「涼宮ハルヒの憂鬱」NHKプレミアム

NHKプレミアムで、「涼宮ハルヒの憂鬱」が全28話(京都アニメーション)を、今、放送中らしいね。
 
つまりは再放送なんだけれど。
 
民放で初回放送時に物議を醸した「エンドレスエイト」も全部見られるわけだ。
 
で、奇妙な話で、本放送時(2009年)にマイナスイメージ感想の多かった本作も、「あらためて今見ると、けっこう面白い。」などという感想がウェブ上で散見される。
「エンドレスエイト」がああいう内容だと知った上での再視聴だと、以前とは違う目線で楽しめるものなのかもしれない。
 
それにBSアンテナをちゃんと立てて放送受信できる人には、昔の放送時よりも「良い環境と装置で録画保存」出来るチャンスでもある。
    
それにしても、「エンドレスエイト」と言う同名タイトルの8回。      
c0137122_08025559.jpg
タイトル・ロゴの画面の中の置き方(レイアウト)が。
c0137122_08025821.jpg
全部、違っているのが"芸こま"ではある。
c0137122_08030103.jpg
ハルヒの視聴者には読めるタイトルだけど。
c0137122_08030449.jpg
普段、この手の作品を見ない人が、初見でこのアニメを見せられたら、
c0137122_08030650.jpg
読み方の分からないレイアウトがある。↑
c0137122_08030916.jpg
これは ↑ まだ読めますね(笑)。
でも、基本どれもこれも「レイアウト」がユニークすぎる。
c0137122_08031126.jpg
たしか、これが ↓ このエピソードの8回目、解決回のタイトルシーンだったハズ。
c0137122_08031650.jpg
こんな風に ↑ 当時「8週、8話分」も繰り返されるとは思わなかった。
 
放送当時は、批判的な視聴者感想が多かった。
それでも、有名作品、人気作品の強みは「再評価」されるかもしれない機会があったりすることかな。
 
この辺は、無名な人々と、歴史に名を残す人との関係に似ている?。
「忘れ去られるどころか、記憶もされない作品」と「なんだかんだ言っても記憶される作品」との差は大きい。  
 
まぁ、憎いのは、毎回のエピソードに「(プールでの)水着」イベントと、「(夜店での)浴衣」イベントが繰り返しあることだ。
c0137122_08043426.jpg
さりげないサービスショットこそがエンタメだ。
c0137122_08043654.jpg
その回担当の作画監督やデザイナーの工夫の為所(しどころ)だろう。
c0137122_08043999.jpg
毎回、キャラクター陣の水着がハルヒ中心に変わっていた・・・、と思う。
c0137122_08044175.jpg
あくまでも個人的な感想だが、「遊んでいるだけ」みたいなデザインの水着回と、のちにフィギュア化されたデザインの水着回とがあります(笑)。
c0137122_08044335.jpg
つまり、同じことを繰り返しながら同じではないのか。(でも、ここでは水着のデザインで、劇中の誰かが誰かに惚れ直すとか、別枠のイベント分岐もないようで。)
c0137122_08044614.jpg
「エンドレスエイト8話目」にして、挑戦的な心象風景の描写に至る。
c0137122_08050756.jpg
ただ、「夏休みの終盤直前まで来て(8月31日)」なんとなく、振り出し(8月17日)に戻っていたそれまでと違い、
c0137122_08050952.jpg
キョンは、ここでたたみかけた。他のメンバーを巻き込んだ。
(夏休みの宿題完了済みの)ハルヒは置いておいて、SOS団メンバーを自宅に誘い「夏休みの宿題を一緒に片づけよう!」と号令をかけるキョン。みんな宿題未解決だったんだね。
c0137122_03255713.jpg
そんなキョンくん
に食いつくハルヒ。(メンツ外しされかけた感じがカチンと来たもよう。)
c0137122_08051174.jpg
「夏休みを終わらせるイベント(宿題仕上げの集会)」をキョンが持ち出し、ハルヒまでが食いついた瞬間に、「終わらなかった夏休み」が次のイベントに進んだのである
c0137122_08051447.jpg
さりげに、こういうハルヒの反応を可愛いと思える視聴者も多かろう。

ところで、エピソード「エンドレスエイト」において、いちばん過酷な役どころだったのは、経験している記憶の初期化がされない、特殊な立ち位置に居る、長門有希(ながとゆき)ちゃんだった。

「15532回目」に「エンドレスエイト」からの脱出が成るまで、そのすべての繰り返しエピソードを体験、記憶し続けていたのである。

c0137122_08051765.jpg
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース(TFEI)=有機アンドロイド。
c0137122_08051915.jpg
疲れ切っている表情が、一見"無表情っぽい"顔の向こうに見えているシーン↑

それが救われたのが、キョンの抗いが成功して「ループ」が断ち切られ、時間軸が先に進んだ下のシーンである。
・・・「有希」の顔に、なにかしら穏やかなものが漂っている。
c0137122_08052277.jpg
キョンくんの家にメンバー集合しての「夏休み宿題仕上げ会」のひとコマ。
c0137122_03255951.jpg
長門有希とハルヒは、し残し宿題はなくてクリアーしているみたいね(遊んでいるし)。奥の3人だけが「夏休みの宿題」と格闘中だ。

