<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

CLANNAD ~After Story~ 『第17話』

CLANNAD ~After Story~ 『第17話~夏時間』
     
思い入れながら、この作品を見ていた視聴者としては、CLANNAD ~After Story~ 『第16話~白い闇』で、いったん奈落の底に突き落とされた。
 
はい、時期外れですが、ずいぶん遅れて、作品感想です。
  
アバン(導入部)で、前話における「妻、渚(なぎさ)の出産直後の死」のショックから立ち直れず、荒みきった朋也(ともや)の生活が描かれる。
c0137122_822738.jpg
故意に破られた表札・・・。
c0137122_823422.jpg
(若い夫婦が人生の希望に満ちあふれていた渚の妊娠期、本来は、こうだった、手書きの表札) ↓
c0137122_8254884.jpg
タイトルに入って、一転、渚の母「早苗(さなえ)」さんのアプローチが凄い。
c0137122_8283587.jpg
愛娘を失ったショック度は朋也以上のものがあるだろうに、凄い女性だ。
c0137122_8294423.jpg
あとの話数で、早苗さんのもの凄さは慈母観音のように感じる事になる・・・。
c0137122_8301046.jpg
ただ、この時は、早苗さんの強引さに朋也も閉口、苦笑する。
c0137122_830473.jpg
とにかく、朋也を無理矢理に誘い出して、
c0137122_8335150.jpg
父親であることを半ば放棄していた朋也を、娘、汐(うしお)と引き合わせる。
c0137122_8342728.jpg
・・・実は、前話の流れから、渚と瓜二(うりふた)つの、「汐」5歳の姿をヴィジュアルで見たこの瞬間に、私などはウルウルときてしまったものだ。
c0137122_8374683.jpg
なのに、なに?。5年間も育児放棄していた朋也の、この目線は(汗)。
c0137122_8381456.jpg
ともあれ、「汐」の祖父母、早苗夫婦の策略によってふたりっきりにさせられた朋也は、ひとまず、汐の昼食の面倒をみる。
c0137122_8392421.jpg
この汐ちゃんの、お食事「手のひら」は、幼児が本当にやる。
(この辺の描写は、あきらかに子持ちのスタッフの観察が生かされている?。)
c0137122_8395266.jpg
でも味は、朋也の目線そのままに、それは幼児に合わせたものではなかった。
「にがい・・・」。ガーリックのせいだった。汐には美味しくない。
c0137122_8412154.jpg
こんな時に、白いご飯があれば、「ふりかけ」だけで食べられる。
(これも幼児が、そのまんまの偏食を、本当にある時期よくやる。)
もっとも、この場合は我が儘ではなく、汐の「智恵」だった。
c0137122_8414937.jpg
そんなこんながありつつも、噛み合わないままの「ふたりっきりの父娘」が、こんな状態のままで「旅行」に出かける。
それは、早苗さん夫婦と4人で出かけるハズだったもので、汐が楽しみにしていたイベントだった。
c0137122_8462620.jpg
どんなに朋也が素っ気なくしても、素っ気なくしきれない彼の何気ない一挙一動に向けて、汐は懸命の(パパに甘えたい)オーラを発散しているのだが、この17話では抑えに抑えている。
抑えているどころか、『男の子みたいだな・・・』と朋也が思うくらいに、これは、まぁ、どこかで朋也似な汐の資質がそうさせているのだが、本心は包み隠されている。
いや、汐自身にも本当に自分がどうしたいのか「朋也以上に戸惑っているし、わかっていないんだろうなぁ。」と、この話の時点では思えた。
 
ところが、である。次の話数で、小さな汐の大きな心の揺れが何を渇望していたか、ごく当たり前の答えが明確になって、私たちの心まで震えてしまうのだ。
 
・・・その甘えたいオーラが、狂おしいほどに強く、どれほど切ないものだったのかを次の第18話が(行間を読ませるという点において、テレビアニメ史上、神業に等しいほどの)奇蹟のような演出力を魅せる。
 
ともあれ、抑えきれない「期待と喜び」が、この17話のラストで、
c0137122_8504084.jpg
とたとた小さな歩幅で歩く汐が、(隣りを歩く朋也は素っ気ない態度のままなのに)
c0137122_8513441.jpg
やがて「スキップ」になるという演出。
c0137122_852223.jpg
それが、そのまんま、これまでの全話数でエンディングの導入部となっていた「女の子の元気なスキップ」にそのまま繋がるという、最初っからスタッフが用意していたレイアウトにハマるあたりは、お見事としか言いようがない。
(余談ながら、当初、このエンディングの女の子の「スカート跳ね上げる歩き動画」を、渚か、誰か他の高校生ヒロインたちのものだと勘違いしていた視聴者もいらしたようだ。・・・かく言う私も、最初数話は幼児の足元なんだとは気が付かなかったクチである(笑)。)
 
