<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

新しいメガネができた♪


新しいメガネができた♪

c0137122_2212349.jpg
 
これで色々とずいぶん「ものを見る作業」が楽になる!。

今まで使っていたメガネとの比較。
(撮影の仕方のせいで)画像ではさほど大きさは違って見えてないけど、じつはかなり違う。
c0137122_2215884.jpg
今度のは下がナイロールで、フレームも軽い軽い。
女性的なフォルムに見えますね。

で、撮影したレンズの影を見て驚いた。
c0137122_2222360.jpg
「ブルーカット」というのを今度はレンズにプラスして、視界のコントラストがくっきり見えるようにしてもらったんだけど、・・・ホントに「青く」カゲが映ってる。
(体感的にはレンズには勿論、色も何もついていない。確かに以前のレンズよりコントラスト的にクリアー見える。)

一緒に写してる前のフレームも、フレーム重量や弾力性などは優れたものなので、現在(レンズのみ交換の)追加発注中です。

いわゆる「遠近両用メガネ」ではなく、「近々メガネ」ってやつで、パソコン使用時で言うと、手元のキーボードの焦点と少し距離を置いているデスクトップ・モニターとの焦点がレンズの上と下でそれぞれに焦点が合うヤツを作っている最中です。

ノートPCなら単一焦点で間に合うのだけど、デスクトップは意外と画面とキーボードとでは焦点が合わないからね。
キーボードのブラインドタッチが出来ない私には必要なんですよ。複焦点(バリフォーカル)レンズ。

そっちも揃うと、これでまた世の中がクリアーに見える(ハズな)ので有り難いです。

以前は、視力は自信あったんだけどなぁ。
眼の健康も「レンズ」というお金で買わなくてはいけないのね。

矯正出来る手段があるだけ、人は凄いよね、とも言えるけどね。


 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-10-28 22:01 | ブログ | Comments(2)

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)を見ましたよ♪

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)を見ましたよ♪
c0137122_1002964.jpg

2009年に発売されたPCゲームが原作で、2011年にTVアニメ化されたということで。

じつはリアルタイムには「シュタインズ・ゲート」というタイトルさえ、私の意識野にはかすりもしていなかったのです。

私のブログによく書き込みをしてくださるネット知人様の、かなり熱心な推薦が切っ掛けで今頃になって初見しました。

ニコニコチャンネルの有料サイトで全24話を一昨日に見終わった所です。

(ちなみに、ヘンな法律が正当で十分な議論もないまま施行されちゃったからねぇ。せいぜいモニターをSS"スクリーンショット"してトリミングしたものを載せておきます。)
c0137122_1011576.jpg
 

ともあれ、ニコニコチャンネルの過去放送分アニメのまとめ買いが出来るのは有り難いです。(画質は、近頃のハイビジョン画質と比較すると、昔のアナログ放送をVHSで録画して再生した程度のクォリティになってしまいますが。視聴するだけならまず十分。)
この課金動画内においても「シュタゲ、BD発売」の広告が入っているので、画質にこだわる人は『BDソフト』をあらためて買うのも良い選択かと思います。

アニメ『シュタインズ・ゲート』

 
傑作です。

無理矢理一言で言ってしまうと「時間遡行」。

タイムマシンものです。

あからさまな「タイムマシン然としたタイムマシン」が、いきなり登場するような話ではないのですが。(~もっとも、実はこの表現にはホントは齟齬があってここでは種明かしは出来ず伏せておきますけど~)

なんと言っても新鮮なのは「電子レンジ」+「携帯電話」などという実にチープな構成で、劇中「D(ディー)メール」と呼称される、『過去に、メールを送信することの出来る装置』ってのが主人公達の手によって(偶然に)生み出されることになるのです。

なにも「物理的に」何かを転送することなく、情報としての"わずか数文字の言葉"を過去に遡って送るだけで、「過去改変」が起きるというエキセントリックさ。
(但し偶発的に出来た装置なので、そのスペックとしては、たった36バイト分のデータしか送信出来ないリミッターがあるわけなのですが。)

