季節の変わり目はいつもこう・・・orz


季節の変わり目は、いつも判で押したように体調を崩す。
 
なんか、前にも描いたことのあるようなイラストカット。
(1年で季節の4回分は流用できる。)
 
立て続けのクシャミと鼻水が出たあとは、なんかだるくなって、発熱もする。
c0137122_18561563.jpg
季節全部に4~5回は流用出来ると言っても、「発熱もして、つらいくらいにしんどくなる」のは、まぁ、年に1回あるかないかくらい。丸1年、無事な時もある。
 
どこで貰ってきたウィルスか分からない。
外出時にどこかの雑踏、バスの中、待合所なんかで、ウィルスも雑菌も、まぁ人は必ず貰ってくる。
 
潜伏期間があって発症する。

頭痛、咳、倦怠感、涙目、ふらつき、消化器系も不調になる。
 
のどのヒリつく痛みと不快感が、気持ち悪い。

発症して3日目の今ぐらいがピークかも。
「風邪引き」ばかりは、インフルエンザのような対処薬の明確なもの以外は、医者に行っても「あぁ、風邪ですね。」で、特効薬はなし。
 
症状に対する対処薬を貰うだけで(たとえば鼻炎とか)、基本、自分の体力、抵抗力で、日にち薬で治してください。くらいの診断しかない。
 
肺炎になってるとか、他の重大な(内科系の)疾患が原因になっているのでない限りは、まぁ、「ひととおりの症状を経験して過ぎていくのを待つしかない」のである。
 
抵抗力や体力の強靭な人は、風邪も引かないし、ひいても医者も薬も頼らずに治してしまうけれどね。
私はその点、弱い性質(たち)で、いったんは凹みまくるな。
 
一般的に「風邪らしい風邪」と言ったら、
のどの痛み→クシャミ、鼻水→発熱→咳や痰が出る、とかの経過で、あとは自然に治っていくものらしいが。
本格的な風邪引きは3日程度じゃ直らずに、1週間も10日間もひきずることはあるらしい。
本格的じゃないのは一晩寝ると治っている。
 
そんなわけで、PCモニターを気力なく見ながら、ほどなくおとなしく寝ることにしています。
発熱も「あぁ、今、体の免疫力が高じて、ウィルスと戦っている最中なんだ・・・」と耐えているしかない。
(今、37.8度の体温で、けっこうボ~ッとしている。割とつらい。解熱剤使っていいのかペンディングなのか葛藤中です。)
抗生物質は雑菌には効くけど、ウィルス性の疾患には効かないからね。
私の場合、扁桃腺の炎症だけなら割りと効く抗生物質があるのだけど。
 
あ、38.2℃になった。
まだあがりそう。
しんどいハズだ。
PCモニターに向かっている場合じゃないな。
 
現在、症状が進んで、咳が出始めている。
そのうち、咳のあと「黄色い痰」が、スッキリと切れるようになったら峠は越えたと言えるかも。
今は、
腹筋を使う強い咳ばかり。(こうなると他人様にも迷惑でコンビニへの買い物外出も出来ない。てか、出かける気も起きなくなってるけど・・・。)
 
寝汗かいたり、洗濯ものが溜まっていたので、今日は洗濯機を動かした。
そして干した。
家事がめんどい(笑)。 
 
用意していた記事はあったのだけど、また後日に。
 
みなさんも、急な気候の変わり目の体調変化にご注意ください。

 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-10-19 19:16 | ブログ | Comments(0)

<< 地震だ。近畿も揺れたなぁ(汗) 「Build the Mill... >>