<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

「figmaの魅力」これもアクション・フィギュア♪

私はフィギュアが大好きだ、の続きのようなものです。
 
『figma』(フィグマ)というアイテムがある。
1/12スケールサイズ基本のフィギュアだ。


さて、
 
「figma」というのは、
マックスファクトリーさんが企画・開発して、
グッドスマイルカンパニーさんが販売しているアクションフィギュアシリーズ。
            ~Wikipedia

 
と言う事だそうである。
 
このシリーズが発売されだした当初、なんというか食指が動かず、私はスルーしていた。
 
単純な理由で「アクションフィギュア」というものを、"ポーズ固定フィギュア"より正直ナメていたのである。
「動かすための関節の所がチープで気に入らない・・・。」みたいな理由。

しかしながら、
「figma」というのは、もうシリーズが260種類を超えている。(ブログ日付現時点於)
つまり、大ヒットしたのだ。
 
価格も(当初)2000円台とリーズナブル。(後に"エントロピー増大の法則"(?)で"複雑化"と"モデルのヴォリュームアップ"によって高騰化していくのだが・・・)
1/12スケールというのも、「小さいから存在力不足」というより、「飾るのに場所を取られない"コレクション性の高さ"」ってことが勝(まさ)った。
 
そして集めれば集めるほど楽しくなる(らしい)。

「らしい」と言うのは、「figma」ファンとしては、私はまるっきりのピカピカの一年生か、まだ幼稚園、保育園児クラスなのだ。

参考までに、少し画像も載せてみるが、じつは私の手元の「figma」は、初期からこのジャンル趣味にハマった収集家に比べたら「持っていない」に等しいくらい数が少ない(笑)。

そもそも、先述したように「先入観念で食指が動かなかった」ため、現在私の持っているものも、とても奇特な知人からのプレゼントから始まっているにすぎない。(けっこうまとめてプレゼントしてもらった。有難うございます(笑)。)
 
そんな私が何かを語っては申し訳ないので(もうかなり前になるが)まずは自分で買ってみたのがこの1個。
(※MMDも見たりいじったりしているので「初音ミク」さんを買ってみた。)こんな風にパッケージの中のブリスターに収納されている。表情換えのための付属品があれこれ多いのがミソである。
 
c0137122_08343502.jpg
ちょっと持つものを整理する機会に、無造作に「figma」を含めたアイテムを並べてみた。(数年前?、もうかなり以前の画像である。)
c0137122_08345838.jpg
アクションフィギュアの海外の老舗たる"米国ハズブロさん"のビークル・アイテムと並べてみる。大きさ比較の対象になってるかな。
c0137122_08404218.jpg
「figma」のコンパクトさか伝わるだろうか?。ビークルに乗っているスターウォーズのクローントルーパーが3.75インチ(約10cm)です。
 
じっさい、フィギュア界の革命的開発者たるメーカー、「マックスファクトリー」さん、「グッドスマイルカンパニー」さんの両雄がコラボすれば鬼に金棒なのだった。
モデルそのものも市場にウケて、種類を増やすごとにどんどん、造形力、素材選び、可動箇所の関節処理が向上していった。
 
購買層も「ポーズを変えられる楽しさ」に納得したのだ。
(差し替えパーツで、「顔」や「ハンド」の表情を変えられるのも、1体で何度も美味しいという感じで楽しめた。)
 
不安定な「動作の派手なポーズ」にしても、「付属の飾りスタンド」が、バッチリ、ホールドしてくれるし、その"スタンド"が見た目にも邪魔なものにはならなかった。
"ディスプレイツール"として、不思議なほどモデルと融和してマッチングしたのだ。

