<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

はじめてのTSUTAYA(ツタヤ)♪

はじめてのTSUTAYA(ツタヤ)♪

ということで、あまり「エンターテイメント・ソフトをレンタルして見る」発想のない私が、ついに、あの「TSUTAYA」に登録して会員になった(笑)。

なんでレンタル派でないかというと、私の居住地域の近く、~歩いて行いける距離に「レンタル・ショップ」がない"都市の中の田舎"に住んでいることと(コンビニやスーパーマーケットさえ1㎞近く歩かないと無いのだ)、それと、まぁ、「借りたら返す」という手間が単純に面倒くさい(笑)という事があったからだ。

JRで一駅乗らないと、その「TSUTAYA」さんが無いのだが、一駅乗った駅前にはあるので、7泊8日期限なら、返却もそう負担にはならないだろうと初めてレンタルDVDに挑戦してみた。

ニコニコチャンネルも良いのだが、アニメとかのタイトルを全話まるまる借りるのと、レンタル料とはそう大差ないのが分かったからだ。
それにニコニコチャンネルはまだ買えるタイトル数が少ないというのがデメリットだ。

「TSUTAYA」さんは在庫が豊富である。

あ、ちなみにオンラインで借りられるし延滞金も発生せずにポスト投函で返せる「月額」支払いの借り方は便利なようだが、う~ん、借りない月も定額取られるのが「なんだかな・・・」と思って止めた。

今回、レンタル会員になってでも「にわかに、今見たい。」と思った直接の引き金のひとつがこの一連の至宝タイトル。
黒澤明監督の映画が急に久しぶりにじっくりと見たくなったのだ。
c0137122_14464010.jpg
「用心棒」はオープニングから一番ワクワクする映画だ。↑
そして、「七人の侍」は劇場公開時さながらに「休憩タイトルシーンまで、BGM付きで幕間5分間」入った前後編の2枚組だった。↓
c0137122_14465053.jpg
で、今見ても、ゲラゲラ笑ってしまうシーンの多いのが「椿三十郎」だ(笑)。黒澤監督の映画は「よく出来た喜劇」でもあったりするのだね。「椿三十郎」だけに限らず・・・。
c0137122_14465778.jpg
 
ま、もっとも、行ってみて分かったが、借りたいタイトルが全巻未見で一気に欲しいという時には、思いの外(複数の予備巻が揃えられてないタイトルは)、「歯抜け」状態で巻数がコンプリート出来ないという歯痒さもある。
レンタルされているものの返却予定日は、店員に聞けば教えてもらえるが、貸出期間中のいつ返却されるのかは借り主次第だからタイミングは合わせづらい。
人気ソフトほど、いつまで経っても「あの巻だけ見られない」ということになったりもするらしい。

まだ2回しか借りてないが、すでに「ありゃ、今回もスレ違いで先を越されたか」という経験を早くもしている。

こういうのは気長に構えるしかないが、そういうのは連続巻数のTVアニメシリーズやTVドラマシリーズの悩みで、劇場映画ものは割と見られる。単巻で済むからだ。
(もっとも人気タイトルはアニメの劇場版でも、運が悪ければスレ違いは続くようだ。)


「シュタゲ」、既にニコニコチャンネル版を買ったのに、DVDも見たくなった。
なんでも「TV放映やニコニコチャンネル版」になかった、第25話目がDVDにはあるらしい。
c0137122_14483718.jpg
それを見たいのに、最終巻となる8巻~9巻が貸し出されて借りられなかった(泣)。うう。

本当に欲しいものは「Blu-rayで買え」ということになってくるが、まぁ、私は貧乏(笑)なので、そう豪気に欲しいソフトを片端から買いそろえられる身分でもない。

アニメとか、Blu-rayもDVDもまだまだ高いと思うよ。(2話しか入ってないのも、3話入りのも同じ値段だし。TVシリーズものも30分枠アニメなら、あの値段でせめて4話ずつ入っていればねぇ。・・・まぁ、レーザーディスク時代も初期のVHSテープ・ソフト時代も今より高かったわけなんだけど。)

つまり、現状でも製作者側の都合で言えば、決して高くもないのかもしれないけど、薄利多売でいいと思うのだけどなぁ。

(レンタルするよりも、ウエブで見るよりも)大事にしたいソフトはパッケージの装飾やピクチャーレーベルのディスクごと欲しいものだしね。(ただ、まぁ、生産限定とか特典付きとかで高価なものがアニメには多いよねぇ。ノーマル版がもの凄く格安かと言うと、そんなに破格値でもないし・・・。)


まぁ、ソフトの売り方は色々と難しいですね。

コミックスとかも同様なんだろうしね。

・・・・・。


このタイトルもTV放送当時に知らなかった『古きもの』ってのが、とんでもないことになっているアニメ、「Blood-c(ブラッド・シー)」。
たまたまその存在を知って、見てみたら、・・・第6巻がとんでもないことになっていた(驚)。
c0137122_14475313.jpg
このアニメのレビューは、いずれしたいとは思う。

