の各テックメディアの反応まとめ

■Windows 7からWindows 10に移行した。思ったほど怖くなかった
■移行できる? Windows 10で消える7機能が判明

(※ギズモード (Gizmodo) は、最新テクノロジーやデジタル社会に関連するニュースを扱うテクノロジーメディアサイトである。 ~by Wikipedia)
c0137122_511553.jpg

そこが、総評的に"各メディアの反応"をまとめると「こんな感じ」なのかな。 

Windows 10についてはいつもより意見が一致しています。次の4つの点については特に。

● Windows 8よりもいい(もちろん)
● 新しいスタートメニューと検索はおおむね改良されている
● Cortanaも予想してたよりマシ
 (※註 コルタナとは、Microsoftが発表したWindows Phone向けの音声アシスタント機能の名称~関係ない人にはどっちでもいい評価)
● 現在のビルドはバグが多いので、何週間もしくは何カ月かは待ったほうがよさそう。ただし、いずれ必ずアップグレードしたほうがいい
 
と、いうことらしい。
(※あくまでも、伝聞、他サイト記事の引用なので私個人の見解ではない。)
 
「windows 7」が正統進化との評もある。(「windows 10」のこと)
 
んじゃ、私も数ヵ月後ぐらいにアップグレードしようかな(笑)。 
 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-08-02 05:02 | ブログ | Comments(0)

「windows10」アップグレード開始の気になるその後♪

「windows10」アップグレード開始の気になるその後♪、・・・ですが。
 
やはり、と言うか。
 
はじめての試みなだけに、サーバーにアクセスが集中してトラブルも出ているようだ。
こういうのは、アップグレードしてから後の「不具合」以前の問題ですね。
 
つまり、どうやら回線混雑で「ダウンロード」自体が何時間かかっても完了しなかったり、一部では事実上のフリーズ状態で難儀している例もあったりするらしい。

Windows 10」正式リリースも更新できない不具合 利用者ら悲鳴

まぁ、首尾よくスムーズに「OS」をDLできた人は、早速動画サイトなんかにその様子をアップロードしたりして紹介している。(こういう報告は参考になるね。ライターか一般人かよくわかんないけど、使用感想、報告事例もそこそこあるので、無事にインストール出来た人の方が多いのかな?。)
 
システムそのものはなんか良さげ。 

(MS社が発表している)デフォルトの壁紙が、なかなかにカッコイイ♪
c0137122_9384851.jpg

アップグレード後が快適か、何らかの不具合が報告されるのかは、まだまだ時期尚早で、判断できない所なんですが、性能そのものは心配することもなく、案外と良いものなのかもしれない。
 
スマホで見られるような操作感覚→「タブレットモード」を選択すると、画面をスワイプできる機能(指でシュッシュッとやってるアレ)を使えるみたいだし。
そういう様子、液晶の大きなノートパソコンでやれているのには感心した。
(なんかアプリが必要なんだろうか?。デフォで備わってる機能なんだろうか?。)
デスクトップのモニターでも、アレが出来るのかね?。
 
(いや、私は普段からペンタブ使ってるから、別に直接モニター画面を触りたいとは思わないが・・・。てか、明らかにデスクトップではタブレットモードなんか"やりにくい"し、モニターに指紋はつけたくないし(笑)。)
 
あ、私は結局、「予約」はしていたけれど、なんか慎重になって、直前で"予約取り消し"行為とほぼ同義な「ブロック」しちゃいました。
 
つまり先述していた通り、「様子見」派です。
 
前記事で紹介した「ローカル グループ ポリシー エディター」から設定をいじる方法でね。
(これ、「ローカル グループ~」とか、「ファイル名を指定して実行」とか自体、今のOSのスタートメニューの初期状態では実装されていなくて、探すのにちょっと手間がかかりましたが・・・。関連サイトを検索した上で、そのレクチャー通りにやればカンタンだった。 )

こういうことは今後の「学習」にもなるので、知識として「釈迦に説法」的なこと一応載せておきます。
尚、以下に図示説明するのは「windows7」の例だ。

※Windows 8 / 8.1で「ファイル名を指定して実行」を表示するには、こちらのリンクを参照するように。 ↓
Windows 8 / 8.1で「ファイル名を指定して実行」を表示する方法
 
Q : Windows 7の「ファイル名を指定して実行」は?
A : Windows(キーボードの左下「ウィンドウズマークのキー」)+R キーを押すと「ファイル名を指定して実行」が開きます。

c0137122_22572973.jpg
 
Q : Windows 7の[スタート]メニュー内にも表示しておきたい!という場合は?
A : 「タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ」の「[スタート]メニュー」タブが開くので「カスタマイズ」ボタンをクリック→ 「[ファイル名を指定して実行] コマンド」にチェックを付ける 。

c0137122_2393929.jpg
これで「Windows 7」の[スタート]メニュー内に、以前OSのように「ファイル名を指定して実行」が表示されるようになる。

