カテゴリ:アニメ( 88 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)を見ましたよ♪

アニメ『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)を見ましたよ♪
c0137122_1002964.jpg

2009年に発売されたPCゲームが原作で、2011年にTVアニメ化されたということで。

じつはリアルタイムには「シュタインズ・ゲート」というタイトルさえ、私の意識野にはかすりもしていなかったのです。

私のブログによく書き込みをしてくださるネット知人様の、かなり熱心な推薦が切っ掛けで今頃になって初見しました。

ニコニコチャンネルの有料サイトで全24話を一昨日に見終わった所です。

(ちなみに、ヘンな法律が正当で十分な議論もないまま施行されちゃったからねぇ。せいぜいモニターをSS"スクリーンショット"してトリミングしたものを載せておきます。)
c0137122_1011576.jpg
 

ともあれ、ニコニコチャンネルの過去放送分アニメのまとめ買いが出来るのは有り難いです。(画質は、近頃のハイビジョン画質と比較すると、昔のアナログ放送をVHSで録画して再生した程度のクォリティになってしまいますが。視聴するだけならまず十分。)
この課金動画内においても「シュタゲ、BD発売」の広告が入っているので、画質にこだわる人は『BDソフト』をあらためて買うのも良い選択かと思います。

アニメ『シュタインズ・ゲート』

 
傑作です。

無理矢理一言で言ってしまうと「時間遡行」。

タイムマシンものです。

あからさまな「タイムマシン然としたタイムマシン」が、いきなり登場するような話ではないのですが。(~もっとも、実はこの表現にはホントは齟齬があってここでは種明かしは出来ず伏せておきますけど~)

なんと言っても新鮮なのは「電子レンジ」+「携帯電話」などという実にチープな構成で、劇中「D(ディー)メール」と呼称される、『過去に、メールを送信することの出来る装置』ってのが主人公達の手によって(偶然に)生み出されることになるのです。

なにも「物理的に」何かを転送することなく、情報としての"わずか数文字の言葉"を過去に遡って送るだけで、「過去改変」が起きるというエキセントリックさ。
(但し偶発的に出来た装置なので、そのスペックとしては、たった36バイト分のデータしか送信出来ないリミッターがあるわけなのですが。)

でも、例え数文字の情報だろうと下世話な所では、ロトくじの当選番号などを過去の自分に教えることが出来れば大勝利であるわけですね。

何か修正したい「過去の自分や人の行動」を変えたければ、過去のその人が、そのメール文面を信じて行動するような言葉を送ればいいわけ。

ドラマにおいては僅かな切っ掛けで「過去改変」は起きていくのです。

それは些末な事から、タイムパラドックスで言う「バタフライ効果」によって、思いもかけない町ごとの改変に繋がったりもする。
ある意味「世界が変わっていく」事態になるのです。

主人公達は、好奇心やイタズラのような気持で過去改変を起こすような「時間遡行メール」を次々と試行していくのだったが、これが深刻で重大な禍根を招く事態になるのです。

死ななくて良かった人の「死」が唐突に降りかかってきたりとか・・・。

未来の57億人の運命だとか・・・。


「Dメール装置」は若き天才科学者、牧瀬紅莉栖(まきせ くりす=メインヒロイン)の協力によって「タイムリープ装置」にヴァージョンアップされて、人の意識を過去に遡行させることに成功。
つまり、「世界線(時間軸)」を変えても、変わった世界と変わる前の世界との両方の連続した意識野(記憶)を持った人物の存在を可能にさせる。
c0137122_16211896.jpg

その時間遡行者が主人公、岡部 倫太郎(おかべりんたろう)ということになるのだけれど。

物語は中盤に強烈なターニングポイントを迎える。

理不尽な「人の死」だ。

本来、死ななくて良かった人の「唐突な死」を主人公、岡部 倫太郎はなんとか救おうともがきつづけることとなる。

なぜなら(どんな死に方をするかが分かっている人を危険から回避させるように)何度タイムリープを繰り返しても悲劇は回避出来ないからだ。

まるで時間軸に干渉した主人公達への「咎め」のように、残酷なほど「絶望的な運命」に物語が収束しつづける。

「魔法少女まどか☆マギカ」でも暁美ほむらの絶望的な抗(あらが)いがあったが、この辺は、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのような「楽天さ」とは対極にあるものだ。

同じ時間遡航もののテーマだからと言って、ハリウッドの「BTTF」を引き合いに出すのはお門違いだと心得つつも、アニメ「まどマギ」や「シュタゲ」のドラマ的な掘り下げの凄さ、せつなさに胸が熱くなるばかりである。

劇中造語や実際に(こちらのリアルで)提唱された語句も混じるが、
世界線(せかいせん)、
世界線収束範囲(アトラクタフィールド)、
世界線変動率(ダイバージェンス)
運命探知の魔眼(リーディング・シュタイナー)

といった、複雑怪異な言葉や事象でさえ、使い方がじつに巧みなので、自然と心にとまる印象だ。
(このアニメを見れば、上記の語句の意味はとても分かりやすく理解できたような気になります。とりあえず、ここで言えるのは「一度流れの変わった「原因」と「結果」を持つ時間軸の"帰結すべき結末に向けての修正能力"は「ぱねぇ」ッてことです。」"誰かの不慮の死"という期日が、とある原因で確定するとその原因を見極めない限り、途中の経過線をどんなにいじっても結末は変わらないということです。)

時間遡行、過去改変、パラレルワールドへの解釈やそれによって生じる事象描写の小気味よさとかがツボの抑えどころ。

人の意識や想いが、どう揺らぎ、何度も書き替えられる歴史や記憶へのジレンマによって生まれる失望感、あるいは救いといったものが、
タイムマシンものにありがちな混乱してくるエピソードの中に埋没することなく活写されます。
「人の想いのひだ」の分だけを、『シュタインズ・ゲート』という作品は「そうまとめていきますか・・・」とか「そんな切り口で描写しますか・・・」というほど見事なエンターテイメントに仕上げている。
「絶望感」、「奇跡」、「安堵」、「また別な絶望」といったものを繰り返すのです。

それが視聴者をおいてけぼりにしてしまうような、マニアックな袋小路に陥ったりとかは微塵もしない。巧みなハンドリングで、私たちは登場人物達と共に嘆き悲しみ、それでもなんとかしたいと抗う思いを共有できるのです。
(※ぶっちゃけると、しれっとネタとしてのネラー用語が連発されていたりと、少しばかりのマニアック度は炸裂していますが、解放されてるマニアック度なので問題ないのです(笑)。)