私のブログレビューにも、記事でも言及してなくて、比較的に最近ので、「これは面白い!」というアニメタイトル、何かございますでしょうか?。(次は何を借りて見ようかと思っています。・・・意外と最近のタイトルには疎かったりするからね。是非はともかく「Blood-c(ブラッド・シー)」だってつい先週くらい前まで知らなったし。)

天下のTSUTAYA(ツタヤ)さん。
それでも、揃っているようで、まだまだアニメも映画も、「アレが見たいのに」っていうタイトルが、そもそも準備されてないことも、ままあるよね。

こっちの好みがニッチすぎるのかな?(笑)。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-11-29 15:17 | Comments(18)

「コミックターミナル」、閉鎖しちゃったなぁ。

「コミックターミナル」と言っても、分からない人には分からない話題なんだけれども。

早い話が、電子書籍を配信していた会社です。
閉鎖というのは会社自体の撤退のようですね。

私の過去コミックス(紙媒体で絶版になっていた)も、同サイトで電子書籍として再発行されてお世話になっていたのですが、まぁ、なくなっちゃったものは仕方ない。

(※とはいえ、私のブログのフォローもしてくれていたサイトだったから、ここのアクセス数にも影響はするのかなぁw もともと世の中も個人的にも不景気なんだから、ホント やだなぁ、不景気な話ばかりなのは(泣笑)。)

残念なご報告でした。

 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-11-29 09:19 | Comments(3)

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)が止まらない

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)、もう5周目、6周目しちゃったよ・・・orz

ツンデレな2人の主役の「夫婦漫才シーン」がなんとも面白かったりします。

アニメ『まどか☆マギカ』も、かけつけ3杯したクチですが、『シュタゲ』の中毒性の凄さは(個人的に)もの凄い(笑)。

シナリオの中にちりばめられたキーワード(情報量)にも感心します。

秋葉原のマップ、町並みのリアルな描写も凄いけれど、『シュタゲ』のドラマ内に登場する名称や、それにまつわる意味の深さや関連付け・・・。

曰く、以下のキーワードの数々(ほんの一部)
※脚注の説明は一番下に註釈しています。

・タイムトラベラー"ジョン・タイター" *1
・世界線(せかいせん) *2
・IBM5100型コンピューター *3
・CERN(セルン~欧州原子核研究機構) *4
・C204型重力歪曲時間転移装置 *5
・LHC(大型ハドロン衝突型加速器) *6
・秋葉原ラジオ会館 *7

 
上記のような「素材的考証」を、原作のゲームシナリオに巧みに関連づけている大胆で整合性の見事なドラマ構成には「舌を巻く」ばかりです。
シナリオ作者、どんだけ雑学的IQが高いのかと・・・。

得てして「天才キャラ」をドラマにキャスティングした場合、作家がどんだけハッタリをかませるか、ギャグかシリアス方向に振るのかで、その作劇能力や、セリフの立て方によって説得力に雲泥の差が生まれますからねぇ。

このシナリオを構成出来るほどの作家の「才能」を評するなら、それこそが"天才的"な次元にある着想だと言わざる得ません。

勉強になる「引用」も多彩でありました。

そのひとつが、ヒロイン牧瀬紅莉栖(まきせ くりす=メインヒロイン)のセリフに登場した、ドイツの哲学者"マルティン・ハイデガー"の言葉です。

『人間は根源的に時間的存在である』~ハイデガー
と言うもの。

これはどういうことでしょう?。

この言葉を解釈するひとつの思索的な手引きがネットにあったので引用してみますね。

ハイデガーは哲学者だから、哲学的な言葉を分析するのは実は解釈多義で容易ではないのです。
で、これをタイムマシンというものがテーマアイテムになっていた『シュタゲ』に習って、これはおおいに「物理学的なテーマだろう」ということで、物理学的な見地で紐解いてみます。
(もっとも以下の論拠は、これとても思索的言葉遊びに過ぎず、「ツッコミどころは満載」な仮説でしかないのですが・・・。)

物理学では、物質が時間をかけて空間を移動するということが原則なのだそうですが。
ふむ・・・・・。

つまり、時間と距離と速度には次のような関係があると言えるわけです。

時間=距離÷速度
(速度=距離÷時間)

もしこの世に、"ある速度で空間を移動する物質"が"存在"しなければ、時間を測定することができないばかりか、時間そのものも存在しないと物理学では考えるのだそうです。

つまり、物質が存在するから時間が存在していると考えるわけですね。

なんという「卵が先かニワトリが先か」状態。

物理学に置ける宇宙論「人間原理」で言えばさらにこうなります。

その「時間」や「物質」を観測出来る存在とは、すなわち"人間"しかいません。
もとより、
「時間」という概念や計測方法を発明したのは人間だし、人間の観測があればこそ「宇宙はこうなっている」という「宇宙」の存在そのものも認識されます。

時間という概念、観測する者"人間"がいてはじめて宇宙は宇宙としてそこにある・・・。

これは『涼宮ハルヒの憂鬱』でも、古泉 一樹(こいずみ いつき)君が『人間原理』について語っています。

『人間は根源的に時間的存在である』~というのは、人間という思索する知性体とって、切り離せない【枷】(かせ)のようなものかもしれませんね。

だからこそ、その呪縛のような、「(人や事象の)存在」を形成する「時間」というものに、なんらかの作為的な干渉をする術(すべ)があるというのなら・・・、これはとてつもなく危険で魅惑的な事柄なのです。

