やっぱり厳冬は来るのね・・・。

 
寒い寒い・・・。
 
寝ていても、寒さで途中で目が覚めます。
 
すっかり寒がりになってしまったので、ベッドの掛け布団の中、足元に「電気あんか(ソフト)」が必需品です。
 
でも私、「湯たんぽ」派の時もそうでしたが、これで「低温やけど」をよくやらかしてしまうので、まぁ、「電気~」に変えたのです。
固いのは温度調節も出来るのですが、あいつはどうにも固くて、なんかジャマ。肌に合わない。
 
その点、ソフトタイプのふわふわしたあんかは比較的に廉価品だし、温度調節が出来ないのを今使ってますが、これ、ほんのり暖かい程度なのに、つい先ごろ、これでも「低温やけど」するほど足を密着させていました。
 
だからタイマー使って使用しています。
 
画像そのものの商品ではないけど、こんな感じのやつ。お値段もお安い。
c0137122_04263828.jpg
 
ところが「低温やけど」を用心して、3時間ほどのタイマーにしてると、タイマーで電源が切れた頃、きっちりと目が醒めてしまうんですよ。
またタイマーし直して眠りますが、いったん目覚めると寝つきが悪いので苦労します。(寝つきが悪いなりに、いつの間にか眠りますけどね。)
 
そんな寒がりなので、さっそく年末年始に「風邪引き」けっこうこじらせて、3週間くらいグズついていました。
かなりしんどかったので、さんざんな年末年始でしたよ。
 
今でも「気候が本格的に寒くなってきた」ので、元気はございません。
寒さに凹んでいます。
 
「阪神淡路大震災」からも今日でまる21年が経ったのか。
 
報道では11月末に水木しげる先生が亡くなったこと、12月になってから、女優の原節子さんが9月に亡くなっていたことが報道され、12月半ば前に野坂昭如さんが亡くなり、年が明けて1/10には、デビッド・ボウイさんが69歳で亡くなっていたことを知りました。

デビッド・ボウイ、カッコイイ年齢(とし)のとり方してたなぁ。
c0137122_05530065.jpg
この人の若い頃の姿を写真や動画で拝見すると、私はなぜか大島弓子さんの漫画の男性キャラを連想してしまうんだ。 


他にも有名人の訃報があったような気がする。
 
こういう報道は、こちらも元気がなくなりますね。
 
私事(わたくしごと)で言えば、近年つづけて両親を亡くしたばかりだし、昨年の秋には義兄の長兄が突然に亡くなられている。(特になにか重病だったとか聞かなかったので、畑仕事をされたり元気にしておられたのに、と驚く。)
 
寒い季節は、こういう知らせはますます滅入りますよね。
 
他愛のない「ホビーの話題」に熱が入るのも、なにか鼓舞したくなるからでしょうか。
 
年末年始の風邪引きで凹んでいた時もそうでしたが、「映画」や「アニメ」でも、エンターテイメントとして優れた作品は、それをモニターする程度の力くらいがあれば、なんか見ている間、色々な苦痛や不快さをしばし忘れさせてくれるようなパワーがありますよね。
 
漫画でもそう。(普通に「読書」でもそう。)
 
なんかブルーな気分になってる時、微熱がある時にでも、なんとなく手にしている書籍や雑誌で「いつの間にか口元に笑みがある」自分に気がついたり。
ストーリーの展開に夢中になっていたり。
そうしたプラスのパワーを引き出してくれると、病の治りにも効用があったりするものです。
 
エンターテイメントや、ホビーって「癒し」や「潤い」なんだとも思いますよ。
 
人生には必要なものだと思います。
 

  
 
 

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2016-01-17 05:01 | ブログ | Comments(0)

<< さらに引き続き「週刊ミレニアム... 「週刊ミレニアムファルコン」と... >>