タグ:コスプレ ( 3 ) タグの人気記事

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

夏のコミケ 2017 "その2"

夏のコミケ 2017 "その2"であります。

c0137122_07343893.jpg

東京ビッグサイトにて、2017年8月11日(金)~13日(日)に開催中の今日は2日目。

炎天下の中、さぞかし大変だと思う。

 

ただ、関西に住んでいる私としては、ピンと来ないのだけど、ネットやTVで「天気予報」を見ていると、今、東日本と西日本の天気や気温に微妙な差があるみたいなので、なんとも感想しにくい。

 

土地勘のない関西人としては、グーグルマップで眺めても分からないのだけど。

c0137122_07350881.jpg
ググッと接近してみる。
海岸べりにある地域だということが、あらためてよくわかった。
c0137122_07353717.jpg

なるほど。主役としてよく画像に写る「逆三角形」の建物がこれ(画像のほぼ中央)で、その隣にある巨大な豪華倉庫(倉庫と言っては申し訳ない。「展示会場」ですね。)右にあったり、下にあったり。

 

その他にもいろいろな施設、建物が・・・。 

 

これは「国際展示場駅」の改札口になるのかな?。 

c0137122_07363852.jpg
地元のJR地方駅ではお目にかかれない規模ですね。

イベント当日には、ここから人が溢れるのですな。 

  

今回もネットで拝見した画像をお借りしての記事になるけれど。(恐縮です。出不精の私、自らこんなイベントの撮影には行けないので。)


それにしても、夏場の行動が苦手な者としては驚きます。

いや、ホントに夏は夏、晴れでも雨でも「イベント会場」は大変だろうに。

 

「みなさん、大丈夫なのかしら?。」と。

c0137122_07381054.jpg
上と下の画像は展示会場の外にあふれた待機列。・・・これ、まだイメージとしては少ない方。
c0137122_07374195.jpg
もっと縦横に広がった待機列の写真も見たことありますから。下の列程度なら(大変は大変だけれど)、建物のわずかな日陰に退避することも可能ですね。
c0137122_07382543.jpg
こうやって↓ 出入り口の大きさを見ると、建物の大きさに圧倒されます。
c0137122_07382860.jpg
中はね、ちゃんと空調設備があるそうですよ。下の画像くらいの人波ならまだ空調が効いているのではないかな?。
c0137122_07383175.jpg
下の画像もまだ、整理されている方。これが、さらにもっと人波ギュウギュウ詰めになると、やがて空調は効かなくなるそうです。人の熱気でね。
c0137122_07383551.jpg
↓ この1階と2階のある光景も、ホールとホールを繋ぐもの、という感じになるのかな。 
c0137122_07384179.jpg
これらはコミケの情景だけれど、普段の(コミケ以外の)、こうした展示棟の様子ってのは、どういう感じなんでしょうかね。

 

コミケ以外のイベントでは、もう少し人波にも余裕があるのかしら?。

  

でも、1996年夏のC50から、コミケは同年完成した東京ビッグサイト(有明)での開催となったとのことだし、その前をたどれば、C1(第1回)のコミックマーケットは1975年12月だそうである。

 

今の東京ビッグサイトにおいても、こうした光景でずっと「コミケイベント」は続いているのだから(つまり同人誌出展側と一般参加の受け取り手側は)、人が減ったり萎(しぼ)んでいく様子が全く見られないわけだね。

 

皆さんのタフさとエネルギーは凄いわ。

  

