タグ:パソコン ( 10 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

パソコンの外付けHDDのファイル整理中♪


パソコンの外付けHDDのファイル整理中♪
 
アニメのレポートとかしたいのだが、パソコン内のデータ整理をしないと収拾がつかなくなる「数歩手前」まで来ていたから、それを今やっている。
 
大きなサイズのファイルは従来のHDD同士だと時間がかかるのなんの。

下の図のファイルの移動時間なんて、まだマシ。
c0137122_22202163.gif
Cドライブまるごとのバックアップ保存だと、それだけで6~7時間くらいかかっている。
  
当方宅でも、一部のシステムでは、SSDってのも体感しているのでスピードがかなり違うと感じますね。
 
まぁ、中で円盤が回っているHDDってのもサイズが(TBとか)でかくなったし、お値段も数世代前に160GBのHDDを買うのにかかった値段と同じくらいの価格で、今は2TBとか、3TBとかが手に入るからお世話になっている。(SSDはまだまだ割高すぎるしね・・・。)
 
でも、データファイルの整理にかかる時間は「うんざり」だが、重複してたり、もはや何の意味もない捨てていいファイルも了解できるし、「あぁ、こんな懐かしいものが」とか、「貴重なフォルダ」を再発見したりして、整理ごとはたまにはやってみるものだ。
 
これも数日で落ち着いたら(一日では、とてものことに済まない)、またアニメ感想なんかやりたい。
(データの移動待ち中には、テレビのHDDや、PCのセカンドマシンで「アニメ鑑賞」はしているので♪)
 
「小林さんちのメイドラゴン」面白いなぁ♪。 
c0137122_23570229.gif
テレビ放送を今季チラ見したのが、「このすば2期」とこの作品くらいなんだけど。 
 
こちらの視聴ニーズも、どちらかと言うと、ヘヴィなものより、「楽しいもの」「暖かいもの」に傾倒している感じがする。

  

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-03-14 22:31 | パソコン | Comments(0)

ガルパン・ヌードル、食べまくって、もう、ラスト♪


ブログしばらくサボっていた。
 
寝込むほどではないが、風邪もひいてたりなんかする(汗)。

いつものことだが、この季節は"寒さ"でいちばん萎縮する季節だ。
・・・あと、1ヶ月ちょいくらいが寒い季節の山場。
じきにそれも緩むのだと待ちわびている。
 
(今週末が、また極端に冷え込むようですが・・・。)
 
さて、年が明けて1月になってから食べ始めた、日清食品の『ガルパン・ヌードル』だが、食べ始めたら、ホント、もう「あっ」と言う間だ。
私は好きだねぇ、カップヌードルが。
 
1箱20個入りのパッケージが、ご覧の通りあと、もう4個。
c0137122_03320798.jpg
撮影したときはラスト4個が並んでいるが、このあとすぐにまた1個食べたので、数日も経たないうちに(1ケース20食を)完食してしまう予定。
c0137122_03321231.jpg
ものの、1ヶ月間のペースだった(笑)。
いつも、チャーシューのっけて食べている。
c0137122_03321696.jpg
これと、あと「野菜サラダパック(コンビニもの)」を併せて食べていると、私には(朝食や昼食としては)1回の食事分としてこと足りてしまう。
おいしく、いただきました♪。
 
ちなみに、この「クソ寒さ」にはマイッていて、エアコンの暖房だけでは足りず、足元の「電気ひざ掛け毛布」を新調した。
c0137122_03322049.jpg
少し、サイズの大きなものが欲しくなったので・・・。
下半身を暖めるのって大事。
椅子に座っていると、冷気は足元から来るからね。
 
そんな寒さや冷気が関係あるのかないのか、発熱・放熱という点では夏場より、環境的には使いやすいハズのデスクトップ・パソコンが最近、調子が悪い。
何かのキッカケや、重いソフトやデータを入れたとかでもないのに、にわかに「動作不安定」になったりする。
 
じっさい、「パソコンが使える環境」と、「インターネットに繋がっている環境」というものが、もはや日常的なので、これが"使えなくなる状態・状況"というのが、いかにダメージが大きいか、少しなめていた・・・。
 
ダメージ、大きい。
使えないと、すっげー困る。
家電品としては、エアコンや冷蔵庫が使えるのが当たり前である、というくらいに無いと困る。
あと、電気ポットや電子レンジも無いと困るよね。
 
まぁ、開けて中を見てみても、ホコリ掃除や、メモリの抜き差し直しくらいしかやれることはない。(あとボタン電池の交換くらいか。)
もっとも、DVD(もしくはブルーレイ)プレーヤーの増設や、故障の交換とか、内蔵HDDの増設ぐらいは出来る。
 
電源部ユニットの交換とか、マザーボードの交換とかはチャレンジしたことがない。
そこまでやる時は、PC本体自体の交換時期だからだ。(BTOパソコンは利用するが、まるきり「いちから自作」する方向性は私には無い。甥っ子はそれをしているので、PCの扱いが分からないときは甥っ子によく尋ねた。自作しなくても、修理くらいなら、それでなんとかなっていた。)
c0137122_03322318.jpg
ひとまず、デフラグやったり、ドライブ内のエラー・チェックとかを実行してみる。
・・・こういうの4~5時間くらい簡単にかかる。
c0137122_03322747.jpg
反応が鈍くなっていた動作が、なんとか立ち直ったが、またじきにグズりそうな気もする。
 
パソコンもインターネットも生活に密着してしまっているし、絵を描くのも「線画」的にはアナログ派ではあるが、彩色はデジタル頼りになることが多い。
でも、
集中作業でモニターを眺め続けるのが「目の健康」や「目の耐久力」的に辛すぎる。
モニターの"向こうからの明かり"は目に悪い。
PC上での「お絵かき」のそういうソフトが今かなり充実してきているとしても、線はつけペン・インクで紙に描く方がはるかに性に合っている。
 
