アニメ『サーバント×サービス』を見た♪

アニメ『サーバント×サービス』を見た♪
 
例によってタイムリーなレビューではなく、2013年度のTV放送作品である。
原作、高津カリノさんによる"日本の某市・某区役所が舞台"の漫画をアニメ化したものだ。
(原作は2007年度から連載されていたそうな。)
 
漫画ネタにはしにくい場所のような気もするが、原作者は「臨時職員」としてお役所勤めの経験があるとのこと。
 
但し、「漫画」である。
「アニメ」なのです。 
 
「舞台」をどう描いているかと言うことより、なんか登場人物たちの当初のキャラ印象が、どんどん化けていくサマを楽しむアニメでした。
 
案外そういう意味では、漫画的に王道な「キャラもの」でもありました。
 
タイトルの意味は、まんま"公務員"とか"公僕"って意味なのかな。
c0137122_9511264.jpg
OPアニメはなかなかにお洒落でテンポも良くて。
c0137122_9511847.jpg
架空の某区役所にヒロインたち、その年度の新人3名が配属された所から始まる。
c0137122_10363071.jpg
尚、実在のいかなる人物、団体、企業とも一切関係ありません。
c0137122_10363854.jpg
これはエンタメなのです。
現場取材型のレポート作品ではなく、基本軸はフィクションですから。(ここ大切)

c0137122_10364579.jpg
ヒロインが主人公補正で優遇されている描写は、"小柄だけど凹凸の際立ったプロポーション"、ということ以外にはけっこう"地味キャラ"だったりする。そして後述するが、とんでもない"名前"だったりもする。
c0137122_1122456.jpg
c0137122_11225341.jpg
同期の新人のひとり、気弱な常識人の女性・・・が、実は時々天然な「毒舌キャラ」だったり。
c0137122_11234316.jpg
ヒロインが配置される窓口の先輩キャラが、"じと目キャラ"なのに、じつはコスプレイヤーだったり。(なにげに"痛い"のがリアルかもw)
c0137122_11235347.jpg
同期新人野郎が、とんでもなくチャラ男のくせに、やたらと天才肌系で無敵だったり。
(ちなみに"アニメから入った派"からは放送開始当初、このチャラ男くんが視聴者層にやたら不評で・・・(笑)。)
c0137122_1124297.jpg
じつは話数が進むと彼がオタク系の一面や、「一族の中ではいちばん根暗(一族、みんなチャラいw)」という事実が垣間見えたりするのだが。
c0137122_11241234.jpg
前出のコスプレ職員(臨時職員)さんが、職場的に内緒で、ヒロインたちの教育係たる先輩の彼女だったり。人間模様、相関図がけっこう錯綜。
c0137122_11242239.jpg
さらには「課長」が、なぜか(ハイテクな)ぬいぐるみウサギだったり。
c0137122_11243131.jpg
こうなってくると、シュールなのである。※ウサギ課長の声優さんが小山力也さん(『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアーだよw)です。
c0137122_11244023.jpg
成人ばかりでなく、女子高生キャラも出てくる。この子は"ウサギ課長の娘"。
c0137122_11244916.jpg
胸囲の胸格差社会・・・。
c0137122_11245876.jpg
そんなヒロイン山神ルーシー【以下略】(なんちゅー名前だ)が、やがて終盤、コスプレイヤー先輩にコーディネートされた姿がこれ。(終始パンツスタイルで、絶対にスカートは履かない派だった。)
c0137122_11257100.jpg
ヒロイン補正が炸裂なのである。
c0137122_11251712.jpg
c0137122_11252730.jpg
んで、あろうことかチャラ男くんが、中盤あたりからルーシーに「洒落にならないくらいマジ惚れ」していくくだりは、なんか微笑ましいものがありました、とさ。
c0137122_1125374.jpg
(ここで、コスプレ職員嬢に「ざまぁ」と評価される(笑)、申し訳程度のシリアス展開が入る。)
c0137122_11254639.jpg
c0137122_11255589.jpg
c0137122_11262818.jpg
結局は、とても「ラブコメでした」と見終わっての感想です。