Q : 「ローカル グループ ポリシー エディター」の開き方は?
A : 「ファイル名を指定して実行」に、「ローカルグループポリシーエディタ」を開くコマンドを入力  


これが、コマンド→ gpedit.msc
 
ここまでが操作方法の入り口です。
c0137122_2348114.jpg
 
ここから先の個別の具体的な操作は、ちゃんとご自分でググって、手順は調べてみてください。
「ローカル グループ ポリシー エディター」の変更、書き換えに関しては、ひとつ前の記事に(具体的な操作例の)リンク先は載せています。

 
こういうのは「管理者権限で実行」する作業なので、すべて"自己責任"です。(※私は一切の責任を持ちません。)

たとえば、もうひとつのアプローチとして、レジストリからの書き換えで色々な対策をする、というのもPCいじっていると、たまに迎える局面なのですが、なにせ「regedit」コマンドで"レジストリをいじる"のなんてのは、本当に自己責任なので、絶対に適当にやってはいけません。さんざんググってから覚悟してやるべきことですね。
 
ネットを検索すればいろんなことが「指南」されています。役に立つことも多いです。
メーカーやPCに詳しい友人に頼るのは、少しばかりの自助努力をしたあとに、ということで。
 
なんか、「windows10」についても、うれしい報告と、どツボにハマっている報告とが錯綜してますね。
 
「Get Windows 10」から予約した例で、あのアプリから「取り消し」たのにダウンロードが始まっちゃったケースもあるらしくて(眉唾ものだが)、なんか強引で怖い。
 
それと、『なぞの10秒ルール』とかで、周辺機器がごちゃごちゃ繋がれた環境でのアップグレードはエラーになるとか。
一方で早速「10秒ルール対策」も紹介されてるとか。
「win10」のダウンロードがうまくいかないから、「ISO」(4GBあるらしい)でダウンロードして手動アップグレードできるようにされたとか。
一方で、その「ISO」もなんか提供を引っ込められたとか。(これはまた出るかもしれないが。)
「win10」自体、当初"3GB"のサイズとアナウンスされていたのが、じつは"6GB"サイズだったとか。
アップグレードしても「やっぱり元のOSに戻そう」としたら、プロダクトキーが無効になってて戻せないとか。
喜びの声と悲鳴が錯綜しているようです。
 
最悪、「初期化」も視野に入れてやらないといけないのかもねぇ。
 
スムーズにいけているところでは、前のデータや場所も、「ちゃんと引き継がれていてストレスなかった」とか、「いや、いろんな領域が変更されていた」とか、皆さんの使用環境が個々人の「顔」のごとく、PCだって個性があるので、ひとくくりに同様の結果に繋がっていないようです。
 
少なくとも、ネットバンキングやってる人や、進行形で何らかのオンライン取引をやっている人は、このアップグレード作業、週半ばでやっていいものではないですね。
時間にユトリのある時にやらないとね。
もしくは、今は「手を出さない」とか。
 
大変です。
 
私も「windows10」自体には大いに興味があるから、無償期間中にはインストール・チャレンジするかもだけれど。(そもそも旧OSは、いずれメーカー補償が切れていくのだから・・・。)
でも、最初期には"混雑"するのは明白なのだから、ずらしてやるべきですよね。

そりゃあ、全世界へ同時発信ともなれば"慎重派"以上に、(「無償」と言うこともあり)混乱しますよ。

度々よくある、"日々のアップデート"さえ「あんまり時間のかかる」のはイラッとするのにね。
少なくとも、そんな私が「ダウンロードすら完了しない」事態に巻き込まれたら"激オコ、ブンブン丸"になってたところでした。

問題や対策も出しつくされてからの方が無難かな。
 
なんか感覚としては(あくまでも個人的な感想だけど)「Windows 8 / 8.1」ユーザーのほうが「Windows 10」への期待値が大きいのではないだろうか。~「8」のインターフェイスが不評で、すぐに「8.1」になってる所からもお察しですし、かえって「7」ユーザーのほうが(2020年に更新サービス期間は先に切れるのだが)悠長に構えている気がする。
 
もっとも、コンピューター・ウィルスばら撒いてる奴や、セキュリティ面から言っても、「いずれ更新サービスがなくなったOS」は危険度が増すから、いつかは最新OSに移行せざる得なくなるのは自明のことなのだが。
だからと言って周辺機器のドライバやソフトが、新しいもの(windows 10)に環境整備が出来ていない段階で飛び込むこともないのでは?。
 
マニアやゲーマーの中には、旧OSでしか動いてくれないアプリケーションやハードに未練のある人もいるみたいだし。
(但し、セキュリティの面ではハタ迷惑になっても困るから要注意物件扱いではある。)
 
