涼宮ハルヒの憂鬱

ひとつ前のアニメ・レビューで『猫の恩返し』について語り、そこで「いわゆるひとつの~」という言い回しの「どちらの作品が先?」に触れたので、その関連性から今回のタイトルに繋がった。

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』は、言わずもがなの大傑作(快作)である。
 
その作品クォリティや、製作スタイル、演出、色々なことが画期的だったので、以降、何かしら似たような演出を後発の作品がなぞると「ハルヒ的」というような見方をされた。
それほど、影響力が凄かった。
c0137122_031556.jpg
というより、近年までに連綿と受け継がれてきたアニメ界のスキルや演出センスの変質、成長ッぷりを(なんとなく)スルーし続けていた古参のアニメ・ファンをも振り向かせるだけのパワーが『涼宮ハルヒの憂鬱』にはあった。
c0137122_0322594.jpg
c0137122_0324587.jpg
私はアニメが好きだけど、ある時期からしばらくの間、もうそれほど熱心なアニメの視聴者ではなくなっていた。
 
特にテレビアニメがやたらと深夜枠にいってしまって、全国ネットではなく、一部の地域でしか見られないような放送スタイルの番組が増え始めた頃から、そういうものにわざわざチャンネルを合わせたり、メディアを探し求めてまで追いかけたりする気持は小さくなっていた。
c0137122_0344052.jpg
ところが、
『涼宮ハルヒの憂鬱』
      ↓
『京都アニメーション』
      ↓
『石原立也』監督
等々のキーワードから、知らないままスルーしていた「京アニ」の過去作品に興味を抱いて見直すことになり、「今に至る」という案配なのである。
 
「京アニ」作品には、ともすれば(アニメから)離れかけていたかつてのアニメ・ファンの心さえ掴み直すだけのパワーがあったのだ。
 
それは、アニメ作品ならではの表現力の強味と、「映画(映像)」というものを、極めて真摯で活力に満ちたものに演出する、気合いと遊び心の入りまくった数々の作業の結実を見せつけられたからに他ならない。
その気合いはストレートに伝わった。(帯シリーズのテレビアニメでも、ここまでやってくれるのか、という感動。)

斬新なようでいて、実は見過ごされていた、とてもスタンダードなことを手を抜かずにやってくれているのだ。
アニメ業界に、ちゃんと新しい世代の「映画人」が育ってきているんだという発見、認識。
c0137122_0364410.jpg
一連の大ヒット(社会現象?)とまでなった「京アニ」作品以前にも、他の製作会社による私なりのお気に入りアニメは色々と存在するが、やはり、『涼宮ハルヒの憂鬱』の洗礼(笑)を受けてから、意図的に興味を示さなかった(萌えキャラとかの)ジャンルの作品群まで「とりあえず貪欲に」モニターするようになった。
それは間違いない。
 
一連の「京アニ」作品を見ることによって、私の灰色の脳ミソは、ずいぶん柔軟なものになってきた。
今では、他の製作会社のスルーしていたアニメにも、再び盛んに興味が沸くようになっている。
玉石混合。
だけれど、私がスルーしていた時期に見逃していた作品の中に意外なほど煌めくものは見つかる。
   
さて、『涼宮ハルヒの憂鬱』に関しての作品レビューとかは、もはや、このブログで私が何を今さら書くべきことも特にない。
 
すでに私のホムペの「私感・雑感」に、論文のごとくうざったい文章を山ほど書いているので(今となっては訂正したい文面や解釈も多々散見されるが)、よほど暇な人、人の感想や戯言に寛容な人は読んでみてください。

「私感・雑感」を遡ると、1回ではなく何回にも渡り、「ハルヒ~」に関連した駄文を書き連ねている。
それは、「ハルヒ~」に遅れて出会ったがためのインパクトゆえ、と言うことでご勘弁を。
c0137122_0372347.jpg
今は、そのうちにやってくる『涼宮ハルヒの憂鬱』第二期の公開を楽しみにしている。

どちらかというと、綺麗にまとまった作品は2弾目、3弾目は水増しになりかねないので、望まない方なのだ。『涼宮ハルヒの憂鬱』第二期があるかも?、という事にも当初、私はネガティブな意見を持っていた。
それでも「京アニ」なら、同じ製作スタッフがまた揃うのなら、良いモノをやってくださるでしょう。
 
今はワクワクして待っている。
 
PS.
ところで、「いわゆるひとつの~」という言い回しの「どちらの作品が先?」ということに関しては、そのあとに続く「萌え要素」という名フレーズが入ったことにより、「ハルヒ」のオリジナリティが確率した。
 
「いわゆるひとつのマリッジ・ブルーですにゃ?」と、
「いわゆるひとつの萌え要素」はべつものの名文句である。
(ひょっとしたら、「ハルヒ」に多い、オマージュやパロディかもしれないが、意図されたかどうかは不明。)
 
そういうことで♪。

涼宮ハルヒの憂鬱 ED ダンス・フルVer.

