「スターデストロイヤー」の魅力♪

「スターデストロイヤー」の魅力♪は、何と言ってもあの威容と巨大さ。
  
それは映画「スターウォーズ」を我々に印象付けた、その最たるものだったのではないだろうか。 
c0137122_22381993.jpg
映画館の大スクリーンでこのシーンを見たときは驚愕だった。 

第1作目(エピソード4)のオープニングシーンがあればこそ、ルークやハン・ソロの活躍も、ミレニアムファルコンやタイファイターとのドッグファイト、Xウィング、等々すべてが輝いたような気がする。 

そして、映画公開当時の模型界のチカラでは無理があっても、近年の業界は凄い。その「スターデストロイヤー」の魅力を、かなり映画の中の雄姿に近づけたものがリリースされている。

メーカー「ズベズダ」製。アメリカではない。ロシアのメーカーである。
c0137122_22382595.jpg
ここから下の完成画像は、このキットをストレート組みしたものではなく、改造が加えられている。
c0137122_21524113.jpg
しかし、元のキットの「素地の良さ」と言うものがあればこそ、こういう改造は映えるのだ。
c0137122_21524733.jpg
これらの画像は「某オークションサイト」でモデラーの出品したものをお借りした。
c0137122_21525172.jpg
元キット「ズベズダ製」との改造点はこの画像群の下の方の画像に比較紹介されている。
c0137122_21525593.jpg
「スターデストロイヤー」で、ある程度のキットの大きさがあれば、やりたくなってしまうのが、映画イメージ通りの「電飾」だね♪。
c0137122_21525957.jpg
この完成作品でも、見事にそれは仕上げられていた。
c0137122_21530339.jpg
レイア姫たちの船が捉えられるドッグベイ。
c0137122_21530611.jpg
そして、元キットと出品作品との改造比較に言及された画像たち。
c0137122_21531003.jpg
元キットでも十分なんだけれど、「改造後」の方は、まさしく"映画のフロップ"していますなぁ。
c0137122_21531408.jpg
こういうのは凝りだすとキリがなくなるから(笑)。
c0137122_21562571.jpg
そして、そう、これ。素晴らしいね。この「電飾」の効果。
c0137122_21562968.jpg
キットには電飾装置はついてないハズだから、これはユーザーが別途に工作追加しないといけないところ。
c0137122_21563279.jpg
そして、その「電飾化センス」は組み立てる人の力量そのもの。
c0137122_21563619.jpg
左のズベズダ製は、ざっと60cmくらいの大きさだとか。
c0137122_21564063.jpg
こういうメーカー違いのキットは、完成品を並べて展示しても面白いのでは?。(小さいほうを奥に並べると、映画の中の遠近法が展示空間に出来てしまう。)

「スターデストロイヤー」に関しては、ガレージキット業界の方では超絶腕前モデラーの「作品」は以前から存在していた。
でも、ガレージキットは複製数も稀少だから価格はとんでもない値段になる。(そういうものを一部のマニアは買って喜んではいたが。)
具体的にいくらかかるのか明言できないが、10万円より下ってことはなかったような気がする。
キットなのに10万円~20万円は当たり前だったような・・・。
 
そんな特例を別にして、マスプロ生産される今般のようなキットだと一般ファンにも手が届く価格設定にはなってくる。
 
あとは、今回の紹介のような「改造」、「電飾」などを施せるほどのモデラーレベルになると、もう、映画撮影用の元モデルに負けていないくらいの感じに仕上がってくるわけだ。
 
ウットリするレベルだ。
(もっと緻密なモデリング、だとか、電飾も色違いを取り混ぜて、さらに美しく、なんて風に望みだすとキリがないんだけれど。)
 
