<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

日本の「怪獣」文化が、私はとても好きだ。

日本の「怪獣」文化が、私はとても好きだ。ゴジラやウルトラマンに代表される、あの感じ。

中島春雄(なかじま はるお)さん。
c0137122_18243576.jpg
ゴジラの第一作目からスーツアクターとして演じておられた。
 
そして、平成ゴジラシリーズからは、薩摩剣八郎(さつま けんぱちろう)さんが二代目を引き継いだ。
c0137122_18244958.jpg
スーツアクターの大変さ加減は、私などは"経験してみたいな"などとはチラリとも思わない。
とんでもなく大変なことを聞き及び過ぎているからだ。 

ちなみに、昔は「着ぐるみ怪獣」と言っていたような気がする。 


でも「着ぐるみ怪獣」という言い方は、今はしないらしい。

(私は幼少の頃、少年誌の特集記事とかで、そんな風に呼称しているのを記憶しているのだが・・・。あまり自信はない。)

 

今時、ネットで検索すると、「着ぐるみ怪獣」では、こんなのばかりが引っかかる(笑)。

c0137122_18245715.jpg
子供用のパジャマですね(笑)
 

まぁ、「怪獣スーツ」(モンスタースーツ、特撮用スーツ)というか、そうしたものを装着して演技する人を(すでに先ほどから呼称しているが)「スーツアクター」と言う。

これも規定があるわけではないので、他の呼び方があるのかもしれないけれど。


薩摩剣八郎さんのサイン入り写真。
c0137122_18245360.jpg
渋いお顔である。(時代劇とかお出になっていたようだ。)
この方、スーツアクター歴は以外なほど古くて、『ゴジラ対ヘドラ』にヘドラ役で出演している。(まぁ、そこから平成ゴジラまでは期間が空くけれど。)
 
怪獣スーツの制作工房の様子も、ネットで見つけた。
 
なるほど、こんなふうに作っていたのかという感じ。
アントラーの頭部の薄さ、繊細な造りに驚く。造形作家は、高山良策(たかやま りょうさく)さん。 
c0137122_18274976.jpg
当時のウルトラシリーズの製作クレジットで、成田 亨(なりた とおる)さんと共によくお名前を拝見した気がする。
 
成田 亨さんと、高山良策さんとはお知り合いのようで、「成田 亨さんが高山良策さんを(この業界に)紹介した」という流れらしい。
つまりは、まぁ、「特撮怪獣」と言うのは、芸術の造形方面からの流れの上に存在しているようなのである。
c0137122_18275339.jpg
こんなニッチで特殊な世界の特集記事を載せるだなんて・・・。
c0137122_18275890.jpg
当時のどんな雑誌だったのだろうかと思ってしまう。
c0137122_18280130.jpg
こんな造形の実物に触れられるなんて、しあわせな子供たちだなぁ。
c0137122_18280535.jpg
で、その特集記事を載せていたのが、↓ の「アサヒグラフ」さんであった。
c0137122_18280939.jpg
とっても意外な気がする。(表紙がファッション雑誌しているのに・・・。)
 
でも、当時、特撮界の記事というのは、その時点での最先端な世界だったということなのだろう。
世界情勢の記事とか、政治や芸能界の記事なんかとも並べて語られていた時代でもあった。(のかな?)。

さて、

スーツアクターの代表者のひとりとしたら、お名前が出てくるのが、初代ウルトラマン役だった、古谷 敏(ふるや びん)さん。(お名前は「さとし」さんともお読みするらしい。)
c0137122_18284507.jpg
下の画像は「ウルトラセブン」のもの。「ウルトラ警備隊6人」と、スーツ姿の円谷英二(つぶらや えいじ)さん。そして、セブンとゴドラ星人が並んでいる。その隊員の中でセブンのすぐ後ろに立っているのが、アマギ隊員こと古谷 敏さんである。
c0137122_18284959.jpg
「ウルトラセブン」の前作「ウルトラマン」のスーツアクターから、晴れて顔出し俳優出演であった。
c0137122_18285348.jpg
古谷 敏さんは現在74歳。「ウルトラマン」をやっていた男として、あらためてご活躍中である。
c0137122_18285678.jpg
怪獣シリーズの変遷や浮き沈みもそうだが、人にもスタッフにも色々なドラマはあるのだろう。
 