でも、例え数文字の情報だろうと下世話な所では、ロトくじの当選番号などを過去の自分に教えることが出来れば大勝利であるわけですね。

何か修正したい「過去の自分や人の行動」を変えたければ、過去のその人が、そのメール文面を信じて行動するような言葉を送ればいいわけ。

ドラマにおいては僅かな切っ掛けで「過去改変」は起きていくのです。

それは些末な事から、タイムパラドックスで言う「バタフライ効果」によって、思いもかけない町ごとの改変に繋がったりもする。
ある意味「世界が変わっていく」事態になるのです。

主人公達は、好奇心やイタズラのような気持で過去改変を起こすような「時間遡行メール」を次々と試行していくのだったが、これが深刻で重大な禍根を招く事態になるのです。

死ななくて良かった人の「死」が唐突に降りかかってきたりとか・・・。

未来の57億人の運命だとか・・・。


「Dメール装置」は若き天才科学者、牧瀬紅莉栖(まきせ くりす=メインヒロイン)の協力によって「タイムリープ装置」にヴァージョンアップされて、人の意識を過去に遡行させることに成功。
つまり、「世界線(時間軸)」を変えても、変わった世界と変わる前の世界との両方の連続した意識野(記憶)を持った人物の存在を可能にさせる。
c0137122_16211896.jpg

その時間遡行者が主人公、岡部 倫太郎(おかべりんたろう)ということになるのだけれど。

物語は中盤に強烈なターニングポイントを迎える。

理不尽な「人の死」だ。

本来、死ななくて良かった人の「唐突な死」を主人公、岡部 倫太郎はなんとか救おうともがきつづけることとなる。

なぜなら(どんな死に方をするかが分かっている人を危険から回避させるように)何度タイムリープを繰り返しても悲劇は回避出来ないからだ。

まるで時間軸に干渉した主人公達への「咎め」のように、残酷なほど「絶望的な運命」に物語が収束しつづける。

「魔法少女まどか☆マギカ」でも暁美ほむらの絶望的な抗(あらが)いがあったが、この辺は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのような「楽天さ」とは対極にあるものだ。

同じ時間遡航もののテーマだからと言って、ハリウッドの「BTTF」を引き合いに出すのはお門違いだと心得つつも、アニメ「まどマギ」や「シュタゲ」のドラマ的な掘り下げの凄さ、せつなさに胸が熱くなるばかりである。

劇中造語や実際に(こちらのリアルで)提唱された語句も混じるが、
世界線(せかいせん)、
世界線収束範囲(アトラクタフィールド)、
世界線変動率(ダイバージェンス)
運命探知の魔眼(リーディング・シュタイナー)

といった、複雑怪異な言葉や事象でさえ、使い方がじつに巧みなので、自然と心にとまる印象だ。
(このアニメを見れば、上記の語句の意味はとても分かりやすく理解できたような気になります。とりあえず、ここで言えるのは「一度流れの変わった「原因」と「結果」を持つ時間軸の"帰結すべき結末に向けての修正能力"は「ぱねぇ」ッてことです。」"誰かの不慮の死"という期日が、とある原因で確定するとその原因を見極めない限り、途中の経過線をどんなにいじっても結末は変わらないということです。)

時間遡行、過去改変、パラレルワールドへの解釈やそれによって生じる事象描写の小気味よさとかがツボの抑えどころ。

人の意識や想いが、どう揺らぎ、何度も書き替えられる歴史や記憶へのジレンマによって生まれる失望感、あるいは救いといったものが、
タイムマシンものにありがちな混乱してくるエピソードの中に埋没することなく活写されます。
「人の想いのひだ」の分だけを、『シュタインズ・ゲート』という作品は「そうまとめていきますか・・・」とか「そんな切り口で描写しますか・・・」というほど見事なエンターテイメントに仕上げている。
「絶望感」、「奇跡」、「安堵」、「また別な絶望」といったものを繰り返すのです。

それが視聴者をおいてけぼりにしてしまうような、マニアックな袋小路に陥ったりとかは微塵もしない。巧みなハンドリングで、私たちは登場人物達と共に嘆き悲しみ、それでもなんとかしたいと抗う思いを共有できるのです。
(※ぶっちゃけると、しれっとネタとしてのネラー用語が連発されていたりと、少しばかりのマニアック度は炸裂していますが、解放されてるマニアック度なので問題ないのです(笑)。)

