ホワイト・デー

「ホワイト・デー」だ。
今、気が付いた。
 
バレンタインにチョコを貰ったから、世間的には今日、何かお返しをしなきゃいけない
義理があったんだが、何にも用意してないや。
 
今からでも間に合う理屈だが・・・、面倒くさいと言ってしまうと大顰蹙ものだ。 
ホワイト・デーなんて覚えていないよぉ。さっきテレビを見てたらテレビの中の人がそんな話題をふるから思い出したのだ。(「義理」のものでも受け取ると、ちゃんとしなきゃなんないから、ああ、うう。)
 
閑話休題。
 
今、話題の×××事件にからんで、カリフォルニア州知事の比較的最近のものと思われる映像を先日見た。
シュワルツェネッガーさん、老けたなぁ。
というか、やっぱり筋肉が落ちて首が細くなってしまっていた。
もう、ターミネーターじゃないんだ。
 
ファンだったのに。(一応、映画の中の人としての映像的にはまだファンですけど。)
 
そもそもシュワちゃんが政治家になった時点で、引いてしまったのだが。
クリント・イーストウッドみたいにどこかの市長になっても、映画人にまた戻るのなら歓迎するが、なんで映画人を止めて政治家になった?シュワちゃん。 
政治家よりも映画人でいて欲しかった。

シュワルツェネッガーのフィギュアも集めたりしている。
やはり「ターミネーター」ものが中心である。
「T2」の彼がいちばん良い。(勿論、第一作目こそがある意味の金字塔なのだが。)
「T2」の頃の顔の痩せ方や、ラインとしての絞り方のコンディションがいちばん好みなんである。
一作目の頃は、まだ「コナン・ザ・グレート」っぽいし・・・。
c0137122_5345330.jpg
c0137122_535862.jpg
c0137122_5352694.jpg
この胸像『T-800』のガレージキットは貴重なモデルだ。(と、思う。)
造形的に良く出来ているし、後年に、よりハイクォリティな「シネマケット 24インチドール」なる塗装済み完成として発売された、下の写真の彼よりも「T2」時代の方が、どうしても好みだ。
c0137122_5354244.jpg
c0137122_0162235.jpg
この「シネマケット シュワルツェネッガー」は「T3」のT-850をコンピューターを使った3Dスキャニングで再現されているだけあって、劇似ぶりは有無を言わさぬ説得力があるが、植毛のドールヘアーが好きではない。ドールヘアーって本物通りには形が決まらないし・・・。髪も彫刻で再現してくれた方が良かった。(ちなみに頭部の大きさは、この24インチドールと、上のガレージキットの胸像は、ほぼ同じ大きさ。)

それに3Dスキャニングしただけあって、「T3」のシュワちゃんは頬やエラのあたりが加齢で弛みはじめている所まで再現されてしまった。
 
それでも「T3」時点では、まだ立派な(?)ターミネーターとして通用していたんだなぁ、と、州知事になってからの最近の映像(アクションスターだった頃からは変貌してしまった彼)を拝見して感じてしまった。
いや、人間みんな歳はとるのだからそれでいい。
老いてからのスクリーンの彼の新境地も見てみたかったんだ。「ツインズ」「ジュニア」も好きだったから。なんか別な演技のベクトルはあったと思う。

イーストウッドみたいに、痩せこけて頭髪が淋しくなっても格好良いニヒルなイーストウッド!ってのいうが好きだし。
スタローンみたいに、でぶっても『ロッキー』っていう姿は、むしろ俺の好み。潔い。あくまでも漢だ。
そんなふうに映画人であり続ける方が素敵だよ。
(ファンの勝手な言い分かな。)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-03-14 05:55 | Comments(0)

<< えっ、「CLANNAD」? 動画サイトというもの >>