机の上で、ライトの明かりを反射させて見ている"白い紙原稿"の方が、キャンバスとしては付き合いやすい。
 
もっとも、どのみち、作業的に「長時間のにらめっこ」続けていると、眼精疲労や肩、腕、背筋、腰のくたびれが「めっぽう辛くなる」のは同じことではある。
 
で、まだOSを私はwindows10に切り替えていない。
使えなくなるアブリケーションとか色々とあると困るからだ。
対応データのインストールだけで、同じものが引き続き使えるのならいいけど、ソフト製品自体を買い換えなきゃならないハメになるのは、大変に痛い。
費用面以上に、インターフェース的に馴れた作業が、「新しいソフトは便利になっている」というプラス要素より「たいてい使いにくくなった」とか「変わりすぎ」とかいうのがよくある。
なんで、ツール内容をいちいち変えるのかね、と思う。
「反応速度」や「ツールの選択肢が増える」という素朴でわかりやすいプラス要素なら大歓迎だが、便利だった機能が使えなくなったりすることがままある。
 
その辺が気になっていて、でも、まぁ、「いずれ近いうちに乗り換えるしかないんだろうな」とは覚悟もしている。
世の中が、新しい環境に対応するようになっちゃったら、こうしたツールは昔のものは切り捨てられていくからだ。
使えなくなってしまうのだから、新しいものに馴れるしかなくなる。
 
フォトショップ一点張りの私だったが、他のメーカーのソフトや、フリーソフトでさえ、フォトショップで作った絵のデータの読み込みが出来ることを、なんと私は最近になって知った。 
c0137122_03323354.jpg
フォトショップのデータでも、ちゃんとレイヤー付き(階層付き)で"フリーソフト"が読み込んでくれる。
 
これなら、ソフトを変えても、以前のイラスト・データが全滅になることもない。
(漫画データにおける、トーン処理「アミトーン」や「柄トーン」がどうなるかは私はまだ知らない。さすがにスクリーントーン系の、ソフト・オプションに頼る機能はメーカーが違うと破綻しそうな気もする。どうなんだろうか?。)
 
そうだなぁ。
アナログの世界で、一切のメーカーが、「ペン先やペン軸の製造をやめました」となったら、つけペン派の私たちなんかはどうなるのだろうか。
紙に絵を描こうと思ったら、サインペンやミリペンで描くしかなくなるのかな。
 
広義な意味での「道具」というのは、便利になったり、失われてしまったり、奥の深い問題ですね。
 
ちなみに、
 
デジタル時代と言うのはセキュリティの問題もあるね。
 
登録とパスワード。
これ、私は肝心なものはちゃんと管理はしているが、ロクに使わないものにはたいそうルーズなところがある。
 
Twitterアカウント持っているが、私は、ほとんどTwitter発信はしない。
(見る方では、人のツゥイートに関心はもったりしているのだが・・・。)
 
なんか別サイトの閲覧でも、「登録済みのアカウントからログイン」を要請とかあったりする。
そのとき便利なのは「Twitterアカウント」になる。
 
ところが使ってないから、パスワードとか忘れてしまったりする。
仕方なく登録しなおすと・・・、ちゃんとこんな通知が来る。 
c0137122_03323079.jpg
忘れてしまったパスワードを同じ登録アドレスから、新たなパスワードを設定してログインしたので、ちゃんと第三者による「のっとり」の可能性を示唆して、注意喚起メールが届くのだ。
 
こういうセキュリティは大事だね。
 
なんにしても、「厳冬」の季節。
ますます"ひきこもり"になっている私です。
余計にパソコンとお友達になってしまいます。
 
 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-02-10 07:17 | ブログ | Comments(4)

パソコンの調整中♪


パソコンの調整中♪ ← 「♪」が付くような気分じゃなくて、ひたすら「耐える」感じ(笑)。
 
古いパソコンで頑張っていますよ。
 
新しいパソコンが欲しいなぁ。
CPUやマザーボードにグラフィックボード自体が旧態依然なの使っているからな。
ホントによく頑張ってると思います。
 
「win10」機は、もうすっかり安定しているのでしょうか?。
 
MMDerとしては、「MMDが、win10で動かなく場合がある。」とか「いや、なんの問題もなく動作するよ。」とかの情報がまだ交錯しているので悩ましいところです。
少なくとも操作画面が変化したりはするらしい。なぜ?。
 
とりあえず、現状でも当方宅のマシンがCドライブ的に"あっぷあっぷ"しているので、中身の(物理的な埃などの)掃除をしたあと、データの整理をしている最中。
c0137122_00030722.jpg
こうして、文字程度なら今キーボード打ち出来るけど、ややこしい画像(細かなキャプチャーとか)の操作が出来ないので。
 
でかいサイズのデータを、まとめて移動、となるとやたら時間がかかる。
"何時間"単位ですよ。
 
画像のこの「残り時間」てのがアテにならない。序盤の方では「あと2時間30分」とかになっていた。 
c0137122_11015981.jpg
それが少し進むと「あと7時間30分」になったり、増えたり減ったりを繰り返す。上の「およそ1時間」もアテにならない(笑)。ま、既に3時間くらい待っているのだが・・・。

今まで整理しないでCドライブに貯めこんでいたのが悪いのだけど。
一気に500GB近いデータを動かそうというのが無理がある(笑)。
もともとバックアップのためにも、外付けHDDに日頃からデータを移動して、整理整頓しておけば後の苦労のしわ寄せもなくて済むのにね。
 
で、この500GBでも整理はまだ序盤なのよ。
 
外付けHDD同士のデータも整理しないと、その時の気分や都合で、どこに何のデータを保存してあるのか分かりにくくなってる。
これもチェックしないと・・・。
 
そんな週明けです。
 



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-11-28 11:15 | ブログ | Comments(0)

今年の11月21日(& 11月22日)を振り返って

 
今年の11月21日と言えば、月曜日。
 
実は(距離感的には地元民にしか分からないだろうけど)、私は「垂水区」に住んでいるのだが、同じ神戸でもここは西の端の方。(語弊があるが、言ってしまえば東の方よりは、やや田舎っぽい。)
で、11/21には、神戸市のほぼ中央区の方と言える「花隈(はなくま)」の方に行っていた。
 
所用があってね。
 
花隈ってのは普段はほとんど行く事もない。
c0137122_00022601.jpg
元町と神戸の間。
  
元町には、まだしも出向く機会もあるが、花隈界隈は私には珍しいので、ちょっと回りを散策してみる。
・・・と、路線バスの停留所がなんともお洒落だったりする。 
c0137122_00023642.jpg
うちの近所の、時刻表看板だけがポツンと立ってて、ベンチのひとつも置いていないようなバス亭とはえらい違いだ。
c0137122_00024400.jpg
日差しや雨よけの屋根も独特の形だなぁ。たいていテント張りなんだけどね。↑
待ち座席の少なさから言っても利用客の少ない地点なんだろうけど、お洒落に作ってあるのは観光地界隈らしいな。
 