そう、「タイムマシン」には、ロマン以上に重大な禁忌があるのです。

でも、『STEINS;GATE~シュタインズ・ゲート』というドラマの凄いところは、その"禁忌(タブー)とも言えるチカラ"を手に入れて生じた歪みや悲劇、刹那的な享楽や幻のような幸福、そして絶望・・・。

そうしたものを丁寧に描写して、真摯に踏まえながら、要するに
「タイムマシン」によって始まったドラマを
「タイムマシンの否定」で帰結させるという、

サスペンスにも似た緊迫感とテンションで描ききってみせてくれるのです。

アニメ『シュタゲ』では思索的なツールとして「タイムマシン」が使われます。

「タイムマシン」による数々の物理的な「背徳と奇蹟」を目の当たりにしながらも、そのドラマを視聴者が迎え入れて、熱いもの、温かいものさえ感じることが出来るのは、すべては例えばこうしたシーンに象徴されます。

(物語の最初期の頃に)ごく儀礼的に差し出されたヒロインの握手を求める手を主人公、岡部倫太郎は(マッドサイエンティストを自称する)"照れ"から拒否る。
c0137122_1732467.jpg
c0137122_1733976.jpg
c0137122_175219.jpg

だけれど、幾多の試練を経て、ドラマ終盤前の頃に再び差し出されたヒロイン紅莉栖(くりす)の手を岡部が握るシーンは、「時間」をテーマにしたこのドラマにおいて、裏テーマ(むしろ主題)とも言えるものをシンポライズしています。
c0137122_177653.jpg
c0137122_1771665.jpg
c0137122_1772577.jpg


"人と人の心"が触れ合い、絆を結ぶまでの物語。
~人間は量子力学が仕掛ける罠を超越できるのか?。
一人じゃダメなんだ。
人と人がいるからこその世界。
絆、結びつき。そのチカラが成し得るものこそがこのドラマには必要だったハズと気づかされる瞬間。

ここの所の紅莉栖の表情の美しさは「夫婦漫才シーン」があるからこそ、対極的に映えます。(必見シーンのひとつだと言えます(笑)。)


『シュタゲ』という作品に魅了されるのは、人の心と心の"距離や絆を近づけ結ぶ"というのがどういうことなのかを、ちゃんとなんの衒いもなく、しっかりと描いてくれているからなんですね。

時間=距離÷速度

この公式とともに人間という物質が存在するのなら、その中に「心」も数値化出来るような公式はあるのでしょうか?。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そんなものはありませんよね。

でも、このドラマの成り立ちは、人の「心」、思惑や、願い、祈りといったものが主軸です。
「とんでもない事象やトラブルも重要なファクター」なのですけれど、それが主役ではありません。

背景や舞台の「とんでもない出来事」に身を任せつつ、視聴者は、登場人物達の心理に共感しながら「失望」と「安堵」を繰り返し、やがて「心の救済」を描ききってみせた、この極上なエンターテイメント作品を楽しめばいいのだと思います。

学べることや、勇気を貰えることもあるかもです。

そもそも、

ここにこうしている私たちは、それぞれが、どこかの『世界線』で経験した"想い"を託されながら存在している"私たち"なのかもしれませんものね。
(この2行の言葉の意味は「シュタインズ・ゲート」を視聴して頂ければ自然と分かります。)




*脚注

*1、米国の2000年当時の大手ネット掲示板に、2036年からやってきたと自称する男性が約4ヶ月間ほど当時のネラーさんたちとチャットでやりとりをした。
*2、タイムトラベラー"ジョン・タイター"が提唱した、パラレルワールドにおける「時間軸」とほぼ同義なもの。
*3、シュタゲでは「IBN5100」と改名~リアルな話では、1975年に発表販売されたIBM社初の「ポータブル・コンピュータ」。
*4、~シュタゲでは「SERN」と改名、人体実験40年以上もやっているような悪の組織になっちゃってる。
*5、"ジョン・タイター"が使用したと語ったタイムマシンの名称~シュタゲでは「FG204」型というタイムマシンも登場する。
*6、~タイムマシンの作動理論の中では欠かせない装置。小型のブラックホールを人工的に精製する。
*7、『シュタゲ』の重要な舞台のひとつとなるビル。2011年には解体されて今は(「シュタゲ」の舞台になった当時のままの姿としては)もう無い。『シュタゲ』の舞台となった事も秋葉原駅前商店街に認知されて、同ビル取り壊しの前には"阿万音鈴羽が使用したタイムマシン"がモニュメントとしてビルにめり込んだ形で実物大展示された。展示が終了したあと、ビルは予定通り解体された。・・・ラスト前の企画としては大変に粋なことである。
後に同じ跡地に「新館・秋葉原ラジオ会館」が建設されている。





[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-11-03 05:19 | アニメ | Comments(6)