フィギュア "figure" の「今昔」とか♪


懐かしい写真が出てきたシリーズ。
(※最近の撮影ではないシリーズです。)

「フィギュアの今昔」を語れる人はWebには山ほどいらっしゃる。 
 
「美少女フィギュア」集めから、「怪獣」や、「G.Iジョー」とか「洋画キャラのリアルフィギュア」とか、もうそれぞれに嗜好のベクトルはあるのだけど、どれかのジャンルに特化してコレクションしている人もいれば、すべてのジャンルをフォローしている人もいらっしゃるだろう。
 
にしても"時代の要求"が提供されるアイテムのクォリティも変えていく。
 
ことさらに日本において特化している"美少女系フィギュア"(主に二次元キャラ~漫画、アニメ、ゲーム~からの立体化)は、その昔、『ガレージキット』というカテゴリーから始まった。
 
(このガレージキットにおいては、"東宝特撮もの怪獣"の立体化とかの方が先んじていて、美少女系フィギュアの黎明期はしばし遅れてから始まっているのだけど。)

思えばしかし、"造型師の作品を複製、キット化"したものを、受け取り手も「組み立て、塗装する」というのは、かなり敷居の高い作業だった。
キットそのものも手に入りにくいものだったし、手に入れてもスキルによっては仕上がりも千差万別になったものだ。
 
「デ・ジ・キャラット」のキャラ「ラ・ビ・アン・ローズ」のガレージキット。 
c0137122_05443766.jpg
なつかしいキットである。1/6スケールサイズくらいだったが、キットのパーツ量がかなりのものだった。
c0137122_05444886.jpg
うまく組み立てて「塗装」すれば "HJ誌 作例"のような愛らしい完成品になる。
c0137122_05450145.jpg
まぁねぇ。"完成させるスキル的敷居は高かったけれど"ニーズも供給もあった。
あらゆる二次元キャラ作品において、人気のあるキャラのフィギュア化は求められ、おおいにホビーショーもイベントもにぎわった。
 
私も一時期は、作ることより買い漁って"積んどく"モデラーになってしまっていたりした。
ムサシヤの"ラムちゃん"や"らんま"とかも買っていたクチである。
~この辺りは「阪神淡路大震災」でものの見事にみんなおシャカになってしまった。
 
少し時間をおいて、「エヴァンゲリオン」シリーズのキャラクターで、レイやアスカがとんでもない勢いになったっけ。
 
(ガレージキットを作れない人のために)ツクダホビーさんのラムちゃんや音無響子さんの完成品も早い時期に登場していたし、「エヴァ」人気で、レイやアスカの完成品もどんどん登場した。
もっとも、P.V.C完成と言っても、その頃は今の無垢素材でズッシリではなくて、中空のソフビ完成品仕様だった。
その中空素材の完成品が、飾っていてもヘタらない(変形しない)ように、中空ではなくなるのに少しの年月がかかったが、いまや、P.V.C製完成品の天下である。
無垢のズッシリ素材は、もとのガレージキット=レジン素材のような手ごたえや重みもあって、なにより「倒せば」ポッキリと壊れるレジン製より「壊れにくい」ものになった。(とはいえ繊細な造型のパーツも多いので、乱暴に扱えば「デリケートなこわれもの」であることには変わりはない。)
 
それでも隔世の感はある。
 
もう「好んでレジン製キットを組み立てる」人よりも、完成品で販売されるのを待つ人の方が大多数ではないか。

 
「P.V.C完成品販売」が望めないキットは、今でも「キットとして人気のある」ものもある。 
c0137122_05453137.jpg

上の「ソードシルバー」1/4スケールサイズくらい↑なんか、キット完成品見本写真のものもいいのだが、とある「プロ工房」の匠がショートヘアー・タイプにしてブラッシュアップした作品などは「アート」と呼べる仕上がりになっていたりする。(その工房の作品は、軽自動車が買える値段よりも高いくらいの取引価格でも購入者がいたりする。購入者はもう「ワンオフの作品に恋してる」んだろうね。手作り方やアレンジの仕方によっては、キットの完成品といえど世界にひとつのものだから。)
 
