アニメ『AIR』~京都アニメーション~

アニメ『AIR』~京都アニメーション~
 
名作だ。(「AIR」エアーと読む)

この作品には、先述のブログ記事で述べたように、『涼宮ハルヒの憂鬱』を見たことがキッカケで出会った。
 
『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年)の次に私が見たのは、同じ京都アニメーション製作による、「~ハルヒ」を遡ること1年前の作品、テレビアニメ『AIR』(2005年)だった。(こうしたアニメを私に紹介してくれる知人、アニメマスターのレクチャーも奏功している。・・・感謝。)
 
私にとってテレビアニメ『AIR』、全14話(本編12話と追加製作のSummer編2話から成る)を見終わった頃、『涼宮ハルヒの憂鬱』との共通項、同じ監督と、ほぼ同じスタッフによる作品、そして京都アニメーションという製作会社の名前は、信じて良い「ブランド」になった。
 
(さらには、同じ製作スタッフによる、わずかな年数の間に前後して製作公開されたアニメ作品群、『Kanon(カノン)~リメイク』、『CLANNAD~クラナド』なども外さずに見ることになる。)
 
しかし未だに、アニメ『AIR』の衝撃は、私にとってはいちばん大きい。
(オープニング主題曲と、オープニング・アニメに、まず心を鷲掴みにされました。)
c0137122_8048.jpg
ヒロイン、神尾 観鈴(かみお みすず)の初登場シーン。
c0137122_802587.jpg
美術の美しさと、動画の丁寧さで心奪われる。
c0137122_804125.jpg
観鈴と往人(ゆきと)の出会いのシーンは、BGMの心地よさにもハマる。
c0137122_805451.jpg
このアニメの原作であるゲーム(原作はアドベンチャー・システム・ゲームのシナリオだった)時代から、この『AIR』という作品を知っているファンよりも、私は何年も立ち遅れてカルチャーショックを受けているのだ。
 
ゲーム原作自体が「泣きゲー」と呼称されたジャンルを確立した、金字塔的な作品だったらしい。

国崎 往人(くにさき ゆきと)は、一連の京アニ男性キャラの中でも特に好きだ。
c0137122_811074.jpg
この作品は、強烈なギャグシーンも多い。「緊張と緩和」の作劇セオリーがお見事。
c0137122_821771.jpg
上の絵と、下の絵との間で(右)神尾 晴子(かみお はるこ~観鈴のお母さん)が何をやったかというと、
c0137122_822890.jpg
酔っぱらい女が、二本指で往人(ゆきと)の目をサミングしたのである(爆)。~無邪気に笑ってるし・・・。往人、吹っ飛んでいるし・・・。

ゲーム原作からのアニメ化にあたっては、(現状においては)これ以上望めないような「奇蹟」が起こったのだと思う。(ゲーム原作公開当時、ヒットもしたし多くのマニアが支持したが、同時にゲーム終了後のプレーヤーの気持は「鬱(うつ)」状態になったとも聞き及んでいる。)
 
人の命に限りがあること。「子供の死」、「若い人の死」をうわっすべりな感傷や、戦争アニメ、バイオレンスものなどの大量の死といった描き方ではなく、「家庭・家族というもの」、「日常の生活」の中の人間ドラマとして、しっかりと描いているからだ。

物語の佳境に入ってくると、「絵」ならではの破壊力が炸裂する。
c0137122_824114.jpg
いわゆる美少女を、その「発作描写」のために表情をこれほど痛々しく描いて視聴者に突きつける。・・・VC(声優)の演技たるや壮絶である。
c0137122_825399.jpg
このブログ記事を書くために、画像の選択をしていて、クライマックスあたりのこうした「絵」を見ているだけでも、もうダメだ。・・・涙が出てくる私です。
 
