2017年 08月 07日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

台風5号

台風5号の猛威を今日は、私の住んでいる所も直接の影響を受けている。
雨降りがひどい。
 
外出予定をちらりと考えていたのだが、これは出かけられない。
 
TVニュースからの画像。(当方在住)関西直撃コースだ。
c0137122_14481047.jpg
南の大洋でうろうろしていて、そのまま消えるのかなと思っていた台風だったのに・・・。日本縦断のコースだよ。
c0137122_14481345.jpg
こんな天気とある程度予想しながらも、勤め人、家庭人、出かけなきゃならない人は出かける。傘など役に立たない。
c0137122_14481631.jpg
まぁ、この画像は数時間前のTVニュースのものだが、当方宅のまわりも「雨の勢いが煙のような白さになるほどのどしゃ降りのタイミング」もあった。
c0137122_14482009.jpg
それが強風と強い雨の時ばかりでなく、少し緩んだりもする。
c0137122_14482246.jpg
そんなタイミングに騙されて(用事があって)出かけた人は、再びの風雨にえらい目にあったりする。
c0137122_14482535.jpg
下の画像のようなロケーション(岸壁に打ち付ける大波)は、私自身は一度もナマで見たことは無いが(見に行きたくもない)。
c0137122_14482809.jpg
風の強さなんて、数字と体感とは違うのだろうな。
  
一方で、どんな降雨でも(今日現在)、自動車ってのがあるから、その悪天候の中でも行動している人はいる。
 
例えば、「宅配便」。
さっき来た。
よりによって、雨で白く煙っているようなどしゃ降りタイミングで持ってきた。
建物に宅配車を横付けしても、雨具を着ている本人も、宅配荷物までわずかに濡らしている。(跳ね返りの雨しずく程度だから文句を言えるほどのものではなく、むしろ「ご苦労様」と声をかけるしかない。)
    
私自身、つい先日も曇天時に「比較的、近所だから」と迂闊に傘なしで出かけたら、突然の「どしゃ降り」に遭って、出先で安物のビニール傘を買っても、手下げた荷物や、腰から下、雨でびしょびしょにされて帰って来た。
「どしゃ降り」の前では傘なんて、雨降りから頭部と肩、胸元くらいを守っているだけである。
 
強風があったわけでなくても、強い雨の勢いとはこんなものだ。
 
これに「台風」の「強風」なんか加わったらどうしようもないね。
     
今、私は「7月、8月の猛暑」に夏バテ中である。
正直、めげている。
     
(去年、一昨年より凹まされているのは、加齢のせいかな?、と嘆いている。)
 
この猛暑、おしめり程度のしとしと降る雨で気温が少しでも下がるのならいいけれど、
「台風」とか、「雷雨」、「どしゃ降り」は、ホントご勘弁願いたい。
       

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-08-07 15:21 | ブログ | Comments(2)