昔の写真(室内編)

戸棚の整理をしていたら、昔の写真が出てきたので・・・。

おお、置いていたっけなぁ「スターウォーズのAT-AT」。

実はここに写っている「AT-AT」は今はもうない。(かなり大きなトイだったよ。)
c0137122_2313485.jpg
訳あって、あちこちに移動させているうちにパーツを無くしたり、「電動ギミック」が壊れたりして捨ててしまったのだ。

もともと部屋の中にずっと出して飾っていた「AT-AT」は経年でヨレヨレになっていたのだが、あの"阪神・淡路大震災"が来た。「AT-AT」も被災。
あのとき壊れた色々な物と一緒に廃棄してしまったように記憶している。


MPC社製プラモデルのSW(スターウォーズ)シリーズも、普通にはあれこれ買っていた。
c0137122_23132060.jpg
他の皆さんと一緒で、私もX-ウイングとTIEファイター、C3P-O、R2-D2を作った以外は、これらのキット、持ってるだけでとうとう作らなかった。(つまり、このプラモデルたちも今はもう無い。

私も普通にSWのファンだった。
あの映画に登場したビーグルも好きだった。
だからプラモやトイも色々と買ったりした。

MPC社製SWシリーズ・キット、今あらためて思えば素性は良いものばかりで、完成させたら見栄えのするものだったハズです。
ただ、優秀な国内キットの「合いの良さ」に慣らされている身としては、外国製キットのパーツの合いの悪さには閉口した。それで長らく「積んどく」状態で持っていたくせに結局は手放してしまったんだねぇ。

そして、また次々とオモチャは欲しがるのだが、心太(ところてん)式に新旧が入れ変わっているだけな気もする。

保管できる場所が狭いからです。

(※もちろん、芯というか柱のように維持し続けている「ホビー」や「オモチャ」のジャンルだってあるにはある。)

とはいえ、こういう住環境では『収集癖』ってのは無駄遣いと空間つぶしなばかりで、なんとも「罪深い煩悩(ぼんのう)」だとしか言いようがないです。

ゾイドも昔は10種類くらいは買ったっけ。
c0137122_23133047.jpg
この「ウルトラザウルス」も今はもうありません。

今時は在宅のまま通販で、日本国中のホビー店の商品を選択できるから、ずいぶんと店舗のオモチャ売り場にも行ったことがなかったけど、この間、久しぶりに"展示物や在庫の豊富な"お店に行ってみたら、ちょっと驚いた。

『ゾイド』とかまた人気になってるのね。
展示物の「ライガーゼロ イェーガー」とか「ライガーゼロ パンツァー」とか見て「か、かっこいい・・・。」と思ってしまった。

それと、「ガンプラ」ってホントに今は凄いんだね。「素組み」で完成形にほぼなってしまう。・・・色分けされていて接着剤もいらないスナップキット・・・。
しかも「造形の緻密さ」、デザインの凝りよう。・・・これはアニメ本編とか見ていなくても「造形美」的にオモチャだけでも欲しくなってしまうレベルでしたわ。

あと、「一撃殺虫!」の「ホイホイさん」や「コンバットさん」、「ベストXさん」まで売られたし。
グッスマの「ねんどろいど」のコーナーもあったなぁ。
figmaも置いてた。・・・「figmaのアルティメットまどか」、あれは欲しくなったぞ(笑)。でも通販でポチるのは簡単だけど、あのパッケージを持ってレジに行くのは気が引けるかも(笑)。

あ~、それと「アオシマ版サンダーバード秘密基地」がディスカウントされて4000円で売られていたのはショック(笑)。少し遠いけど、バスに乗って足を運べる場所で売っていたなんて予測していなかったから(ネット通販でも一時期品薄だったのに・・・。だいたいオンライン店で5800円の定価で買っちまったぞ、私は。)

エアーソフトガン・コーナーは東京マルイの独壇場だったなぁ。

ミリタリーキットは品薄だった。

輸入品プラモやトイはあの店にはなかったなぁ。それは「トイザらス」の縄張りか。
どれもこれも全部欲しくなってしまうんだよ、まったく。現物を目に入れると「眼福」であると同時に「目の毒」だわ、じっさい。

昔の「仕事机」まわりの写真も出てきたから・・・。
c0137122_2313386.jpg
この当時はデスク上に小型スピーカーを置いていたんだなぁ。(今はこのスピーカーは無い。セカンドマシンのPCモニターを置いています。)

にしても。

上の最初の写真を見てたら「AT-AT」がまた無性に欲しくなってきた。

「SW」は世界規模でファンが多いし、アイテムの数ももはや補足不能な量だし、ディープでリッチな層は「映画のレプリカモデル」やら、等身大の「SWキャラ」を収集しちゃってる始末だから、貧乏収集家はもはや気後れしてしまってねぇ。

「SWなんて、もうどうでもいいやぁ」となっちゃうんですけど。

「そもそもあの映画って、そんなに面白い?」と暴言まで心の中で反芻したりして・・・。(いや、当時は、最初の三部作はみんな劇場で見たものな。SWが来た夏は「お祭り」だったものな。)

いつの間にか卒業しちゃってるんだけど、何かの切っ掛けで、またあの映画のプロップに「ときめき」がぶり返したりするんだよね。

『今更感なれど、されど今更ならでは』の感じ。


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by PINKNUT_INC | 2013-04-03 23:13 | ブログ | Comments(4)

Commented by ざんぶろんぞ at 2013-04-04 07:38 x
映画館で「SWエピソードⅣ」を見たときは周辺にアメリカ人が多く座り
OH!とかYEHAA!とか一緒になって見てました(笑)SHIT!とかF〇CK!も(大笑)オープニングでスターデストロイヤー登場には本当に「息をのむ」という状態でしたね、「映画はスクリーンで見るべきである」と言う信念は今も変わりませんが最近は物理的に行けなくなりました(時間がありません、、)「ベンハー」の戦車競走、ローマ重装兵の行進と戦闘、いずれもテレビ画面で見る迫力と情報量の多さに圧倒されたものでした、ああ映画館に行きたいなあ、、
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-04-04 10:51 x
写真詳しく見ておりました、VHSテープのタイトルが、、いや懐かしい(笑)、ツクダのジャンボフィギュアシリーズとかギランドウとかコマンドウルフ、それに本が、、すげー懐かしいなあ、、
昨日BS11ブラックマジックM66」やってましたし、士郎正宗さんの「ブラックマジックM66」(昨日夜中にBS11でやってました)これも懐かしい、いやねえ「3・11」の時に福島の放送局の友人に資料として貸し出した昭和30~40年の漫画雑誌と資料が、、、、うーみゅ(笑い)
Commented by PINKNUT_INC at 2013-04-09 20:38
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
映画館(劇場)で映画を見る楽しさは、客層が良いとき、皆さんとエンターテイメントを共有出来る楽しさなんですよね。
反応のいい客は、一緒に驚いたり笑ったり・・・。
大スクリーンで見るからこその「スターデストロイヤー」であったし、X-ウイングのデススターの側溝突入時のカメラワークは見ている者にまで浮遊感がありました。
Commented by PINKNUT_INC at 2013-04-09 21:10
ざんぶろんぞ 様
いらっしゃいませ
 
そう言うところを見られてましたか(笑)。
まぁ、見せて構わないものを載せてるつもりだから、隅々まで楽しんでいただければ何よりです(笑)。

<< STAR WARS AT-AT... 「1/144スケール タカラ ... >>