こんな体験や記憶を植え付けられる作品には滅多に出会わない。
 
アニメでは、明らかなスタッフのメッセージが胸を張って打ち出されて昇華している。
(原作通りに謎は残しているが、その解釈は視聴者に委ねられている。作品の真のテーマを言葉で語ってしまう野暮な監督はいない。それは受取手が試され、考えるべきものだ。)
 
ちなみに、アニメ『AIR』には「テレビアニメ」版と、東映アニメーション製作による劇場版アニメ『AIR』とが存在する。
同じ原作を母体にしているが、この二つは似て非なるものである。
 
このテレビアニメ版『AIR』を未見の人があれば、ぜひ一度ご覧になられていい名作だと私は思う。

AIR~エアー~ OP TV Ver. 
 
  


「とっちらかった寿司の折詰め」の解答であります。
 
このアニメ『AIR』~京都アニメーション~、第7話からの出典でした。
 
観鈴の母、晴子の「母親の役目」を果たせていないお気楽さ?(酔って帰宅する様子)に、
c0137122_8562575.jpg
観鈴の「病」の深刻さを知った往人が怒るシーンでした。
c0137122_858125.jpg
晴子は決して無責任な母親ではありませんでした。・・・ただ、しかし・・・。
c0137122_857430.jpg
~晴子がシャリとネタが外れた寿司(にぎり)を適当に乗せ直して口に運ぶと、海老が乗っていたシャリではないものを選んだらしく、他のネタの味とゴッチャになった寿司を「不味(まず)・・・、外れやったわ。」と言って食べている場面です。
  
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-07-21 08:18 | Comments(8)

Commented by 間地出 外吉 at 2008-07-21 10:23 x
原口先生、ピンクナットの電子書籍化、おめでとうございます。先生の作品は、より多くの読者に読まれるべきだと思いますので、以後の続刊にも期待します。
Commented by cyah at 2008-07-21 11:19 x
なるほどねぇ。最終話のインパクトがあまりに強すぎる作品だったため、他の部分が頭の中からすっとんでいました。(笑)
Commented at 2008-07-21 15:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-22 01:28
間地出 外吉 様
どうも有り難うございます。m(_ _)m
PC版はともかく、携帯サイト配信という、私などの年代には、正直、漫画をこういうスタイルで読むのは馴染みがないツールですが・・・。(;^_^A
時代ですね。

ただ、PCでチェック出来るディスクを作者権利として貰えたので、はじめて「携帯で読む漫画」というものをPC上で経験しました。
 
ユニークだったので、機会があれば、(拙作を例にして)そのうちにレポートしてみたいと思います。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-22 01:37
cyah 様
そうです。
ディテールの描写よりも「作品」から貰った「感動」や「思い」がいちばん大切です。
 
「AIR」は、ちょっとしたカルチャーショックでした。
 
私は、もう何回も見ているしDVDのスタッフコメント(裏話)も全て聞いたので、ああいうクイズがたまたま出せただけです(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-22 01:37
非表示コメント 様
そうですねぇ。
いえ、その方が幸いですが(笑)。
Commented by inakajazz at 2008-07-23 06:20
絵がきれいですね。見たいのですが・・なんか・・書き込みの皆さんのラストカルチャーショック談が・・・気になり・・「怖いのかなあ」とか・・「涙ぽろぽろ・・」か・・うーーむ。心引き締めてかな。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-24 05:38
inakajazz 様
「怖く」はありません(笑)。
「涙ぽろぽろ・・」、というか、感涙のティシュペーパーは物語、11話、12話あたりでは要るかもしれないかなぁ・・・と。
 
見る前から「泣きます」と言われたら、案外泣けないものですが、どうなのでしょう。
 
第1話からストーリーは入りやすいし(笑って見ていられる描写がシリーズ前半は多いですし)、第1話で「面白い」と思えたら自然と全話いっきに見られるくらいの構成の巧さはある作品だと思います。

<< また・・・岩手で大地震が(~そ... 『ピンクナット』が電子書籍で発... >>