これほど深刻な題材において、底抜けに笑えるエピソードもあったりするから、そこのところもホント凄い。したたかなほどにコミカルな要素もちりばめられています。

ちなみに、

あくまでも個人的な感想ですが、アニメのキャラデザインは今日この頃の比較的画一化されている「萌え文化」の方向性からするとアク(個性)のあるもので、そういう意味ではちょっぴり異色です。

主人公、岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)。時々、"空気を読む"マッドサイエンティスト(つまり、いいヤツ♪)
c0137122_16233318.jpg
牧瀬 紅莉栖(まきせ くりす)。若き天才科学者。
c0137122_16234379.jpg
椎名 まゆり(しいな まゆり)。この子の運命の弄ばれ方が中盤からクライマックスにかけてのキーポイント。
c0137122_16235467.jpg
橋田 至(はしだ いたる)。天才ハッカー(て言うか、ある意味の究極の天災科学者その2)
c0137122_1624460.jpg
阿万音 鈴羽(あまね すずは)。バイト戦士。
c0137122_16241429.jpg
漆原 るか(うるしばら るか)。・・・だが、「男だ。」
c0137122_16243024.jpg
フェイリス・ニャンニャン (Faris Nyan-Nyan)。本名ではない。本名は・・・。
c0137122_16244091.jpg

(アニメを見てからの興味で、原作ゲームのイラストも拝見したけど、独特な個性の絵柄や彩色の仕方だった。~アニメ以上に可愛い佇まいのキャラもいたりして、一方、アニメ化のキャラデザインは、アニメとしての作画監督の個性で成立している感触がある。~私は原作絵も、アニメの絵柄もどちらも好きです。)

そしてストーリーの入り方も、媚びた方向にキャッチーな手法は取っていないので、(言い過ぎかもしれないけど)独特の雰囲気に期待を寄せつつ、惹かれるものはありつつの、序盤の数話分は少しばかりの辛抱が必要な「???」な展開がしばし続くのです。

主役のマッドサイエンティストを自負する鳳凰院凶真(ほうおういんきょうま)=実名:岡部 倫太郎(おかべ りんたろう)に、初見の視聴者は、まず感情移入することは難しいのですから(笑)。

人によっては、この作品とのお付き合いを序盤で挫折しかねないような一面もなきにしもあらずなのだ。

ところが、こうした痛々しい挙動の多いキャラクターが、男女ともに登場する比率の高い本作で、なお視聴者を惹きつけている要因は、作り方の丁寧さにある。

物語の構造がじつは伏線だらけだから、「今はわかんないけど、これは何かある。何か化ける可能性のあるものが濃厚ににおう」そんな風な「興味」への惹きつけ方というか磁力があるのだ。

そのひとつが、声優陣の「演技力」である。

「これはちと鼻につくかも・・・」という描写までもが、やがてクライマックスに物語が至る頃には本当にものの見事に化けるのです。
凄まじいまでに化けていくし、逆手に取られて打ちのめされるほどなのです。

痛々しい「厨二病」全開の主人公のセリフのエモーションまでが、クライマックスで鳥肌物の感動に繋がってくるのだからこれは凄い・・・。

演技者(ここでは声優さん)の感情を絞り出す「せつなさと悲しさ」の迫真ぶり、静かな魂の吐露や打って変わっての咆吼っぷりに、眼や耳は釘付けになるほど揺さぶられるシーンが出てきます。

職業声優という名の「俳優(男優、女優ともに)」の実力、これが凄い作品です。
とりわけ、岡部倫太郎の声優:宮野真守さんの前半と後半の変貌ぶり、終盤間近のとあるシーンには胸を打たれます。


未見で興味を持たれた方は、しっかりと全話のエピソードを見届けてください。

ほどなく、そのまま2周目を見る気持になるのは請け合います。

2周目で「あ~、ここにもう、こんな伏線があったのか・・・」と感心することになるのですから。

2周目で、まだ「泣け」ます。

3周目でもまだ感動が深まります。

言うに及ばず、初見で、ぐいぐいドラマに引き込まれていくうちには泣かされしまうからこその2周目、3周目なのです。(私はこのレビューを書くまでに4周しちゃいました(笑)。)

エンターテイメントとして楽しめて、大きな感動も、明快な人生の教訓もある本作。

見ておくべき傑作アニメだと思います。

「あったことをなかったことにしてはいけない。」
「その過去があって今がある。」
「その先に来たるべき未来がある。」


「生きることは本来、やり直しの効かないことだから・・・」そういうものなんですよね。
過去に起きてしまったことはなかったことには出来ない。
でも、これからは、明日は?。私たちが作っていけるものなんですよね?。


桐生 萌郁(きりゅう もえか)~真ん中にいる女性。このキャラがまた、「コミュ障」というか、立ち位置が複雑・・・。
c0137122_16272457.jpg

それと、
「良い作品」が生まれる時は、「音楽」もこれまたいい♪というように、奇跡のように全てがステキになりますねぇ。
はい。
OPとEDの主題歌がこれまたいい!。

メロディラインも歌詞の内容も素晴らしい。

構成も凝っていて、あえて言及すると、終盤、第22話から、23話、24話と毎回エンディング曲が変わり、OPの方も、第1話から第22話までの流れをふまえて、第23話と24話では歌詞内容が変わっているという凝りよう。

OPからEDまで、

場合によってはEDのあとのエピローグに至るまで、

このアニメ作品は全ての話数、頭の先から尻尾の先まで必見必聴の『名作』です。

c0137122_16274798.jpg




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-10-27 10:22 | アニメ | Comments(2)

こちら、幸福安心委員会です。

これは凄いアンチテーゼだなぁ。

ちょっと自分のブログに貼るのは躊躇(ため)われたけれど、まぁ、あえてリンクしておこう。

ラスト怖い。

【初音ミク】こちら、幸福安心委員会です。【オリジナル】


こういう使い方もあるのね、ボーカロイド。

好き嫌いが分かれるという以前のテーマかもしれないけれど、なんか、無視できないモノがあって・・・。

ひとまず、ヴィジュアルがいいってことか。
魅力的な絵に支えにられると「毒」を盛られているのが、なんか入ってきちゃうという感じ。
(※この絵の構図やポージングに関して"パクり"を指摘する動画まであって苦笑いはしたけど。)

なんにせよ、こういうのに気持ちが止まるのは、まさに歌の内容の"それ(胡散臭さそのもの)"を我々も感じているからなんだよねぇ。

個人主義も困ること多いけど、全体主義は怖いわ、やっぱ。

ちなみに、まだ「発信する自由がいくばくかは残っている(これも案外、風前の灯火のような気もする・・・)」日本では、この歌の「替え歌」が増殖してます。

僕たちは、笑顔も守りたいのと同時に、(ごく控えめに賛同者を得られる程度の)毒づく自由も守りたいのですよね。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-07-20 05:56 | アニメ | Comments(8)

