<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

エンターテイメント

自分の中で評価の変化するもの・・・。
 
マイブームという言い方とは、はっきり次元の違う話ですが。
 
エンターテイメントの「評価」というのは、みなさんそれぞれが、自分の中の"ものさし"だったり、まあ、その時の"気分"で流動的であったりするものだと思うのですよ。

ただ、かつてのリアルタイムに感動したことや"思い出"みたいなものは不可侵な領域に刻み込まれて、そこは揺るがないものなのです。(と思っていました。)
 
でもって、
 
お気に入りだった作品を見返す機会の多かった年末年始だったのですが・・・。
 
思い出の中に刻み込まれた『感動』を期待してモニターし直してみるも・・・、「あれ?」と思うことや、もう予想通りか想定以上に「涙腺を刺激」されてしまうような事がございました。
 
まずは、「おねがい*ティーチャー」
これが・・・「?」という再評価だったりしたのです。

c0137122_5335710.jpg
c0137122_5342064.jpg
c0137122_5344258.jpg

この「おねティ」の絵柄や、I’veの音楽が大好き。
 
ただ、再見すると、当時なんとなく受け容れて見ていたドラマのキーワードの"停滞"っていう、
妙な病気ともモラトリアムともつかないような事象が、浮いた感じになってて・・・。
 
その浮いたものが物語の基本設定から外せない構成なのだから、なんともはやこれは、もう。

それでも・・・、"女教師モチーフ"はいいですねえ。
 
私も描きたかったです。
"女教師もの"の作品起こす予定だったのですが、掲載予定誌(?)が潰れたので"私の女教師もの"は頓挫したまんまです。

そして、
 
こちらは比較的近年?ということもあるのですが、いや、この作品は永く「スタンダード」になっていいほどの命を吹き込まれている名作だと思います。
 
『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』
c0137122_5352413.jpg
c0137122_5354819.jpg
c0137122_536624.jpg
c0137122_5362575.jpg
c0137122_5365084.jpg
c0137122_5371386.jpg
c0137122_538181.jpg

キャラクターの描写、感情の表現、可愛らしさやリアリティや、シャレた演出。

どれも秀逸でした。(泣きツボもあったりしました。)
  
ちなみに、「"新しい古い"という愚にも付かないものさしで作品判断をするヤツは××」と思っている私です。

私の中では、たいていのエンターテイメント作品は『出会った時の印象や感動』が共にあり続けるものというのが不文律です。
それは時を経ても「新しい、古い」なんて言葉とは無縁なものです。
 
このところ、"イラっ"とする言葉がウエブにやたら氾濫しはじめた「オワコン」というの。
~分かんない人は各自でぐぐるように(笑)。
 
感想や評価に「オワコン」といフレーズを連発している××なお人は、「チョベリバ」使ってるのと同次元なくらい"うすら寒い"のだと認識してないのでしょうか?。
 
困ったものです。流行り言葉・・・。
 
さてさて、私が今でも感動しまくるのは、
『わんぱく王子の大蛇退治』です。
c0137122_5385039.jpg
c0137122_5396100.jpg
c0137122_5393072.jpg
c0137122_5394869.jpg
 
近年のマクロスの戦闘機描写が加速的に凄いことになっている一方で、それでも、『わんぱく王子の~』のクライマックスの空中戦。その一連のシチュエーションの演出は白眉です。
 
良いものは、リスペクトされ、その文化の伝説や敬愛されるスタンダードとなり、再生産され続けていくものです。
 
 
唐突ですが、
 
『どろろ』という手塚治虫先生の作品。
 
ゲームの3Dムービーでかなり「もの凄い出来栄え」の動画を見ましたが、・・・そういうことです。
c0137122_5402133.jpg
c0137122_5403747.jpg


「不朽の名作」たるチカラがあるからこそ、再生産されたものが好手のワザに為れば、これまた輝くのです。
 
私は以前、~何十年も前、とある某社の編集さんが"「どろろ」が好き"と熱く語る私の話に水を差して「でも、コミックス3~4巻くらいで終わってる作品だし、手塚作品の中では成功作でもないでしょう?」というとんでもないことをのたまったので、内心呆れたことがありました。(誤解のないように補足しておくと、「しゃがら」を載せてくれた出版社の人ではない他の雑誌社のエディターさんです。前出の感想を述べたのは・・・。)

エディターというのは作品の成功や価値を物量や初期に稼ぎ出せた金額で測るお仕事ではないでしょうに・・・。その方の作品の価値判断に大きな過ちがあるのは、「どろろ」をリスペクトしている後年の(多くの)クリエイター達が、例えば、あのゲームソフトのムービーみたいなものに昇華させている、ひとつの事例をもってしても明らかなんです。・・・それは、原作が・・・名作、大傑作なんです。)
 
ま、評価ってのはファン心理でも「好きだったけど醒めた」とか「あれ?、意外と見直すと面白いじゃん」なんて勝手なものですが、これ、作品のチカラでなにがいちばん大きいかというと、それは楽しんだ人の中の「思い出」や「感動の記憶」となっていくことなんです。
 
名曲や、思い出の曲が、自分の過ごした時代とリンクして刻み込まれるような、そういうことって大事ですよね。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2011-01-31 05:31 | Comments(8)