「CLANNAD ~After Story~」という作品の核心とクライマックスは、第16話~第19話で成就している。
(ひたすら愛らしい「第20話」もおくづけとしてプラスしていいかな。)
 
では、原作ゲームの「マルチ・エンディングというゲーム・シナリオ」を逆手に取ったような21話と22話「最終話」が、ハッピーエンドのための予定調和だったか、どうなのかという真の意味合いついては別の機会に触れましょう。
(ここを深読みすると、ドラマ全体の終わり方の大団円とはうらはらの「残酷な可能性・・・むしろ、ある意味の真理」、私たちの人生にも寄り添っているであろう「何か」に慄然とすることになるのです・・・。)
 
なにはさておき、テレビアニメ史上、「奇蹟の回~第18話『大地のはて』」については、次回に語りましょう。              
             
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-31 09:00 | Comments(4)

新シリーズ、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』第9話

昨夜、放送された、新シリーズ~アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』第9話は・・・。
 
前シリーズ既出の『ミステリックサイン』だった。
c0137122_82622100.jpg
本当に、どう完全新作が挿入されるのか分からないので困る。
  
ただ、『ミステリックサイン』をあらためて見ていて感心はした。
新シリーズの(先週話)第8話『笹の葉ラプソディ』の内容をちゃんと受けたセリフがあるからだ。
 
「(キョンのナレーション)七夕の時、憂鬱だったハルヒは、期末試験期間中にステータスをメランコリー状態から回復させて、また好き勝手に振る舞うようになっていた・・・」
c0137122_8274020.jpg
「(ハルヒ)あんた覚えてないの?」
「(キョンのモノローグ)
3年前の七夕がどうとか言うつもりじゃないだろうなぁ~?。」
c0137122_828514.jpg
これ、原作未読派にはアニメ・前シリーズの時には「?」なセリフだったのだが、
c0137122_8282566.jpg
にもかかわらず、しっかりシナリオに入れて自然なセリフの流れとして喋らせている。(前シリーズにおいては、強引な挿入である。)
 
『笹の葉ラプソディ』の話が前シリーズには無かったのに、繋がっているセリフを既にして、喋らせているのだ。
 
今回、ようやく繋がった。
     
・・・伏線だらけのシナリオなんですね。
 
成る程。 
 
ただ、
 
関西では、もっと困ることがあった。

 
というのは、新シリーズ『涼宮ハルヒの憂鬱』の放送日の前時間に、たいていこのシーズンは「阪神タイガースの野球中継」が試合終了まで、完全放送されるからだ。
※地元、応援団局のサンテレビだから、毎シーズンそうなのだ。
 
つまり、試合時間が延長になると以降の番組はズレる。
 
うちのビデオデッキでは録画予約が役に立たないし、そもそも、定時間通りに「ハルヒ」が放送されていたら、ぶつからないで済むハズの、他チャンネルの「深夜アニメ放送枠」と重なってしまうのである。
・・・我が家には、4~5台のアナログ・ビデオデッキがあるが、HDD搭載は1台だけ。
 
この日には他チャンネルで「バスカッシュ!」と「けいおん!」をやっている。
この2タイトルは、今季、特に私が気に入っているアニメだ。
 
・・・「ハルヒ」の新作も気になるし、・・・野球放送で時間がずれると、どちらかが「テープ録画」になってしまう。     
今年の阪神タイガースはダメ虎になっているので、私は本来「虎党」なのだが、「ハルヒ」のある、木曜日深夜だけは雨で野球中止になれ!と思う・・・(笑)。 
      


ところで、リアルタイム速報。
 
今、テレビで「ダイハード2」の再々々々放送を見ていたら、予告をやっていた。 
 
7/3に、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、金曜ロードショー枠で放送されるそうだ。
いつもは洋画や、たまに邦画とかもやるけれど、ジブリ以外のアニメ放送は(この枠では)珍しい。
 
しかも1ヶ月以上も先の予定をもう広報するなんて・・・。
         
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-29 21:53 | Comments(4)

ピアニストさんへ

Dear~ピアニストさんへ。
 
こんな感じに、少し前に、ひとまず仕上がっているのです♪。
(『飾り枠』がウエブで簡単に拾えると思っていたら、イメージしているようなものが全く無くて、ず~っと考え込んでいました。結局、ウエブで拾うのは諦めた。)
c0137122_705898.jpg
こういうヴァージョンもある。背景は「ウエットストーン」さん。
(こっちは「ウエットストーン」さんの最新ブログ画像からいただいた。マスター、事後承諾だけど拝借しましたッ!)
c0137122_711917.jpg
で、コード・ネーム「ハルカ(Haruka)」の所は、ピアニストさんのご本名になります。
 
一応、こちらは一般公開ヴァージョンで♪。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-25 07:06 | Comments(6)

わ、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』~新作だ!

