9月になりました♪

 
さすがに、9月になってることは、ちゃんと気が付いていました(笑)。
 
ただ、いつものことなのですが、私は季節の移り変わり時期に色々と弱い。
 
早い話が、「睡眠」とかの質が変わるというか、気温の変化に過敏なので、「盛夏の暑さ」はまったく苦手なのですが、いつしか体がその「暑さ」に仕方なく慣れてしまっていると・・・。
 
そのうち季節の移り変わりで「涼しくなるのが有難い」ハズなのに、体がついていかないのですよね。
 
気温の変化で、寝不足になったり、反対にやたら寝すぎたり、生活のリズムが変わるのです。
 
てきめんにカゼを引いたり、胃腸の調子を崩したりします。
つまり、ただいま、ここしばらく"地味に不調"です。
 
時々、涼しくなり始めているからね。 

寝込むこともないけれど、何の覇気もない日々を過ごしていますよ。
 
そんな時にも、つい繰り返し見ているのが「孤独利グルメ」テレビ版。
c0137122_1964394.jpg
なんでも旨そうに食べているのと、松重豊さんの語り口とBGMが癒しでね。
c0137122_1965165.jpg
実生活の私は、食べるものに関して得手不得手が多いし、番組に取り上げられているものにいつも共感しているわけではないですが、、なんか毎回「どの料理も良いもの」に感じてしまう。(普通に鶏卵を使った卵料理は私も好きです。あ、・・・ゲテモノは絶対だめですよ。ネットで「バロット」なんてのに出くわした時にゃドン引きしました。あれは確かアヒルの卵だっけか。)
c0137122_1965866.jpg
あと、とにかく「番組収録前に軽く絶食をして撮影に望む」という松重さんの食べっぷりは羨望するくらい。
c0137122_197554.jpg
そして、注文して出されたものを「毎回、完食」している潔さ。
c0137122_1971285.jpg
それに、「大衆食堂」や「街角の食事処」目線なのがいいですね。

基本、私生活では「食」に無頓着な私は、大食もしなければ、腹が減ったという感覚も薄い。
とても少食です。
 
うん。
日ごろ、体調が悪いとかとかそういうことに関係なく、「うぁ~、腹が減ったぁ~!。」という感覚も、まず無い。
 
肉体労働してないせいでしょうね。
てか、ガチの肉体労働系は出来ません。短時間で倒れます。
デスクワークでも長時間、低空飛行のままダラダラとやってる感じ。
 
「なんか、フラつくぞ。」
「なんか、しんどいぞ。」
「あれ、目の焦点が・・・。」
というレベルで、「あ、たぶんカロリー不足だ。お腹が減っているんだな、私。」と思い至ってなんか食べる、という感じなのです。
お腹の虫が泣く。腹が鳴る、という経験が子供の頃や20歳~30歳半ばくらいまであったのが、それ以降はトンとない。
 
それなりに好きな物を食べれば、ちゃんと「満足感」はあって、おおいに気分も良くなりますが、「食べ過ぎ」るとまた全然ダメなんだな。
「食い過ぎて苦しい。」より、「なんとなく空腹」状態の方が、ず~っと「楽」です。
 
「ぜひ、あれが食べたい。」
「これが食べたい。」という行動の仕方は積極的にはしない。
 
だから、「孤独のグルメ」のゴローちゃんの行動パターンが、いつまでも新鮮なままなんだよね。
 
BGMがあの作品の世界観にピッタリなのも、原作者の久住さんがミュージシャンで、自ら作曲演奏しているのってのが、最高に強いわ。
 
あと、テレビ局やプロデューサーが違っていて、別の作られ方をしていたら、ハマらなかったろうね。 

主役が松重豊さんでなかったら、あんなにヒットもしなかったろうな。
漫画原作のゴローちゃんと、少し佇まいが違うのだけど(漫画絵のイメージと感じは違うでしょ)、なのに、なんか、ものすごくハマっている。 
  
世に認められる「作品」の真価ってのは、ほんとうに不思議な出遭いと、現場の努力で成り立っているんですね。 
  
自分は、「季節の変わり目で、いまいち元気がない」のに、もりもり食っている井之頭五郎さんの番組映像が、なにかしら「憩い」に感じるのが、不思議な感覚です。
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-09-12 00:01 | ブログ | Comments(0)

<< 「Build the Mill... 夏も過ぎていくなぁ・・・ (-... >>