「まどマギ」巴マミさんのマスケット銃などの備品が、何気に充実しています。
c0137122_08422464.jpg
「霊夢」さんの顔、ヨッパ顔が可愛いのでつい"差し替えVer."を選んでしまいます(笑)。
c0137122_08433475.jpg
大きさ比較対象のひとつとして、「figma魔理沙」の隣に1/8スケール(?)の「護國殿/魔理沙」(固定ポーズ)を並べてみる。
c0137122_08434968.jpg
そこそこコンパクトだと思っていた1/8スケール「護國殿/魔理沙」が大きく見えます。
c0137122_08440887.jpg
初期の「figma」は造形的にやや模索もあったようなのですが(2008年頃が最初期品の発売だったハズ)、近年の新作の方になるにつれ造形力もUPして、柔軟素材で可動範囲も広がったり、備品パーツも充実し、ものによっては「アニメで言うところの"オバケ表現"」( ↓ これです)
c0137122_11474376.jpg
~を逆手に取って、"剣さばき"キャラの剣の動きを立体でトレースしてみせて臨場感を演出するようなものもあり、アニメキャラの立体化としては元ソースへのリスペクトとツボを心得ていて拍手ものです。

まぁ、今やヒット商品の常で、求められるニーズに応えるために、商品的に複雑化~お値段のそれなりの高騰化とか、
モデル自体のサイクルが目まぐるしく、過去製品から最新のものまでが遍(あまね)く常に店頭に並べられているわけでもなく、「手に入らなくなってしまう」製品の方が俄然増えた。
 
中古品や転売市場では、マニア間での人気の商品はどんどんプレミアム化していった。
 
私は、こうしたブームからは完全に乗り遅れていた。
何度も書くが、後日に奇特な知人からプレゼントされた「figma」数体をはじめて手にして、"現物"の放つ魅力オーラに(ずいぶん遅れてから)参ったクチなのであった。
 
以下、私の手元にはまだ無いものだけど「これは良いもの」と言える「figma」アイテムをさらに2点ほどを紹介しましょう。

『艦隊これくしょん -艦これ-』島風
これはまたコケティッシュな出来上がりのフィギュアである。関節可動人形にして「元絵」の雰囲気まんまの逸品だ。

c0137122_11461073.jpg
『ガールズ&パンツァー』西住みほ 大変なブームになったアニメ(コミック)からの立体化。"戦車系女子"。この商品の魅力は、"コンパクト"さと"ポーズ可動"が可能性を広げて「もひとつ下のようなアイテム」と組み合わせられる選択肢があることだ。
c0137122_11581940.jpg
こちらの画像に至っては、その1/12スケールサイズ・フィグマに合わせて企画されたと言っても過言ではない、1/12スケール「Ⅳ号戦車」である。
c0137122_11584833.jpg
さすがに、このラストのオプション的「戦車」は他メーカーかイベント品かと思っていたら、ちゃんとまもなく「マックスファクトリー」さんからリリースされるらしい。15,000円くらいの価格なんだとか(予約価格だとamazonで13,000円くらい)。アメイジングである(笑)。
(本来は)そこそこのアイテム数を並べても、「figma」はわずかな飾り棚スペースで間に合うものなのが売りなのだが。
・・・こうなってくると、もう、"なんでもアリ"である。


それだけ(figma本体は)コンパクトなのだが、数体並べると彩色の豊かさもあり、1/12スケールサイズ人形5~6個でもとても華やかな空間になる。
「素立ち」ではなくポージングも色々に出来るので、楽しいこと請け合いだ。

「マックスファクトリー」さん、「グッドスマイルカンパニー」さん good job!。
 
他にも「これは素敵なfigma」と思えるアイテムを画像的に紹介したいのはやまやまなれど、数的にキリがないほど多彩であるし、すでに"購買ユーザーさんブロガー"が個別にアイテム紹介している記事の方がよほど充実しているので、そういうのを検索していただきたい。
 
いや、私はただこのアイテムに関して語ってみたかっただけで、積極的な個別レビューが出来るような所有者ではないのよ。
それでもこの話題には触れないではいられなかったから、出しゃばってみた。 m(_ _)m
 
コンパクトフィギュアってのもサイズの大きなフィギュアとはまた別な、素敵なポテンシャルを持っていると思います。
 
同じアクションフィギュアでポーズを変えられる「素体」を中に持っている「ホットトイズ」、「エンターベイ」などの大きなサイズのフィギュアは、縫製で布地の着衣を身につけ、多くは関節部分が「服で」隠れて見えなくなっている。(巧いリアリティの補完になる。)
 
