タグ:雑記 ( 258 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

雑事繁多

ここ数週間、雑事繁多で過ぎた。
 
ちなみに季節の変わり目、ずっと鼻カゼひいています。
鼻水が止まりません。
 
ブログも宣言通り、最初の1ヶ月間は休まなかったので、1ヶ月を過ぎたあとは休みました。
 
昨夜「バットマンビギンズ」をテレビで見た。
初見である。
渡辺謙さん、どうでもいい役だったなぁ。
ただ、豪華キャストで驚いた。しかし、別にマイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、クワイ=ガン・ジン(何故、ココだけSWの役名?)、それに渡辺謙が顔を揃える必要はなかったようなシナリオ・・・。(ブレード・ランナーのレプリカント、ルトガー・ハウアーまでが別段見せ場のない役所で出ていたのには驚いた。でも、ファンとしては新作でルトガー・ハウアーの顔が見られるだけでも嬉しかった。)
 
見る前は(ジョエル・シューマッカー監督の4作目で失速していたシリーズだから)全然期待してなかったので、1~2作目のティム・バートン監督の世界観と違う意味で、また沈鬱なバットマンになっていた「バットマンビギンズ」は、それなりに面白かった。
 
バットマン映画1作目、2作目の超格好良いバットモービルと対局にある、AFVな芋っぽいバットモービルの活躍は、結構気に入りました。
(やっぱりいちばん好きなのは2作目の「リターンズ」だけどね。)
 


チョコエッグのオカメインコ
 
c0137122_1829405.jpg

c0137122_18295642.jpg

c0137122_18301333.jpg

当然のように持っています。
何十羽も集めています。
小さいのによく出来た造型だわ。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-10-06 18:16 | Comments(2)

お疲れ様

阪神VSヤクルト
 
タイガースとスワローズの今期最終戦は、阪神の勝ちではあったが、藤川球児選手のセーブ記録や新人の上園投手の8勝目よりも、監督辞任と選手引退を宣していた古田さんの表情に感慨深いものがあった。
(まあ、ヤクルトはまだ数試合、対戦カードが残っているので、古田兼任監督の最後のセレモニーは数日後なのだが・・・。)
 
お疲れ様であります。
 


スモール・アームズに興味がなくて分かんない人に補足。
M4A1系ライフルというのは、このモデルガンのような銃器の事です。
 
c0137122_510551.jpg

M4A1以前のM16系ライフルも俺は好き。
 
c0137122_511832.jpg

こういうフロントバレルのショーティー・タイプがなにせ好きで、「しゃがら」とかの自分の漫画にも登場させている。
 
c0137122_5112258.jpg

これに「レイル・インターフェイス・システム(R.I.S.)」や、「レイル・アダプター・システム(R.A.S.)」をハンドガードに搭載すると格好良い。(また、分かんない人には、まるで分からん事を書いてます。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-10-03 23:07 | Comments(0)

苺ましまろ

阪神タイガース、この期に及んでまだ横浜にボロ負けするか。
 
なにしてんだか・・・。

巨人ファンのみなさま、リーグ優勝おめでとうございます。



ところで友人にアニメ「苺ましまろ」を見せてもらった。
例によって情報に疎い俺は、これが初見。
 
原作漫画とアニメ版は設定が若干違うらしい。
要は「おねえちゃん(伸恵)」の年齢設定が、漫画は16歳で、アニメでは20歳になっている、という事である。

c0137122_5505796.jpg

伸恵おねえちゃん、喫煙、飲酒、バイクと自動車の運転するからなぁ。
16歳のまんまじゃOKなのはバイクだけだ。
で、設定が変わったのだろう。
アニメの方がパブリックな意味で、漫画より気を遣うらしい。
 
アニメが初見なので16歳と20歳という設定の違いは、なんの違和感もなかった。でもアニメの冒頭、伸恵ねえちゃんの喫煙シーンから始まって「ごらんのとおり、ごくフツーの16歳です♪」と自己紹介しているナレーションには「お?」とは思った。「ウソです。こう見えてもハタチの短大生です。」という言い直しでホッとした。
してみると原作のままの設定の方が「伸恵ねえ」の軽いアウトサイダーぶりが際だって良いのかもしれないね。ただ、後に露見してくる『少女萌えする親父目線』ぶりはハタチの短大生設定の方がハマる。途中、完全に母性炸裂ママになってるし。

c0137122_5523586.jpg
 
まことに面白い、ストーリーらしきもののない不思議なアニメであった。
(アニメ「あずまんが大王」などは、終わってみると、かなり明確なストーリーもドラマもあった。)
でも、まぁ系譜は同じかな。
「苺ましまろ」は終わりのない日記的描写の繰り返しなんだけど、ゆったりゆったりと時間は流れている。
この、ゆったりさは、しかし、一瞬の煌めきだということも見終わると分かる。

c0137122_5541658.jpg
 
なんにせよ、絵がいい。

c0137122_5531036.jpg
 
見てる間、素敵な癒しの時間でした。
声優さんたち達者♪。
合っていないキャラなんてなくて、みんなハマっていた。
 


光学機器が好き。
c0137122_454884.jpg

これはダットサイト。
とりわけ、M4A1系ライフルに載せると格好良い。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-10-02 23:21 | アニメ | Comments(4)