で、どこに行っても、すぐにコンビニを見つけては、なんとなく中に入る私。
c0137122_00025272.jpg
セブンイレブンが多いかな、やっぱり。
  
あ、ちなみに友人から「誕生日祝い」ってことでフィギュアいただきました。↓
友人からそう認識され(正しい認識だ)、また受け取って愛でている私も私らしい。
c0137122_00030034.jpg
そに子ちゃんは健康的でいいよね♪
  
有難うございます♪。感謝。

あ、フィギュアと言えばここで話題を変えて。
11月21日は、それはそれとして。
 
さて、

 
その翌日、11月22日の早朝には、東日本は「大地震」で大変な日でしたね。
 
関西以西は、ほぼ"揺れ"に関しては問題なかったけど。
 
テレビの緊急速報が凄かったわ。

「すぐにげて」
というひっ迫した警報の文字。

津波警報が出たあと、関係地域の人たちに対する警報文字だったのだけど、過去に見たことない切迫感だった。
「高台へ非難してください」「すぐにげて」の変化は怖すぎる。
 
それにしても、大きな地震が世界各地や、この日本でも、あちこちで連続していますね。
 
ほんとうに怖いわ。
 
私たち一部の、フィギュアを部屋に飾っているようなマニアのみなさん。
(私は、一時期ほど今は飾っていませんが。)
次々と「地震によるフィギュア被災」の報告がネットにもあふれた。
 
戸棚やショーケースとか机の上に、特に免振対策もせずに飾っている人たちは、「直撃」食らいますよね。
マニアのみなさん、大丈夫でしたか?。
 
(対策している人は案外と大丈夫なのかな。)
 
フィギュアやToyのプロショップとかは大変だろうね。
ショーケースは効果的にお客様にアピールするために、所狭しと陳列してあったりもするのだろうし。
 
書店なんかもそうか。
ただ、棚に並べているだけだからなぁ。
ショーケースのある店はどこでもそうか。
 
個人の家でもショーケース置いて飾り物している人は、プロショップと同じ被害が有り得るからね。
 
地震は怖いです。
関西でも、先週の土曜日の午前中だったか、雑居ビルの5階に所用でいたときに「揺れた」ものな。
居合わせた他の客も「お、揺れてる、揺れてる」って固まっていたもの。
 
ああいう時ってなんにも行動に移せずに、揺れがおさまるのを宙を見据えて固まっているしかないですものね。

本当に勘弁してほしい。
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-11-23 23:11 | ブログ | Comments(4)

ようやく終わった、「windows10」の無償アップグレード

 
「windows10」の無償アップグレード、が1年間のサービス(?)期間が一昨日、7/29をもって終了した。 
 
このポップアップがしつこかったねぇ。
c0137122_00101017.jpg
終了間際なんか、30分おきくらいに、このポップアップが出てきたりしていた。
 
ま、
無事にアップグレード完了して、快適に、問題なく"新しいOS"を使えているユーザーもいらっしゃるだろう。
(割とそちらが多数派かな?、それとも思ったほどでもない?)
 
もっとも、アップグレードしたけど、すぐに「もとのOSに戻した」という人も少なからずいるみたい。
 
そういう人は、それはそれで結果論として賢明かもしれない。
「win10アップグレード履歴」をハードに残しておけば、「元OS」に戻しても、いつでもまた「win10」や「周辺機器環境」が今後さらに整って充実したものになったときに、依然「無償アップグレードが有効」だということなので。
(※余計な勧誘ポップアップも出なくなってるハズだものね。)
 
自分の使っているPCと新しいOSとの相性。
こればっかりは、ユーザーごとにパソコンの使用状況や環境は違うから、トラブルがどう出るかは、やってみないとわからない。というところであった。
(なんにもトラブルはないのが基本だとしても、ユーザー環境しだいでは、惨憺たる結果も有り得るわけだ。)
 
私自身は「無償期間」の最後まで、ブロックしながら軽く迷い続けたクチだった。
「win10、すげー、なんかアプデで圧倒的になった」とか、そんなポジティブな感想が巷にあふれたら、アップグレードしてもいいかな、と、このポップアップを飼い殺しにしていた。(ラストまで積極的削除をしなかった。)
 
でも、とうとう、なんかアップグレードに踏み切らせる超ポジティブな話もなかったし、どちらかと言うと、ネガティブな情報ばかりが入ってきて、で、サービス期間の終了日を迎えた。
 
とにかくmicrosoft社の宣言どおりに、キャンペーンは終了した。↓
c0137122_00104026.jpg
この時点で、この「win10勧誘プログラム」も自動消去されればいいのに・・・。
なぜか残っている。
c0137122_00103342.jpg
うっとおしいので、これを消す。
 
私のPCでは一度もアップグレードをやらなかったので、こんなものが、まだ生きている。
 
放っておいたら、今後もいらん広報に導かれそうだ。
特に、今後は「win10関連」は有料になるのだし。これ、いらない。
 
ほしい時は、ほしいタイミングで「win10」は手に入れる。
そうなりゃ、OSのみ、なんてことを言わずに、「win10インストールPCごと」新しいモデルを手に入れます。
 
でも別に今すぐじゃない。(そのユトリもないし) (´∀`;)
 
私のところでは「XPマシン」も現役だしね。
(XPでないと~win7やwin8、8.1では~動かないソフトがあるので仕方がなかった。そのソフトをまだ愛用していく必要があったからだ。)
 
同じことが、win10と、その前OSとの関係でも言える。
 
さて、
  
Ctrl+Shift+Escキーを同時に押すと、「タスクマネージャー」画面が一発で立ち上がる。

で、この画面の中に「GWX.exe」ってのを発見する。
(※「Get Windows 10(X)」の略語ということだ。こいつが、ず~っとポップアップ勧誘をしていたプログラムである。)
c0137122_00105521.jpg
「GWX.exe」の存在を確認したら(あとで"なくなっていること"を再確認するために、チェックしたのだ)、この「GWX.exe」を削除する作業に入る。
 
powerShell → コマンドプロンプト画面を立ち上げる。
c0137122_00111070.jpg
真っ黒な「コマンドプロンプト画面」。
まだPCのことに関しては、私はこの「黒画面」にはアレルギーがある(笑)。
なんか不安になるのよ、この画面。
キーボードの直接入力でしか受け付けないし、その命令文字列は、もはや素人には「呪文的」だし。
c0137122_00130895.jpg
モザイク入れているのはユーザー名ね。別にモザイク入れる必要なく、私の名前なんだけど。
ここに上図のように Stop-Process -Name GWX という文字列をキーボードで直接入力。
(ハイフンの前にある半角スペースや大文字、小文字も打ち間違ってはいけない。指示コマンドとして認識されない。)
 