かたや「figma」は着衣状態も造形に頼るしかないので、肩、ひじ、ひざ関節などがむき出しだ。
しかもサイズがミニマムなだけに独特な接合部の目立ち方をするのだが、その辺も、かなり巧みにアレンジしてきて、言うほど気にならなくなっている。
そもそも、"アバタもエクボ"で鑑賞者の中で"脳内補完"されて、ポージングによる「表現力」の方が、ウィークポイントを帳消しにしてくれるのだ。
 
それに収集性の見地からも、価格はリーズナブルなほうがいいですし。
たとえば「figma」を1/6スケールサイズのアクションフィギュアにして、やたら高額なアイテムにするアプローチよりかは、あのままでシリーズアイテムを増やしてくれる方がユーザーにもいいのだろうと思える。
 
そりゃあ豪気に「ハリウッド俳優フィギュア」をズラリとコレクションしてみせるのも醍醐味でしょう。(それはそれで間違いなくエクスタシーものである。)
だけれど、小さな愛らしいフィギュアを並べるのもモチベーションは高いのです。
 
もっとも、「figma」も人気が出すぎて、予約購入しない限りプレミアム価格ばっかりになってるのが最近の事情で、"転売厨なんとかしろ~"状態ではある。
とはいえ少し時間が経てば、インフレよりデフレる場合もある皮肉のご時勢でもあるが。
 
他には「figma」のようなコンセプトで、フィギュア界(ガレージキット界)の盟主たる海洋堂さんが、PVC完成品フィギュアやアクションフィギュアでは、やや出遅れた参戦になっていたが、「リボルテック」というアイテムをラインナップしている。
そちらの紹介は、また別の機会にしたい。(大変にユニークな内容のものが多いし、独特な充実の仕方をしてきている。)
 
なんにしても「楽しい」ホビーではあるが。
"中毒性"(笑)もあって罪深かったりもするのです。
 
ま、結局はどのジャンルのホビーも『嬉し楽しく』、『悩ましい』ものなのだ。 
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-08-06 10:51 | フィギュア | Comments(10)

「フィギュアの魅力」ディフォルメとリアリティ♪

私はフィギュアが大好きだ。

ここで言う「フィギュア」とは、
→ figure ~「人形、人型の小さな造形物」 のことで、たぶん"和製英語"のようなものだ。
 
別に人形でなくても、何らかの「縮小造形物」、模型的なものは「フィギュア」と言えると思うのだけど、海外では「アクション・フィギュア(Action Figure)」と綴って成立するのだろうし、
たとえば鉄道模型は英語だと「model railroad」であり、ジオラマなどの情景再現の建造物は「ストラクチャー (structure)」と言う。
みんな呼び名はそれぞれあるが・・・。

日本においては今や「フィギュア」は『人形』のことでいい。
 
(「ドール」doll とはまた性格が違うし、棲み分けがあるような、ないような感じである。)
 
※フィギュアスケート(figure skating)も「figure(原義 : 形、図形)」だが、ここでは語らない。(てか、関係ない。)
 
で、「フィギュア」も色々なジャンルが国内においてありますが、猛威を振るっているのは「美少女フィギュア」でしょう。
国産の男性のヒーローキャラとかもなくはない。(チョコエッグやチョコQの動物ものもあったよねぇ。)
 
シェアを握るのが男性購買層・ファンが圧倒的なので「美少女キャラ」ものが多彩ということになる。
(一方で、「特撮もの・怪獣、怪人、宇宙人」のファン層もかなりな勢力なのだが、今回そっちには触れない。)
 
「ドール」の方は、女性のファン層が中心なのかな。
ビスクドール(海外)からの流れで、国内はボークス社において派生発展した「ドルフィー」っていうの。
・・・あれ、ドルフィーのアニメ・キャラ系では男性ファンも多いようだが、これも今回は触れない。
 
前置きが長い。
 
「フィギュア」の話と言っても、これだけ多種多様なのです。
 
でも、ざっくり言って、今いちばん元気な勢力が、
「美少女フィギュア」(アニメ、コミック、オリジナル系のキャラクター)、と、
「リアル・フィギュア」(ハリウッド映画系、リアル俳優のキャラクター)ということになってるんじゃないかと思う。