当初、見始めたときの印象が、第5話あたりで転調した感じになります。

個人的には、「ルーシー地味に可愛い」という事に加えて、私は"じと目キャラ"の臨時職員"千早 恵(ちはや めぐみ)"さんが好きでした(笑)。
 
"じと目キャラ"だから抑揚なく喋るのがデフォルトなんだけど、なんと、あの「けいおん!」平沢唯ちゃんの声優、豊崎愛生(とよさき あき)さんがCVだと言うのが、逆にツボりました。
けいおん~唯の時と全然テンションが違うw
 
それと、先ほどから"ルーシー"と呼んでいるヒロインのフルネームは、じつは以下のとおり。
 
「山神 ルーシー、喜美子、明江、愛里、史織、倫弥由保知帆子彩乃冨美佳千歳早苗美紀子壱花由紀乃麗奈恵利亜衣多美子千景エミリア樹理亜志津江絵里那千紗夢佳夏希蘭々理恵子刹里智香子あずみマリナヒデコチアキミサキナオミキャンベルミクユカマサコサチコナナムツミハルカユナシマコユキエリンサクラカンナワカナハズキハナミルリミハネモモカヒマリノゾミフタバマユユノアマヨ……」と続くことが本編とCDドラマで解っている。(後半、漢字不詳)
つまり、まだ続くらしい。

ルーシーの両親が、わが子の命名に周囲の人々の知恵を借りたら「選択に迷って」
c0137122_1526634.jpg
全部つけちゃった、ということになってる。
c0137122_15262538.jpg

落語の「寿限無」(じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょの すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ・・・以下略)の現代版だ。
※「寿限無」の名前より、ルーシーのフルネームの方がはるかに長い模様。
 
したがって、ヒロインが首からぶら下げている、お役所のネームプレートは"山神ルーシー【以下略】"となっている。
 
こんな名前を命名した"ルーシー親"もアホウだが、当時、これを受理したお役所(の担当職員)もどうよ?、ということで、ルーシーは「当時の担当職員に恨みごとのひとつも言いたくて」公務員になったらしい。(いや、親の方が問題だろ、とは思うが・・・。そもそも公務員にならなくても文句は言えるだろうし、成人してからなら自ら改名も出来るだろうに・・・。とツッコミ入れてはダメらしい。)
まぁ、かたや落語だし、こちらは漫画だし。
(とはいえ、キラキラネームや"当て字"の類が通っている現状からは、なんとも言い難いものだ。)
 
それはそれとして、原作者の高津カリノさんは、そのヒット作品に、やはりアニメ化された
『WORKING!!』というタイトル作品があって、 (↓ 下の「絵」が『WORKING!!』)
c0137122_229088.jpg

こちらのアニメは、足立慎吾さんがキャラクターデザイン、作画監督をされているので(「ソードアート・オンライン」のキャラクターデザイン、総作画監督もされている人)、また「サーバント×サービス」とは「絵」の雰囲気が違っている。じつにこういうのは、アニメーターさんの個性の方がそれぞれに出ている感じだ。
(「サーバント×サービス」のキャラクターデザインは西位輝実さん。)
 
ともにキャッチーな絵柄なんだけど、私は実は『WORKING!!』の方は噂しか知らなくて、まだちゃんと見ていない。こうなるとそちらも見たくなってきますね。(現在3期までやっているそうな。・・・最新の3期、このアニメ、なんか関西では3~4本セットになったアニメ枠で放送されていて、このスタイルが気に入らない私は録画してなかった(笑)。毎回セット放送で録るしかない3~4本分のアニメを後で゜タイトル分けしたり、いらないタイトルはマメに削るという作業が、もうシンドイのよ(笑)。だったら、「あ、もうHDDの負担になるから全部なしでいいや。」と録画しないんです。・・・すみません。・・・でも、お願いだから"あと編集のいらないカタチ"で1タイトルずつ放送してください。・・・ホント。)
 
まぁ、「サーバント×サービス」、未見の方はご覧になってみてください。
 
アニメ以外にも「ドラマCD」もあったりして、同じ高津カリノ先生作品、「サーバント×サービス」と『WORKING!!』がコラボしていて面白いようです。(製作会社がともに゛「A-1 Pictures」さんだから出来たことのようですね。)

では、ルーシーの可愛いショットをしめくくりに加えておきます。
c0137122_1126428.jpg
c0137122_11265270.jpg
c0137122_1127151.jpg

 
それでは、またね。
 
 
 
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2015-07-26 15:31 | アニメ | Comments(0)

<< アニメ『ラブライブ! Scho... いわゆるひとつの「健康診断」 >>