Enterキーで、実行。
下の画面のように、上のキャプチャで私のPCの場合、Google Toolbar のすぐ下に表記されていた「GWX.exe」は消えてなくなっている。
c0137122_00131577.jpg
で、まだこれだけでは不十分。
更新プログラムの KB3035583 というのを削除しないと、この自動更新の中に紛れ込ませていたプログラムが「GWX.exe」を送り込んだ張本人だからだ。
 
自動消去の指示がmicrosoft社から上書きされて勝手に消えればいいが、また、余計な広報ツールに書き換えられて再利用されても、それはそれでうっとおしいので。
 
こいつは普通に、コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から見つけて削除する。
c0137122_00135290.jpg
「いらない」と指示。アンインストールは一瞬かと思ったら、なんか10秒くらいかかった。
けっこう「ガッチリ重いプログラム」だったのね。
c0137122_00140350.jpg
そして、まだ終わらない。(再起動してはいけない。)
 
windows update で確認すると、まだ「KB3035583」が「重要な更新プログラム」としてチェック入りで再待機なさっている。
もう、「無償アップグレード」終わったのに、なにを待機してるんだ、お前は!、とは思うが、待機しているものは仕方がない。

これを放っておくと、せっかく削除したのに、また再インストールされる。(なんでまだ待機してるんだ?、ホント。勧誘期間は終わったんだろうに・・・。)

c0137122_00133064.jpg
これをチェックをはずして今後「非表示」扱いにする。

これで、「KB3035583」がインストールされることはない。
(もっとも、プログラム名を変えて、似たようなものがまた更新時に送り込まれたらイタチごっこなんだが。今後は「有料」なりの「お得コース」とか、そういう別の広報に書き換えられるのかも。)
 
なんにせよ、ここまでやって、ようやく『再起動』する。
 
すると、
 
デスクトップの下に表示され続けていた「まどマーク」がようやく消えた。
c0137122_00141878.jpg
     
2025年までメインサポートのある「windoes10」は、どうせそれを使うことにはなるだろうけど、今回の勧誘は「無償」が気持ち悪くて、そして、勧誘が妙に強引すぎて、ユーザーを引かせてしまった。
 
損な商法だったな、と思う。
 
OSと周辺機器やソフトの関係。
サポートが切れていても、それなりに古いものにも需要はある。
 
「2~3年ごとに新OSに乗り換えなさい。」
「ウィルス対策です。」
「日々、進歩しているのです。」
も分かるけれど、もう、なんか、マッチポンプにさえ見えてくる。
 
なんだかんだで、7月31日。
 
7/29には、映画劇場で「シン・ゴジラ」が封切りされたし、テレビの地上波では「ギャレス・エドワード・ゴジラ」が放送されていた。
タイプの違うコジラが同時に存在している今は、なにか、「いいじゃないか」と思わせる時代だ。

こういう共存ならば大歓迎だな。

 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-07-31 02:51 | ブログ | Comments(2)

「windows10」 5/18の件


5/18 付けで「windows10」に望みもしないのにアップグレードしたPCが多いみたいですね。
 
これ、別に 5/18 に限ったことではなく、5月の18日以前や4月にもすでにあったようだ。
(もっと以前からも「強制的なアップグレード」とかあったのかも。)
 
PCの「Windows Update」を"自動更新(推奨)"に設定している所では、PCの電源を切ろうとした時や、もしくは起動した時に、勝手にダウンロード&インストールをやっちゃうようなんだけどね。(たいていの人は、なんとなくそう設定しているハズ。)
 
日々の細かなアップデート程度なら勝手にやってくれて便利だけれど、「OSのアップグレード」という重要なことを"自動更新枠"に潜り込ませるとか、なんなんだろうか、と思いますよ。

いま、

「windows10 アップグレード」これまでの所業を擬人化した漫画、わかりやす過ぎると話題にw

↑ でググると面白いツゥイッター投稿の漫画が話題になってる。
 
ほんと、これ。という感じ。

順番のあとさきは忘れちゃったけど、例のひつこい「勧誘ポップアップ」は当初下のいずれかの感じで推移していた。    
c0137122_08502785.jpg
c0137122_08503210.jpg
c0137122_08503744.jpg
c0137122_08504410.jpg
↓ ん?。はて、この勧誘コピーは逆に「え、(世界で)1億ってまだ少なくない?」と思う。
c0137122_07341579.jpg
これがいつしか「Windows Update」サイトの方で、二択画面になり(「今夜アップグレード」の前には「後でアップグレード」という二択画面もあったそうだが、私はよくは知らない。)
c0137122_08505545.jpg

↓ 「日時」の選択画面もあるようだが、これはまだ「今すぐ」か「今夜」と決め付けているよりもマシなのかなんなのか?。
c0137122_08510581.jpg
↓ 同様に、下のような画面も選択権があるようで・・・、
c0137122_08511350.jpg
↓ いつ、こいつに化けるか分かったものじゃない。(申し込んだ覚えがないのに予約日時が間近に設定されちゃってるとか。)
c0137122_08512042.jpg


そこまで「お薦め」が必死、執拗なプログラムなら、インストール自体もスムーズなのかと思いきや、受け手側のPC環境や構成によっては、「エラー」が起きたりもする。
「今、やらなきゃならない作業がある時に」こいつをくらってパソコンが動かない日にゃ、誰に責任があるのだろうか?。

c0137122_08512963.jpg
 
でもって、そのエラーが「あんたのPC構成のせい」とか指摘されてもねぇ。
「いくつかのアプリ」が、ユーザーにとって必要なアプリで、そのアプリの対応版がすぐに手に入らないとか、経費が洒落にならない負担だったりしたら、どうするんだろ。(新OS対応版が無く、そのままオサラバ~、なソフトならどうすればいいのだ?。)
 
c0137122_08515715.jpg
 
「問題があれば元のOSに戻せます」とか、その復元度に疑問符があったり、そもそも手間をかけさせられるのは誰の責任になるのだろうか?。
 
ショップで「コーヒーが熱くて、ヤケドした」というレベルで老婦人側から億単位の被害提訴をして、これが通ってしまうような判決を出すお国柄の企業が、よくここまでゴリ押し出来るなぁ、と驚く。(もっとも、この「マクドナルド・コーヒー事件」の内容は色々と考えさせられる問題もあるにはあった。)
 