未だに、独特な立ち位置の作品だね。「涼宮ハルヒの憂鬱」って。
(「エンドレスエイト」のエピソード構成は、その中でも、シリーズ人気にまで当時、影響するほどのアプローチだったわけだが。醒めさせたという意味で・・・。)
 
その一方で、『笹の葉ラプソディ』
↓ (2期、第8話)
c0137122_05212692.jpg
『涼宮ハルヒの溜息』
 (2期、第20話~第24話まで5本)
c0137122_05215690.jpg
は、普通に楽しめたけれどね。
  
ちなみに、私は残念ながら「標準画質」でしかこれらの作品を録っていない。(つまり、過去の放送分しか、ということ。)
現状(アレコレあって)、BSアンテナを立てていない環境下にいるのである。   


だから、今回の、4月から始まっているという「涼宮ハルヒの憂鬱」NHKプレミアム放送の件は、「ああ、そうなんだ。」と指を加えているだけである(笑)。
 
なんだかんだ言われている本シリーズだが、第一期の「全14話」放送も、第二期の「全28話」放送も、アニメ好きなら見ていればこその(好評、不評の)作品には間違いない。
 
アニメの製作会社が変わったが、
『長門有希ちゃんの消失』(製作、サテライト)も秀作だ。↓
c0137122_05221115.jpg
(個人的には『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』↓ 製作 京都アニメーションは、かなり微妙な出来栄えに感じた。)
c0137122_05224294.jpg
デフォルメ絵柄タイプとしても、ちょっと、アニメ処理的に「もっと可愛らしく」して欲しかったような・・・。京アニさん、そういうのも本来は上手かろうに・・・。
 
なんにせよ、エンタメ界で、これだけ人気を維持しているシリーズも大したものである。      

      
個人的には2002年~2003年頃に放映された、「おねがい☆ティーチャー」、「おねがい☆ツインズ」、「R.O.D -THE TV-」辺りが、深夜枠アニメを意識させた(そしてヒットもさせた)初期の頃の作品のように思っているが、もっと歴史は(他作品によって)遡るのかもしれない。
 
で、2005年~2006年頃に京都アニメーションの一連の作品群が来てメガヒットさせた感じに認識している。(その中に「涼宮ハルヒの憂鬱」が入っているわけだ。)
     

今後の日本アニメ界のこういうスタイルは、このまましばらく定着し続けるのかしら。
 
私があまり見ないような全年齢対象作品っぽいものは今でも、深夜枠以外の午前中や夕方、あるいはゴールデンタイム(?)に放送時間を持っているものもあるが。 
この両輪の方向で元気であり続けてくれるのかしらね?。
 
よく、こぼれてくるのは、製作現場の主に経済的、環境的な「きつさ」の嘆きごとが多いのだが。
これ、モノクロ「鉄腕アトム」アニメが、最初にテレビ界に登場した当初から言われ続けていることだから。
いやはや、なんとも、というところだ。
 
これを優雅に余裕をもってやっていたのでは進まない業界なのかしらね。
 
ヒットしても金銭的なものが製作現場に(皆が思っているほど)還元されないとか。
それとも、ちゃんと潤うべくして潤っているのかしら?。  
  
成功(ヒット)できなかったところがしぼんでいくのは、そこは全ての業界で同じなんだけれど(泣)。 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-07-23 07:56 | アニメ | Comments(4)

この季節に、東京で「雹(ひょう)」とは!。

 
7/18(火曜日)に起こった気象記事に関して、今頃、遅れて言及するのも申し訳ないが。
 
「2017年7月18日 東京北部でゲリラ豪雨・・ 真夏にもかかわらず巨大な雹
(ひょう)が人々が住む大都会を襲った。」と言うことだ。
 
ウェブで拾った画像を並べておきます。(撮影投稿者の皆さま、拝借恐れ入ります。)
 
いずれも本来は動画でスゴイ迫力なんだけれど。(音もスゴイ)
c0137122_00280629.jpg
このエキサイトブログに動画を貼るのが私は不得手で。
c0137122_00281118.jpg
でも静止画でも伝わる恐怖。
c0137122_00281454.jpg
自動車などの対象物があるとよくわかる。
c0137122_00281773.jpg
自宅の庭に降った「雹(ひょう)」を手にしている画像。
c0137122_00282024.jpg
・・・これは、人がまともに食らったら、とんでもないでしょう。 
 
何十人も何百人も、外出中に「突然の雹(雹)でケガをしました。」と、記事になりそうなほどなのに、意外なほど、人的被害者の報告はないようだ。
 
ただ、「窓ガラスが割れた」とか「車のボンネットや屋根がボコボコに」と、というような被害報告はあるみたい。
 
そりゃあ、こんな「大きな氷の塊が」、ビルの2~3階から程度ではない、気象的高度から降ってきたら、大けがしますよ。
 
よく、みなさん避難できていたことだなぁ。
 
関西では想像もつかないし、関東の人にも「(過去に)なかった体験」だったでしょう。
 
台風被害や豪雨被害、地震の恐怖を日々のニュースで聞かされる日本に住んでいる者として、気象・自然って怖いわ。
 
関西人は大震災の経験があるし。
地震はどんな小さな揺れも、いまだに怖い。
 
夏の暑さや、冬の寒さに嘆いている上に、こういうのは、本当に困りますよね。            


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-07-21 00:32 | ブログ | Comments(0)