みなみけ~おかわり~

アニメ『みなみけ~おかわり~』について。 
 
ひとつ前の記事にアニメ『みなみけ』第一期についてレビューした。
今回は、『みなみけ』第二期、そのタイトルも『みなみけ~おかわり~』のレビューとなる。
 
ところが、である。
このアニメ、第一期、第二期という表現をしたが、テレビ放送では第一期全13話、第二期全13話を2クール分、全26話として間をおかずに放送したらしい。
 
非情に不思議な製作体勢を経て公開されている。
 
もともと全26話のシリーズとして考えるのには無理があって、1クール目と2クール目とは、製作スタッフが総入れ替えになっているのだ。
だから、1クール13話が終わったあと、続く2クール目第1話から突然に「絵柄」が変わっているし、微妙な「お話しのノリ」にも感触の違いがある。
 
アニメの製作会社、つまり監督や脚本家、及びキャラクターデザイン(作画監督とか)といった主要なスタッフ全てが変わっているのだから当然のはなしだ。
だから2クール目は「~おかわり~」の副題もついているし、オープニング、エンディングなどの主題曲も変わったりしているので、「第一期」、「第二期」という捉え方のほうが自然なのだ。

各キャラクターの声優さんは、変わっていない。(これが変わっていたら大変だ。)
c0137122_17102689.jpg
次女「カナ」と三女「チアキ」の絵がこんな感じに。・・・なんか違う。
c0137122_1710528.jpg
「マコちゃん」と「冬馬(とうま)」も微妙に絵柄が違う。
c0137122_17111958.jpg
第一期の「ほんわか」な雰囲気の絵より、はっきりしている感じ。(おバカは同じ。)
c0137122_17114265.jpg
長女「ハルカ」さんは、少し幼顔になった。この顔は可愛いが、前の絵柄が好き。
c0137122_1712151.jpg
ところが、見ている内に、すぐに絵柄の違う違和感には慣らされてしまう。
c0137122_17122478.jpg
第二期は、温泉に行ったり、家風呂だったりの入浴シーンなど・・・、
c0137122_17124177.jpg
サービス・シーンが多い。(したがってレビューでもサービスしておきましょう。)
c0137122_1713315.jpg
(プールに行く話もある。)ともあれ、クロールの仕方を泳げない妹に伝授する姉。
c0137122_17132321.jpg
「(三女)本当にこれで泳げるんだな?。」「(次女)まぁ、無理かな?。」
c0137122_17133939.jpg
ボケる次女を三女の「グー・パンチつっこみ」でプールに叩き入れる。
c0137122_1713535.jpg
プールサイドで寝ているばかりの長女は同期生達の手によって水面へ。(マ、マコちゃん、凄い角度から憧れの「ハルカ」さんのお尻を見てるって・・・!。)
  
第二期には、少し(第一期とは違う意味での)縦軸があって、「みなみけ姉妹」と同じマンションの隣人として、三女に近い年齢の「冬木 真澄(ふゆき ますみ」という『みなみけ~おかわり~』のアニメ・オリジナルキャラが途中から登場していた。(原作にないキャラだそうである。)

南家の隣に引っ越してきた眼鏡の少年だが、父子の二人暮しらしい。
 
性格的には三女「チアキ」とは対極の"おとなしくて、いい人"な男の子で、劇的なエピソードは例によって何も起こらないストーリーなのだが、この「ますみ」くんとの関係性で「チアキ」の心の動きを描いた点において、長女「ハルカ」の留学問題など(大好きなお姉さまがいなくなってしまう・・・!)を絡めて、第一期より積極的な『うつりゆくもの』、『かわらないものへの思い』といった「ドラマチック」な要素が、やや見えた。
 
個人的には、第一期の絵柄や「ノリ」が、より好みなのだが(独特だから・・・。~もっとも、こういう事に関しては「いや、僕は第二期の絵柄の方が好きだな」と思う視聴者の方もいらっしゃるであろう。それは置いといて)、第二期で、差し変わったオーブニング、エンディング曲(バックのタイトルアニメも含めて)にだけはなんかず~と私は違和感があった。

