動画サイトというもの

動画サイト(アダルトとかじゃないヨ)を時々見る。
 
やっぱりアニメとかを見る機会が多い。
書店の立ち読み感覚で、ここで偶然であった「知らなかったタイトル」に強烈な興味が出て、DVD正規品を買ってしまうということがある。
けっこう情報源として役に立っている。
 
中にはジャンキー状態で、こうした動画サイトにハマる人もいるようだ。
確かに面白い。
画質やサイズは問題にならない所も多いが、中にはとんでもなくハイクォリティなサイトもある。
 
俺は、「なんでもあるぞ」のYOU TUBEや、視聴者の自由な書き込みが笑わせてくれる「お祭り騒ぎ」のニコニコなんか割と好きだけど・・・。
 
ちなみに俺は最近まで知らなかったのだが、以前にのぞいてみた事がある「凄いサイトもあるもんだ」と思っていた動画サイト・マニアのオアシス『STAGE6(ステ6)』がいつの間にか閉鎖されていた。
 
この経緯は「Wikipedia」で把握出来た。
愉快犯のクラック(悪質なハッキング)をくらって、システムが崩壊するわ、登録者の情報流出があったそうだ。そのせいで潰れたらしい。(もとから資金不足という話もある。)
 
なんにしても残念である。
ユニークな動画サイトで、しかも超ハイクォリティ。
ここまでいくと、「YOU TUBE」や「ニコニコ」なんかで著作権を論ずるのが不毛なほど、高画質タイトルがゴロゴロしていた。(勿論、著作権上において、甚だしい問題はあるのは事実。権利者に利益が行くようにするべきだからだ。ただ、アナウンス効果くらいは確実にあった。知らなかった良作に偶然出会えたりもした。)
 
俺には、ここも良い立ち読み場所で、DVDを買うきっかけをたくさん作ってくれた。
 
まぁ、似たようなサイトがどこかで復活するに違いない。 
こちらは今のところ新しいDVDを買うための、情報源をひとつた失ったという感じ。
 
インターネットの規制と自由の問題は、どちらの立場も良識が要る。


 
アニメ「CLANNAD~クラナド」が佳境になってきた。
『風子(ふうこ)』、毎回出てくるな。
 
第20話の「恋のおまじない」(指でハートマークを作って『思い思われ、ふりふられ』と3回唱える)のシークェンスには恣意的な暗示がある。
それは、「恋のおまじないの後、最初に出会って声をかけてくれる女性が貴方を思っている人」というジンクスが課せられまして・・・。

なんと、「渚」に出会う前に「風子」に出会ってしまう(笑)、岡崎朋也。
 
それにしても、ここでおまじない効果の無効化のために、「風子」を喋らせず、わけのわからんウソで回避する朋也が非道い。(なんで風子をフルか。出会っている事実は可能性の未来のひとつなのに・・・。)
c0137122_1995447.jpg
c0137122_19101295.jpg
c0137122_1910271.jpg
c0137122_1910484.jpg
c0137122_1911994.jpg
c0137122_19112865.jpg
c0137122_19114191.jpg
c0137122_19115684.jpg
c0137122_191210100.jpg
c0137122_1912295.jpg
c0137122_19124313.jpg
c0137122_19125853.jpg
c0137122_19131736.jpg

「今、この辺にお腹を空かせた熊がうろついているんだ。(何故に校内に・・・)だから静かに、死んだふりをして駆けていけ。あたかもゾンビのように!。」と言われて、「ゾンビ→マイケル・ジャクソンのスリラー」(風子の中で脳内変換)になって踊りながら駆けて行ってしまう風子が可愛すぎる。
(ゾンビならバイオハザードの幽鬼歩きが普通な気がするが、ここでスリラー踊るかな(笑)、風子ちゃん。そもそもスリラー・ダンスを知らない世代でしょ。)
 
で、ちゃっかり本命の渚を迎えている朋也。
 
こうした成り行きも、友人、両親、町の人々に、祝福されてし向けられている構図だ。
 
思い返してみれば、数話遡った『ことみ』のエピソードの時に、さまざまな人々の手から手に渡されて辿り着いた「熊のぬいぐるみ」の話。そしてことみの両親から遺された言葉、
「ことみへ。世界は美しい。悲しみの涙に満ちてさえ」
 
既にこの『クラナド』のテーマはここで語り尽くされているのではなかろうか?。
 
原作を知らない俺は、それでもこれまでの京アニ演出陣の力量から、今後の物語の先に待ち受ける『悲劇の予感』を他のヒロインのエピソードから読み取れるし、『世界は美しい』と言い切られている力強いフレーズに、『悲劇』を超えてなお、大きな感動があることを信じてやまない。
 
演出家は実に巧みに上手くテーマに至る道しるべを、あちこちにポイントし続けてくれている。
(主人公、朋也に思い入れて、ヒートアップして、悟るとなると、本当に悟り早く自己完結しちゃった女の子達の失恋エピソードも、いっそ爽やかだったし。)
 
「だんご大家族」のエンディングの意味が、なんだか明確になりつつある。
 
家族の物語か。
「家族」の定義が、とてつもなく大きなものに拡がる予感だけは感じているぞ。(智代が言っていた。血のつながりだけではなく「家族のような存在」が人の支えや力になると。)
 
家族ゆえに、荒(すさ)む人もいるが、家族の定義は広くて大きい。
力は誰からでも貰えるし、与えられる。
どちらともに一歩踏み出す勇気は必要だ。
 
人と人の繋がりや絆は大事です。
俺、全話を見終わった頃に多分「CLANNAD~クラナド」のDVDも買っていそうな気がする。 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2008-03-09 19:32 | Comments(0)

<< ホワイト・デー 「CLANNAD ~ クラナド... >>