大量生産のロットに乗せられる予定のないフィギュアで「名品」と呼ばれるものはいまだに、レジンキットとしての価値を失ってはいない。

P.V.C製完成品の天下となった今も、キット自体に価値のある例もあるにはある。 
 
1/7スケールサイズのこの風見みずほ先生のキットも名作である。
c0137122_05454454.jpg
ガレージキットとしてのパーツ精度も高いもので、これは「レジンキットの醍醐味だな」と思っていたら、
c0137122_05460182.jpg
後年あっさり、同じメーカーさんからP.V.C製完成品がレジンキットよりもずっと廉価な値段で発売されてしまった。
c0137122_05461593.jpg
しかも出来栄えが良い。(途中、このP.V.C化の前に「コールドレジン完成品」というものもはさんでいるが)結果的にP.V.C製の質感とか、コールドレジン製より優れていた。
c0137122_05462842.jpg
そう。完成品フィギュアは「P.V.C製完成品」に移行する前段階で、盛んに「コールドレジン製完成品」が販売された時期があった。下のフィギュアなんかがそう。
c0137122_05465033.jpg

ただ、この「コールドレジン製完成品」は色々と課題を抱え込んでいた。
塗装の発色がいまひとつなのと、単価が高くなりがちだった。
 
そして、もとのレジンキット並みかそれ以上に「破損しやすい」成型物だったのだ。
落下させなくとも机上でうっかり横倒ししただけでも破損した。(というか、梱包搬送される段階で、パッケージの中ですでに繊細なパーツが破損しているケースが多いような素材だった。)

「P.V.C製完成品」というスタイルと"高品位なアイプリント(キャラの目の塗り表現)"が確立される前までは、ほんの一時期、「コールドレジン製完成品」はブームになったが、あっという間に「P.V.C製完成品」の品質に抜かれてしまった。

ガレージキットのまま売られることより、「P.V.C製完成品」が完成品商品としての帰結点となってしまっている今は、コスト面を抑えるためにも1/8~1/7スケールくらいがメインなった。
たまに1/2.5スケールなんてとんでもないスケールのフィギュアが出るが、それさえも、当初はコールレジン材質だったのが、最近はP.V.Cになってきているようである。
 
(1/2スケールはさすがにP.V.Cはまだ無理のようである。1/2スケール「そに子」は現物をまだ見たことも触ったこともないけれど、コケると自重だけで破損しそうだ。)
 
いいよねぇ。今は、買ったら、簡単な挿し込み組み立てだけで完成品だ。
塗装も悪くはない。
昔みたいに未塗装キットを組み立てる、バリやパーティングラインをやすり掛けする。パテ埋めしてまた磨く。
サーフエーサー吹いて、マスキングを繰り返して塗装していく。
そんな気の遠くなるような地道な手間がいらなくなってしまった。
 
スキルなんてなくていい。
買うだけでコレクションは完成しているのだ。
 
マスプロ生産だから、完成品なりのバラツキはあるのかなと思いつつも、多分さほどには個体差はない。
c0137122_05470536.jpg
目、瞳は塗装ではなく「アイプリント」という特殊加工された印刷物なので、将来的に浮かび上がったり剥がれたりしない限り、安定したクォリティだ。
c0137122_05471875.jpg
  
そういや、この11月は私の誕生月でありました。
ハッピーバースデー、私。
友人がフィギュアをプレゼントしてくれた(笑)。↓

「艦これ」の"帰国子女の金剛でェ~す♪"で人気の「金剛」さんである。これは昨日撮った写真。(上の写真とは背景のパソコンの機種やタブレットが違う。PCデスクが同一なので時間差を感じにくいけど。)
c0137122_05473005.jpg
パッケージの中でもう、造型も組み立て塗装も出来上がっている。
c0137122_05474483.jpg
椅子の脚を挿し込んで座らせるだけだ。1/8~1/7スケールくらい。・・・「艦娘」だからノンスケールかな。
 