~本編に関しては、先述した通りに、見ていれば第一期との違いには馴れてしまうから問題はない。
第二期のスタッフのクォリティも安定していて、とても優秀である。

・・・ただ、唯一、違和感がついてまわったOP、ED主題曲に関して、第二期のラストで、あの「ノリの良い!」第一期のオーブニング主題歌(!!)が戻ってきてくれてエンディングとなったときには、とても「ほっ」とした。内心、拍手喝采である。
 
楽しいアニメです。
見ていない人は、(こういう感じのモノがお好きな人なら)不思議な構成だけど、第一期、第二期ともにまとめてご覧になることをお薦めします。



P.S
いかん・・・。また掲載画像の量が多くなってきつつある。
知人のアニメマスターから教育的指導を受けそうだ(汗)。
 
知人の言うことは理に適っていて、「プログ記事は、文章も、画像も、適度にシェイブしてスマートにする方が見やすいし、読みやすい。」ということである。
100%正論だ。
 
次から、もう少しだけ簡潔にしよう(笑)。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-07-06 05:01 | アニメ | Comments(6)

Commented by inakajazz at 2008-07-06 06:03
おはようごさ゜いします。
みなみけと・・おかわりが・・続けて放送されていたとはおもいませんでした。このアニメで・・大ヒットとか・・大ブレークなんて・・話も無いと思いますので大それた思惑が働いていたとは、思えませんがね。
たしかに・・絵柄はシャープになりましたが、三女のぐ-パンチ・・ぬいぐるみを投球するシーン・・いいですねぇ。きれがあります。でも・・一期より「色気」が・・感じられません。別に「パンチら」なんて一切ないのですが・・一期では・・なんとなく・・そう・・なんとなくですが、ゆらゆらとありましたけど。それはいいですが。お店にくる「おたく」さんたちは・・機械専門なので・・見ていなかったらいしのですが、「感動した」といっとりました。すいません。「みなみけ」には・・くらいついてしまいます。
Commented by アニメ・マスター at 2008-07-06 10:31 x
「画像の使いすぎ禁止!」(笑:「ARIA」風味で読んでください。)
 支店の方のカウンターも勢いよく回っているみたいですね。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-07 02:27
inakajazz 様
「みなみけ」一期と二期に(半年や1年間)スケジュールを開けてでも、同じ製作スタッフに任せず、2社に同時発注していたようなやり方は、企画や製作現場の門外漢な私には理由が分かりませんけれど。
第一期の方が、私も正直、絵柄や演出などは「らしく」出来ていて好きです。
「色気」について言及している inakajazzさんのセンスはなかなかのもんです。成る程、そうですねぇ。そういうものかもしれない。
原作漫画では、絵として「パンちら」シーンが多いらしいから、それを匂わせる雰囲気が「第一期に軍配」と見るセンス、間違ってないかもしれないです(笑)。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-07 02:36
アニメ・マスター 様
(^~^;)ゞ イヤァ~・・・、(〃∇〃) てれっ☆
(いや、褒められてないって・・・(笑)。)
.・゜゜・(/。\)・゜゜・.ご免なさい。反省してます。
コメントや画像の構成は、もっとスマートに・・・。心懸けます。
※ちなみに「あし@」効果なんでしょうね。アクセスが増えたのは。この2~3日は気が向いてネット・サーフィンをよくやってましたから。つまり、こちらが「あし@」つけなかったら、元のペースに戻ると思います。

Commented at 2008-07-07 13:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PINKNUT_INC at 2008-07-09 03:32
cyah 様
ブログサーフィン援護、有り難うございます。
inakajazzさんについては、そのやわらかい感覚が、ある意味「人生を楽しむ達人」だと思えます。
大人だから大人の器量で生活されている部分と、無邪気にホビーをエンジョイ出来るバランス感覚がおありになるようです。

<< ちっちゃな雪使いシュガー みなみけ >>