なにはともあれ、無事に新OSをダウンロード&インストールが出来た人、
その後も快適に動作している方々は、おめでとうございます。 
  
いつかは、私も続きますです。(やはり「最新」のものには興味津々だ。)

 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-07-30 10:00 | ブログ | Comments(2)

「windows10」とかについて♪

「windows10」のアップグレード開始が明日からだよね。
 
さて、どうするか?。

↓ こういうのが、ず~っと出ているのが「うっとおしい」とさえする意見もあったりしますが。
c0137122_2149793.jpg
 
とにかく7/29 から向こう1年間は無料でアップグレードできるらしい。
(「無料」となれば)これは、サーバーが混み合うほどのアクセスが集中するかも。
 
一方で「こういうのは、当然しばらくは様子見だよ。」という意見もかなり多い。
 
う~ん。
 
DLだけしておいて、アップグレードはしないで様子見?。
(「予約DLや、手動DLしたら、自動的にアップグレードもしちゃうぞ。」、「いくらなんでも、アップグレードの確認ぐらいはあるだろ?。パッチをあてる(既存ソフトのアップデート)程度の更新ではないのだから」とか、情報が錯綜している。)
~実際、日々の既存プログラムのアップデート〔更新〕くらいなら、電源を切ろうとした時に、いつも勝手に「更新プログラムのインストール中です。電源を切らないでください。更新が完了すれば電源は自動的に切れます。」的なメッセージが出るよね。
大昔のOSはアップデートも手動確認で、自分がマメにやらなければならなかったけど、こういうの便利なんだか、うっとおしいのだか・・・。(まぁ、ズボラなユーザーに対する「取りこぼしのないサービス」だと見るべきなんでしょう。)
 
マイクロソフトさんのホムペの案内では、DLしても(すぐに)アップグレード「する、しない」はまた選択できる。みたいな広報もあるが、結局新しいことには不安と期待が付きまとうよね。
 
だから、やっぱり様子見かなぁ。
 
「なんとなくDL予約しちゃった。」と言う人も、今夜中なら"取り消し"も出来るし、不安があるなら、マイクロソフトさんがwin10のアップグレードをブロックする手順まで紹介している。 ↓

日本マイクロソフト、「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法を案内  
 
なんか、もうよく訳がわからない(笑)。
 
こうなると、私は今、自分が使っている現行のwindows OS .ver(「7」や「8.1」) で問題はないし、周辺機器や、ソフトの件もあるから、もっと「評価」というか、情報が出揃うまで「やっぱ、様子見でいいか。」となってしまいますよね。
 
それでも、なにが起きるかわかんない。
積極的にアップグレードする気がなくても、よしんば、「つい気の迷いで"win10"インストールしちゃったよ~。わぁ、思わぬ不都合が出たよ~(汗)。」なんて事態に備えるために、以前から作っておいた『現行OSでのリカバリ・ディスク』はあるんだけれど、また新たに最新のPC状況に合わせての『リカバリ・ディスク』を作成しましたよ、私(笑)。
 
皆さんはどうするのかな?。
 
いざ、欲しくなってからでは「入手」しにくくなる、なんてことあるのか?。
「急ぐと危険」だったりするのか?。
 
わかんないよね~。

OSの切り替え時期になると、思い出すのは"Meたん"の動画やイラスト・・・。
c0137122_23281861.jpg
ありがとう Meたん (※「XP」登場の頃はまだこんな感慨もあったけど「win7」以降から、あんまりこういうのは聞こえなくなってしまったかな。)"万物有霊"説から言うと、消えていくものは何を感じているのでしょうか?
 
そもそも「なぜ、無償でアップグレード提供なのか?」
過去には「新OS」発売の度に、それで巨大な収益を上げてきたハズなのに・・・?。
私にはこの界隈の事情には明るくなくて「???」のままなのだが、近年成長が著しい、スマートフォンやタブレットの市場でマイクロソフト社が他社に後塵を拝していて、その対策なんじゃないかということらしい。
 
デスクトップやノートパソコンだけじゃないからね。
スマートフォンやタブレットまですべてカバーする感覚。〔え、OSはまたモバイルは違うだろうに?〕
Windows 10でユーザーから見た統一性を向上させるために・・・とか云々。
 
・・・分からない。(スマートフォンとかを持ってない人だから、私。)
なんにしても、やっぱり先では「儲けたいから」という判断や思惑は、MS社側さんには当然あるんだ。
 
モバイルに馴染みのないユーザーは、どう捕らえればいいのでしょうか?。
 
ホントにパソコン界隈の状況の進み具合、モバイルの進化はいつもめまぐるしいな。 
「もっと落ち着け」と言いたいですが。
 
ま、明日になれば分かりますか。
 
 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-07-28 19:35 | ブログ | Comments(2)