今、関西で、単なるアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の再放送だと思っていた、この放送枠で、
 
完全新作をやっている!
(関西のサンテレビが最速放送だったらしい) 

タイトル/8話「笹の葉ラプソディ」である。
 
原作に、このタイトルの話があるのは知っていたが、再放送枠で、いきなり『新作』を混ぜて発表するかー!。
サプライズだな、京アニのやることは・・・。
 
とにかく、視聴中である。
 
録画しておいて良かった(笑)。
(ふつう、再放送なんて録画しないでスルーしてるよ・・・。)
 
特に私は、アニメ情報を前もって検索してまで視聴はしていない。
 
新聞のテレビ欄をその日に見て、出会い頭でアニメ放送を楽しんでいる。
(だから、夜型の生活の私は、関西で日曜日午後5時から放送している「鋼の錬金術師」は、半分の話数を見損なっている。・・・予約録画も当日になってからしかしないからだ。・・・アニメの放送って、他番組の影響で、簡単に放送時間を変更されるからだ。予約、意味無い。)
 
で、「笹の葉ラプソディ」の放送が終わった。
こんな感じの画面。(綺麗なキャプチャーでなくてすみません。)
c0137122_49232.jpg
c0137122_18284521.jpg
詳細な内容のコメントは控える。(こういう不意打ちでは未見の人も多かろうから。)
c0137122_492862.jpg
c0137122_494862.jpg
c0137122_4101062.jpg
キーワードは「3年前」である。
c0137122_4103259.jpg
でも、主要キャラで3年前の姿で登場するのは「中学生ハルヒ」だけ。
c0137122_18292018.jpg
c0137122_18294174.jpg
お馴染みのキャラたち。微妙に髪の毛の雰囲気や顔が違う。
c0137122_4105453.jpg
総作画監督さんが前シリーズから変わったせい?。(池田昌子氏→西屋太志氏)
c0137122_4111487.jpg
c0137122_4113278.jpg
c0137122_412135.jpg
c0137122_4121871.jpg
エンディングも新曲、新作になっていた。
 
・・・しかも、例によって再放送Ver.では、来週の予告をやらない。
 
こうなると、次は再放送分をやるのか、どこかにまた新作を挿入するのかわからんっ。 
 
なんという、レーダージャマー効果だろう・・・。
                  
再放送も侮れない。
・・・というか、こうなると、確信犯的に、第2期放送なんじゃないか?。
(どんどん、新作が、あと数話分は混じってくるのならね。)
いちばん最初のテレビ放送分の「シャッフル放送」を褒めていた私としては、時系列順の放送も、こういう粋なことをやるのなら、納得してあげる。
 
・・・ただ、「笹の葉~」だけで(あるいは新作が、あと1本追加の2本割増くらいだけで)、その他には新作が入らなくて、DVDを再度「ホントの全巻」として売り直すという手管なら、噴飯ものだ(泣笑)。
    
ウソでも、新作は4~5本は混ぜてくれ!。     
(新作10~12本入れて、全24~26話というのは、さすがに有り得ないと思う。が、・・・もし、それをやったら凄い!!。第一期のDVDを持っていても、”あらためて”買い直すしかない。但し、1~2本の新作のためだけに全部を買い直すのはビミョーだ・・・。「笹の葉~」1本だけが新作、という予感もあったりして・・・。?、どうなるのか分かりません。)      
       
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-22 04:15 | Comments(12)

アニメ『けいおん!』が楽しい

今、見ている今春に始まったテレビアニメでは、『けいおん!』がお気に入り。
 
『バスカッシュ!』は私の個人的な当初の予想をいい意味で裏切って面白いし、新シリーズ『鋼の錬金術師』は安定していて見応えがあります。
他にも良い作品は色々とありますが、(中には「なんだかなー」という作品もありますが・・・)
そんな中で、『けいおん!』はヒジョーに気楽に見られて素敵です。しかもお洒落。
c0137122_6215391.jpg
女の子たちが集まっている絵は、それだけで和む。
c0137122_6222012.jpg
c0137122_6224065.jpg
キャピ、キャピとほわほわだ。そしてバカだ。
c0137122_623016.jpg
右側の音楽教師のさわ子先生が後の話数で弾ける!。さわ子先生のファンです♪。
c0137122_6231823.jpg
で、この子たち、本当に「おバカ」の集まりです。
c0137122_6234265.jpg
「きゅん」となる親友の表情の前で
c0137122_6242321.jpg
女同士で「萌え~萌え~♪」とかやってるし(笑)。
c0137122_6251950.jpg
原作がストーリー構成の4コマ漫画という、最近増えているアニメ化ものの中では、京アニ製作・演出ということがやっぱり強いのか、原作の行間を埋めて膨らませる構成が絶妙である。