「美少女フィギュア」
※ほとんどが日本メーカー製の宣材写真をお借りしたもので「PVC完成品(or デコマス)」である。(但し、量産物としての工場はコストの関係でアジアに拠点があったりする。)
デフォルトな大きさは、1/8~1/6スケールサイズが中心。(例外もある。「1/12フィグマ」なんて最近は大した勢力だし、1/4とか1/2スケールサイズなんてのもある。)
c0137122_14555047.jpg
c0137122_14555671.jpg
c0137122_1456214.jpg
c0137122_14561131.jpg
c0137122_14561816.jpg
c0137122_1456247.jpg
c0137122_14563568.jpg
c0137122_14564222.jpg
c0137122_14565185.jpg
c0137122_14565736.jpg
c0137122_1622338.jpg
いずれも巣晴らしい。
デフォルメ系から、かなりリアルに寄せた感じのものまで、これはこれですべて"アート"だ。

「美少女フィギュア」と言っても、つい数年前までは「メーカー販売のガレージキット(パーツで揃えた未塗装、未完成)」を個人で組み立て製作して"完成品"にする仕様が基本だったが。
 
購買層にスキルを求めすぎて敷居が高かった。
 
これが、今や上の画像のような「出来上がった状態」で販売されるようになったのである。
(値段的にもガレージキット時代とそれほど変わらない。) 
  
そして、
「リアル・フィギュア」
※こちらは基本的にほとんどが海外ブランド、外国メーカーの意匠のもので、「香港」に拠点があったりする。米国拠点のものも、結局はアジアとのパートナーシップで成り立っている。
デフォルトな大きさは、1/6スケールサイズが中心。1/4スケールも増えてきた。(例外的に1/3スケールなんてのもあるが、1/1スケールに至ってはフィギュアではなく「実物レプリカ」となる。)

c0137122_1502968.jpg
c0137122_1503788.jpg
c0137122_1504693.jpg
c0137122_20152937.jpg
c0137122_151254.jpg
c0137122_1511080.jpg
c0137122_1511724.jpg
c0137122_151246.jpg
c0137122_1513278.jpg
c0137122_1535026.jpg
c0137122_1535884.jpg
c0137122_154669.jpg
c0137122_154153.jpg
c0137122_1542457.jpg
c0137122_154369.jpg
c0137122_154441.jpg
c0137122_1545356.jpg
c0137122_155059.jpg
c0137122_155889.jpg
c0137122_1551577.jpg
c0137122_1552221.jpg
基本的に、「実物(俳優)」そのまんまの造形だ。しかもサイズが1/6~1/4スケールで、この作り込みと再現度である。・・・唖然。バットモービルまで1/6で作っちゃうか。
しかし、画像を見ていてお気づきかもしれないが、「俳優系」は「女優さんもの」が少ない。少しは存在するが何か「男優」ほどには「女優」フィギュアの再現度が高くなくて、苦手っぽい。(今後、状況は変わるかもしれないが・・・。なぜだろう?)

 
キャラクターが映画の中の架空人物(キャラクター)というだけで、限りなく写実的で、「写実的」という意味では、もうかつてのローマ彫刻や歴史的な芸術家の「様式化」された彫刻作品とかを凌駕しちゃってる感さえある。そもそも「塗り」が凄い。「肌の質感」が半端ない。先述した「男優再現度>女優」になっちゃうのは、クセのある顔や、しわの多い顔の方が似せやすいのかも知れない。
 
こうして造形物の再現で見てみると、西洋人の顔立ちの"彫の深さ"ってのがとても際立つ。
 
加えて、ドールアイ的な「目の塗り」の工程は、正直、私が知りたいくらいだ。
ドールアイそのものも「手作業のレジンアイ」ってのも作り方はあるみたいで、個人のスキルでクリアコートするのと、マスプロ・メーカー製のとでは、どの辺に決定的な違いのあるのか正直よくわからない。
 
ただ、現状の日本の美少女キャラクター・フィギュアに使われている「アイプリント」とは流儀が全然違うし、アニメやコミックから立体化したデフォルメ・キャラにはドールアイは(いくら凄くても)馴染まない。
よほどリアルな方向にデザインを振ったキャラでないと、乖離(かいり)した感じになる。
二次元キャラは二次元的な意匠がマッチしていて、それは立体化する際でも、どこまでも「絵」的に破綻がないかどうかがテーマになるからだ。
ドルフィーにはドルフィーの魅力があるが、二次元キャラの立体化ということでは目指すところが違ってくる。(「なになにのキャラの」"コスプレをしているドルフィー"という感覚で見ると、たいそうそれが可愛らしい。「ドルフィーはドルフィーというキャラカテゴリーを確立している」ように私には感じられる。)
 