今回、お借りした画像は「某オークションサイト」のものだ。

c0137122_21564419.jpg
今、不景気なんだが、落札価格は ↑ のような結果になっていた。
 
こういうのは、その時の入札競合者の懐具合と意地とで変わってくるから、こうした値段が妥当なのか、高すぎるのか、まだお安いと言えるのか、私はわからない。
 
お値段のことはともかく、こんな「コレクターアイテム」を自分の所有物に出来る人は、やはりマニア間では羨望の眼差しで見られますよね。
 
経済的なストレスを生み続けるのに、同時に「癒しの空間」を生み出すのが"コレクター道"な気がする。
     

 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-09-08 18:23 | ブログ | Comments(4)

アニメ「けものフレンズ」の再放送♪

TVアニメ「けものフレンズ」の再放送がありましたね!
c0137122_00315582.jpg
「前回の深夜での放送から一変して、朝7時30分からの放送」ってことで。

 

テレビ東京系列にて
2017年8月14日(月)から月~金曜日 朝7:30~

 

つまり。8/29(火)の朝放送分で最終回でした。

 

なんだか、「企画的再放送」が理解できる構成でしたね。

本編の始まる前に「けものフレンズ おえかき動物図鑑」なんてのがあって・・・。 

c0137122_00320086.jpg
撮り下ろしたショートムービーがはじまる。
c0137122_00320424.jpg
そして、そのショートムービーは雰囲気を盛り上げて、そのまま「アニメ本編」に入るわけです。
c0137122_00320789.jpg

アニメ本編は全12話をしっかり贈り届けてくれました。  

c0137122_00321016.jpg
まことに珍しい「再放送のケース」でしたね。
c0137122_00321395.jpg
世間的な(子供たち的な)夏休み中の、平日に早朝に毎日放送するという、とても変則的な「再放送」でした。 

関西でも放送されていましたよ。

これは前に見ても、また見て、録画もするでしょう。

私なんか前に録りそこなっていたからね。

大歓迎でしたよ。

 

ただ、・・・う~む。

そうかあ、最終話がL字放送になっちゃったかぁ。

(放送局や地方によるらしいけれど。)


※L字(L字型画面)とは、選挙や大事故・大災害などの緊急時にテレビ画面の端に現れる字幕情報のことである。

 

つまり、まさにこの8/29の早朝に、某国によるとんでもない事件のせいで、日本でも「緊急ニュース」ってことで、「けもフレ本編」の放送中に「L字放送」に画面がなっちゃいましたからねぇ。

全話フル画面で見て、録画保存したかった人には、なんとも残念なことに。

あ、でも、こちら関西での放送では何事もなく普通にフル画面で放送されていました。

 

とは言え、今回の再放送が早朝を選んだ弊害がひとつ。

画面に、早朝放送ならではの「時刻表示」が(なぜか最終話の終盤のみ)ずっ~と画面に張り付いていたからね(笑)。

初回放送、オリジナル放送、ましてやBDやDVDソフトにはあり得ない早朝TVならではの画面仕様だったから。

これが(関西では)最終話のみにあったのが不思議だった。(ほかの話数には時刻表示はなかったから。)

 

なんにせよ、あくまでもTV放送だからね。(最終話だけだろうと、時刻表示がジャマなら「BDソフト買ってね♪」ってことですから。)

c0137122_00321772.jpg
世の中、色々なことがあります。

  

それでも、なんだかんだと言っても、これで「あらためて全話の補完」が出来たわけです♪。
この再放送は、まだちゃんと見ていなかった人たちにも良い広報になったことでしょう。

 

c0137122_00321968.jpg

 

8月は過ぎようとしていますが、関西はまだまだ夏のまま。

(関東以北は、なんかこの夏、西日本より涼しい日が多かったようですね。)

 

9月になっても、しばらくはまだ暑いのでしょうが、早く、穏やかな気候になって欲しいものです。

 

それにしても、「けものフレンズ」の新作は、どんな展開になるのでしょうか?。

楽しみですね。 

       


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-08-30 01:30 | アニメ | Comments(2)