涼宮ハルヒの憂鬱 「God knows」(「ライブアライブ」から)
第12話の本編中屈指の感動のシーン。
(学園祭における、軽音楽部のバンド演奏というシチュエーションです。)  
    
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-07-13 23:36 | アニメ | Comments(10)

Commented by cyah at 2008-07-14 09:17 x
とりあえず支店のゾロ目444踏んだので、ご報告。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-14 17:01
cyah 様
ゾロ目や。ジャスト・キリ番とか、なんとなく嬉しいものですね。
Commented by inakajazz at 2008-07-15 00:53
ハルヒ・・ですかあ・・
ちゃっんと・・見たことなかったんですが・・・本日から・・見てみます。
現行アニメで・・ストライクウォッチャーズみてたら・・うむうむ・・スカイガールズとの共通点あるんだなあって・・でも・・・なぜに・・セーラー服に・・スクール水着一丁・・なんでだろう・・
まあ・・いいか・・なんて・・益々・・謎が・・色々な最新アニメみていると・・疑問点も出て来ます。いやいや・・面倒な事は考えていないんですけど。
関係ない話ですいません
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-15 02:21
inakajazz 様
『ハルヒ』は、テレビ放送時とDVD版とでは、事情があって、話数の並びが違います。
 
どちらのパターンで見るかによって印象は大きく違いますが(私は時系列がシャッフルされた「テレビ放送版」を推します。個人的に。)、ただ、共通しているのは「00話」という劇中劇(?)が最初に来ます。
 
『ハルヒ』未体験者は、この00話で「???」となってしまう場合があるので、一応、そこは我慢です(笑)。~いや、00話って実は凝りまくっているのですけどね、演出としては。
 
第1話から見るのがいちばん自然に入れるかな。

とにかく演出や動画的にも、当時のテレビアニメの平均的クォリティを軽く凌駕しているので、とりあえずラストまでご覧になってみて下さい。(ちなみに、エンディングアニメだけは、DVD版の特典映像で納められた「ダンス・フルヴァージョン」版を1度は見るべきですよ♪。)
 
『ストライクウィッチーズ』は先日、私もテレビ放送をちらりと見て、「スカイガールズ」だと思いました。
 
ぜんぶ「いわゆるひとつの萌え要素」だと思います。
Commented by m&o at 2008-07-15 03:19 x
はたして、演出や動画、、、ets
テレビアニメとして平均クオリティを超えてた作品だったでしょうか?
私は、この程度な作品レベル、テレビアニメ沢山あると思いますけれどね

萌え、と言った事に捕われて作品を見る目線が今のアニメファンって雲ってるようにしか思えないですよ(^^;;

Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-15 05:58
m&o 様
この手の「議論」はやめましょう。
ご自分の目線や認識レベルと違うことを言ってるなコイツと思ったら無視して下さいな。
Commented by cyah at 2008-07-15 16:29 x
支店のキリ番500を踏みました!支店設置してひと月経たないことを考えると、結構良いペースでは?
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-15 19:31
cyah 様
キリ番報告を有り難うございます。
これもひとえにcyah 様のご厚意の賜物。
同好の士や、私のサイトそのものに「良い意味での」興味を持ってくれる人が閲覧者様の数%でも(一人ずつでも)増えていってくだされば僥倖です。
Commented by m&o at 2008-07-16 03:46 x
まず
気を悪くされたのでしたら、お侘びします(^^;;
すいませんでしたm(__)m

私の言う事は、解ってもらえるアニメファンもいるのですが、、、最近の作品において辛口なのが影響して誤解されるのが多かったりします(^^;;

なれど、良い作品であれば、受け入れてもいます、雪使いシュガー、を受け入れてるあたり、その例ですし他にも受け入れてる作品は多いです(^^

まぁ~以前にも某アニメーターの方に「結構、有名な方ですけれど」

m&oさん、言ってること正しいけれど、あまり言わないほうが良いです

と、さりげなく注意された事もありますから辛口なのは自分でも承知しています(^^;;
只、今の国内作品において良い方向に向ってもらいたいと思うつもりで書いてました、その編を理解してもらえると助かります






Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-16 06:51
m&o 様 
ここは、サロン(salon)だと思っていただければ幸いです。
愛煙家を招くプレートを掲げる時や、それを裏返して禁煙の談話室になっている時が臨機応変にあって、そのプレートの表記を察していただけると助かるのです。
 
言い得てないような、妙な比喩で恐縮ですが。
      
小さなサロンです。その時の"プレートに誘われた"お客様の会の日なれば、みなさん善き隣人ばかりです。
m&o さんにも「シュガーの会」の時のように元気よく入ってきていただければそれはもう私も嬉しい。大歓迎します。
 
そんな感じで宜しくお願いします♪。

<< とっちらかった寿司の折詰め 猫の恩返し >>