ティーカップ持たせて、なんとも自然体の和む情景だ。
どうも有難うございます♪
 
未だに、オモチャが嬉しい私。
AFVキットとかの模型や美少女フィギュアにトイガン、リアルフィギュアにマスコットもの。
大半は経年と共に、あるいは諸般の事情で手もとからはなれた物も多いけれど、コレクションってその夢中になってた時間そのものや思い出までもが「お宝」なんですよね。
 
「わぁ~、途方もない無駄だったー」とか、自らの嗜好を無常に思ったりしている人とかいませんか?。
 
「そんなことはないよ。」というのが私の感慨。
趣味ごとと戯れた時間は、それもまた「良い思い出」です。
 
そういや切手収集趣味もあったなぁ。
あの頃に集めた「恐竜切手シリーズ」なんて、今また手にすることなんて出来るのだろうか?。
 
 
おっと・・・。
外は今、強く降ってきた。    
  
それにしても、昨日あたりというか、なんだかいっきに『冬』が本格化した。
もう晩秋の趣きどころか「とても寒い」。
こちらの体が、まだ冬耐性が出来ていなくて、とても打たれ弱い状態なのでオロオロする。
 
まだまだ冬季序盤なのにね。
でも「12月中旬の気候」だと天気予報でも言っていたな。
 
しかも雨模様だよ。
 
昼より夜が長い季節が本番でございます。   
     
         

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-11-26 08:23 | フィギュア | Comments(4)

Commented by saronpaman at 2015-11-27 03:36
懐かしい写真が出てきたシリーズをずっと見てますけど、もう全部処分しちゃったんですか?勿体ない‥
まぁ確かに場所取りますけどねぇ‥
Commented by PINKNUT_INC at 2015-11-27 13:07
saronpaman 様
いらっしゃいませ
 
ご閲覧サンクスです♪ コレクション類は諸般の経緯で、ホントにさよならしゃったり破損処分したものってありますね。saronpaman先生の「展示してあるコレクション空間」ってのはコレクターの鑑ですよ。"飾ってなんぼ"のスタンスは正道だし羨望です。維持努力も必要ですよね。ショーケースの投入や配置の苦心は凄いですわ。震災からの復興も見事です。(というか、さらに増殖しているのが凄い。)飾ってもらえるアイテムたちは幸せですよね。(あの空間に猫ちゃんたちがいるのがまた凄い(笑)。)
Commented by 白狼 at 2015-11-27 13:59 x
 知恵理さんは偉大ですねぇ フィギュア集めはあの方の物をかってハマっちゃいました。

saronpanman先生がお好きのダーティーペアも11月下旬から製作フィギュアで受注生産1体15kで販売開始になります。 (私もダーティペアは好きですが)手先は人よりは器用なのですが、コツが解らず買っても積み上げるだけなので購入をどうしようか考えております。

 原口先生お誕生日おめでとうございます。モロゾフのチーズケーキかプリンお餅致しましょうか?

 デトルフ4架並べてますが、ティディベアが一杯でフィギュア用は1体のみです(^_^;)
Commented by PINKNUT_INC at 2015-11-28 01:21
白狼 様
いらっしゃいませ

知恵理さん他、あの当時くらいの造形師さんの名前はけっこう覚えていたけど、今はもう分かりませんわ。
でも造形力の高い作り手はいっぱい増えている気はします。
環境、状況が許せば欲しいものはたくさんあるのだけどね。そうもいかない。
お祝いメッセージ、サンクスです。もう、お気持ちだけで♪(本当に逢えそうな距離関係にいらっしゃるようだからww)
 
ちなみにデトルフは未だに導入できていません。
複数のデトルフは並べるほど整然としてそうでいいですね。

<< 水木しげる先生の訃報・・・。 インフルエンザ予防接種とか♪ >>