赤塚不二夫先生

赤塚不二夫先生が他界されたニュースは、もうみなさんもご存知かと思う。
 
ウエブで毎日新聞、社会部編集委員(元サンデー毎日の編集者)の萩尾信也氏の記事を読ませていただいて、涙が出た。
赤塚不二夫さん死去:「昭和」またひとつ消えた
ギャグ漫画の天才、神様。
c0137122_20193135.jpg
私は末席中のいちばん末席の、そのはるかまた末席の漫画家(いや、そもそも私は立っていて、誰も気が付かない隅っこの方にいるだけだが)、原口は、幸甚な機会を得て言葉を交わしたことすらなくても、漫画界の神々の姿を直に目にする機会は何度か得た。
 
手塚治虫先生、石の森章太郎先生、藤子不二雄先生、ちばてつや先生、横山光輝先生、水木しげる先生、さいとうたかお先生、水野英子先生・・・あぁ、まだまだご尊顔拝謁(一方的に)しているのだが、咄嗟にはお名前が出てこない・・・。
 
トキワ荘時代や初期の漫画界、劇画界の巨匠ばかり。(その次世代以降にも、巨匠、天才、画伯は数多存在するが、やはり神々は別格・・・。)
 
手をのばせば触れる距離で「わぁぁ・・・、会っちゃったよ。」と内心密かに喜んでいた。~言葉をかけられる立場なわけもなく、ただ、神様を見つけては、そ~っと、接近出来る所まで接近していったんです。
(どこで会ったかって?。大出版社のパーティー会場とか、ファンの集いが関西であった時などである。昔の私はけっこうマメに行動していた。)
 
ただ、赤塚不二夫先生にはお会い出来ていない。
 
一度も。
 
1997年の赤塚先生の「ガン公表」のニュースは話題になったので知ってはいたが、2002年から、そんな重篤な病床の状態であったことさえ知らなかった。
 
私が漫画家志望!なんて心に抱いたのは、手塚治虫先生の漫画やアニメを見て、石の森章太郎先生の「漫画家入門」を読んだりしたことがはじまりだと記憶しているが、実は、そういうことを思う前に、子供の頃にいちばん読んでいたのは、赤塚不二夫先生のギャグ漫画だったような気がする・・・。
 
なんか、もう、悲しい。
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-08-03 20:26 | Comments(4)

Commented by 間地出 外吉 at 2008-08-05 11:18 x
赤塚不二夫先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
TVの報道では、バカボンのパパがよく登場しますが、私はレッツラゴンの過激なお話が好きでした(最近、あの武居氏が隣町にお住いと知って驚きました)。
Commented by cyah at 2008-08-05 18:57 x
亡くなられた赤塚先生をダシにして、故人の書籍を販売しているブログを見かけました。なんか腹立たしいのを通り越して悲しくなりました。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-08-06 00:13
間地出 外吉 様
ご病気のマスコミ公表以来、「目の不自由な人たちの読める漫画」を作られたりと、精力的な活動をされていましたので、「赤塚先生は不死身なんだ・・・」と思ってました。
・・・それは、そう思っても、願いなんですけれど。いつも。
残念です。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-08-06 00:18
cyah 様
そのブログを見ていないので、具体的なコメントはないのですが・・・。
販売の仕方やコメント次第、売り主の姿勢で、それは良い弔意にもなり得るのですけど。
cyah さんのコメントの感じでは、そういう風情ではなかったのかな・・・。

<< ブログ通信簿・・・て アニメ『CLANNAD~ クラナド』 >>