アニメ『R.O.D』(アール・オー・ディ)

アニメ「R.O.D」OVA版のレビューです。
  
"羽音たらく"さんのキャラ原案のキーワードでアニメ・レビューをしているが。
時間軸を「おねティ・シリーズ」から少し遡る。
 
タイトルが風変わりだが、これは、
R.O.D -READ OR DIE-
「読むか死ぬか (読まずに死ねるか)」のような意味。
c0137122_683198.jpg
(D.O.A -Dead or Alive-(生か死か)のパロディみたいなものだ。)
  
オープニングアニメが格好良すぎ♪。ここで一発に私はハマった。
c0137122_61132100.jpg
c0137122_6104916.jpg
脚本:倉田英之さん
監督:舛成孝二さん
アニメーション・キャラクターデザイン:石浜真史さん
このスタッフに、さらに、しばしハマることになる。(『R.O.D』には続編があるのよ。)
c0137122_6173083.jpg
c0137122_6164347.jpg
c0137122_618358.jpg
ヒロインたち、素敵です。
上から順に、読子・リードマン、ナンシー・幕張、ウェンディ・イアハート。
 
とりわけ、この読子・リードマン
c0137122_6205288.jpg
ビブリオ・マニア(ある種、行き過ぎている書籍愛好家のこと。読むし集めるし。~ビル1件くらいの蔵書量。)という設定がアクションものには珍しいし、・・・これを称して「文系アクション」と銘打たれた。
 
そうして、彼女が『紙使い』なる、ESP能力者だという発想がユニーク!。
これは、アイデアの勝利!。

ESPで、一種のサイコキネシスの媒体に「紙」を使う超能力者。
「風使い」や「火使い」、「水使い」、「土使い」という自然界にあるエレメントを操るマスターのようなもの。・・・それが『紙』!。
 
どういう使い方をするかは、これはもうアニメ本編を見ていただくより他に説明の仕様がない。
一例として、ばらした書籍大の紙吹雪が変幻自在に再構成される動画は圧巻だ。
・・・しかも、1枚の紙が、銃弾などより強いのだ。

だけど、同時に私がぞっこん惚れ込んだのは、「ナンシー・幕張」さんだ。
c0137122_631854.jpg
c0137122_6331088.jpg
c0137122_634970.jpg
この人は、こんな凄いボディーラインで、床も壁もビルの剥き出しの鉄骨もズンズンすり抜けるし、分裂するし・・・、えっ?。分裂は違う・・・。
このカットの謎は、本編を見て確かめて欲しい。
 
この最後に紹介するシーンの意味するところは。(せつないエンディング)
c0137122_704094.jpg
2001年~2002年にかけて公開された、OVA作品。
たった「全3巻」なのに(時間にして、約100分。3巻目が1~2巻よりちょっと長尺)、まさしく2時間を超える劇場版アニメを見たか、1クール、2クールあるアニメを見たくらいの内容の濃さがある。・・・(文系)アクションものとして天衣無縫。素晴らしいです。

未見の人は、ぜひ見て損はない名作だ。
 
アニメ「R.O.D」OVA版のOP

本当に格好良すぎ!。
『粋なオープニング・アニメ』の十傑に(私的な嗜好ですが)確実に入って来るタイトルのひとつです!。 
   
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-08-21 07:03 | アニメ | Comments(6)

Commented at 2008-08-21 20:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyah at 2008-08-21 20:41 x
このシリーズは私的にも名作!(特に地上波では途中でTV局が無理矢理打ち切ったと言ういわくつきのシロモノ(この時どれだけフ○テレビを呪ったことか・・・。))
未見のヲタの方、おすすめです!
Commented by PINKNUT_INC at 2008-08-21 22:16
非表示コメント 様
本当にアレは困ったモノです。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-08-21 22:26
cyah 様
知人のアニメマスターに紹介されたものです。
リアルタイムに見ていなかった私は感謝感激でした♪。
 
ここ10年くらいのアニメって、色褪せてないよ~、と私なんかは思うのですが。(作品にもよりますが。)
Commented by ゆんか~す at 2008-08-22 02:31 x
原口様のレビューは毎回思うのですが、すごい破壊力です!
当時大ハマりしていた作品をピンポイントでつついてきますw
またまたDVDを発掘してこなければ。

「紙」をああいう風にアクションさせるのはホントアイディアの勝利ですよね^^
正直圧倒されました~。作画も大変だったでしょうが、それに見合った画面効果は「圧巻」の一言につきます。

もっと色々勉強しないといけないな~・・・
Commented by PINKNUT_INC at 2008-08-23 07:05
ゆんか~す 様
有り難うございます。
そんな風に見ていただける人がいらっしゃれば幸せでございます。
同好の士を見つけた喜びが当方にもありますので。
 
好きになったアニメや映画、書物なども筆頭に挙げられますが、そうした心の栄養になるような作品に出会うと幸福ですね。
 
面白いアニメや書物が、不調な時や病の時、その痛みさえ忘れさせてくれることがあります。
好調な時なら、より一層のせてくれますし♪。
 
娯楽作品って凄いです。

<< 再び、ジャズバー『Whetst... アニメ『おねがい☆ツインズ』も... >>