「時をかける少女」ふたたび

ふたたび、どころか、もう7~8回はモニターしているような気がする。

関西では、昨夜の深夜枠にて「時をかける少女」が再々放映されていた。
今夏、細田守監督の劇場版新作映画が(7/21)からロードショーされるので、その前夜祭的な感じだね。

印象的な劇中の「踏切」の描写。
c0137122_69474.jpg
c0137122_695838.jpg
c0137122_610518.jpg
c0137122_6101250.jpg
 
そして、見ていて「もらい泣き」してしまうシーン(笑)。
c0137122_611512.jpg
c0137122_6111223.jpg
c0137122_6112191.jpg
c0137122_6112981.jpg
c0137122_6114135.jpg
 
この「時かけ」は、今のところ、私の中では劇場版邦画アニメで、上位10傑の中のひとつに入ってくるお気に入りなのです。
繰り返し見ても・・・凄いよ。出来栄え。清々しさとせつなさ。

じつに名作です。

とてもいい気分になれる作品で、細田監督の新作映画も楽しみだ。

ただ、近作の「まどか☆マギカ」的な解釈で言うなら、

この「時かけ」は未来に希望を繋げる大団円ながら、それは「都合の良い選択肢をチョイスし続けた」結果のハッピーエンドであるに過ぎない。

ドラマの中でヒロインやもう一人の主人公が見たハズの「不幸な踏切事故」は、起きたままの世界がどこかに置き去りにされているのだ。

本来、起きてしまったことはもとに戻せない。

"タイムリープ"のタイムパラドックス的な話は、時間遡行者の記憶がちゃんと繋がっているので、彼や彼女の意識と経験の中で、起きてしまったことが「刻みこまれたまま」・・・ということは、それはどうにも変えようのないひとつの現実なのだ。

時間遡行者は、(自らの都合のいいように)自分の身の回りを歴史改ざんをしているケースが多いので、タイムリーパーが時間操作したぶんありとあらゆる可能性の「並行世界」を増やしているだけなんだ。という考え方になっていき・・・、これはもうどツボにはまる。

でもね。

それは、SFの概念を持ち出さなくても、普段の私たちが「そういうたくさんの可能性の世界の中のひとつ」の結果の中で生きていて、他はあり得ないと完全肯定も出来ない。
まぁ、「歴史にたらればはない」というけれど、もしかしたら「タラもレバーも」もあるのかもしれないよ。

「あのとき、ああしなかった私」

「あのとき、ああしていたら、こうなっていたかもしれない自分」

そして、
「可能性としての、別の判断や行動をしていた自分がいる世界」ってのは、どこかにあるのかもしれない?。どうだろ?。

普通に考えれば、そんなものはあるわけない。

あるのかも、と過程すれば、それは「架空の物語」になっていくのだけど、普通は今ある世界が唯一無二だと思えるよね。

それでも、その世界を眺めて観測出来る自分の「意識」はなんと小さな行動範囲と鎖に繋がれているままなのだろうか?。

私にしても・・・。

地球は丸いことを知っているのだけど、宇宙に出て自分の目で見たことないしねぇ。
~だけれど、「うん、地球は衛星写真で見せてくれる通りに、あんな感じで間違いないんだ」などとは割と抵抗無く受け容れられるし、その一方でどれほど色々な事例を示されても、「心霊現象」や「占いの類」というのは、それを楽しむ限りにおいては聴いていられるけれど、心底信じることには肯定的ではない。

それ、言いだしたらキリがないけれど。

だから、まぁ、想像することも、知っている人の話を聞くことも、信じることも、疑ってみることも、人は好きなんだよね。

人はそういう生き物だからこそ、『物語』ってのが愛されるし、好かれるんだよな。
それは「そんなことがあれば面白い」と思えるからだし、物語は、人生の「教室」だし「智恵」の宝庫でもあるからだ。

心情的には、物語の中の一言やエピソードが、人生の道しるべや宝物にだってなることさえある。
c0137122_6122919.jpg
c0137122_6123620.jpg
c0137122_6124472.jpg
c0137122_6125181.jpg
c0137122_613034.jpg
c0137122_613761.jpg
c0137122_6131220.jpg
c0137122_6131882.jpg

そう。『物語』は大前提の虚構の中に、たくさんの真実もちりばめられていることをみんなが感じ取っているからね。

タイムパラドックスの話とは別なアプローチで、今夜見た「時かけ」の中には、たくさんの"大切なこと"、"真実"がちりばめられていたから、それを感じ取れた人は、この「物語」を愛せるんだよね。

それは、ヒロインの意識がどう変化していったか、成長したか、何に気が付き、どう向き合えたかということが(微塵も教条的にはならず、とても率直に)描写出来ていることが素敵なんです。

それは物語としての、語り口や、仕掛けの面白さ、整合性に拍手する気持ちと併せて、「心を震わせてくれるようななにか」までをも見せつけられてこそ昇華する。

感動出来るんです。

c0137122_613296.jpg


こうしたシーンの美しさだけではなく、あたふた動いている「人の日常の、さりげない生活臭」こそが大切。
じつはもっとも愛すべきものがそこに活写出来ていることが魅力的だったりもするものです。


       
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-07-18 06:22 | アニメ | Comments(6)

AIR 夏影

また、もうじき「夏」が・・・
 
(その前に梅雨があるけれど・・・。)

【最高音質】 AIR 夏影 【目から何かが落ちてきた】

時間は過ぎて行くなぁ。
 
とも蔵(川上とも子)さんがいなくなっても、また夏が来る。
 
でも、作品は、いつまでも寄り添うように私たちの傍にあるんだね。
 
 
 
ほほぅ、ちなみにアクセスカウントが27万ヒットになってる・・・。
 
30万カウントが、なんとなくサイトとしての「がんばりました感」のある数字だなぁ。
 
30万になったら50万アクセスも目指せるのかな?。
(100万アクセス達成は、まぁ有り得ないことなので想像もしてないけど(笑)。)
 
ご訪問いただいている皆様、ありがとうございます!。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-05-31 20:30 | アニメ | Comments(6)

ーξ═┻┳︻▄ξ(✿ ❛‿❛)ξ▄︻┻┳═一ξξ ティロフィナーレ!!!