この日本の特撮分野の「スーツアクター」というお仕事も、やや変質してきている。
 
技術の進歩、ものづくりの変化で、今やハリウッドに代表されるように「CG」の活躍がすさまじい。
ハリウッドでも、プレデターはかつてはスーツアクターが演じていた。(ま、プレデターは今やるとしても、それが似合っているが。)
でも、エイリアンはCGの方がらしくなるし、ハリウッド制作のゴジラとかは、巨大生物なればこそ、町のミニチュアを作って人間を立たせるより、リアルサイズの町とCG合成した巨獣の方が、空気感や迫力が凄い。
 
日本の「怪獣スーツ」の出番が、もうなくなってきてしまっているのだ。
 
どちらかと言うと、そういうのは等身大の「戦隊もの」、「変身ヒーロー」みたいなものが引き継いだ形になってきている。
 
それでも、
 
日本に「ゴジラ」が誕生して、たくさんのシリーズ作品があり、テレビでも怪獣ブーム、ウルトラシリーズがあったのは、この先もなんらかの形で光の当たる世界だとは思う。
 
一時代を築いた文化と言うのは、人の成した仕事と共に、生き続けていくのだ。

 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-09-27 22:18 | ブログ | Comments(2)

台風18号

「台風18号」が、日本列島を縦断。
 
下の写真はまだ南海上にあった頃の「18号」だとか。
c0137122_23233716.jpg
それが、こういう感じに「日本列島」を苛め抜く進路となった。
c0137122_23234482.jpg
都市も農村部も共に「たまったものではない」。
 

ここまで見事(と書いては語弊がありますね。どうも失礼・・・)な日本を甞め詰くすような進路の台風も珍しい。

私の住んでいる関西、神戸もほぼ直撃を受けた感じで、さっき午後9時~10頃に、「まさに今台風が通過中」というのを自宅室内に居ても味わった。

 

凄い風。

凄い雨量。

サッシ越しにでも「台風としての勢い」というか「怖さ」が伝わる激しさだった。

 

ものの、30分ほどで暴風も強い雨も収まった感じで、過ぎていくと、唐突なくらいに外気の様子が静かになった。

(接近前の雨量の方が、秋雨前線とのタッグで長時間多めで、台風通過の後、にわかに静かになったくらい。)

 

下の衛星写真は、昨年の「台風18号」のものだ。

c0137122_23235117.jpg
今回の「18号」も、こんな感じだったかもしれない。
c0137122_23235596.jpg
すごい光景だね。「台風の目」って・・・。
c0137122_23235923.jpg
観察するだけの立場ならともかく、被害には会いたくない自然現象だ。
 

今日はもとより、日曜の日中は「良い天気」くらいの感じでよく晴れていた。

気温的に涼しくはあったけれど。

それが夕方からにわかに天候が荒れだした。そして、台風の到来と通過だ。

 

「暑気」にもまいった夏場だったが、こうした「季節の変化」にも戸惑う。

暑かったりうすら寒かったり、

寝具ひとつ、何が体に優しくていいのか悩むからだ。

 

夏場には出なかったクシャミが出たりもする。

 

皆様もお身体を大事に。

そして、このたびの台風被害のなかったことを祈ります。

 

   

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-09-17 23:29 | ブログ | Comments(0)

「スターデストロイヤー」の魅力♪

「スターデストロイヤー」の魅力♪は、何と言ってもあの威容と巨大さ。
  
それは映画「スターウォーズ」を我々に印象付けた、その最たるものだったのではないだろうか。 
c0137122_22381993.jpg
映画館の大スクリーンでこのシーンを見たときは驚愕だった。 