ちなみに「Windows Update」のサイトで、いつでもプログラム関連の履歴や、用意されているものは確認が出来る。
c0137122_08523961.jpg
 
KB3035583 という番号のプログラムが「win10」の勧誘アイコンを表示させるプログラムなのだそうだが、自分のパソコンにアイコンが表示されている時点で、知らないうちに、この KB3035583 プログラムを日常のアプデ時にインストールさせられてしまっているわけだ。
(※上記のナンバーのプログラムだけでなく、複数個「win10 アップグレード推奨プログラム」は存在している。上記のナンバーはもっとも代表的な「うるさいプログラム」のひとつにしか過ぎない。)

c0137122_08520514.jpg

 
レジストリをいじって、このプログラムを排除すれば、勧誘アイコンは表示されなくなるだろうが、これは積極的にはあまりお薦めしない。
やるなら自己責任で。
(初体験とかでなく、レジストリの変更に慣れている人は別にいいんですけどね。)

 
※一応、参考リンクはこちら↓
「KB3035583」及び「KB2952664」!「Windows 10を入手する」というプログラムが「推奨される更新プログラム」に昇格することに対する対策について
 
レジストリの変更は「知識に自信のある人」、重ねて書くが、"自己責任のとれる人"でなければ、PC素人にはハードルの高い領域だ。
うっかり、関係の無いレジストリをおかしくしちゃったりしたら、もっと大きなトラブルのもとになる可能性があるのです。だから、ポップアップアイコンくらいほっておけばいい。

そもそも、また手を変えて同様な推奨プログラムをインストールされるかもしれないのでイタチごっこである。
 
過去の「win10 ブロック対策」もいくつか提案されていたが、けっこう、そうしたブロックが「無効化」されちゃったりしているとか。
~現時点でまだ、けっこう有効なブロック方法もある。私の「win10関連」の過去記事で紹介している方法とかだ。
 
↓Myブログ・過去記事リンク
「windows10」アップグレード開始の気になるその後♪


・・・しかし、まぁ、なぜ、(相手は)そんなに必死なのか(笑)。
 
新しいPC買うときには、自動的に最新OS搭載機を買うだろうから、それでいいじゃない?。と思うのだが。
 
(※基本、OSの新旧は個人でも複数のPCを持ち、併用したりしている人は多い。「win7」や「win8.1」どころか、「xp」じゃないと動いてくれないツールを現役愛用している人だっているのだ。会社単位ならなおさらである。医療の現場も電子カルテ化の時代、そんなところでトラブルやエラーがあっては困る。)

そもそも、個人の立場で言わせてもらっても、旧(現行)OS環境で取引をしている「企業」や「金融機関」レベルで「うちは、まだwin10未対応なので、お客様はアップグレードしないでください。したらオンラインの操作を補償できません。」とか通告されてたら、便利か便利でないかの問題ではなく、一般ユーザーの采配の範疇にないレベルでの「不都合」があるのだから困る。
 
それでも、
 
ネットの世界も、いわばインフラと同義であるから、その「工事権利」を握っているものが結局は強いのだ。

こちらは最後は「俎上の鯉」なのだからねぇ・・・。
  
 
 
ちなみに、夕べから唐突に風邪をひいた。
クシャミ連発、鼻水ダラダラである。
 
暖かいのに、である。
 
最近、蒸し暑くなってきたな、とは思っていたが、寒い冬をそこそこ小規模な不調程度で乗り越えて、なんでいまごろ、この季節に?と合点がいかない。

寝冷えしたつもりもないのだが、どこか外出時にもらったウィルスが潜伏期間を経て、原因のはっきりしないタイミングで発症するのかもしれない。
 
ネットのウィルスも、自然界のウィルスも困ったものだ。
(いや、失礼。大変お世話になっているマイクロソフトさんのごく一部のプログラムをパブリック・ウィルス扱いにしたら叱られますが・・・w )

病院に行っても治してくれない、結局「自然治癒」が基本の「風邪っぴき」という病は。
安静に寝るしかないなぁ。  
 
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-05-20 10:53 | ブログ | Comments(6)

Win7マシンの内蔵ユニットの増設にチャレンジ♪

マイマシン~Win7PCの『内蔵ユニットの増設にチャレンジ♪』してみましたということで。

旧・XPマシンの方(今も現役)は、何度か筐体の中を開けていじってはみているのだが、Win7マシンの方は、今回初めて筐体を開けてみました。

 
PCには日常的に触れてはいるが、自作PCを作ちゃうようなマニアックさは私にはないのです。

中身のことの理屈は分かんない事の方が多い。

ただ、「なるべく廉価でいて、"動画でもストレスなく遊べる程度の"最低限度のスペック」ということで買ったWin7マシンだったので、スペックはチャチくもないけど凄いところも何もないマシンを手にしていたわけなんですね。

つまり、「ちょっと足りないかな・・・」という感じが出てきた今日この頃だったのです。

最近「MMD~MikuMikuDance(みくみくだんす)」なんかを始めちゃったせいで、圧縮のないAVIファイル動画なんかをHDDの中に溜め込むことになってきて、とたんにキャパシティ的な余裕がなくなってきてしまった。

んで、空きベイのたくさんあるマイマシンなので、このたび、「内蔵HDD」と「ブルーレイ・ドライブ」の増設を自らやってみることにしました。

今回の記事は、"自分のために、またPCの中をいじる事があったときのためのメモ"と言うことで記事をうpしておきたいと思います。(ネジの開け方閉め方の手順さえ、時間が経つとすぐに忘れちゃうタチの私なので・・・。)