私自身、毎日これ聴いているなぁ(笑)

ヴァージョンがいっぱいあるからねぇ。
・・・あ、今回の【小松菜】さんのこれは音は楽しんでも「まどマギ」をラストまで見終わってないない人は「画像」は見たらダメだよ。(軽~く、最終話のネタばれ動画があるからね。)

それにしても、「歌ってみた」とか「演奏してみた」とかのファンのスキルは凄いわ。

「Credens justitiam(マミさんのテーマ)」を歌ってみた【小松菜】


ξ(✿ >◡❛)ξ▄︻▇▇〓〓 ティロフィナーレ!!!
↓ こっちはガチの演奏だけだから、そのまま見てもOK!

魔法少女まどか☆マギカ マミさんの戦闘テーマ バイオリン四重奏


今夜は他にする事もあるし、アニメとかのレビュー記事や身辺報告はまたあとで♪



【追記】

ヒロイン、まどかのママの声優さんでもある、後藤邑子さんが、どうも体調不良で声優業も一時降板、緊急入院後、一年間ほど(一説では無期限とも)を目処の休養とのことらしい。十分な静養と順調なご快癒、そして現場復帰されることを祈ります。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-05-19 19:28 | アニメ | Comments(8)

アニメ『まどか☆マギカ』、やはり感動。

日常のこともやりつつ~の、アニメ『まどか☆マギカ』もモニターし直し。

再見しても感動する。

c0137122_15161710.jpg
c0137122_15162455.jpg
c0137122_15163222.jpg
c0137122_15164081.jpg
c0137122_15164758.jpg
c0137122_1516549.jpg
c0137122_1517174.jpg
もう、「涙」ですがな。こういうシーン思い返すだけでも・・・。
c0137122_1517769.jpg


さて、

「マギカ」がラテン語で「魔法の~」というような意味であるらしいことから、「まどか」の部分を他のヒロイン・キャラクター名に置き換えたスピンオフ作品も既に商業ベースで存在しているようですが。

優れた作品、最初の1本目の行間や表現されたドラマ以外の"外設定"とかまで想起させるようなパワーのある「脚本(ほん)」が、言わば「優れたシナリオ」だとも言えるわけですよねぇ。

ですから、ファンの二次創作以上のパワーで商業ベースでのスピンオフ作品があっても「さもあらん」と思えます。

とはいえ、その「想像する権利や楽しみ」は受取手に残しておいて欲しいなというところはあります(笑)。

なんとなれば「公式」だと言っても、スピンアウト作品の方も原作者の虚淵玄氏が全て完全監修するわけでもないだろうし、新房監督がタッチするわけでもない。

本家直々の意向が介在するのでなければ、それぞれの作家さん(脚本家や絵描きさん)の創作個性に委ねられていくので、そこが面白いとも言えるし、面白いのだけど、ひとつの大きな危惧も芽生えてきます・・・。

本編、『まどか☆マギカ』で、並行世界やパラレルワールドでの、キャラクター(魔法少女)たちのぶっちゃけ「運命や生死」の可能性が「時間遡行者の干渉のせいで」パラレルワールドが増えていく分だけ、たくさん作れてしまうということです。

これはある意味、「あぁ、このキャラクターが死ななくていい世界があった」という安堵や、逆に「あれ、この子、ここでは殺しちゃうの?」という世界観を描くのも(誤解を招く言い方になりますが)「容易」だということです。

これは「死生観」に対する「救済」とうらはらに、「マヒ」そのものを生みかねない。

エンターテイメントとしては、「より刺激的なことを描かなければ」という回路に繋がってしまうからです。
テレビシリーズがあそこまで、「過酷」なシナリオでドラマを進めながらも「テレビ枠だから、ここは放送時には修正入れて」じつはDVDやブルーレイでは無修正というようなことは決してせずに、見事な抑制をかけていたのは素直に大きく頷けるものの、これ別シリーズで「より過酷な」ものを模索しはじめると、立ち位置の違うカメラワークからだと第3話の"巴マミ死亡"の時間軸に触れるときには、首のない少女の血まみれの死体を「絵」として転がしたくなってしまうのです。・・・「表現の自由」、他作品ではそういうアプローチがあってもいっこうにかまわないと思う立場の方の私ですが、「まどか☆マギカ」の世界観においてはそこは巧みなセーブをして欲しい。そういう直接的すぎる残酷描写はして欲しくない。
(※私のブログの過去記事で「エルフェンリート」という作品について感想文していますが、「エルフェンリート」は大好きな作品で「名作」だと思います。ですが、それだけに「まどマギ」のような作品では、今作以外のコミカライズや新たにあるかもしれないアニメ展開では、"描写的な「エルフェンリート化」"はNGですよ、と個人的には思ってしまいます。)

また、タイムパドックスや並行世界の話は「時間遡行者」の干渉がなくても、「それ(あらゆる可能性の並行世界)はある」という概念もあるわけで、「時間遡行者(タイムトラベラー)」は並行世界のこちらの足場から、あちらの足場へとぴょんぴょんと飛び渡って、それが危機回避を意図している遡行なら「都合の良い結果だけを求めている行為」なわけです。

つまり、「都合の良い世界」に辿り着いた遡行者やその世界の人たちは「良し」としても、「不味い結末の世界」として脱ぎ捨てられ、置き去りにされていった世界はそこにそのまま横たわっているという、ゾッとするような深淵が見えてきます。

(これ、かつて筒井康隆さんの小説で七瀬シリーズの「七瀬ふたたび」の中に出てくる超能力者の1人~タイムトラベラー~の苦悩として描写されていました。超能力者の自分が「不味い!」と思ってジャンプした後には、自分がジャンプした分だけの「私が見捨てた、私のいなくなった(訂正したい)」世界が『澱(おり)』のように溜まっていく。という苦悩でした。)

なんか実験に失敗した出来損ないクローンが、無数に転がって放置されてるような世界の宇宙版がこの宇宙(多次元)には無数にあってもおかしくない、というような、想像するだに恐ろしくも悲しい世界。

でも、いいよね。こっちではハッピーエンドになったから、とするのか。

あるいは、「だからこそ、そんな因果の前では抜け道なんてなかったんだ」という舌触りも歯触りも気持ち悪いまま「終わりのない終わり」として物語の無理矢理なエンドマークをつけるのか。

タイムパラドックスものは、考え始めると「イ~~~~~ッ!」となってくる世界です(笑)。


とにかく、私の危惧は一点だけ。

(私が言うな!という指摘もあるかもしれませんが(笑)。)

ショッキングだったけど、非常にコントロールされた巧みな描写で昇華出来たのが『まどか☆マギカ』の第3話でしたし、その後の鬱展開話数においても、この姿勢は相当「過酷」なことを描写しながらも、最終話まで『まどか☆マギカ』全12話を通じて操舵を誤ってしまうような破綻はなかったです。

むしろ、スタンディングオーべーションものの「あの」クライマックスシーンであり、ラストでした。

スピンオフ作品や、今後も「まどマギ」の新展開があるのなら、「より刺激を求めた描写」だけが突出して、上手く物語りを帰結出来ないような展開になることだけはないようにお願いしたいところです。


物語の設定上、"「魔女」たちの前世"があるわけで、もし、それが丁寧に描かれたものならば、機会があれば拝見するべきかな、とは思っています♪

                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓
                          ↓

※「最終話」に流れる最重要曲『Sagitta Luminis』の動画を貼ろうとしたけど・・・、あかん。曲を聴くだけで泣いてしまった。・・・凄い破壊力。「本来の(日本語の)曲名タイトル」そのものがネタばれなので、今回は記事にふさわしい動画を貼るのはあきらめました。

代わりにこっち。
え・・・、ウソ。このクォリティで投稿者のアレンジなの???
という音源(汗)。



魔法少女まどか☆マギカ メインテーマ フルオーケストラアレンジVer.