ほほぅ、こういう通路と言うか、ホールのような場所で、人がへたり込める空間もあるのか。

c0137122_07384777.jpg
即売で飲み物とかも販売しているみたいね。(普段、どこかにある自販機程度じゃ足りないでしょうね。)
c0137122_07385087.jpg
ちょっとしたスナック販売の臨時露店も♪。(撮影されたときは、客の入場前だな。) ちなみに、この画像の中にも施設に「公衆トイレ」が設備されている掲示板が見えている。
c0137122_07404450.jpg
そうだ。トイレだ。そりゃあ、施設常設の、きれいでスッキリした公衆トイレはあることでしょう。何か所も。・・・でも、何十万人も集まるというコミケ当日には足りるハズがないよね。
c0137122_07404895.jpg
そこでコミケ当日にはどうなるかと言うと、大量の「仮設トイレ」が臨時に並ぶらしい。・・・下の画像の左奥に並んでいる青いロッカーみたいなものが「仮設トイレ」なんだろうね。でも、その前の人だかりをご欄になってください。これ、トイレ待ちの人々です。Uの字に折れ曲がりながら、蛇行して並んでいるのでしょうな。となると、小用も大用も含めてどれほどの時間待たされるのか?!。1時間待ちで済まないくらいじゃない?。・・・排泄予感を1時間前に予測出来るのか。催してから1時間も待てるのか?。
c0137122_07405182.jpg
下の画像はまだスッキリしている待機列。・・・それでも、これじゃあ、「したくなってから」行っていたのでは間に合わなさそう。
c0137122_07405414.jpg
あと、小用だけじゃなく大用にも使われるのだから、「ボックスがとんでもない匂いになる。」という噂も聞かされた。
イベント参加の心得として「現地の臨時トイレ利用に際しては、消臭剤を持参しておくこと」という指南書がサイトにあったりした。
 
そっかぁ。人間だもの。生理現象の件か。
暑い寒いの問題より切実になってくるね。
このトイレの件だけでも、(携帯トイレってあったかしら?)とてもじゃないけど、私は参加出来ないイベントだと痛感します。
 
そんなイベントが今まさに「8月11日(金)~13日(日)」取り行われているのか。
 
お疲れ様です。参加されている皆さま。

それと、これらは数年前の画像なので、今はまたシステムが違っていたりするかもだけれど、臨時の「宅配便」の申し込みも施設も現場には出来ていたそうな。
c0137122_07405804.jpg
イベントの戦利品(買った本など)、人や業者によっては、手持ちで帰るのが無理な数量を買う人もいるのだろう。

それを現場で宅配手続き出来るのなら有り難いことだろう。

宅配業者にも、いい臨時の集客所になる。

 

何にしても、「コミケの現場の様子」には大変な興味のある私だけれど。

一般参加の立場としても、参加するのは「かなり無理っぽい」と、少し調べてみたら思い知らされた(笑)。

 

それでも、現場は盛り上がっているのでしょうね、今まさに。


↓ コスプレ「小林さんちのメイドラゴン」の「カンナカムイ」ちゃん
c0137122_12371700.jpg
可愛いねぇ♪。コスプレ女性は♪。(男性ももちろん頑張っていて美形なのもユニークなのもいらっしゃいますが。)

 

驚くのは、あの夏の環境の中で、どうしてこれほど美しく涼しげでいられるのか。

「・・・冬のコミケの画像なのかな?」とも思って見たけれど、「C92」、今やってる夏のコミケのコスプレイヤーだそうです。

 

素晴らしいな。  

パワー、エネルギー、愛情、なにもかもが素晴らしい。

 

イベント参加の皆様、良い夏を!。

イベントを祝福する全国のファンたちにも幸せを♪。 

   

     


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-08-12 10:30 | ブログ | Comments(4)

夏のコミケ 2017

「夏のコミケ」。
c0137122_23285041.jpg
東京ビッグサイトにて2017年8月11日(金)~13日(日)に開催。
c0137122_23285730.jpg
ということらしい。
まさに本日から。この、とんでもなく暑い盛夏に大変なことです。
c0137122_23290659.jpg
※これらの画像はネットからお借りした、(近年の)過去記事の写真です。
私は現在、関西で夏バテ中で、この東のコミックイベントには憧れを持っていますが、ナマで見たことはもちろんありません。
 
イベントでショップを出す方も、入場者として当日参加する人たちも、北は北海道から、南は九州からも(沖縄も?)来ている人はいらっしゃるのでしょうが・・・、そのエネルギーはとんでもないことです。
 
