<   2012年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

ようやく地デジ化♪

我が家も遅れに遅れて、ようやく地デジ化です。

ご勇退いただくことになったブラウン管TV
(※28型です。これでも地デジ・チューナーのテレビでした。2004年製)
下にチラリと見えてる木製台は日曜大工の自家製です(笑)。
c0137122_10192548.jpg

ただ、ブラウン管テレビは、この程度のサイズでも重いの、かさばるの。(40㎏くらいの重量はあったハズ)

まだまだ綺麗に映っていたのですが、引き取り手がない・・・。
他の部屋にも「邪魔になって要らない」という感じだし、身内とかは既に50インチ液晶テレビを持っていたりする。

私の家が、身内でも(たぶん世間的にも)いちばん薄型テレビへの移行が遅れていたのです。

ブラウン管テレビは、かくしてリサイクル料金を取られて「ご苦労様、有り難う」という事になるしかなかった。(ちと、勿体ない。)

で、(私ん家における)薄型テレビの初導入。

オーディオシステムの入ったテレビ台も一緒に購入。
「いまどきの(価格的にも)これが平均的な人気のサイズです。」と店員に薦められて40インチを選択。
c0137122_1020277.jpg
 
同時に録画機も地デジ化。
外付けHDDもとりあえず2基設置しました。
c0137122_10202658.jpg
 
ブルーレイレコーダーは薄くてコンパクト。(旧式アナログ機の上に乗っている黒いのが地デジ・Wチューナー搭載機。)

まだVHSテープも見ることはあるから再生機としてVHS&DVDコンパチ機(下のシルバーアナログチューナー機)は継続使用。
上に乗っている高さ5センチもないくらいの「黒い筐体」のブルーレイレコーダーと一体化して一台の筐体に見えますね。

最初にブルーレイレコーダーに録画して見たアニメが、「じょしらく」の第10話でした。
c0137122_10205948.jpg

地デジ化放送クォリティのままの画質で録画再生出来るのね。(ちと撮影時に画面に反対側の窓の光が真ん中あたりに反射してますが・・・。)

ブルーレイディスクには、録画をまとめてから焼くつもりなので、まだどんな感じになるのか分かっていません。・・・理屈では、1枚の2層ブルーレイディスクには地デジフルサイズの映像が6時間収録出来るので、30分のアニメなら、1枚のディスクに12話収録出来るわけですね。

ブルーレイレコーダー内蔵HDDには1.5倍速~15倍速録画まで出来るようですが(USB外付けHDDは等倍速固定)、さすがに15倍速は(大画面で見るには)ヘロヘロな画質でした。3倍速あたりなら等倍速の画質と遜色ない感じですね。

今まで、別に普通のDVD画質でもそんなに不満はなかったけど、見比べてしまうとHDDの地デジ収録はやはり凄いなぁ・・・。

ちなみに仕事部屋もモニターの置き換えしたりなんかして。

7~8年前に買った15インチ液晶。(原稿描きデスクの上に置いていた。)
c0137122_10254321.jpg
 
で、4:3画面の19インチ液晶をメインに使っていた原稿描きデスクの反対側にあるPCデスクを24インチワイドに交替。(19インチは15インチと入れ替え。15インチは勇退。押入の中へ。)
c0137122_1026245.jpg
 
27インチくらいの液晶がPCにもホントは欲しかったのだけれど、27インチ液晶は横幅が63㎝くらいになってしまう。
・・・デスクトップ本体と並べておくのがいささか困難になってしまうので24インチで手を打った。スタンダードサイズの19インチと高さはほぼ同じで、横幅だけがワイドになった感じ。
これで16:9画面のアニメとか、シネマとか見ると、スタンダードサイズで大きな黒帯が上下に入っていた画面よりかは、なんぼか大きなサイズでモニターが出来る。

京アニの「Air」DVDを見てみました。
c0137122_10264762.jpg
 
で、そもそも、新設置したPC本体の内蔵ブルーレイで再生すると、普通のDVDの画質まで向上している事が分かった。(それは気のせいではなく、ブルーレイプレーヤーの売りになっている画質補正性能なんだとか。)

しばし(仕事部屋においても)見慣れたアニメが新しい気分で見直せたりする。

c0137122_10272292.jpg
(※「アメーバピグ」の「ピグライフ」もスタンダード画面だとスクロールさせなきゃならない左右が全画面一発で見ることが出来ます。・・・やってない人にはどうでもいい情報(笑)。)

今後は、エアチェックから遠ざかっていた深夜アニメを録画保存していける体勢になりました。(すでに終わったりしようとしている夏季のアニメは取り損なったなぁ。「人類は衰退しました」や「じょしらく」は全話、地デジ画質で撮っておきたかった。)

ま、これからはテレビ放映される洋画とかも楽しみです。
(私は「洋画の日本語吹き替え」のクォリティを買っている人間でして、「吹き替え」は、市販のディスク版より、テレビ放映陣の声優チョイスの方が優れていると思っているのです。「リーサルウェポン」シリーズなんか、テレビ版の声優陣の方が断然いい。)

・・・それにしても、地デジのダビングの制約やHDD収録の他機での視聴一切ムリな仕様は不便すぎるなぁ、とは切実に思います。

この辺の制約は今後、弛めて欲しいよねぇ。


 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-09-22 10:51 | ブログ | Comments(14)