[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-05-17 15:18 | アニメ | Comments(10)

アニメ『まどか☆マギカ』を全話見た♪

アニメ『まどか☆マギカ』

テレビ放映当時に話題になっていたのは知っていたけど(1年以上前になるのかな?)、我が家のテレビモニターがバカになりはじめた頃で、『まどマギ』に限らず、その頃から、ほとんどの新作アニメを見ていない。

でも、にわかに、こちらも今やってるネーム上の必要に迫られて「見るべきアニメ」なんじゃないかと思って急に見たくなった。
ニコニコの有料サイトで見ることにした。

見始めたら全12話をいっきに見てしまった。

じつに素晴らしい作品だった。

放映当時はキャラデザインだけ見ていて大誤解をしていたのだ。


c0137122_13511966.jpg
c0137122_13512882.jpg
c0137122_13514013.jpg

 
スタッフが狙った「目くらまし」的な仕掛けの方に、悪い意味でひっかかって、「萌キャラ、魔法少女もの」なら、まぁ、いまさらそんなにせっついて見なくても・・・という感じでいた。
(私は「プリキュア」も見ていないのです・・・。大きなお兄さんたちにも評判がいいのは存じ上げておりますが。)

しかし、『まどマギ』に関しては、とある情報で食指が動いた。

 
ここからは「ネタばれ」炸裂なので、「これから(白紙状態で)見る気がある人」はブラウザの「戻る」をどうぞ。


c0137122_13541461.jpg
c0137122_13542257.jpg
c0137122_13551895.jpg
c0137122_13552623.jpg
c0137122_13553498.jpg

 

私自身は、その「ネタばれ」こそが"見る動機"になったので、ここはそれを(タブーなどとも思わず)書いてしまったり、画像も貼らせてもらったりしながらレポートする。

ひとつ。

チラリとシーンを抜いている動画サイトで、キャラクターの1人、「巴マミ」の「大量のマスケット銃を連射していく」シーンを垣間見て、一発で惚れ込んだ。


c0137122_142206.jpg
c0137122_1423076.jpg

 

そして、もうひとつ。

あろうことか、その主役格の1人である"巴マミ"が「マミる」というようなネットスラングが産まれてしまうような「凄惨な死に方」を登場話数のたった3話目で迎えて、いったんドラマから退場するという事を知って、じつにミーハーな興味からではあるが、正直、それが視聴動機となった。

全12話、なのに、たった3話で退場する主役格の1人がいて、そのキャラ人気がその後の話数にも投影されているドラマ。
これは「魔法少女」というメルヘンファンタジーな冠をまとった、とんでもない作品の予感。

じっさい、見始めたら「つづきはまた明日」とはならなかった。
全話パックを買ってしまったので5時間半がかりほどで見てしまうハメになった。

では、ここからは、第2話、第3話からのキャプチャー画面でワンコメントずつ。

 