メインイベント会場はこんな感じ、コミケイベント設営中の写真かな?。
c0137122_23291036.jpg
開場して人が集まり出すとこんな感じに↓。これは、まだ売り手関係者だけなのか、時間帯によるものなのか?。混雑はマシに見えていますが。
c0137122_23291513.jpg
そこへ一般入場者がめいっぱい押し寄せるとこんな感じに・・・。
c0137122_23291937.jpg
俯瞰(ふかん)目線からカメラを降ろしてくると、もう、よく分からない光景に。
c0137122_23292449.jpg
↓これは、どちらの光景になるのでしょうか。大会場に入る外側の待機列なんでしょうかね。
c0137122_23292855.jpg
(現場の知識が、さっぱり無い私には「人波すげぇ~(汗)。」というのが切実なばかりで、具体的な解説が出来ないのです。申し訳ない。)
 
そして、この手のイベントの花がコスプレイヤーたち。
 
これは、画像を拝見しているだけでも楽しいし嬉しい。
コスプレクォリティのレベルが、個人参加者や、なんらかの後ろ盾のあるセミプロ参加者まで、どんどん上がってますからね。
 
これが「初音ミク」だというのは私にも分かる♪。↓
c0137122_23322351.jpg
「ファイナルファンタジーVII」の「ティファ・ロックハート」だというのも分かる。↓
c0137122_23322687.jpg
鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)なんだなぁ、というのも分かる。↓
c0137122_23323076.jpg
↓ この辺になってくると分からない。私、近年ほど、見ていないアニメが多いもので・・・。(近年と言うか、深夜アニメ枠になってから取りこぼしが「見た作品」より圧倒的に増えてしまった。)
 
下のは「マクロスΔ(マクロスデルタ)」のキャラと言うことで。左が「美雲」。右が「フレイア」だとか。
c0137122_23323418.jpg
↓このキャラのいでたちは「冬の屋外」では出来ない、夏向けの装いだ。すごいな。
とか思って調べてみたら、名前は「レイコ・ホリンジャー」だそうである。
で、何のキャラと思ってチェックしてみても、
『レイコ・ホリンジャーは、ガンダムカードビルダーの登場人物にして隠しキャラである。』ということである。
・・・かえって訳が分からなくなった(笑)。
c0137122_23323767.jpg
つまり、アニメや物語のあるキャラだけではなくて、"カードキャラ"まで持ち出されるのね。
しかも、上の画像は、オリジナル・コスチュームをわざわざ「エロチック」にアレンジしてしまっている。

仕掛ける方のエネルギーや知恵も凄いわ。  

そのコスプレが撮影されている感じと、コミックが売られている人波の感じが違うので、いわゆる「コスプレエリア」ってのがどんな風に配置されているのか調べてみようと思ったが、ネット上でも、なんだかよく分からない。

下の画像なら、分かりやすい。コスプレエリアって書いてある。
c0137122_23532643.jpg
「東京ビッグサイト」の代名詞になる建物の前だからね。(コミケ会場は、この逆三角形の建物の中ではないですよ。近くに建っている別の建物がコミケ会場になりますからね。・・・東展示棟とか何番ホールとか、私にもよくわかっていない。)
c0137122_23532938.jpg
別の「コスプレエリア」。
c0137122_23533292.jpg
これも別の「コスプレエリア」。近在につながっている場所にあるのだろうが、現場を直に知らない者には、それぞれが、どういう位置関係なのかよく分からない。
c0137122_23533656.jpg
さらに別の「コスプレエリア」。なんか下の写真の右上の方に「水辺っぽい」感じの場所が見えるような気がするのだけど。
c0137122_23533976.jpg
直接、現場に出向いたことのない人々には謎ですわ。
  
それでも、ここにイベント期間中は、人が溢れるのだろうからたいしたものですね。
 
当日は、炎天下で、体調を崩す人をフォローするシステムも頑張っているのだろうなぁ。(そういうシステムもちゃんと用意されているハズ。・・・だと思う。)
くれぐれも皆さま、元気に「祭り」を楽しんでくださいませ。
 
現場に行けなくても、参加者の報告や画像、動画を拝見する者は、受け取り手としてもそういうのを楽しみにしていますから♪。
(こんな当日に雨なんか降ったり、それこそ、台風なんかと重なった場合は、どうなるのでしょうか?。)
 