で、「ゆるキャラ」や「萌えキャラ」を本当に可愛く描ける人と、「リアルな人物画」を描ける人とは、イラストレーターにおいても、突き抜けたセンスとスキルで「両方とも一人で」やれるアーチストは稀である。
「やりたい、やりたくない」に関わらず「どちらかしか"やれない"」ものだ。
 
これは、どうも「立体物のアーチスト(スカルプター/造形師)」においても同じようで。
『デッサン力(りょく)』の流儀が違うので、得手不得手は各々のアーチストにもあるようだ。
 
さて、アニメやコミック・キャラの立体化と、劇映画キャラの(まんま俳優の)立体化とでは、購買層であるところのファン層も大きく変わってくるのか?。
 
じつは、リアルとデフォルメの両者は別々のファン層を持っているようで、「両方ともホビーとして、こよなく愛する」層だってある。
 
ジャンルを問わず、「優れたもの」なら「嬉しい」という価値観だ。
           
早い話が上に乗せた画像すべてのアイテムを所有することが出来たら、どんなにハッピーなことだろうか。
私なんかが、まさに「そういう人」だったりする。
 
「美少女系」と「リアル俳優系」、どちらが上か下かなんてあるハズがない。
どちらもこよなく素晴らしい!。

 
が、残念ながら、私は(上に紹介したような新しいものは)ほとんど持っていない(笑)。
 
財政的にも飾るスペース(所有するスペース)的にも、まぁ無理過ぎるので諦めるしかないが、世の中には「あ、それ全部持ってるわ♪。」なんて"御仁"がきっといたりなんかする。
うらやましい限りである。
(※お値段のことは今回はあまり触れずにおこう。ひとつ言えば、「リアルフィギュア系の縮小俳優さん達」に比べたら、「美少女さん達」の方がリーズナブルではある。「ホットトイズ」さんや「エンターベイ」さんのリアルフィギュアはお高い!。)
 
この手のアイテムは、古いものにも良いものはあるのだけれど・・・。
新しいものは技術的にも造形的にも、どんどん優れてきている。
 
(今回あまり触れなかったが、「figma」というアイテムには、またいずれ別記事で語ってみたい。)
 
ともあれ、まぁ、1体からでも、こういう"新しいアプローチによる素敵アイテム"が「欲しい」と思う人は少なくはないと思う。
 
そういう人は、高級な料理を堪能するためにそれなりのお店で使うお金より、あるいは「旅行」や「コンサート」に行くことより、1体の人形を手元に置くことに拘りたい人なわけだ。
 
逆に言えば、「そんな人形を"安くはないお金を出して"買うのが嬉しいのか?」と思う人には、さらさら理解されないホビーではある。 

なんとなく、購買層は男性が圧倒的なんだろうな。
ブログなんか拝見していても、女性ファンの記事や、「ホットトイズ」マニアの女の人、なんてのはあまり見かけないような気がする。
(ウェブで女性の発信した記事では、「ドルフィーのお迎え」の模様や「着替え写真」を愉しんでおられる方、あるいはバービー人形やリカちゃん人形の記事なら"ドール系の女性マニア"の声としてお見かけするが、この手のトイ、アイテム記事は、男性発信のものがやはり多い感じだ。)
 
なんで、こうも男は「オモチャ」や「模型」が好きなんだろうか。
 
「鉄子」(鉄道ファンの女子)が稀にいるように、「模子(もこ)」や「玩子(がんこ)」がいてもよさそうだが、すでに造語として、とりとめもなく字面がヘンなので"いない"ことに決定しているようだ。
『ガールズ&パンツァー』に出てくるような戦車系女子(とりわけ秋山 優花里(あきやま ゆかり)のようなキャラ)は、リアルではまずいない。(残念!)
        