「魔法少女もの」にはつきものの愛らしいペットキャラ。
c0137122_1434122.jpg
と、思いきや、徐々にそれを裏切っていく立ち位置であることが分かるQB(きゅうべえ)
c0137122_1434898.jpg
そして裏主役、というか、じつは真の「主役」なんじゃないかというこの娘・・・
c0137122_1435662.jpg
暁美 ほむら(あけみ ほむら)。↓ ↑
c0137122_144464.jpg
鹿目 まどか(かなめ まどか)はこの子。↓
c0137122_1441120.jpg
巴 マミ(ともえ マミ)~先輩魔法少女はとにかく恰好良い。↓
c0137122_1441738.jpg
なんで武器がマスケット銃?、とか思いながら戦い方を見ていると「超スタイリッシュ!」
c0137122_1442468.jpg
プロポーションもナイスバディなマミさん。
c0137122_1443049.jpg
ドラマを知らずにキャラデザインだけで持っていたイメージとは違った。
・・・いや、この手の縦ロールでツインテールというキャラは、なんか「性格の悪いお嬢様」や「ツンでれ系」、「たかピー」なキャラが多いのに、マミさんは、お姉さんキャラ的な感じで、とんでもなくストライクな性格設定だった。
c0137122_1443698.jpg
ヒロイン達が「魔女」と呼称される敵と戦う空間・・・。なんともサイケデリック。
c0137122_1444371.jpg
そしてこれが魔女の1人。(いや、もう「悪夢の具現化」のような姿で魔女と呼ぶのさえ難しい)
c0137122_144515.jpg
そんなのを相手に闘うマミさんの戦いっぷりが、やはりこのドラマの白眉。
c0137122_144572.jpg
先込め式の単発銃を、空間からズラリと出して突き立てたかと思うと
c0137122_145588.jpg
それをコンマ何秒という使い捨て式で片端から手に取り連射していく!
c0137122_1451116.jpg
この戦闘スタイルは、剣やその他の獲物を武器に選んでいる他の魔法少女とは一線を画して、さらに言えば、このアニメの中だけではなく、これまでの他作品の男女キャラ問わず、私の中では1、2位を争う最高の殺陣演出になっている。
c0137122_145176.jpg
とにかく、マミさんの戦闘シーンは抜きんでて格好良い。
c0137122_1452321.jpg
獲物は銃身の長いものだけではなく、こんな短銃身の巨大なフリントロックまで使う。(もはや波動砲w)
c0137122_1452988.jpg
さて、問題の第3話・・・。
c0137122_1453629.jpg
私たちにとっては初見の因果律の中で見る、今回のドラマの中では、
c0137122_145464.jpg
マミさんとほむらは対立するキャラになっている。(この辺のカット割りは新房監督節)
c0137122_1455313.jpg
だから、その一方でマミさんとまどかの関係は好ましいものに育っていく。
c0137122_146042.jpg
じつは"もろい一面も持つただの女子中学生"マミさん。
c0137122_146770.jpg
慕ってくれる"まどか"とはすっかりうち解けて、それを心の支えとまで感じられた矢先
c0137122_1461417.jpg
身も心も「勇気の裏打ち」を得て歓びの中で挑んだ、新たな「魔女」との戦闘シーン
c0137122_1462065.jpg
ここからのアニメーションが、このシリーズでも
c0137122_1472084.jpg
過去これまでのアニメーションにおいても、特筆すべき名シーンである。
c0137122_1472857.jpg
たくさんのキャプチャーを置いているけど、ここ、描写的にはわずか数秒のシーン。
c0137122_1473681.jpg
舞うような殺陣で、お菓子の地面に突き立てたマスケット銃を次々と蹴り上げて
c0137122_1474480.jpg
両手に持ち替えながら縦横無尽に、四方八方から来る敵を撃ち貫いていく。
c0137122_1475087.jpg
その立ち回りの手順が、スローで見直すと、
c0137122_147574.jpg
適当に銃を撃つ、捨てる、蹴り上げて、持つ、撃つ、捨てる
c0137122_148395.jpg
という殺陣を雰囲気で繰り返しているのではなく、
c0137122_148911.jpg
ちゃんと襲いかかってくる魔物の敵キャラを1~2匹ずつ同時に倒していくさまを
c0137122_148151.jpg
しっかりと辻褄合わせしながらコンマ何秒の中でパーフェクトに描いているのが凄い!
c0137122_1482356.jpg
近接戦闘では、相手は雑魚、「蹴り」まで入れて立ち回る
c0137122_1483399.jpg
銃をバットにして敵をなぎ払っているシーンまであった。そして、ラスト1本までも丁寧に、一瞬のうちに使い切ると・・・
c0137122_1484290.jpg
ヒロイン自身の体内エネルギーを媒介にして「獲物」は虚空から呼びよせられて作られているのだろうねえ。武器を使い果たすと、また新たな装備をダースセットにして生み出して戦闘を継続・・・
c0137122_1485164.jpg
それでも、彼女には疲れも焦りもない
c0137122_1485957.jpg
一緒に闘ってくれるという友だちを得たばかりだから、
c0137122_149790.jpg
守るべきもの、支えてくれるもの、共に闘ってくれると言ってくれた友だちが出来たから、
・・・まどかの存在をより近しく感じてマミさんは高揚していた
まどかもまた同じだった。マミは思った。「もうなにも怖くない」!
c0137122_1491459.jpg
そして、これが運命の日の「魔女」である。
c0137122_1492351.jpg
なんというチープなデザインの敵キャラ。今の巴マミにとっては一蹴出来るかに見えた相手だった。
c0137122_1493218.jpg
ところが、変化した相手からの思わぬ反撃。
c0137122_1494139.jpg
一瞬の油断だった。
c0137122_1495133.jpg
迫り来る「死」の姿にフリーズしてしまっていた。
c0137122_1410094.jpg
獲物は手にない。殴れる相手でも蹴飛ばせて避けられる相手でもない。身をよける反応すら出来なかった。
c0137122_1410966.jpg
直接的な描写をカメラが避けた刹那、「残酷な場面」を思考停止した状態で見るまどか
c0137122_14101935.jpg
美しかった少女の「死」が目の前遠くにぶらさがっていた。
c0137122_14102798.jpg
首を括(くび)り切る牙のにぶい音と、輝きを失い、主の「死」によって解かれる魔法少女の衣装
c0137122_14103646.jpg
一介の女子中学生の制服姿の体。
c0137122_14104549.jpg
その体の重みだけが少し重力に引かれて下がったのち
c0137122_14105459.jpg
さらに鈍い肉を噛みきる音(SEはリアルではなく、かなり加工された擬音になっている。)
c0137122_1411477.jpg
「凄惨さ」に視線が釘付けになっているだけの後輩2人の少女
c0137122_14111770.jpg
シルエットから見ても「クビがない」状態なのが判別出来るような死に様の先輩が落ちていく。
c0137122_14112535.jpg
少女のクビを噛み切ったばかりの怪物が、執拗にその落ちた体までもむさぼり食う。
c0137122_14113324.jpg
拘束されていた"ほむら"が遅れて辿り着く。
c0137122_14114074.jpg
怪物との戦い方を熟知しているような立ち回りで、果敢に怪物を追い込み
c0137122_14114857.jpg
爆死させる。
c0137122_14115616.jpg
粉々に散った怪物の中から、なにやら小さな肉体の塊のシルエットが落ちてきて
c0137122_1412379.jpg
ドサリ
c0137122_14121258.jpg
それは綺麗だった少女の最期だったのだろう。とある事情で魔法少女も死ねば肉体は霞み消えて、マミの愛したティーカップ(これだけは、「え?、持ち歩いていたの?」とか思ったけど)と、魔女シャルロッテの"グリーフシード"だけが遺されていた。
c0137122_14122193.jpg
魔女の「異空間」は消え、現実世界に戻ってきた、生き残りの彼女たち
c0137122_14122868.jpg
「あっちの世界で死んだ魔法少女は遺体も残せない」まま、戦いに敗れることの凄惨な結末の果て、夕焼けの中、なにひとつ受け容れることのできないヒロイン達の姿があった
c0137122_1412396.jpg

 
 
 
物語は、冒頭の1~2話の仮面が剥がされて、3話目でいっきに暗転します。

このあと、12話最終回まで、まだまだ残り9話。

ところが、うかうかと私のレビューをここまで見てしまって「ネタばれしすぎる」と思われた方も、興味をそぐことなく、このあとの話数を最期まで楽しめます。

ここまでの情報を事前にに知った未見の人も、ぜひこのアニメを第1話からラストまでご覧になってください。

ここからが本番なんです。

ラストには「感動」が待っています。「鬱エンド」などということはありません。(だからと言って脳天気な大団円という軽い終わり方でももちろんありません。)


結論。

本当に凄い作品です。

私は今、余裕の(全話の)2周目、3周目をモニターし直している。

2周目、3周目が必要なくらいに「大きなテーマ」と「キャラクターステージ」を持った作品だからだ。

私にしても、
萌えキャラのテイストで、よもや、「2001年宇宙の旅」、「2010年宇宙の旅」のようなモチーフ要素までも内包した作品を見せられるとは思っていなかった。

しかも「ひろげたままの風呂敷」にならずに、立派に作品昇華しているところが凄い。
(こういう方向性のモチーフで作られた作品は、たいてい大風呂敷をたためなくなって放り出される傾向にある。意気込みはいいが、作り手の手に負えなくなるのだ。)

