ポテトチップスの災難(汗) orz


近所のコンビニでも、マーケットでも、少し前から「ポテトチップス」の一部が店頭に並んでないのは気が付いていた。
 
でも、これって、メーカー側で「販売休止」にしていたなんてニュースは知らなかった。
(テレビをあまり見ないし、ネットに繋げていても、記事ネタはスルーが多いから・・・。)
 
特に今、さっぱり見かけなくなったのは、170g、135gとかの大パック。
c0137122_14280175.jpg
メーカーからの販売終了、休止のお知らせで、買い漁りとかあったらしくて、たちまち無くなってしまった模様・・・。
 
これは、大ファンの私にはこたえる・・・(汗)。
 
ざっと以下の品物が「休止」状態とか。(4月に「休止、終了」の広報があったとのこと。)
 
ポテトチップスBIGBAG うすしお味 170g
ポテトチップスBIGBAG コンソメパンチ 170g
ポテトチップスBIGBAG コンソメWパンチ 150g
ポテトチップスLサイズBAG うすしお味 135g
ポテトチップスLサイズBAG コンソメパンチ 135g
ピザポテトBIG 145g
ピザポテト 63g
ピザポテト 77g
ピザポテト 25g
ピザポテト こっくり明太マヨPizza味 60g
堅あげポテトBIG うすしお味 150g
堅あげポテトBIG ブラックペッパー 150g
堅あげポテトブラックペッパー 65g
堅あげポテトプッチ4 ブラックペッパー 60g
ポテトチップス しあわせバタ~ 60g
 
これは「湖池屋」とか、他のメーカーも同じような状況だそうだ。
 
なんでも、昨年の北海道産じゃがいもの収穫被害が原因らしい。
(そういうことってあったのか・・・、くらいの一般民の認識。冷夏とか台風被害ってことだろうか。)
 
で、「ポテチ」作る原材料がなければ、(外国産に頼ったり)品質落としてまで商品を作るより、「作らない方がいい。」というメーカー判断なようだ。
まぁ、いきなり味が変わっても、ユーザーの文句やら、不良在庫かかえるリスクよりマシってことなのかしら。
 
まだ、小サイズというか、標準パッケージのものは手に入るが、大サイズパッケージを食べるのが当たり前になっていた消費者(ポテチ・ファン)にはきつい。
 
なくなると、その存在感や価値を痛感させられるものって、世の中にはおおいのだろうねぇ。
 
 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-05-07 14:51 | ブログ | Comments(6)

サンダーバード2号発射台 デアゴスティーニ♪


「サンダーバード2号発射台 デアゴスティーニ」の広報♪
 
これは見ていて楽しかった(笑)。
この企画モデルは「サンダーバード・ファン」の憧れだろう。
 
サンダーバード2号発射台
c0137122_10163460.jpg
価格:本体24,800円+税 てことだから、お安くはない。2017年5月31日()までの申し込み締め切りもある。受け取りは9月以降になるらしい。
 
私は「デアゴスティーニ」のシリーズ刊行「サンダーバード2号」は残念ながら購読していないのだけど・・・。
それでも、この『発射台』のリリース、タイアップが初回刊行当時から一緒に企画広報されていれば、購読開始していたかも知れない。
 
それだけ、サンダーバード・ファンには、魅力的なアイテムだ。
・・・とはいえ、お値段や、受け取りまで待たされることを考えると微妙な天秤加減は付きまとう。
 
以下、画像でのみ一連の動作(ギミック)を紹介。
 
発射台そのものの見た目はシンプルな外観。・・・まずヤシの木が両脇に倒れる。
c0137122_10160184.jpg
これですよ、これ。発射台のゆっくりとした上昇角度♪。
c0137122_10161371.jpg
電動の動作である。(あのテレビのテーマ曲が流れるスイッチもある。)
c0137122_10162588.jpg
ヤシの木の戻しは人の手で(笑)。
c0137122_10162917.jpg
このラストのヤシの木もどしのギミックだけは、かつての今井化学のプラモデル「科学基地」の方が、ミニチュアだけれど、ヤシの木まで電動ギミックのラストに元に戻っていたな。(モデルの大きさが違うので致し方ないのだろう。)
 
この「発射台ディスプレイモデル」も"キット仕様"になっていて、買ったユーザーが組み立てるモデルなのだそうだ。
 
動画リンクはこちら↓

サンダーバード2号発射台 デアゴスティーニ

ともあれ、
「デアゴスティーニ、サンダーバード2号」をシリーズ購読していないことを、この「発射台」リリース記事を今になって広報されたことで、ちょっぴり悔しく思っている私です(笑)。
 
これ、凝る人や、モデラー技量の高等な人は、ヤシの木をもっとリアルな造形にしたり、スイッチのある手前はオープンなままで、発射台の前後や向こう側の景観を、「秘密基地の砂地や雑草、灌木のあるイメージ」に造形を補完して、ステージアップするのかもしれないね。 
  


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン # by PINKNUT_INC | 2017-04-23 10:50 | ブログ | Comments(4)