2017年 07月 08日 ( 1 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

これは、凄いドール(フィギュア)作品・・・♪


じつはこの記事ネタは、オンライン友人と言うか、知人から教えてもらったのだけど。
紹介させていただく。 
 
フィギュアのカスタム記事である。
 
なんでも、
フィリピン人アーティスト、ノエルさんと言う人の、今、世界で話題になっている作品群だ。
 
映画スターと言うか、そのキャラクターがドール化されたものがメジャーに販売されるが。
まぁ、出来栄えは、そのままではトイドール止まりなのが普通である。 
 
だが、マスプロメーカーの一般販売された商品写真が、下の画像の左側(Before)で、右側が、その顔や髪型をとあるアーチストが、造形的な修正と、なにより『塗装のリアリティ』で、カスタム化した作品結果だ。 

とんでもない変身である。
(と言うか、パッと見、「customじゃなくて、合成写真じゃないの?」と言う出来栄えのものまである。エマ・ワトソンやシェール辺りは特に・・・(汗)。)
              
Emma Watson

c0137122_07282911.jpg
Angelina Jolie

c0137122_07283364.jpg

Marilyn Monroe

c0137122_07283791.jpg
Gal Gadot

c0137122_07284034.jpg
Johnny Depp

c0137122_07284348.jpg
Daniel Radciffe

c0137122_07284663.jpg
Ralph Fiennes

c0137122_07285023.jpg
Jim Parsons

c0137122_07285393.jpg
Naomie Harris

c0137122_07285666.jpg
Cher
c0137122_07290037.jpg
いずれも凄いね。
 
ネットで拾った画像で以上だけれど、もっと、まだ「作品」はあるのかもしれない。
・・・いや、正直、未だに画像だけ見ていると「PC上で顔の造形をリアルcustomしました♪」的な「合成写真、合成アート」なんじゃないの?、と、どこかで疑っている自分がいる(笑)。
現物品なら、もっと色々な角度からの画像も見せてもらえば、「あ、本当なんだ」と納得出来るかも。
 

ノエル・クルーズ作品群・元サイト

まぁ、日本の「萌えキャラ・フィギュア」とは棲み分けをしてご活躍願いたいです。


私などは、なんでも「リアルが至高」とは思わないので、色々なフィールドが表現世界にはあっていいからね♪。
 
「可愛い」とか「アニメ的である」とか、「二次元世界の納得できる立体化」という方向も、それはそれで見事なものだと思うから。
  

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-07-08 09:17 | アート | Comments(2)