なんにしても、ホビーは色々だし、それなりに高級な釣り道具や、ゴルフ、バイクや自動車、ブランドバッグに高級腕時計、果てはクルージングのためのヨットやボート、・・・小さな「人形」の対価など吹き飛ぶようなジャンルもあるわけで・・・。      
       
それは庶民と富裕層の差の問題だが。 
      
思えばその昔。
小学生の頃、友人にたいそうお金持ちのご子息がいた。
その子の家には大きな部屋いっぱいの「鉄道模型のジオラマ」があった。
 
レーシングカーのコースやら、ラジコン飛行機もあったりした。
 
その子自身のオモチャとして自由に遊んでいたし、少しは触らせてももらったが、そりゃ自由には触らせてはくれなかった。(リアル版「スネ夫」か(笑)。)

なんか、持てなかったものとしての憧憬は、大人になってからも引きずっているのかもしれないねぇ。
 
「玩具(オモチャ)」ってのは、それがアート性を持とうとも、歳を経て、手に入れられるかもしれない距離にきても尚、どこかしら「ほろ苦く」て「甘美」なままのものだね。
 
今回紹介したアイテムも、あるジャンルのものは高嶺の花のままだったりする。 
おまけに「肖像権」の問題、「著作権」の問題で限定販売(今や絶版)だったりしたものはプレミアムものだ。
 
こういうアイテムって、フィギュア化された"もとのアニメや映画"といった映像作品へのリスペクトや愛着が肝心でもある。
むしろ、そこがスタート地点か。
どれだけそうした映像作品が好きだったかで、このような縮小立体物への「欲しい度」も違う。
針の振れ方が「ちょっと触れたり」、「半端無いほど振り切れたり」色々である。 
 
私は最近、アニメ「ソードアート・オンライン」にハマったばかりなのでアスナのフィギュアくらいは欲しいかな。
・・・この程度だと、まだ「小並感」程度の渇望で済んでいるかな(笑)。
 
他には単純に「造形物として凄いから」欲しくなるものもありますね。
私なら(「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズには個人的にはさほど思いいれはないのだけれど)、リアル系のほうでは、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)とか、アーノルド・シュワルツェネッガー(こっちは映画「T1」、「T2」に対するファン心理から)が凄ぇなと思う。

みなさんも、どれかひとつくらい「欲しい」と思えるものありますか?。
  
 
    
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-08-03 01:21 | フィギュア | Comments(4)

「windows 10」アップグレードに関する最初期のまとめ♪

「windows10」アップグレードに関する最初期のまとめ♪、・・・ってことで。
 
色々なサイトを参考にしてきましたが。 
私自身は"様子見派"で、アップグレードの実体験報告者ではないので。

参考サイトのひとつが「米Gizomdo」さんのレポートを翻訳レビューしていた、以下のリンク先なんですが(「ギズモード・ジャパン」て事になるのかな)。

■どこよりも詳しい自信あり。ギズモードのWindows 10レビューまとめ
■結局どうなの? Windows 10の各テックメディアの反応まとめ

■Windows 7からWindows 10に移行した。思ったほど怖くなかった
■移行できる? Windows 10で消える7機能が判明

(※ギズモード (Gizmodo) は、最新テクノロジーやデジタル社会に関連するニュースを扱うテクノロジーメディアサイトである。 ~by Wikipedia)
c0137122_511553.jpg

そこが、総評的に"各メディアの反応"をまとめると「こんな感じ」なのかな。 

Windows 10についてはいつもより意見が一致しています。次の4つの点については特に。

● Windows 8よりもいい(もちろん)
● 新しいスタートメニューと検索はおおむね改良されている
● Cortanaも予想してたよりマシ
 (※註 コルタナとは、Microsoftが発表したWindows Phone向けの音声アシスタント機能の名称~関係ない人にはどっちでもいい評価)
● 現在のビルドはバグが多いので、何週間もしくは何カ月かは待ったほうがよさそう。ただし、いずれ必ずアップグレードしたほうがいい
 
と、いうことらしい。
(※あくまでも、伝聞、他サイト記事の引用なので私個人の見解ではない。)
 
「windows 7」が正統進化との評もある。(「windows 10」のこと)
 
んじゃ、私も数ヵ月後ぐらいにアップグレードしようかな(笑)。 
 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-08-02 05:02 | ブログ | Comments(0)