さらに加えてもうひとつ。
絶対に言及しておかねばならないのが、梶浦 由記(かじうら ゆき)さんの音楽が、この作品のステージを1ステージも2ステージも押し上げていることだ。

「梶浦 サウンド」はいつだってそうだ。(「梶浦 サウンド」が大好きな私です。)

いやぁ~~、

見て、良かったなぁ。



オマケはこれ♪
「本家」の音源はすぐに削除になりそうだから、ファンが「歌ってみた」動画を貼っておきます。マミさんの"華麗な戦闘シーン"に流れる彼女のテーマ曲です。・・・美しい。私もすっかり巴マミさんのファンの一人。

マミさんのテーマ 歌ってみた【リツカ】 ξ(✿ >◡❛)ξ▄︻▇▇〓〓


もうひとつ。

こちらに至ってはもう、いい意味での「鳥肌もの」の音源・・・。

【░合唱░】マミさんのテーマ【混声】        


【追記】
閲覧者様からの指摘で、キャプチャー画像のコメントの中で「巴マミ」の死のあとに残されたカプセルに関して、「魔女のグリーフシード」と「魔法少女のソウルジェム」とを私は混同していたようです。「巴マミ」の形見になる壊れたティーカップの横にあるのは「魔女シャルロッテのグリーフシードです」というご指摘があったのです。
・・・まだ、私はディテールの見極めが甘い新参ファンだ(笑)。※問題のコメント部分はアドバイスを受けてすでに訂正済みです。



[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2012-05-14 16:17 | アニメ | Comments(14)

笑った♪

アニメにせよ、実写にせよ、"顔芸"というのは、
 
ちと、卑怯かと(笑)。
 
【第6回MMD杯本選】霊夢とリンでボーラーレ♪【萌】

これ、宴会芸とかでも、可愛い女の子が二人組でやってくれたら、
 
ウケそうだね♪♪ 
  
( ↓ "ニコニコ動画"の本家はこちら)
 
(※ちなみに、こういう動画に関しては"ようつべ"からの引用ではなく「本家/ニコニコ動画」から"コメントあり" ~視聴者のコメント弾幕が載っている~で掲載したほうが面白いのだが、エキサイトブログの仕様なのか、ニコニコ動画にブロックされているのか・・・。まんま載せられないのは、ちとお互いにフレキシブルにしてもらいたいなぁ。)
    
あれれ?
 
ブログ書いた時には反映していなかったのに、いまニコニコ動画も(ホムべの中ではなく、ブログ単体で見た場合は)リンク出来てる・・・(なぜ?)。 
  
 
            
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2011-02-15 06:24 | アニメ | Comments(6)

アニメ『電脳コイル』(でんのうコイル)

『電脳コイル』(でんのうコイル、COIL A CIRCLE OF CHILDREN)
 
名作です。
 
ふと見直したくなり、数日前に一挙に全話を見直してしまいました。
 
全26話。
なかなかのヴォリュームで、それでいて、この物語の世界観の描写にハマると、どんどん引き込まれて見てしまいます。

c0137122_1821448.jpg
小此木優子(おこのぎ ゆうこ)~通称ヤサコ
c0137122_1822571.jpg
人が「No data」になる描写の凄さ、怖さ・・・。
c0137122_18221413.jpg
原川玉子(はらかわ たまこ)~通称オバちゃん(まだ女子高生なのに・・・)と、その甥っ子のハラケン
c0137122_18222189.jpg
c0137122_18222938.jpg
電脳世界に取り込まれたヒロインと、
c0137122_18223793.jpg
パトロールメカとのバトル
c0137122_18224450.jpg
これは、今見ても秀逸です。(その他の色々な「電脳アイテム」の描写が、粋だし、シャープだし、同時に、とても"ゆるい"んだわ。いい意味で(笑)。)
c0137122_18225132.jpg
外界とコンタクトが取れる感触もナイス
c0137122_18225818.jpg
c0137122_1823540.jpg
そして、ここでヒロインのセリフのひとつに凄いフレーズがある。
「(自らの胸の痛みを示唆しながら)~痛みのある方向に出口がある!」と言うところ。
・・・これ、あらゆる場面において、自らにつぶやいたり言い聞かせたいような名セリフです。
c0137122_18231257.jpg
天沢勇子(あまさわ ゆうこ)~通称イサコ 、と、ナゾの影「ミチコさん」・・・
c0137122_18231921.jpg
c0137122_18232533.jpg
c0137122_18233146.jpg
もうひとつ特筆すべきなのが、電脳ペット
c0137122_18233872.jpg
イリーガルという影のようなものになっていますが・・・
c0137122_18234463.jpg
これが、なんとも切ない。
c0137122_18235026.jpg
c0137122_18235667.jpg
ヤサコとイサコ・・・。
c0137122_182436.jpg
この2人を軸にした物語をぜひ、未見の方はご覧になってみて下さい。
c0137122_1824984.jpg
詳しいことや、ナビゲーションは、私はあえてしません。
 
とにかく、見て。素晴らしいから。
 
キャプチャー画像は、あえてネタばれのラストシーン。
c0137122_18241666.jpg
c0137122_18242398.jpg
c0137122_1824309.jpg
c0137122_18244210.jpg
c0137122_18245149.jpg
 
ラストは、もう・・・、涙・・・。
 
涙・・・。

それも、とても心地の良い涙です。
 
 
重いテーマの話しばかりではなくて、どちらかというと、下町風情がハイテクと同居している世界観は、軽妙で洒脱。
子ども達が生き生きと活写されています。
  
ウィットに富んで(ゲラゲラと)笑えるエピソードも数多くありますし。
  
 
久しぶりにモニターして、・・・おおいに豊かな気持ちになれました♪。
 
 
11月21日
 
今日、誕生日だった私です。
 
 
   
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-11-21 18:57 | アニメ | Comments(7)

アニメ『とある科学の超電磁砲/第24話 Dear My Friends』

アニメ『とある科学の超電磁砲/第24話 Dear My Friends』のレビューです。
 
最終話でした。

最高に盛り上がって、一気に、(これまでのエピソードで振られていた)展開が、実に小気味よく(熱く)収斂していくシナリオでした。
 
高架ハイウェイでの、猛烈なスピード感の中のバトルシーンは白眉。
 
テレビ・アニメ史において、記憶されるべき"シークェンス"のひとつ、だったのではないでしょうか。
 


『とある科学の超電磁砲/第24話 Dear My Friends』

テレスティーナ・木原・ライフラインというキャラが徹底したヒールでした。
c0137122_611967.jpg
このシリーズ、前作でも「一方通行(アクセラレータ)」という、本質・絶対悪にしか見えないキャラが、角度を変えると違う側面を見せたように、テレスティーナにもストーリーはあるのかもしれません。(今回は、彼女の悲劇性には触れられなかった。)