ブルーレイ・ドライブ(内蔵タイプ)とHDD(内蔵タイプ)他備品が届いた♪
c0137122_484940.jpg
基本、工具はプラスねじドライバーが1本あればいい。
c0137122_49261.jpg
SATA3のケーブルも忘れずにね。(ケーブル類はHDDとかブルーレイ・ドライブにも付属してないのだ。・・・しかし、ケーブルは30㎝で良かったな。0.5mは長すぎた。)
c0137122_491053.jpg
私のPCの型番詳細は省く。(まぁ、ここの一連の写真で、分かる人には分かるミドルクラス程度?のマシンだ・・・と思う。)
筐体のカバーを開けるのはねじ回しさえ要らない。指で回せるネジ1本抜くだけでカバーは簡単に外せる。(扱いやすい構成のケースだなぁ。)
c0137122_491842.jpg
カバーを開けたところ。(予想よりスッキリとしている内部構造。)
c0137122_492661.jpg
はい、空きベイがあります。
買ったときの構成は、DVDドライブ1個とHDD1個というシンプルな構成でしたから(笑)。(動画をやらなかったら、漫画原稿のファイル作成や整理なら、当初の構成で十分だと思ったんだよ~。)
c0137122_493688.jpg
あ・・・、↑ あとで見直して気がついたけど上の図解、矢印間違ってるわ・・・。 HDDの方はいいのだけど、上の方は3.5インチベイを指している。ホントはもう一段上の5インチベイの方を指し示すべきでした(汗)。

ちなみに、この辺りまで作業を進めてきて早速「これは、ググらないとやばい・・・」と思い始めたのでした。
増設するHDDやブルーレイ・ドライブをそのまま空きスペースに差し込んでネジ止めして、配線追加だけすりゃいいやと考えていたのだけど・・・。
もともとあった内蔵HDDをいったん外してからでないと、新規増設が出来ないという設置仕様になっていた・・・。
c0137122_494460.jpg
なんとなく、この空きベイに内蔵パーツをスライド・インさせるだけでいいような気がしていたが、HDDはしっかりネジ止め固定しないとやばいアイテムなのだ。
c0137122_495195.jpg
この機種のレイアウト構成上、このHDDの固定フレーム(シャーシの一部)を、いったん取り外さないといけなかった。
c0137122_495859.jpg
これが今回増設する2.0TBの内蔵HDD新品です。
c0137122_410413.jpg
取り外したHDD専用シャーシに新規増設HDDをしっかりネジ止めホールドして(各々スクリューを4本ずつ使っています)、
c0137122_410127.jpg
まず、それを本体のシャーシに戻してしっかりネジ止め固定。(さっきのHDD専用シャーシは、本体シャーシと噛み合うようなフックも付いていて、ホールドはカッチリ。固定の念の入れようには少し感心した。)
c0137122_4101935.jpg
ケーブルの配線をします。(現時点でいちばん速いらしいSATA3ケーブル対応機種)
c0137122_4102731.jpg
その後、ようやく、もともと付属していたCドライブHDDを挿入して、こちらは本体シャーシの方にしっかりとネジ止め。(この構成なら、中では動作時に高速回転しているHDDの振動を2基とも確実に抑える事が出来ているような気がする。)

2基の内蔵HDDの間は空間も適度に空いていて、発熱するHDDの冷却上の問題もなさそうだ。
c0137122_4103359.jpg
 
これで、HDDの増設は完了・・・、ではないのです。
新設HDDをPCに認識させる作業が待っています。

しばしHDDのフォーマットなど、設定をいじって無事に認識、ようやくホントに増設HDDの設置は完了。
・・・馴れた人なら30分程度の作業に、私は当該マシンの増設作業を解説してくれている個人サイト様をググってみながら1.5時間くらいかかっていた。

はい。
ここでめげずに引き続き、ブルーレイ・ドライブの設置に取り掛かる。
・・・そうなんですよ。今まで私のPCではブルーレイを見る環境もディスクを書き込んだりすることも出来なかったのです。(て言うか、ゲーム機なんかも最近のは買っていないので、これまで我が家にはブルーレイ・ソフトを見る機器が皆無だった。・・・なのに、なぜかブルーレイのアニメや映画ソフトを何枚か買って持っているという不思議。・・・この増設作業が済めば、ようやくそれが見られるぞ(笑)。)




さぁ、PC本体のカバーをさらに分離します。


ドライブ系ユニットは、前面から差し込んで設置するケース仕様なので、「ドレスアップ的な飾りになってる前面ベゼル」てのを外さなければならなかったりする。


これを外すのに、ちょい苦労した。(かなりタイトにはめ込んであったので、取り外しにコツと力が必要だった。・・・こういうのは分解時に「バキッなんてパーツのツメなんかを壊さないかしら」と怖々やっていました。ビス止めが外装に関しては極端に少なくて、ラッチやはめ込み構成の筐体なので、見た目は格好良いのだけど、分解や組立には本当にコツが要ります。内部パーツや背面はビス固定も多いけどね。まぁ、予備知識があって馴れたらこんなに合理的なケースもない感じ。次からは今回の1/3の時間で作業が出来ると思います。)
c0137122_571973.jpg
はい、シャーシ丸出しの状態です。


放熱のために穴あきスリットの多いシャーシですね。シャーシそのものは肉厚なので強度感は頼もしいです。
3段目の3.5インチベイは今回の増設計画はなかったけど(増設するとしたら何がいいのかな?MOはもう古い?今さらフロッピー?)
c0137122_572888.jpg
とにかく何かパーツを入れるまで筐体保持のためにシャーシの栓になっている所を捻じ切ってベイを開ける。
c0137122_573796.jpg
筐体の受け容れ体勢が出来たところで、これが増設する『ブルーレイ・ドライブ』。
c0137122_574578.jpg
設置したところ。
c0137122_575473.jpg
ブルーレイ背後の配線も完了。(通信ケーブルと電源ケーブルね。)
c0137122_58395.jpg
はい。電源の来ている事をランプで確認。
c0137122_581036.jpg
ちゃんとトレイの開閉も確認。
c0137122_58184.jpg
HDDより設置の簡単だったブルーレイドライブだったけど、動作のためのアプリケーションソフトのインストールが思いの外手間がかかった。(なんか競合する他のインストール済ソフトと干渉したりして、アンインストールとインストールを繰り返してみたり。・・・こういうのは個別のPC環境の問題ですよね。)



 
でも、今回目指した内蔵アイテムの増設が全て完了。


筐体のフタをします。
c0137122_582650.jpg

ここまで、所要時間2.5~3時間くらいかかっている。(いちいち撮影していたから、この手間が意外と浪費(笑)。)



 
さてさて、ブルーレイプレーヤーが無いのに買っていたブルーレイソフトのひとつが、この『まよチキ!』だったりする。


見られないのに、なぜその時にソフトを買ったのか?