秋空

空の雲や夜の星は、もう秋なんだな、と思う。
 
また少し暑くなったりすることもあるのかもしれないけれど、なんとまぁ、いつの間にか10月だ。
気が付いたら年末になってるね。多分。
 
阪神vs横浜・・・・・、またタイガースは余裕の勝ちゲームのハズが最後はハラハラさせる展開。
 
冷や汗ものでなんとか勝てたようだ。
これで、クライマックス・シリーズへの参入は決まったのかな?。
 
これで、阪神タイガースがクライマックス・シリーズで勝ち抜けて、日本シリーズの権利を得たら面白い。(「クライマックス・シリーズ」に対して、どちらかというと疑問符な俺。リーグ優勝したチームが、日本シリーズで戦うのがスジだと思っているから、ここは3位のタイガースに暴れて欲しい。で、日本一にもなる。リーグ3位のチームがそうなったら、面白いし変だ。きっと、また見直し論議が出る。そういうのを期待してます。)
 


昨日の「女性パンツでくるんだフィギュア」の話の続き。
つまりは、その同じ出品者さんは、こんな風に(フィギュアの塗装膜に直接に触れる部分に)パンツ緩衝材を使うのです。
 
c0137122_357944.jpg

3度ほど、取引でお付き合いしましたが、いずれも、この梱包スタイルでした。
これをさらにプチシートで丁寧に何重にも包み、あとは普通に段ボール箱の中に新聞紙で、という感じ。
 
c0137122_40569.jpg

「受け取った人も、男性ならば、女性下着が嬉しくないはずはない。」という理念でいらした。
そのモデラーさんは後にプロにもなりました。
妻子のある方で、子供は小学生の女の子。
あ、くれぐれも、お間違いなく。
パンツは女のお子様のものでもなく、ましてや奥様のものでもなく、新品をわざわざ梱包用に買ってくるのだとか。
 
ちなみに、上の写真が何のフィギュアを包んでいたかは明かしません。
ちょっとポーズを改造していますが、フィギュア・マスターを自認出来る強者になら、見えてる脚だけでも分かる、有名なフィギュアです♪。
パンツと比べても大きいサイズのフィギュアだと云うことは分かるよね?。
 
さて、貰ったパンツはどうしたか。
・・・そのまま、捨てもせずに置いています。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-10-01 23:11 | Comments(0)

秋の気配

昨日、今日と、午前中は涼しい。
 
昨日の涼しさが俺には寒かった。
気温の変化についていけない体質で、季節の変わり目には必ずカゼをひく。
 
で、鼻カゼひいちゃったよ。
 
寝てる間に冷えたらしい。
掛け布団を少し温かい物にしなくては。
 
ううっ。カゼ薬を服用して、鼻水は抑えているけれど、なんだかボーッとしている。
 


製作意図のよく分からないフィギュア。
 
c0137122_0235286.jpg

もとはコトブキヤの観月マナちゃんだと思う。
普通に傘を差した愛らしいポーズのフィギュアだった。
ただし、この写真のマナちゃんは風で吹き飛ばされかけている。
 
c0137122_0244594.jpg

ご覧のように「パンダ絵」の入ったパンツも丸見え。
これがしたかったための改造ポーズなんだろうか?。
ヤフオクで買った。

あまりに不思議で妙な所が面白くて、まぁ、可愛いと思ったのだ。
全然、人気がなくて入札者もなかったので、とても安かったしね。
パッケージ付き正規品の改造完成品としては。
 
で、受け取ってみて、もっと不思議だったのは、この出品者、フィギュアを梱包する緩衝材に、本物の女の子のパンツを使っていた事だ。
 
3枚の女の子パンツ。
 
出品者曰く「女の子の完成品フィギュアをやさしく包むのには、綿素材の女性用下着がいちばん良いと思いました。」ということである。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-30 23:55 | アニメ | Comments(7)

ブログというものは・・・

ブログを毎日書くとは宣言したが、期間限定だとも注釈しておいた。
 
最初の1ヶ月間だけである。
10/3以降は、気が向かないと書かない。
 
書くネタがないし、ネタが無いときに書いても、阪神タイガースへの愚痴しか書くことがないこの頃。
 
来週前半を目標にまた、ホムペの「作品紹介」コンテンツを追加更新することは予告しとこう。
奇特な人、見に来て下さい。
 
記事や画像ネタが出来たらブログは書きます。
 
て、いうか、やっぱり「覚え書きメモ」にします。
あの映画を見た、とか。
こんなアニメを見た、とか。
時節柄に関係なく思い出した事があれば、そういう事とかも書くし。
 