ともあれ、美術、動画、編集がある意味、"ジャパニメーション演出"のマックス・パワー発動みたいな回でした。しかも、アクション中心、ノンストップで見せているのが凄い。
c0137122_612694.jpg
ハイウェイ高架のアクションと言えば、映画「マトリックス・リローデッド」を彷彿とさせますが、
c0137122_613373.jpg
アニメの背景が、キャラと共に、猛烈なスピード感で疾走している快感は見事です。
c0137122_614093.jpg
美琴&黒子のツートップ。
c0137122_614778.jpg
「手描き」のセンスや、クリエイターの勘に頼っているのが、「データとプログラムの奔流」みたいな映像よりも、私には馴染みます。初春、美偉、佐天も大活躍。
c0137122_615456.jpg
おおっ、UH60タイプ軍用ヘリ(?)。
c0137122_62171.jpg
一瞬、圧倒的な火力の威圧に固まる美琴&黒子。
c0137122_62742.jpg
これは、ミニ・ガン(7.62mm)だろうか?。バルカン砲(20mm)だろうか?。
c0137122_621395.jpg
バルカン掃射前に、コンテナートラックが飛んでくる。
c0137122_622059.jpg
これは凄いッ。
c0137122_62279.jpg
これも能力者の飛び道具。
c0137122_623410.jpg
婚后光子(こんごう みつこ)、レベル4の「空力使い(エアロハンド)」能力の援護でした。
c0137122_624040.jpg
最終話は、ここではじめて「メイン・タイトル」が入るという恰好良さ!。
c0137122_624778.jpg
高架ハイウェイのチェイス&バトルシーンは、さらに白熱します。
c0137122_625339.jpg
狂気のテレスティーナ。
c0137122_63093.jpg
疾走するフェラーリ・タイプ(カウンタック?、・・・車は詳しくない)の屋根に乗って対峙する御坂美琴。
c0137122_63754.jpg
この辺の動画クオリティ、おそよ一切の手抜きがない。
c0137122_631318.jpg
カット割り、編集力も見事です。
c0137122_632096.jpg
レイアウト凄い。
c0137122_633269.jpg
それぞれの立場のキャラ群像も収斂。これまでの話数のエピソードが繋がっている。
c0137122_634052.jpg
ああ、ここね。凄かったね。
c0137122_634881.jpg
数秒のシーンだけど、ぐるぐる動いていた。
c0137122_63555.jpg
静止画にしてもこれだけの情報量が・・・。これが動画でビュンビュン全部動いている。
c0137122_64194.jpg
こういう一連の絵コンテ、ハリウッドの映画作家も盗みたいだろうね。(てか、もう盗まれた。)
c0137122_64788.jpg
木山春生(きやま はるみ)先生。(目の下のクマの意味する所が泣ける最終話でした。)
c0137122_641547.jpg
で、初春の頭の"花飾り"は、なんなのか『謎』のままなんですよね(笑)。
c0137122_642299.jpg
風に激しくなびく「髪の毛」の動画って、じつは大変なんだよ。
c0137122_64305.jpg
疾走するバトル・シーンは決着のクライマックスへ。
c0137122_643735.jpg
この最終話を見ていると、
c0137122_644439.jpg
よくまぁー、ラスト2話くらいにエネルギーを集めたな、て逆に思う。
c0137122_645425.jpg
実は個人的には14話以降、しばらく「中だるみ?」と感じていた。そんなこと思ったのは不明でした。
c0137122_6525.jpg
ほほ~、オープニングの黒子のアクション、ここで本編にクロスしたか。
c0137122_6599.jpg
かっこいい。
c0137122_65186.jpg
美琴、渾身の、
c0137122_652638.jpg
「これが私の全力だ~~~~~~~~~~!!!!」
c0137122_653457.jpg
「なぁにィィィィィィィィィィィィ!?」
c0137122_654158.jpg
レールガンがつらぬいた。
c0137122_655133.jpg
固法美偉(このり みい)が閃航を仰ぎ見ていた。
c0137122_655876.jpg

(キャプチャー画面の)ここまでで、最終話の半分を少し超えた、という所。
       
まだ、このあとにもうひと山、大きな展開がある筋立て。

エピローグに至るまで、しっかりと作り込んであります。
 
・・・ラストは、とても良いエピローグでした。
 
2009年~2010年にかけて放映された、テレビ・アニメ群の中で、私、個人的には、屈指の出来栄え、トップクラスの作品だったと思います。
         


ちなみ、右の欄の中に、例の『東京都青少年健全育成条例改正問題』に関しては、リンクを常駐させております。 右の3段目くらい。
※リンクしている先も、「規制反対派」という立場で、ちょっち偏向はしています。でも、まぁ、勢いとしてはそれくらいの方がいいのかも。常にどこかをリンクさせます。世に「反骨心」のタネは真砂の数よりも尚、尽きまじ。 
   
にしても、
  
『継続審議』という、都議会においては、過去に前例のなかった画期的な事が起こった"3月審議"であった、とも言えますが、
 
なんだかね。
 
段取りが異例尽くしで、それでいて「"待った"がかかるのも、予定調和」だったのか?、くらいの気構えでいた方がよろしいでしょう。
 
「ハードルの高い、無茶苦茶な事を要求しておいて」から、「今度は、ハードルを低くして、これならいいでしょ、と通してしまう。(もとより、そのつもりだったかも)」というのは常道です。普通に人付き合いの処世術にもある手管です。
    
ただ、私なんかが感心のなかった、「権益」、美辞麗句の中の「利用されている良識」やら「組織」、「人と背景」、「やっぱり金」と「政治利用」なんてのが、ポロポロ、ノンポリの市民レベルに行き届きはじめています。
 
小学生にも教えてあげられそうな図式。
 
未成年に見せちゃいけないのは、そっちの方のような気がするのですが、もう、手遅れです。
  
ネット時代と、ビラ配り時代の差が見えていない世代(や人種=認識力という意味で)が、何かを読み間違えてる可能性もあるので、もう少し「頑張る」ことは、大きな意味があるのかもしれません。
        
日々、息をするように、

自然に「自由である喜び」を肌感覚にすべき。
    
「自由=息をすること」なら、それを「ちょっと止めてろ。ずっと止めてろ。よし、今だけ息しろ。」なんてね。「だって法律だぞ」って、お上に無茶言われたら困るでしょ?。                                                                                 
             
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2010-03-24 06:52 | アニメ | Comments(16)