今はもう放置しているオンラインゲームをやってた時に、タイアップで『まよチキ!』が絡んできていたからです。


自分がプレイするゲームキャラの髪型や顔の変更パーツってのが、このアニメソフトを買うともれなく付いていたのです。
あざとい商法にまんまんと乗せられたのです(笑)。(当時、今では違法行為に近いと認定されたオンラインゲーム用の「コンプガチャ」みたいなものが、私の遊んでいたサイトにもあったわけで。そうした悪名高いコンプガチャで万札落とすより、ソフトのオマケとしてアイテム購入した方が確実に決まった価格で目当てのアイテムがGET出来るし、アニメまで見られるというおまけ付き!。・・・あ、違う、逆でしたか。)
c0137122_5471593.jpg
3Dオンラインゲームの用のアイテムとしては「キャラの魅力が立っていた顔パーツや髪型パーツ」でしたが、アニメとしても「なかなか好みの絵柄」です。
c0137122_5472370.jpg
そして、けっこう健康的に「H」な内容でした。


(ぶれるデジカメでモニター画面を撮影したので荒い画像だけれど、肉眼で見た感じは、従来のDVD画面より、ブルーレイは確かに綺麗でした。~だからと言って次元が違うほどの決定的な差でもないので、コレクターではない単なるモニター用には普通のDVD画質でも当面はまだ問題ないようには思えました。)




・・・でも、見られなかったソフトが見られるようになって嬉しいです♪
c0137122_5472917.jpg
ちなみに、外付けの(2.0TB)HDDもついでに増設したのでした。
c0137122_5473722.jpg
昔(6~7年前)の120GB~160GB外付けHDD~を買っていた値段よりも安いくらいで手にはいる近頃のテラバイトHDD・・・。
c0137122_5474565.jpg
ちなみに、なんか外付けHDDのフォーマットはFAT32が初期の段階では多かったりする。

FAT32だとファイルサイズが10GBを超えると扱えない「10GBの壁」ってのがあったりする。


5分程度のMMD動画のAVIファイルでさえ、すこしエフェクトなどに凝ると30GB超えてたりしますからね。


初期段階のままのフォーマットでは、この外付けHDDは使い物になりませぬ。


従って、これを「MS-DOSプロンプト」画面でNTFS形式にフォーマット設定し直します。
c0137122_5475380.jpg

これにて、今回のマイマシン・グレードアップ作戦、オールクリア♪


 
これはお仕事ファイルの整理をするのにも良い環境が整ったと思えます。




 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-08-18 06:12 | Comments(4)

PCのボタン電池、取り替えてみた♪

私はペンティアム4のXPマシンをまだ使っている。(前に書いたっけ。)
 
最近、インテル® Coreのwin7マシンてのを、ようやく導入した。
 
でも、「XPマシン」の方、ニコニコやYouTubeの重い動画や3Dオンラインゲームってのはかなり無理だが、用途によってはまだまだ使えるのだ。
・・・だから、win7マシンと共に現役でいてもらう。
 
そのためには(XPが主力機であった時には)なんか怖くて、迂闊に出来なかった内蔵電池の交換をこのたびやってみた。
 
つまり、主にPCの「時計」のバッテリーとして機能していた『ボタン電池』の取り替えだ。 
~電池が切れるとPC内部の時計が動かなくなる。・・・もっとも、PCの電源を落としてもコンセントを抜かなければ予備電源は入っている状態なので、コンセントオフにしない限り時計は狂わない。
(しかし、スイッチオンオフ機能の付いたタップを使っている人は長期にPCを動かさない時は、タップのスイッチはやはり切ったりする。PC再起動の度に狂った時計を合わせ直すのは面倒だ。内蔵バッテリー電池は必要。)
 
メモリの増設。HDDが壊れたときの取り替えとかはやってきたが、内蔵電池の交換だけは電池切れを分かっていても、ソケットの構造が怖くて手が出せなかったのだが・・・。

 
PCを開けた内部状況。
c0137122_9194762.jpg

どこにバッテリーが装備されているのかすぐには分からないが、ここである。
c0137122_92069.jpg
 
ケースを開けたついでにケース内部のホコリ掃除も、掃除機やエアーノズルで(大雑把にでも)しておく。

ユーザーが取り替えるのを拒否しているかのような、取り外しにくいバッテリーボックスの構造。↓
指でなんか簡単には外せない。ツメでしっかりホールド。隙間もなくガッチリとマウントされている。
この程度でメーカーメンテナンスなんて馬鹿馬鹿しいので、蛮勇でマイナスドライバーをテコにしながらボタン電池をひっぺがしたあと。けっこう力ワザで大胆に繊細にいかねばならない。(この写真だとバッテリーケースがよくわかる。)
c0137122_9202177.jpg
 
入っていたのはこの電池。どこのメーカーかわかんないが、ボタン電池の種類だけは判明。
c0137122_920421.jpg
 
電池の型番さえ一致してればどこのメーカーの電池でもよろしい。ソニーでもパナソニックでも日立でも。
新品を用意。
c0137122_92137.jpg
 
で、取りつけるときはソケットにパチンと押し込むだけで至極簡単。
プラスとマイナスを間違えないように。いったん取りつけたら、また取り外すのがひと苦労のバッテリーケース構造なんだから、うちのPC・・・。
c0137122_9214640.jpg
 
これで、あと2~3年は使えるw(・・・ええと、確かOS XPのメーカー・サポート期限が2015年までだっけ?。・・・よく、わかってないけど。)
c0137122_922910.jpg
 
このXPマシンありゃこそ、今のwin7マシンのメモリ&HDD増量分のパフォーマンスの速さと軽快さの有り難みが分かるのである。
 
一方で、テレビ録画デッキの地デジ化とか済んでいない私にとっては、住みにくい世の中になってきている(笑)。
 
古い道具も大切に使いましょう。♪○o。.( ̄▽ ̄=)v-~~♪♪
 
 

☆オマケの動画(笑)
おやつ有りと無しのやる気の違い


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2011-12-13 09:36 | Comments(12)