第1作目(エピソード4)のオープニングシーンがあればこそ、ルークやハン・ソロの活躍も、ミレニアムファルコンやタイファイターとのドッグファイト、Xウィング、等々すべてが輝いたような気がする。 

そして、映画公開当時の模型界のチカラでは無理があっても、近年の業界は凄い。その「スターデストロイヤー」の魅力を、かなり映画の中の雄姿に近づけたものがリリースされている。

メーカー「ズベズダ」製。アメリカではない。ロシアのメーカーである。
c0137122_22382595.jpg
ここから下の完成画像は、このキットをストレート組みしたものではなく、改造が加えられている。
c0137122_21524113.jpg
しかし、元のキットの「素地の良さ」と言うものがあればこそ、こういう改造は映えるのだ。
c0137122_21524733.jpg
これらの画像は「某オークションサイト」でモデラーの出品したものをお借りした。
c0137122_21525172.jpg
元キット「ズベズダ製」との改造点はこの画像群の下の方の画像に比較紹介されている。
c0137122_21525593.jpg
「スターデストロイヤー」で、ある程度のキットの大きさがあれば、やりたくなってしまうのが、映画イメージ通りの「電飾」だね♪。
c0137122_21525957.jpg
この完成作品でも、見事にそれは仕上げられていた。
c0137122_21530339.jpg
レイア姫たちの船が捉えられるドッグベイ。
c0137122_21530611.jpg
そして、元キットと出品作品との改造比較に言及された画像たち。
c0137122_21531003.jpg
元キットでも十分なんだけれど、「改造後」の方は、まさしく"映画のフロップ"していますなぁ。
c0137122_21531408.jpg
こういうのは凝りだすとキリがなくなるから(笑)。
c0137122_21562571.jpg
そして、そう、これ。素晴らしいね。この「電飾」の効果。
c0137122_21562968.jpg
キットには電飾装置はついてないハズだから、これはユーザーが別途に工作追加しないといけないところ。
c0137122_21563279.jpg
そして、その「電飾化センス」は組み立てる人の力量そのもの。
c0137122_21563619.jpg
左のズベズダ製は、ざっと60cmくらいの大きさだとか。
c0137122_21564063.jpg
こういうメーカー違いのキットは、完成品を並べて展示しても面白いのでは?。(小さいほうを奥に並べると、映画の中の遠近法が展示空間に出来てしまう。)

「スターデストロイヤー」に関しては、ガレージキット業界の方では超絶腕前モデラーの「作品」は以前から存在していた。
でも、ガレージキットは複製数も稀少だから価格はとんでもない値段になる。(そういうものを一部のマニアは買って喜んではいたが。)
具体的にいくらかかるのか明言できないが、10万円より下ってことはなかったような気がする。
キットなのに10万円~20万円は当たり前だったような・・・。
 
そんな特例を別にして、マスプロ生産される今般のようなキットだと一般ファンにも手が届く価格設定にはなってくる。
 
あとは、今回の紹介のような「改造」、「電飾」などを施せるほどのモデラーレベルになると、もう、映画撮影用の元モデルに負けていないくらいの感じに仕上がってくるわけだ。
 
ウットリするレベルだ。
(もっと緻密なモデリング、だとか、電飾も色違いを取り混ぜて、さらに美しく、なんて風に望みだすとキリがないんだけれど。)
 
今回、お借りした画像は「某オークションサイト」のものだ。

c0137122_21564419.jpg
今、不景気なんだが、落札価格は ↑ のような結果になっていた。
 
こういうのは、その時の入札競合者の懐具合と意地とで変わってくるから、こうした値段が妥当なのか、高すぎるのか、まだお安いと言えるのか、私はわからない。
 
お値段のことはともかく、こんな「コレクターアイテム」を自分の所有物に出来る人は、やはりマニア間では羨望の眼差しで見られますよね。
 
経済的なストレスを生み続けるのに、同時に「癒しの空間」を生み出すのが"コレクター道"な気がする。
     

 


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-09-08 18:23 | ブログ | Comments(4)