毎日、書くことは別にないんだもの。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-29 23:23 | Comments(2)

時をかける少女

先日、アニメ「時をかける少女」がテレビ放映されましたね。
 
今さらの話題ですが、HDDに録画していたのをようやく見た。
これが初見である。(本当に映画館に行かないし、リアルタイムで見ない奴・・・。)
 
予告などの映像で、かなり期待は持っていた。
ただ、今時のアニメなのに「なんで、キャラクターの色指定が各パーツ影塗り無しの1色?」とは思っていたが、見て感心。
よく動かしている。仕草が良い。
美術が劇映画作りのカメラワークと同義か、より以上に良い味を出しているので、濃いアニメのはったりにありがちな三段影とかの塗り分けのないキャラが、なんだか不思議な存在感で際だってくる。
逆説的に背景に埋もれないのだ。(浮いているのではなく、妙なリアリティがある。)
 
京アニ(京都アニメーション)さんなんかの「ストーリーも絵づくりも原作に限りなく忠実に」という方向性とは対局にあるスタンスだけれど、ストーリー的にも素晴らしいアレンジだった。
こういう作品こそ、原作に対するもうひとつのオマージュの極めつけと云へる。
 
おバカなヒロインのクライマックスの泣きシーン。(当然、校舎屋上の泣きシーンは伏線で、川縁沿いでの2回目の泣きシーンがツボなのである。)
あんなに可愛い泣き演技は、アニメで初めて見た。
これも逆説的に、アニメでなければ出来ない演技なんだけれど愛おしくて切ないくらいに「(感覚として訴えてくる)リアル」がある。


c0137122_17203261.jpg
c0137122_1721238.jpg
c0137122_17231147.jpg
c0137122_172223.jpg
c0137122_17214527.jpg
c0137122_17232715.jpg
c0137122_1723417.jpg
c0137122_17235637.jpg


意地になって背中を押す。
去ってしまった彼。
ふいに胸を塗りつぶした哀しみと後悔で振り返るヒロイン。
川縁の土手道、自転車を漕ぐ知らない人の後ろ姿しか見えない。
今しがたまで傍にいた、彼の姿は、もうそこにはない。
小さな子供のように泣くヒロイン。
失って、はじめてた気が付くこと。
とても大切なこと。
 
直球の演技と演出。
何度見返しても泣けるツボです。
ここのBGMの演出と旋律が、また凄くいい。
 
 
個人的には、当初、「主題歌」の映画音楽としての印象が希薄だった気がしていた。
テーマ曲も本編BGMの方も共に、観賞後にリフレインする旋律が強烈には残っていない。
が、実はここがミソ。
映像作品、映画やアニメは「音楽」要素も凄く重要だと俺は思っている。
そういう意味では、アニメ「時をかける少女」の全編に流れる音楽は正攻法でゆったりしていた。
それが素晴らしく好印象であった。(肝心のエンディングロールに流れる主題歌や、歌手の声質は、初見の時にはあまりピンと来なかった・・・。良い歌曲だけれど、なんか薄い、と思っていた。)
 
後日、その当初の印象は間違いだったと認識する。
主題歌「ガーネット」と「かわらないもの」は素晴らしい。・・・ボディーブローのようにあとから効いてきた。
これほどまでに青春をせつなく歌った佳曲・・・、じつに秀逸である。

BGMの方は第一印象から効果的でした。強烈なフレーズ、メインテーマがなくて、ゆるやかなゆるやかなサウンドがメインテーマだったけど、郷愁を誘うことこの上ない。
これこそ、最上質な映画音楽だ。
泣けます。
(主題歌も、管弦楽のオケだけで聴くとさらに素晴らしい旋律が印象付けられる。)
 
かつての原田知世の映画(大林宣彦監督)みたいに徹底的にヒロインを立てる構成(ラストの原田知世のミュージック・クリップみたいになる演出)はユニークだった。
あれはあれでステキだった。
しかし、アニメ版の方も映画音楽として「主題歌のサントラ欲しい」くらいの感じになってきた。
文句なしの五つ星映画だ。
 
まことに面白かった♪。

Kawara nai Mono
         


あ・・・。
阪神タイガース、ようやく勝てた。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-28 23:21 | Comments(5)

・・・ots

阪神タイガース、破竹の8連敗 

O|_| ̄

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 
 ⊂彡

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 
 ⊂彡
 
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 
 ⊂彡

 
管理人が壊れました・・・。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-27 23:36 | Comments(0)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz

・・・阪神タイガースよ。
 
きみたちは何ヲヤッテイルノダ?
 

O| ̄|_  O| ̄|_   

7連敗ダゾ。
 
残り試合ヲ全敗スルツモリカ?
 
冗談抜キニ、3位カラモ転落スルゾ。    
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-26 22:10 | Comments(0)

・・・・・・・orz

は、阪神タイガース
 
藤川球児投手・・・
 
_| ̄|O
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2007-09-25 22:06 | Comments(0)