これほど深刻な題材において、底抜けに笑えるエピソードもあったりするから、そこのところもホント凄い。したたかなほどにコミカルな要素もちりばめられています。

ちなみに、

あくまでも個人的な感想ですが、アニメのキャラデザインは今日この頃の比較的画一化されている「萌え文化」の方向性からするとアク(個性)のあるもので、そういう意味ではちょっぴり異色です。

主人公、岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)。時々、"空気を読む"マッドサイエンティスト(つまり、いいヤツ♪)
c0137122_16233318.jpg
牧瀬 紅莉栖(まきせ くりす)。若き天才科学者。
c0137122_16234379.jpg
椎名 まゆり(しいな まゆり)。この子の運命の弄ばれ方が中盤からクライマックスにかけてのキーポイント。
c0137122_16235467.jpg
橋田 至(はしだ いたる)。天才ハッカー(て言うか、ある意味の究極の天災科学者その2)
c0137122_1624460.jpg
阿万音 鈴羽(あまね すずは)。バイト戦士。
c0137122_16241429.jpg
漆原 るか(うるしばら るか)。・・・だが、「男だ。」
c0137122_16243024.jpg
フェイリス・ニャンニャン (Faris Nyan-Nyan)。本名ではない。本名は・・・。
c0137122_16244091.jpg

(アニメを見てからの興味で、原作ゲームのイラストも拝見したけど、独特な個性の絵柄や彩色の仕方だった。~アニメ以上に可愛い佇まいのキャラもいたりして、一方、アニメ化のキャラデザインは、アニメとしての作画監督の個性で成立している感触がある。~私は原作絵も、アニメの絵柄もどちらも好きです。)

そしてストーリーの入り方も、媚びた方向にキャッチーな手法は取っていないので、(言い過ぎかもしれないけど)独特の雰囲気に期待を寄せつつ、惹かれるものはありつつの、序盤の数話分は少しばかりの辛抱が必要な「???」な展開がしばし続くのです。

主役のマッドサイエンティストを自負する鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)=実名:岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)に、初見の視聴者は、まず感情移入することは難しいのですから(笑)。

人によっては、この作品とのお付き合いを序盤で挫折しかねないような一面もなきにしもあらずなのだ。

ところが、こうした痛々しい挙動の多いキャラクターが、男女ともに登場する比率の高い本作で、なお視聴者を惹きつけている要因は、作り方の丁寧さにある。

物語の構造がじつは伏線だらけだから、「今はわかんないけど、これは何かある。何か化ける可能性のあるものが濃厚ににおう」そんな風な「興味」への惹きつけ方というか磁力があるのだ。

そのひとつが、声優陣の「演技力」である。

「これはちと鼻につくかも・・・」という描写までもが、やがてクライマックスに物語が至る頃には本当にものの見事に化けるのです。
凄まじいまでに化けていくし、逆手に取られて打ちのめされるほどなのです。

痛々しい「厨二病」全開の主人公のセリフのエモーションまでが、クライマックスで鳥肌物の感動に繋がってくるのだからこれは凄い・・・。

演技者(ここでは声優さん)の感情を絞り出す「せつなさと悲しさ」の迫真ぶり、静かな魂の吐露や打って変わっての咆吼っぷりに、眼や耳は釘付けになるほど揺さぶられるシーンが出てきます。

職業声優という名の「俳優(男優、女優ともに)」の実力、これが凄い作品です。
とりわけ、岡部倫太郎の声優:宮野真守さんの前半と後半の変貌ぶり、終盤間近のとあるシーンには胸を打たれます。


未見で興味を持たれた方は、しっかりと全話のエピソードを見届けてください。

ほどなく、そのまま2周目を見る気持になるのは請け合います。

2周目で「あ~、ここにもう、こんな伏線があったのか・・・」と感心することになるのですから。

2周目で、まだ「泣け」ます。

3周目でもまだ感動が深まります。

言うに及ばず、初見で、ぐいぐいドラマに引き込まれていくうちには泣かされしまうからこその2周目、3周目なのです。(私はこのレビューを書くまでに4周しちゃいました(笑)。)

