夏のコミケ 2017 "その3"

夏のコミケ 2017 "その3"であります。
c0137122_01113611.jpg
東京ビッグサイトにて、2017年8月11日(金)~13日(日)に、3日間開催された「夏のコミケ」。

1日目、16万人。2日目、15万人。3日目、19万人。
コミケ92 「総来場者数は50万人」と言うことだ。

これでも昨年の「C90 夏のコミケ53万人」より減ったということだし、さらにその前の「C88 夏コミ 55万人」より、毎年、僅かずつ減少傾向にはあるらしい。
 
とはいえ、50万人超えていれば(十分に盛況だ)、現場感覚では「人の多さの大変さ」に少しの変わりはないだろうけどね。
本当にお疲れさまでした。
 
私などは、もう、こうやって現場からの報告をチェックするのも楽しいです。
 
ただ、「コスプレイヤー」の姿が、「なんのコスプレをしているのか分からなくなってきている」最近の自分がお恥ずかしい(笑)。
いまやっているアニメ作品に対する情報の(知識的な)新鮮度がなくなっているわけだ、自分が(汗)。
 
例えば、下のキャラのコスプレがもう分からない(泣)。 
c0137122_01124498.jpg

コスプレイヤーは人気の人。これだけの取り囲みがある。
c0137122_01125132.jpg
一人でこの集客力は凄いわ。・・・にしてもこの距離感。カメラマンたちのマナーがいいな。以前はもっと露骨な接近と取り囲みしていたような気がするが。
c0137122_01125620.jpg
↓ キャラ衣装は同じだけれど、「お顔」が同じコスプレイヤーさんなのか、もう自信のない私(笑)。
c0137122_01130261.jpg
撮影場面も変わると、さっきの草原舞台とはまるで違う「取り囲み」だね。
c0137122_01130765.jpg
こういうの、コントロールするスタッフがいるのかな?。
野放図な時もあるんだろうねぇ。
 
あ、「けものフレンズ」のサーバルちゃんだ。
c0137122_01131523.jpg
↓ こちらは同じ「けもフレ」からアルパカ・スリらしいんだけど、"雰囲気"が劇中キャラと違い過ぎて、なんとも感想しにくい(笑)。
c0137122_01131908.jpg
なんにせよ、「自分にも分かるキャラ」のコスプレの方が見ていて楽しいわよね。
 
「東方プロジェクト」のキャラあたり、今頃してくれる人は少ないのかな?とか思ったけれど、おぉ、「十六夜咲夜」さん発見。
嬉しいですね。「東方ファン」としては。
c0137122_01132838.jpg
「魔理沙」も発見♪。

c0137122_01134790.jpg
ただ、キャプション読んでいたら、この「魔理沙」は日本国外からの参加者だそうな。
 
東南アジアに限らす、こういう日本アニメやゲームキャラのコスプレって欧米でも、それなりの人気があるらしいからね。
そういう交流は大歓迎するなぁ♪。
 
「東方プロジェクト」と言えば、博麗霊夢もいた♪。いいねぇ、この人。雰囲気あって。普通に美人だし。
c0137122_01151802.jpg
調べると、コスプレイヤー「ボブリシャス」という人らしい。
その人が、別途に、他のアニメ作品のコスプレ『冴えない彼女の育て方』の "加藤恵" っていうキャラもしてみせているが・・・。
c0137122_01152353.jpg
キャラ設定のせいで ↑ 普通にこんな写真見せられたら、「アニメキャラ」とは思わずに、「美少女、美人」という認識しか持てませんね(笑)。~そういう意味では、アニメ的な衣装とか小道具は大切になってくるんだなぁ。
 
あぁ、 ↓ でも、これはストライクすぎてズルい(笑)。

c0137122_01152956.jpg
これは笑うしかないわ。質感というか、出来栄えもいいし。
 
一方で、この「C92」では叶姉妹のイベント参加も現実にあったから、「あれ、これ、その記念撮影?」とか思っていたら、左3人全員コスプレイヤーとのこと。ユニークだねぇ。
c0137122_01153791.jpg
↓ いいな、この「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリア♪、とか思っていたら、これも海外からの参加組とか。
c0137122_01154225.jpg
そうそう、私は意図的に画像選択から外してしまいがちですが、男性コスプレイヤーのレベルもかなり高いみたいね。美形は男でも得だなぁ。(そうじゃなきゃ、ネタお面白系にするしかないわな、男は(笑)。)
c0137122_01155226.jpg
エロチックな女性コスプレイヤーもなかなかのものだ。
c0137122_01171722.jpg
ただ、「リゼロのエミリア」から下に並べているこれらのキャラクターたち。
コスプレイヤーの魅力度はビンビン伝わっているから載せたのだけど、私、今回の「C92」画像報告をネットで見ても、「なんの作品のキャラ」か、分かっていないものが多すぎて・・・。
 
近年の自分の不勉強を恥じ入るばかりです。
c0137122_01172608.jpg
なんのキャラか分からない ↓ のに、画像的魅力で載せました。
c0137122_01173296.jpg
ここまで来ると、この女性なんか、コスプレの方も(作り込み的に)さらにグレイドアップしたら、劇映画に出られるレベルじゃないだろうかね。
 
アニメ関連の人ばかりでなく、実写の日本の映画関係者さん、ちゃんとこういうイベントもチェックして欲しいですね。
まぁ、日本映画の場合は「脚本」や「演出」の問題かしらね。
 
今年の冬のコミケが、また楽しみですよ♪。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2017-08-19 02:51 | ブログ | Comments(4)

Commented by saronpaman at 2017-08-19 02:56
次は直接会場に行って空気を実感して下さい。人生変わるかもですよ。
Commented by PINKNUT_INC at 2017-08-19 22:07
saronpaman 様
いらっしゃいませ
 
真鍋先生、コメントありがとうございます。
いやはや、連載仕事の御多忙の中、コミケもやって現場確認を自らされている気合。 素晴らしい。
Commented by Ka-Zu at 2017-08-21 15:02 x
MMDで時々コメントするka-zuです、コメントは久しぶりです。コミケの話なら今回ちょっと面白い人が参加していたようです。脚本家の辻真先さんが自分を題材にした本の売り子をしていたようで「僕らを育てたミステリーのすごい人」私も行ったわけではないのでなんですが
Commented by PINKNUT_INC at 2017-08-21 23:51
Ka-Zu 様
いらっしゃいませ
 
お名前、覚えてますよ、Ka-Zuさん(笑)。

お話の辻真先先生と言えば、あらためてWikipediaで検索してみると、かなりのご高齢じゃありませんか。
若者もビビる、あんなコミケの環境下で(え、「売り子」ですか(笑)?)ご参加など、お見事ですね。

<< 全国高校野球選手権大会 &qu... 夏のコミケ 2017 &quo... >>