これは、アニメ化のシナリオが、面白さの増幅装置になっていることを疑いません。
c0137122_6253942.jpg
c0137122_628331.jpg
c0137122_6273366.jpg
c0137122_628253.jpg
c0137122_6284026.jpg
このエンディング・テーマが、実際の邦楽チャートでも上位に入ってきている人気らしい。
侮るな、アニメ音楽!。
 
私も何か楽器を奏でられるアーチストになりたかった。
 
音楽を聴くのも楽しむのも、ことのほか大好きで、ごくごく軽くオーディオ・マニアなんだが、楽譜は読めず、歌うのもダメという、演奏者としての才能は皆無なんである。私は。
 
こればかりは、楽器を演奏出来る人、歌の上手い人に憧憬の念を抱かざる得ない。
 
というか、演奏家を尊敬しています。
          
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-20 06:39 | Comments(6)

でも、やっぱり抗えずに・・・

「マスコミ過剰に騒ぎすぎ」と言いつつも。
 
必要があって外出すると、町ゆく皆さんマスクばかり。
・・・でも、どこの店頭でもマスクは売り切れなんだよね。
 
「だったら、しなくていいよー」と居直りつつも、やっぱり抗えずにネット通販で、ようやくマスクを手に入れましたよ。
c0137122_637823.jpg
こういうのを箱買いで。ちょっとモデル写真を拝借。
 
知り合いの看護師さんなんかに聞くと、やっぱり木綿の単なるガーゼ・マスクでは、ホコリよけ以外には何の意味もないらしい。
 
にしても、この手のマスクはピンキリあると言っても、基本的に高価だ。
(経済的に買えない人はどうするんだー。支給しなさいよ、行政が。)
 
マスク・メーカーや輸入業者は特需ですね。

でも、これも知り合いの看護師さんが言っていたが、「本当の感染現場でない限り、プロの私たちも、外来担当では1枚100円程度の使い捨てマスクしか使っていませんよ。・・・1枚500円以上のマスクなんて、一般家庭の予防用としてはオーバークォリティかな。」なんてね。
 
20枚のセットで1万円のマスクを買うのは、行き過ぎ感があるのは否めない。
 
なんにせよ、自分のために防ぐというより、相手への気遣いというか、こういう事態のもとでは一般市民もマスク装着して出歩くのが「マナー」になってしまっている感じなのだよ。
 
へそ曲がりな私も、この雰囲気には「右へならえ」するしかなかったなぁ。
              
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-19 06:50 | Comments(4)

だからと言って、過剰に「騒いじゃいけません。」

大変です。

新型インフルエンザの騒ぎで、神戸市は高校を中心とした学校が「1週間の期間」休校ということで。
大阪でも新型インフルエンザの感染が確認されたとか。
 
いや、もう、こうなると既に関西とかだけじゃなく、日本中に蔓延し始めていると考えるべきだろうし、難儀なことです。
(仕事でも人の流れは関西と全国は随時繋がっているし)
 
それが、なんで会社とかではなく、まず「高校生の発症」ばかりがニュースになっているのか「?」です。
 
学校は一定期間休校に出来るけど、企業なんかが会社ごと1週間とか休止したらどういう大損害になるのでしょうかね?。
   
まぁ、「想定外」なんて言葉を口にしている行政の人たちの認識が信じられない。    
渡航者の帰国の際に感染疑いがかけられた時点で、そんなもの水際で完璧に食い止められるハズがなくて、ザルのごとくすり抜けているでしょう。
 
こういう事態は容易に予測出来たろうに。
      
普通の風邪引きでも、発熱したら通院しにくい状況って、どうなるんですかね。
 
でも、パンデミックとか騒いではいけません。(冷静に考えれば、WHO的にはそろそろそういう評価「フューズ6」とか宣言しそうだけれど。)
 
まぁ、私の周辺では何事もありませんが。
過敏になると、劇場に映画も見に行けませんね。
というか、どこにも出かけられん。
「不必要な外出はやめましょう。」とか行政がアナウンスし始めているらしいし。
・・・それも無理でしょ。
何十万人~何百万人が在宅モードになっちゃ埒が開かないし。