ひとつの文明開化

すっかり、御無沙汰気味で申し訳ありません(笑
 
御無沙汰していた間の"ネトゲ廃人"化だとかの言われようの(笑)、実際のところの経緯所感とかは、また後述することとして、~なんだかんだと、もう冬の気配です。
 
(もっとも、なんとなく例年よりも寒くなっていくテンポは遅いようですが、いざ寒くなりだしたら、今夏の酷暑の真反対に、今度はとんでもなく厳冬になったりするのかも・・・。)
 
んでもって、こういう寒い季節に威力を発揮しだすのが、
 
私のPC愛機~ペンティアム4 XPマシン~だったりしたのですが、
・・・実際、私がそう感じているだけではなく、【ペン4XP】は、冷却ファンの騒音と発熱量の凄さで、
『PCヒーター』というあだ名が使用者の間ではついているようです。
 
・・・確かに、XPマシンを作動させているだけで、ある程度部屋の中が暖まっていたような気がします。
(夏場は、エアコンがないと、それこそPCサウナです。)
 
そんなわが愛機XPマシンで、今後もこちらのブログ&ホームページは管理していきたいと思っています。
 
(いえ、ようやく「win7 マシン」も机上には並んでいるのですが・・・、なんか馴染みすぎたOSとシステムが違っていて、メールもホームページの管理もやりにくいったらありゃしない。・・・馴れなのでしょうが・・・。)
 
さて、プリンタも新調しました。
 
プリンタこそ、私は「XPマシン」よりももっと年季のはいった初代機を使い続けていましたが、こちらは寿命です。印刷結果がどうにもこうにも"まともではなくなってきた"からです。
 
リーズナブルなものでも今時のプリンタは、なんかやたらでかいよね。
スキャン機能まで搭載させているからだ。
 
単体スキャナ愛用者としては、オールインワンってのは無用な機能つきすぎなんだけど、ま、いいやと思って買ったのがこれ。
c0137122_811561.jpg
 
なんか前面のコントロールパネルのイルミネーションがやたら派手だ。
 
そして、前面給紙タイプで、ふる~いプリンタを愛用していた身としては初体験な「DVDレーベルの印刷トレイ」が標準装備されている。
 
簡単なデザインをしてDVD-Rにラベル印刷してみた。
c0137122_8124555.jpg
内径の設定を間違えたのが左で、やり直したのが右。名作アニメを自分のbackup用に試作してみたのだが、凝る気があれば、いわゆる市販のピクチャーレーベルクォリティのものだって作れそうだ。
   
これはちょいとした感動でした。
 
よく知人が「オリジナルラベル印刷のDVD」をくれたりしていたのだけれど、私は「ラベル王」ってので自作DVDやCDのラベルはシール作成で貼っていたので、インクジェットプリンタで直接絵柄やタイトルを印刷してある円盤はずいぶんとスマートなものに見えたし「不思議」だったのだ。
「円盤用の専用トレイとか設置したり、さぞかし面倒なんだろうなぁ」と感心もしていた。
 
今のプリンタは、これがとっても簡単。
 
そもそも、7年以上前(ヘタすると10年ひと昔前)のプリンタをつい最近まで使っていた身としては、印刷スピードの速さに驚いている。
 
隔世の感がありますねぇ。

ひと昔前のが、作動音と時間的に
『ジジジ、キュ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ、ギ・・・・・・・』
てな感じで30秒から数分かけて印刷していたのが、今のプリンタのスピードは、
『( ゚д゚)、ペッ』
で終わってしまう感じだから驚いた。
 
とはいえ、いまでもまだ「XPヒーター」は現役で頑張っている。
「win7 マシン」と仲良く併用したい。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2011-11-18 06:51 | Comments(6)

新しいスキャナ

今まで使っていた私のパソコン・スキャナは、歴戦の勇士であった。

windowsパソコンを最初に買った2000年当時に購入した、その時に、スキャナってものを初めて導入した。
(PC98シリーズの時なんか、私はスキャナを持っていなかった。)
 
で、パソコン本体はwindows機だけでも何台も買い換えたが、スキャナはず~っと初代機のままで頑張っていた。
c0137122_6122328.jpg
キャノンのスキャナー。↑
薄型のあった時代から、こういう少し「大きな筐体」が存在感があって好きだったりした。
(かと言って、業務用ユースみたいな、テーブルくらいの大きさがあるスキャナとか持っている同業者もいらっしゃるが、購入でもリースでも、あそこまでのものを置くスペースは、うちにはない(笑)。)
  
でも、もう、ここ1~2年はかなり動作に問題があった。
いや、基本的には電源アダプターの接触不良気味という問題だけで、ちゃんと現役だった。
 
そもそも電源アダプターさえ替えれば、まだまだいけるのではないか?と思っていた。(「スキャニング動作が遅い」という問題以外、性能にはそんなに不満は感じていなかったから。)

ところが、ついに先日、ウンともスンとも言わなくなった。
   
・・・これは、もう電源アダプターを取り替えるより、9年間も頑張ってくれたのだから、「パソコン周辺機器としては引退時期か・・・。」と思って、新品スキャナを導入した。

やっぱり、キャノン製を選択した。
c0137122_613176.jpg
薄くて軽い。
c0137122_6133825.jpg
これからは、私の「絵」のパソコンにおける「読みとり手」となる。
c0137122_6135565.jpg
軽さが頼りなかったが、
この撮影のあと、本体と接続して動作確認。
~動作は9年も前の機種より「明らかに快適に感じる速さ」だった。
(※そもそも、電源アダプターが要らない。USB2.0の接続だけで、電源供給もOKだ。)
  
ちなみに、私にとって、パソコンの機器と言えども、スキャナとかタブレットペンとかは、(絵を描いて、それを操作するツールとしては、)「高級な文房具」みたいな意識があって、・・・新しい文房具というのは絵描きにとって嬉しいものなのである。
 
鉛筆、面相筆、新しいペン軸、ペン先、インクの箱買い、羽根箒、そして原稿用紙。
大事に使い込んでいるものも手放せませんが(ほとんどが、消耗品だったりする道具だから)、新しいものを買うと、なんとなくテンションが上がって嬉しいのです。
c0137122_615188.jpg
勇退する前機種のスキャナとの比較。
広角レンズで撮影した関係で、奥にある旧機種のでかさがピンと来ないかもしれないが、「薄さ」で差があるのは一目瞭然だ。
  
スキャナを自分に買った年末。
 
ささやかな嬉しさがあったりします。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-12-28 06:26 | Comments(14)