エンターテイメントとして楽しめて、大きな感動も、明快な人生の教訓もある本作。

見ておくべき傑作アニメだと思います。

「あったことをなかったことにしてはいけない。」
「その過去があって今がある。」
「その先に来たるべき未来がある。」


「生きることは本来、やり直しの効かないことだから・・・」そういうものなんですよね。
過去に起きてしまったことはなかったことには出来ない。
でも、これからは、明日は?。私たちが作っていけるものなんですよね?。


桐生 萌郁(きりゅう もえか)~真ん中にいる女性。このキャラがまた、「コミュ障」というか、立ち位置が複雑・・・。
c0137122_16272457.jpg

それと、
「良い作品」が生まれる時は、「音楽」もこれまたいい♪というように、奇跡のように全てがステキになりますねぇ。
はい。
OPとEDの主題歌がこれまたいい!。

メロディラインも歌詞の内容も素晴らしい。

構成も凝っていて、あえて言及すると、終盤、第22話から、23話、24話と毎回エンディング曲が変わり、OPの方も、第1話から第22話までの流れをふまえて、第23話と24話では歌詞内容が変わっているという凝りよう。

OPからEDまで、

場合によってはEDのあとのエピローグに至るまで、

このアニメ作品は全ての話数、頭の先から尻尾の先まで必見必聴の『名作』です。

c0137122_16274798.jpg




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-10-27 10:22 | アニメ | Comments(2)

がっかり・・・( ̄_ ̄|||)

メガネの三城さん、がっかりだよ。
 
10/21(日曜日)に出来ていますなんてことを言っておきながら、(発注は10/13(土曜日)だったから、それでも「一週間は、割と待たされるなぁ」とか思っていたけど)あろうことか、さんざん確認したサイズを間違えるミスで、10/25「木曜日」に納品延期だとか・・・。
 
店の担当者ミスか(当該エリアは明石駅近くのお店ですが。)、請け負った工場のミスか判然としてないけど。
 
いや、品質的には信頼しているのであっさりキャンセルもし難く、「待つ」私なのだが・・・。
 
がっかりだよ、ホント。
 
失った待ち時間のダメージ分、何割かキャッシュバックして欲しいのが本音だよ。
 
どこの企業も、サービス業もなんか色々と「質が低下」してないですか?。
      
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-10-24 23:29 | ブログ | Comments(4)

メガネ待ち♪

私の目の近視度が少し進んでしまったみたいで。
今、発注したメガネ待ちなんですよ。

前にメガネを揃えたときは『メガネ1年生』だったので、フレームの選び方もさっぱりわからずに、適当な買い物をしてしまいましたが、今度は「なるべく軽くて、ツルも"より弾力性のあるもの"をチョイス」したつもりです。

乱視と近視があるので、デスクワークにはもうメガネが必須になってますよねぇ。

メガネが出来るのが待ち遠しい私です。(10/21日曜日に出来ているハズ。)

ブログの方は今頃の更新になりましたが、9月に新しいモニターを買って以来、映画とかアニメとか色々と見ておりました。

最初にブルーレイレコーダーに録画した洋画が「ターミネーター4」です。
c0137122_232342.jpg
 
初見だったし、楽しめましたね。
(前のアナログHDDレコーダーでは自分でタイトルとか入力しないといけなかったのに、今のはデフォで「番組データ」が記録されているのね。)
c0137122_2334721.jpg
 
マイフェバリットでは、過去にもさんざん見倒してるアニメのタイトルをまた全話見直したりね。
c0137122_23314.jpg
c0137122_2331799.jpg
「かみちゅ!」とか「R.O.D」、「R.O.D-THE TV-」、「エルフェンリート」、「かんなぎ」、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」、「スターウォーズ、エピソードⅠ~Ⅲ」、「さよなら絶望先生シリーズ」、「平成ガメラ三部作」とか。
「電脳コイル」もまた見なければなぁ、とか思っています。

で、ホムペ、ブログのカウンターがいつの間にか29万になってる。
・・・30万アクセスが近い。
(いや、まぁ、案外あと8000強アクセスってのが時間がまだまだかかるんだけどね(笑)。早くても12月初旬くらいまでってことになるかな・・・。年内にいけたらいいね、30万アクセス。)

これは、トップ絵のイラストとかも描き替えなければと思ったりしています。

ルーズな更新っぷりの当サイトですが、アクセスしていただいている心の広いみなさまに感謝!!。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-10-18 02:30 | ブログ | Comments(10)