まだ6月半ばなのに、エアコン使っちゃったよ・・・(汗)。


もう蒸し暑い。
 
室内温度が27℃~28℃くらいになると、エアコンを使ってしまう(汗)。
 
じつは、数日前からエアコンのドライ運転が稼動している。
 
本当の盛夏になったら、28℃設定で「十分に涼しくて快適」なのだから、"室温28℃"は少しも暑がる数字ではないのかもしれないが、これがボ~ッとするほど暑く感じてしまう。
今はまだ体の準備が出来ていないのだな。
風呂上りとか、火照ったからだが暑くて、エアコンなしでは、なかなか汗が引かない。
 
まぁ、この季節、しばらく運転したら、エアコンを切る時間帯の方がまだ多いからマシだけれど。
 
昨年は今頃、どんな風に過ごしていたかなぁ。
 
電気代が安くて済んだ月間って、この1~2ヶ月間しかなかったなぁ。また電気代がかさむ季節になった。
 
 
それはそれとして、このところ、毎日のように「孤独のグルメ」を見返すのが日常になっている。
 
シーズン1~5まで、何度繰り返し、ランダムにループしていることだろうか。
「ちゃんと見ている」と言うより、半ばBGM化している。

他の作業をしながら画面を見ないで「ドラマの音声」を楽しんでいる感じ。
 
それは、ゴローちゃん役、松重豊さんのナレーション、「声のトーン」が心地よいからだ。
(もう映像は何回か見て、頭の中に入っているし。)

下戸で、けっこうな甘党設定になっているゴローちゃん。ショートケーキ選びも真剣。
c0137122_02524669.jpg
お店の店員女子が可愛いらしかった。(このシリーズ、さりげの端役に可愛い女性がよく出ている。)
c0137122_02525576.jpg
選んだショートケーキはその場で食べたりすることが多い。
c0137122_02530266.jpg
男性が一人でスイーツを楽しむのって、実行するのはけっこう抵抗あるんだけどな(笑)。
c0137122_02530821.jpg
だけど、10代後半か20歳前半の頃に私は「男一人でチョコパフェ」とか、神戸元町の喫茶店でやったことはある(笑)。
c0137122_02531551.jpg
甘いものを食べて、苦いコーヒーを飲む。いいね。
c0137122_02532199.jpg
話数、画面は変わって「ステーキ丼」の回。
c0137122_15305224.jpg
これが割りと大きな丼蜂。
c0137122_15310550.jpg
c0137122_15311290.jpg
肉から先に行く。
c0137122_15312101.jpg
"ポン酢だれ"だったっけ。肉をつける。丼めしの方にもタレ味はついているんだけどね。
c0137122_15312716.jpg
味噌汁は和食系にはいつも合うよね。味噌汁は私も大好きです。
c0137122_15313643.jpg
"わさび"なんかもチョイのせでいただくと良いらしい。
c0137122_15314588.jpg
ゴローちゃんは、下戸で、デザート、菓子類などは甘党設定なのに、かなり「辛いものも好き」というのが強み。
 
私みたいに、きつい香辛料や辛いのが苦手な人間は、いっきに食事の幅が狭まるものね。
 
焼きそばに少しの紅しょうがくらいは問題ないけど、唐辛子系の料理なんてまったくダメですからね。
山椒なんてのもダメですね。
 
サンドイッチのマスタード少しくらいしか許容できません。 
  
適度な香辛料は、殺菌にもなるし胃の消化も助けていいらしいけどね。
 
辛いのは、口腔の方で、まず受け付けないからな私は。

にしても、映像・画像をこうして見ていたら、「肉料理」は店やものを食べてみたくなってきたなぁ。
・・・あ、ホルモン焼き系は苦手なんです。
モツってのがダメでね。

苦手なんだけど、あの焼いているニオイだけは来るものがあるのは不思議だなぁ・・・。
 
独特な「うまみ」のニオイだものね、あれは。
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-06-19 17:05 | ブログ | Comments(2)

Commented by 白狼 at 2016-06-23 21:24 x
 温度より湿度でしょうね 特にマンションは梅雨時期や夏場は冷房や除湿しないと死んじゃいますから。
Commented by PINKNUT_INC at 2016-06-24 22:28 x
白狼 様
いらっしゃいませ
 
まぁ、割と「鉄筋コンクリートの家」というのは好きなんですよ。
通風に苦心しなければ、密閉性はあるから、蒸すのでしょうね。
「体が馴れてない」というのがいちばんの原因です。
そのうち馴れるでしょう。
暑いのは大嫌いですが、「夏」の雰囲気そのものが嫌いというわけではないので。

<< DeAGOSTINI 『週刊ミ... 『PMDエディタ』と『Meta... >>