この「お祭りイベント」が、来たる2020年の東京オリンピックの際には、「
東京ビッグサイト」がコミケ開催地としては使えないとかなんとか?。
 
この問題も、どうなるのでしょうか?。 
   
 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-08-11 01:05 | ブログ | Comments(0)

コスプレ画像集♪

未だに果たせていない、ささやかな野望が私にはある。
 
"メイド喫茶"に行くこと(笑)。
(なんとなく、もうブームとかは終わっている?ンなことはない?。)
 
それとタップリと"レベルの高いコスプレ"を見ること(笑)。
 
ふたつ目の方は、私が単に出不精なだけで、別に秋葉原方面に行かなくても、どうやら私の地元神戸でもそのような催しはあるようだ。
出かける気になるのと、スケジュールが分かっていればなんとかなるのかもしれないけれど・・・。
  
で、前からちょこちょここういう画像集などをウエブでも見かける。 
  

【二次元】ハッとする外国人コスプレ画像集【比較】


 
うんむ(笑)。ネタもけっこう♪
 
アニメ、コミックなんかもそうだけど、とりわけゲーム・アートというか、FF系なんかはあのヴィジュアルは東洋よりも西洋系の頭身や手足の長さに振り切れている感じだから、西欧のマニアさんに、日本人レイヤーがお株を取られ気味なのもわかんなくもない。
 
私は日本人や東洋系のヴィジュアルのいいのにグッとくるんですけどね。
 
まぁ、日本人系、東洋系のは今回も軽くしかサーチしていないので、「これぞ」というのを取りこぼしている可能性大なんだけど・・・。

きっと、日本人レイヤーさんの「コスプレ画像集」でも、いいものがあるんでしょうね。
 
ただし、あんまり"エロ"にストレートに振ってしまうと台無しになるから、リアルはね。
(なんか日本人レイヤーさんの特集の動画も貼ろうとして探してみたけど、"日本人だけっ"てのは、たまたま私が見たのは、あまり上品ではないエロ系が目立ったので今回は貼るの諦めた(笑)。)
  
もひとつ紹介。
(一部、必要なものとしてエロスがあるけれど、「綺麗」でまとまっているよね。このサイトにあった画像に関しては。・・・中身が男子か女子かわかんないけどFF系のイケメンネタは、これは敵わないよなぁ・・・。あと、今回紹介のものではない"ロシア系レイヤー特集"にロケーションが凄かったものがあったりする。~大自然を舞台にしてた(汗)。取材に行きたいような場所・・・。)
 

色々とクオリティが高すぎて困っちゃうコスプレ画像集


 
まぁ、なにわともあれ、発祥の本家はこちらなんです。
 
それには"こだわり"はちゃんとあるけれど、だれが、それをどう表現したいかは、作品に対する敬意や愛着があるのなら、なにをしてくれたっていいんです。

同時にグローバルでもあるのですから。
 
大昔から言われていることなんだけど、ピンポイントに国籍性を語るのでなければ、日本のコミックやアニメは、外国のどこの文化圏にも置き換えて通用するし、逆に、外国目線で言うと、西洋らしきものを舞台にしているアニメを向こうの人に見せると、
「これはうちの国ではない。あっちの方の話でしょ?。」
そう言われた国に持っていくと、
「うちではないね。これは、あそこだね。」
と西洋文化圏でも、違う国をそれぞれの視聴者が"舞台"として思い描くようだ。
 
なんか無国籍なんだけど、物語には入っていける。
 
"お話し"とは、もともとそういうものであり、それでいいのです。
 
完璧に設定「日本」という作品も少なからずこれは多いです。
それはそれとして海外の方からは「外国のお話し」として受け容れてもらえればいいわけで、これも、もともと"お話し"というのは、それでいいのです。

大切なのは、好まれ、受け容れられ、愛されている事実が大きいこと。
 
時にはリスペクトだってされちゃう。
 
(いつの時代も、そこには必ず逆風もありはしますが。)
 
おおむね、楽しめるものをクリエイトしていることには胸を張っていていいと思うよ。
       
  
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-03-21 14:58 | Comments(4)