でも、ま、自宅で、美味しくケーキをいただく。
c0137122_4304055.jpg
栗(マロン)とか、とても好き♪
c0137122_43168.jpg

ケーキも和菓子も好き。
 
お茶が旨い。
      


さて、上の記事を書いた早朝から半日。
今日のニュース報道なんか見ていると、やっぱり大騒ぎになっているようだ。
 
町ゆく人々が皆、マスクをつけている。
町の薬局、コンビニとかでマスクは売り切れ。
外出時にマスクをつけていない人は「店に在庫がなかったから買えなかった」というわけである。
 
各病院の外来も、日頃、病院に来ない人が殺到していて、病院側のキャパ・オーバーになっている。
   
心理的な軽いパニック状態だ。
 
そりゃ、海外渡航組のすり抜け、潜伏期間からの発症というのが、いちばん自然な流れだろうから、そういうキャリアーが電車やバスを使っているとなれば、今の発症確認数十人(第一報では数人)が数百人から数千人になるのは火を見るより明らかだろう。
 
で、今回の新型インフルエンザ、基本的に症状が軽いのだ。(通常のインフルエンザ並か、治るとなったら季節性インフルエンザよりも速やかに回復するようだ。)
 
日頃健康で丈夫な人間なら「おや?、しんどいな。」と思いつつ、たいした発症もせずになんとなく治ってしまうケースもあるようだから、こんなもの止められない。
そういう人が感染中に(感染した自意識がないまま)動き回っているだろうからだ。
  
なんか、軽くかかって、さっさと免疫を持った方が安心出来そうだな、というのは暴論で非難されそうだが。(感染発症して、治って免疫を得た人からは、もう次には感染しないのだ。)
なんか、そんな風に思ってしまう。
 
風邪ひきは、普通のカゼも、扁桃炎さえゴメン被りたいのは勿論なのだが。
     
高校のみならず、中学校、小学校、幼稚園、保育園、大学は公立は休校。私学に対しても休校要請。

「神戸まつり」も当たり前のように中止。
参加予定者もがっかり。露天商などは大打撃。
    
はやく冷静な対応に、諸機関が軌道修正しないと、今の騒ぎや市民の反応は「社会機能のまひ」を引き起こしそうなほど過剰すぎるような気がする。
           
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-17 19:59 | Comments(8)

萎え~~~~~~~~~~~・・・・・・。

昨日、知ったばかりの私にとっての「暗い業界ニュース」で、
 
目下、気力、萎え萎えで~す。
(私の企画が、ほぼ、ぽしゃったのと同義なニュースなので。)
c0137122_717149.jpg
(※こんな感じ。こなちゃん拝借。)
 
不幸な出来事って、続くのだろうか・・・。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-15 07:18 | Comments(4)

ファイナルファンタジー8の名シーン

FFネタが続くが、今回はこれ。
 
今、部屋の「整理整頓強化月間」で、頑張って片付けごとをしているのだが。
たまたまゲームプレイの録画ビデオが出てきた。
 
こんなもの録ってたんだ。
オタクだよなぁ。
 
「FF8」で、とりわけ印象に残っているのが、ヒロインが宇宙空間に放り出されて漂っているシーン。
 
もう彼女は、宇宙服の酸素残量もゼロとなり、死にかけていた。
c0137122_7273164.jpg
c0137122_727557.jpg
c0137122_728151.jpg
でも・・・
c0137122_7283920.jpg
c0137122_7285870.jpg
彼女と恋人との絆となっている(無重力空間に浮かぶ)リングを目にして、生きる気力を取り戻す。
c0137122_7291711.jpg
c0137122_7294028.jpg
涙が粒となって宙に浮かぶ。
c0137122_729555.jpg
c0137122_7301251.jpg
予備酸素タンクのスイッチを入れて生き延びる彼女。
c0137122_7303319.jpg
いったん底をついていたエアーが、プシューとメット内を満たす。
c0137122_7304852.jpg
 
その僅かな「生き延び時間(チャンス)の追加」の間に、ちゃんと恋人は助けに来てくれるのだけれど・・・。
    
このシーンの少しあとに、ゲーム中でもあの名曲主題歌、フェイ・ウォンの『Eyes On Me』が流れるのだが。
その前のヒロインの「はぐはぐ」おねだりが可愛いかった。
 
Final Fantasy 8 GFs


単なる編集繋ぎだけれど、ある意味、力作だね。これ。↑
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2009-05-09 07:39 | Comments(6)